(3.236.175.108) 您好!臺灣時間:2021/02/28 03:06
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:陳素惠
研究生(外文):Chen Su-hui
論文名稱:從植民地文學看移民問題-以濱田雄『南方移民村』為中心-
論文名稱(外文):Emigration Problems in Colonial Literature-based on 『NANPOU IMINSON』written by Hayao Hamada
指導教授:陳伯陶陳伯陶引用關係
指導教授(外文):Dr.Chen Bor-taur
學位類別:碩士
校院名稱:淡江大學
系所名稱:日本研究所
學門:社會及行為科學學門
學類:區域研究學類
論文種類:學術論文
論文出版年:1999
畢業學年度:87
語文別:日文
論文頁數:293
中文關鍵詞:植民地文學移民問題南方移民村
外文關鍵詞:Colonial LiteratureEmigration ProblemsNANPOU IMINSON
相關次數:
  • 被引用被引用:4
  • 點閱點閱:413
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:5
日人統治台灣的五十年中,有不少的日人作家活躍於台灣文壇,並樹立了特殊時代意義的「殖民地文學」。但是,戰後由於民主主義思想的盛行,不論是台灣或日本,對於歷史上曾經存在過的「殖民地文學」,若非刻意忽視,便因為政治的考量而付予負面的評價。
有鑑於此,筆者特以台灣的「殖民地文學」為本研究的主題,藉著對戰前活躍於台灣文壇的濱田隼雄所創作的長篇歷史小說『南方移民村』的探討,試著給「殖民地文學」較公平、客觀之評價。『南方移民村』翔實描寫台東鹿野村(現在的台東縣鹿野鄉龍田村)之日人移民村三十年間的開拓史。特別是對戰前移民村長年以來面對的種種問題及殖民地政府移民政策的缺失與瓶頸,作了抽絲剝繭的深刻探討及描寫。即使以現在的新視點觀之,『南方移民村』以其對鹿野村開拓先驅們足跡的記錄,仍然是歷史文獻上的珍貴資產。
本論文共分為五章,各章概要分述如下:
第一章為序論。第二章至第四章乃為本論文之主要部份。
第二章:闡述日人移民村設立的時代背景、過程、實態及問題點,並且回顧日本近代的海外移民史,做政策面及實態上的分析。
第三章:探討台灣的「殖民地文學」的概況,並考察濱田隼雄的文學活動及濱田隼雄戰前的著作作品。
第四章:徹底分析長篇小說『南方移民村』中所描述的移民像、移民村開拓經過以及種種的移民問題,並對文中的情節與小說背景「鹿野村」的實際狀況做比較及考察。
第五章為結論。評論『南方移民村』,以及『南方移民村』所呈現的歷史意義,並對『南方移民村』及濱田隼雄給予文學史上的定位,同時也闡述筆者個人的見解。
There were lots of Japanese writers who devoted to literature in Taiwan during
1895-1945,the time Japan colonized Taiwan.They established a kind of historic and
unique COLONIAL LITERATURE at the time.
But no matter in Taiwan or Japan,people intend to ignore or debase the value of the COLONIAL LITERATURE because of the postwar prosperity of democracy thoughts.Sometimes,it is taken for a negative thing just with the political point of view.
This is the main reason why colonial literature of Taiwan is chosen as the center of this research.The historical novel 『NANPOU IMINSON』written by Hayao Hamada is chiefly discussed in order to re-evaluate the colonial literature.Hayao Hamada was one of the active writers in Taiwan before World War2. 『NANPOU IMINSON』concentrates on the description of the 30-year Japanese immigrant history of Luh-yeh Village,Taiton(the Lung-tian Village,Luh-yeh Country,Taiton County nowadays).Especially,it reflects the profound immigrant problems,the demerit and limitation of the policy of the colonial government.If you read 『NANPOU IMINSON』now,you could still find it’s a precious historical record which describes the struggle and fight of the pioneers in Luh-yeh village.
There are five chapters on this thesis.Chapter One is the preface.Chapter Two-Chapter Four construct the main part of the thesis.
In Chapter Two,it protrays the background how the immigrant village established.It also explores the policy and the reality of modern Japanese immigrant history.In Chapter Three,it focuses on the outline of colonial literature in Taiwan and discusses the literary activities and pro-war works of Hayao Hamada.In Chapter Four,it analyses the immigrants,the process of establishing the village and some immigrant problems in 『NANPOU IMINSON』.And it also compares the fictitious story with the truth occurred at Luh-yeh Village.In Chapter Five,the evaluation and historical status of 『NANPOU IMINSON』are discussed. It also concludes both the situation of 『NANPOU IMINSON』and Hayao Hamada based on the vision of literary history.Besides,the personal opinion of researcher is also presented in this chapter.
目 次
第一章 序論………………………………………………………5
第一節 問題意識……………………………………………………5
第二節 研究目的と研究範囲………………………………………9
第三節 研究方法と研究制限………………………………………11
第四節 論文の構成…………………………………………………13
第二章 日本植民地における日本人移民……………………17
第一節 日本民族の海外移民の歴史起源とその背景…………17
一、日本民族の海外移民の歴史…………………………17
二、近代日本人の海外移民の実態…………………………21
三、日本民族の海外移民を促した国内的背景 …………25
四、資本主義的世界システムと日本人移民 ……………29
第二節 日本非植民地への日本人移民…………………………34
一、背景と特徴 ………………………………………………34
二、非植民地への日本人移民の実態………………………35
三、非植民地への日本人移民の歴史的意味と
いくつかの問題点……………………………………47
第三節 日本植民地への日本人移民……………………………56
一、背景と特徴………………………………………………57
二、植民地への日本人移民の実態…………………………58
三、植民地への日本人移民の歴史的意味と結果………71
第四節 台湾における農業移民…………………………………77
一、移民事業の沿革 …………………………………………77
二、農業移民政策の意義と効果…………………………83
第三章 台湾の植民地文学と濱田隼雄……………………92
第一節 台湾の植民地文学の定義……………………………94
第二節 台湾の植民地文学の成立経緯………………………105
一、第一期 1895年∼1905年……………………………106
二、第二期 1905年∼1930年……………………………108
三、第三期 1931年∼1940年……………………………113
四、第四期 1940年∼1945年……………………………118
第三節 濱田隼雄とその文学活動……………………………135
一、濱田隼雄の生い立ち…………………………………136
二、濱田隼雄の文学活動…………………………………144
第四節 戦時下の濱田隼雄の作品……………………………155
一、1936年∼1939年の作品……………………………155
二、1940年∼1945年の作品……………………………158
第四章 作品『南方移民村』への分析及びそれに
反映された移民問題…………………………………178
第一節 『南方移民村』の分析………………………………178
一、構成……………………………………………………178
二、梗概……………………………………………………182
三、登場人物………………………………………………184
四、作品の解析……………………………………………192
第二節 『南方移民村』に反映された移民問題……………207
一、水利・水害問題………………………………………210
二、移民地の立地条件……………………………………213
三、衛生施設とマラリヤ…………………………………215
四、土地の譲渡問題…………………………………………216
五、移民村の経営問題………………………………………218
第五章 結論……………………………………………………223
第一節 『南方移民村』に対する評価 ………………………223
一、戦時下における評価……………………………………225
二、戦後の評価 ………………………………………………230
第二節 『南方移民村』の歴史的役割…………………………242
第三節 文学史における『南方移民村』及び濱田隼雄の
位置づけ…………………………………………………248
一、文学史における『南方移民村』の位置づけ…………248
二、文学史における濱田隼雄の位置づけ…………………249
参考文献………………………………………………………………252
付録一 台湾の植民地文学関連年表………………………………264
付録二 戦前における濱田隼雄作品年表…………………………274
付録三 資料・写真…………………………………………………282
図・表目次
一、図目次
図2-1-1 海外在留日本人地域別人口の推移…………………22
二、表目次
表2-1-1 植民地別日本人と人口………………………………23
表2-1-2 アジア在住日本人の地域別・職業別構成…………25
表2-4-1 官営移民村戸口(1933年末調査)…………………88
表2-4-2 私営移民村戸口(1933年末調査)…………………88
表2-4-3 台湾における日本人移民村(1941末調査)………89
表3-4-1 『文芸台湾』における濱田隼雄の作品一覧表……158
参考文献
日本語の部-専門書(著・編者の氏名の五十音の順による)
1. 浅田喬二著 『増補日本帝国主義と旧植民地地主制』 龍渓書舎 1968年
2. 浅田喬二著 『日本知識人の植民地認識』 校倉書房 1985年
3. 芦谷信和等編 『作家のアジア体験』 世界思想社 1992年
4. 石坂庄作著 『台湾における農民の天国』 台湾日日新報社 1915年
5. 井出季和太著 『台湾治績史』 台湾日日新報社 1937年
6. 伊藤潔著 『台湾』 中央公論社 1993年
7. 伊東著 『大戦中における台湾の文学』 近代文芸社 1993年
8. 移民研究会編 『戦争と日本人移民』 東洋書林 1997年
9. 入江寅次著 『邦人海外発展史』 井田書店 1942年
10. 大江志乃夫著 『日本植民地探訪』 新潮社 1998年
11. 大江志乃夫等編 『岩波講座 近代日本と植民地』「1植民地帝国日本」「2帝国統治の構造」「3植民地化と産業化」「4統合と支配の論理」「5膨張する帝国の人流」「6抵抗と屈従」「7文化のなかの植民地」 岩波書店 1992年∼1993年
12. 大塩亀雄著 『世界植民史』 厳松堂書店 1923年
13. 岡崎郁子著 『台湾文学─異端の系譜』 田畑書店 1996年
14. 尾崎秀樹著 『近代文学の傷痕』 岩波書店 1991年
15. 加田哲二著 『植民政策』 ダイヤモンド社 1940年
16. 神谷忠孝等編 『南方徴用作家』 世界思想社 1996年
17. 花蓮港庁編・発行 『三移民村』 1928年
18. 河出書房新社編『越境する世界文学』 河出書房新社 1992年
19. 河原功著 『台湾新文学運動の展開-日本文学との接点』研文出版 1997年
20. 川村湊著 『「大東亜民俗学」の虚実』 講談社 1996年
21. 川村湊著 『異郷の昭和文学』 岩波書店 1990年
22. 川村湊著 『南洋・樺太の日本文学』 筑摩書房 1994年
23. 川村湊著 『満州崩壊・「大東亜文学」と作家たち』 文芸春秋社 1997年
24. 川村湊著 『アジアという鏡─極東の近代』 思潮社 1989年
25. 黒川創編『<外地>の日本語文学選』「①南方・南洋/台湾」「②満州・内蒙古/樺太」③「朝鮮」 新宿書房1996年
26. 黄昭堂著 『台湾総督府』 教育社 1981年
27. 黄文雄著 『捏造された日本史』 日本文芸社 1997年
28. 駒込武著 『植民地帝国日本の文化統和』 岩波書店 1996年
29. 今野敏彦・藤崎康夫編 『移民史Ⅱ アジア・オセアニア編』 新泉社 1996年
30. 斎藤栄三郎著 『英国の植民政策』 大東出版社 1939年
31. 櫻井富雄著 『文化人たちの大東亜戦争・PK部隊が行く』 青木書店 1993年
32. 櫻本富雄著 『満蒙開拓青少年義勇軍』 青木書店 1987年
33. 清水勝著 『アジア読本 台湾』 河出書房新社 1995年
34. 史明著、志賀勝訳 『台湾は中国の一部にあらず-台湾社会発展四百年史-』 現代企画室 1991年
35. 下村作次郎著 『文学で読む台湾』 田畑書店 1994年
36. 下村作次郎等編 『よみがえる台湾文学』 東方書店 1995年
37. 庄司総一著 『南の枝』 東京書籍株式会社台北支社1943年
38. 城田吉六著 『ダバオ移民史をあるく』 葦書房 1985年
39. 戴国輝著 『もっと知りたい 台湾』 弘文堂 1986年
40. 戴国輝著 『台湾と台湾人』 研文出版 1979年
41. 台東庁編・発行 『移民事業の概況』 1932年
42. 台湾近現代史研究会編 『台湾近現代史研究』創刊号∼第6号 1993年9月 復刻版 緑蔭書房
43. 台湾総督官房情報課著・発行 『台湾事情』 1944年
44. 台湾総督府著・発行『台湾総督府官営移民事業報告書』1919年
45. 台湾総督府移民課著・発行『台湾移民統計』1913年・1917年分
46. 台湾総督府情報課編『決戦台湾小説集 乾編』台湾出版文化株式会社 1944年
47. 台湾総督府情報課編 『決戦台湾小説集 坤編』台湾出版文化株式会社 1945年
48. 台湾総督府殖産局著・発行『台湾官営移住案内』 1912年
49. 台湾総督府殖産局著・発行『台東植民地予察報文』 1900年
50. 台湾総督府殖産局著・発行『台湾総督府移民事業概況』1911年
51. 台湾総督府殖産局著・発行 『台湾における母国人農業植民』
1929年
52. 台湾総督府殖産局著・発行 『台湾農業移民統計表』 1941年
53. 台湾総督府殖産局著・発行 『台湾農業移民の現況』 1935年
54. 高橋泰隆著 『昭和戦前期の農村と満州移民』吉川弘文館 1997年
55. 高橋幸春著 『日系人 その移民の歴史』 三一書房 1997年
56. 高濱三郎著 『台湾統治概史』 新行社 1936年
57. 田泰次郎著 『北海道移民政策史』 生活社 1941年
58. 垂水千恵著 『台湾の日本語文学』 五柳書院 1995年
59. 張徳水著・長坂一雄訳『激動!台湾の歴史は語りつづける』雄山閣出版 1992年
60. 張文山著『開拓者の夢』 創意力文化事業有限公司(台湾)1992年
61. 陳逸雄編 『台湾抗日小説選』 研文出版 1988年
62. 陳崑樹著 『台湾統治問題』 寶文堂書店 1931年
63. 都築久義著 『戦時下の文学』 和泉書院 1985年
64. 東郷実・佐藤四郎著 『台湾植民発達史』 晃文館 1916年
65. 東台湾研究会編・発行 『東台湾研究叢書』2編∼97編 1924年∼1932年
66. 中島利郎編 『「台湾時報」総目録』 緑蔭書房 1997年
67. 中西伊之助著 『台湾見聞記』 台湾三省堂 1937年
68. 中村孝志編 『日本の南方関与と台湾』 天理教道友社 1988年
69. 西川満編 『台湾文学集』 大阪屋号書店 1942年
70. 西田勝編 『戦争と文学者』 三一書房 1983年
71. 西田勝退任退職記念文集編集委員会編『文学・社会へ地球へ』三一書房 1996年
72. 西村才介著 『解剖せる台湾』 昭文堂 1912年
73. 日本社会文学会編『植民地と文学』オリジン出版センター 1993年
74. 蜂矢宣朗著 『南方憧憬-佐藤春夫と中村地平』 鴻儒堂出版社(台湾)1991年
75. パトリック・シャモワゾー﹑ラファエル・コンフィアン共著﹑西谷修訳 『クレオールとは何か』 平凡社 1995年
76. 濱田隼雄著 戦前台湾で発表した作品「付録二」年表に参照
77. 濱田隼雄著 『うなぎとむかで』 明窓社 1974年
78. 濱田淑子編 『濱田隼雄年譜』 明窓社 1984年
79. 早瀬晋三著 『「ベンゲット移民」の虚像と実像』同文館 1989年
80. 平野謙著 『昭和文学史』 筑摩書房 1963年
81. 藤井省三著 『台湾文学この百年』 東方書店 1998年
82. 細川嘉六 『植民史』 東洋経済新報社 1941年
83. マーク・ピーティー著、浅野豊美訳 『植民地-帝国50年の興亡』 読売新聞社 1996年
84. 又吉盛清著 『台湾支配と日本人』 同時代社 1994年
85. 又吉盛清著 『台湾 近い昔の旅 台北編』 凱風社 1996年
86. 南亮三郎・上田正夫編 『日本の人口変動と経済発展』 千倉書房 1975年
87. 明窓社編「特集大池唯雄・濱田隼雄 郷土に生きる」『展』3号明窓社 1982年
88. 持地六三郎著 『台湾殖民政策』 富山房 1912年
89. 矢内原忠雄著 『植民及植民政策』 有斐閣 1926初版 1933年改定4版
90. 矢内原忠雄著 『帝国主義下の台湾』 岩波書店 1934年第2刷
91. 山下晋司・山本真鳥編 『植民地主義と文化』新曜社 1997年
92. 山本美越乃著 『植民政策研究』 弘文堂書房 1924年
93. 吉野村居住民編 『吉野村概況』 1936年
94. 吉野村居住民編 『吉野村概況書』 1931年
95. 吉田精一・稲垣達郎編 『日本文学の歴史』第12巻「現代の旗手たち」 角川書店 1968年
96. 吉田精一・下村富士男編 『日本文学の歴史』第10巻「和魂洋才」 角川書店 1968年
97. 照彦著 『日本帝国主義下の台湾』 東京大学出版社 1975年
98. 林錦章編 『鹿野村の沿革』 1943年 手書き、未公開、未出版
99. 林景明著 『日本統治下台湾の「皇民化」教育』高文研 1997年
日本語の部-論文(著者の氏名の五十音の順による)
1. 浅田実男著 「南方移民村のもたらすもの」 『台湾時報』 1943年1月号
2. 池田敏雄著 「植民地下台湾の民俗雑誌」 台湾近現代史研究会 『台湾近現代史研究』第4号に収録 1993年9月 復刻版 緑蔭書房
3. 伊東亮(楊逵)著 「糞リアリズムの擁護」 『台湾文学』3-3 1943年7月
4. 犬飼仁也著 「東亜共栄圏と南方移民の問題」 『台湾時報』 1943年9月号
5. 岡崎郁子著 「台湾文学のなかの昭和という時代」 『昭和文学研究』25 昭和文学会発行 1992年9月
6. 金澤吉次郎著 「最近の本島農業移植民事業梗概」『台湾時報』 1937年3∼5月号
7. 金澤吉次郎著 「台湾における移植民事業の展望」『台湾時報』 1933年5∼7月号
8. 川村湊著 「東アジアのなかの日本文学」 岩波講座『日本文学史』第13巻「20世紀の文学」2 岩波書店 1996年
9. 喜安幸夫著 「心に生きつづける台湾 華麗島の中の西川文学」 『ASIAN BEAT』5-12 現代アジア問題研究会 1984年12月
10. 楠井隆三著「移民村印象記」『台湾農会報』5-2 1943年 2月
11. 工藤好美著 「台湾文化賞と台湾文学 特に濱田・西川・張文環の三氏について」 『台湾時報』 1943年3月号
12. 黄振源著 「台湾時代の濱田隼雄-その人と作品-」 『文学と教育』32 1996年12月
13. 黄振源著 「濱田隼雄『草創』について-戦争と濱田と『草創』」 『文学と教育』31 1996年6月
14. 黄振源著 「濱田隼雄『南方移民村』論」 『論究日本文学』63 1996年1月
15. 黄得時著 「台湾文学史序説」『台湾文学』3-3 1943年7月
16. 黄得時著 「台湾文壇建設論」『台湾文学』1-2 1941年9月
17. 黄得時著 「輓近の台湾文学運動史」『台湾文学』2-4 1942年10月
18. 古俣裕介著 「満州・朝鮮・台湾-植民地とクレオール」『国文学』41-3 学燈社 1996年11月
19. 坂口子著 「曙光」『台湾文学』3-3 1943年7月
20. 坂口子著 「灯」『台湾文学』3-2 1943年4月
21. 佐藤春夫著 「女誡扇綺譚」『女性』 1925年 5月
22. 渋谷精一著 「文芸時評」 『台湾文学』2-1 1942年2月
23. 渋谷精一著 「文芸時評・小説の難しさ」 『台湾文学』1-2 1941年9月
24. 渋谷精一著 「文芸時評・文芸批評に就いて」『台湾文学』2-2 1942年3月
25. 条川光樹著 「日本統治下地域における日本文学」『東方学会報』64 1993年
26. 島田謹二著 「台湾の文学的過現未」『文芸台湾』2-2 1941年5月
27. 島田謹二著 「ジァン・マルケエの仏印小説」『 文芸台湾』3-1 1941年10月
28. 島田謹二著 「台湾における写生派俳句の先達」『文芸台湾』3-2 1941年11月
29. 周玲著 「濱田隼雄の文学を研究する-「南方移民村」を中心に」東呉大学(台湾)日本文化研究所修士論文 1985年
30. 松風子(島田謹二)著「台湾におけるわが文学」 『台湾時報』1939年2月号
31. 菅原庸真著 「『南方移民村』について」 『文芸台湾』4-6
1942年9月
32. 高橋隆治著 「戦時下の中国における日本文学」 『昭和文学研究』25 昭和文学会発行 1992年9月
33. 竹村猛著「『南方移民村』近傍」『文芸台湾』5-1 1942年 10月
34. 田代豊著 「小説『南方移民村』と移民政策」『台湾時報』 1942年11月
35. 田代豊著 「台東の糖業と移民村」『台湾時報』 1942年7月号
36. 張文環著 「雑誌『台湾文学』」 台湾近現代史研究会 『台湾近現代史研究』第2号に収録 1993年9月 復刻版 緑蔭書房
37. 張良澤著 「戦前台湾における日本文学-西川満を例として-」『国際日本文学研究集会会議録(第三回)』 1980年2月
38. 陳藻香著 「日本領台時代の日本人作家─西川満を中心として」 東呉大学(台湾)日本文化研究所博士論文 1995年
39. 塚本照和著 「日本統治期台湾における文学管見」『』13 1980年4月
40. 中村哲著 「昨今の台湾文学について」 『台湾文学』2-1 1942年2月
41. 中村哲著 「台湾文学雑感」『台湾文学』3-1 1943年1月
42. 野間信幸著 「『台湾文芸』における張文環」 『野草』49 1992年2月
43. 日野原康史著 「文芸時評」 『文芸台湾』5-4 1943年2月
44. 舟虫著 「台湾における日本文学に新たな光」 『朝日ジャーナル』22-7 1980年2月
45. 星名広修著「もう一つの〈皇民文学〉・周金波-〈大東亜共栄圏〉の台湾作家 その2」『野草』49 中国文芸研究会 1992年2月
46. 星名広修著「〈大東亜共栄圏〉の台湾作家-〈皇民文学〉のかたち・陳火泉-」『野草』46 中国文芸研究会 1990年8月
47. 三澤糾著 「所謂“試験地獄”について」『台湾日日新報1万号及創立30周年記念講演集』台湾日日新報社 1929年2月
48. 宮下今日子著 「植民地人スタイル-日本人の南方経験(3)」『朱夏』4 1992年12月
49. 矢野峰人著「台湾文学の黎明」『文芸台湾』5-3 1942年12月
50. 吉武昌男著 「台湾における農業移民」『台湾経済年報』
第2輯 1942年
51. 龍瑛宗著 「南方の作家たち」 『文芸台湾』3-6 1941年3月
中国語の部-専門書(著・編者の氏名の五十音の順による)
1. 許俊雅著 『日據時期台灣小説研究』 文史哲出版社 1995年
2. 黄英哲編 『台灣文学研究在日本』 前衛出版社 1994年
3. 後山文化工作群著 『龍田記事』台東縣立文化中心出版 1994年
4. 施添福等編 『台東縣史開拓篇』 台東縣政府 1994年
5. 台東縣鹿野郷龍田村公處編印 『台東縣鹿野郷龍田村簡介』 1996年
6. 中國古典文學研究会編 『二十世紀中國文学』 台灣學生書局 1992年
7. 鄭全玄著 『台東平原的移民拓墾與聚落』 知書房 1995年
8. 東台灣研究会編・出版 『東台灣研究 創刊号』 1996年
9. 中島利郎編 『日據時期台灣文學雜誌總目・人名索引』日本・台灣文学研究会 前衛出版社 1995年
10. 葉石濤著 『走向台灣文学』 自立晩報社文化出版部 1990年
11. 葉石濤著 『台灣文學的悲情』 派色文化出版社 1990年
12. 葉石濤著 『台灣文学入門』 春輝出版社 1997年
13. 梁明雄著 『日據時期台灣新文學運動研究』 文史哲出版社 1996年
14. 林韻梅著 『台灣歴史小説・發現後山歴史』 玉山社出版事業股有限公司 1997年
15. 林建成著 『後山族群之歌』 玉山社出版事業股有限公司 1998年
中国語の部-論文(著者の氏名の五十音の順による)
1. 郭千尺著 「台灣日人文學概觀」『台灣新文學雜誌叢刊』17
東方文化書局有限公司 1981年3月
2. 江美瑶著 「日治時代以来台灣東部移民與族群關係-以關山鹿野地區為例」 國立台灣師範大學地理學系碩士論文 1997年
3. 孟翰祥著 「台灣東部之拓墾與發展1874-1945」國立台灣師範大學歴史學系碩士論文 1988年
4. 龍瑛宗著 「日人文學在台灣」『台灣新文學雜誌叢刊』17 東方文化書局有限公司 1981年3月
5. 林呈蓉著 「日據時期台灣島内移民事業之政策分析」『淡江史學 第7、8期合刊本』 淡江大學歴史學系 1997年6月
その他
1. 外務省外交史料館日本外交史辞典編纂委員会編 『日本外交史辞典』 山川出版社 1992年
2. 小学館編 『日本大百科全書』 小学館 1986年
3. 新潮社辞典編集部編 『新潮日本人名辞典』新潮社 1995年3刷
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
系統版面圖檔 系統版面圖檔