(3.237.97.64) 您好!臺灣時間:2021/03/04 13:40
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:賴煌文
研究生(外文):lai huangwen
論文名稱:悲壯的,過於悲壯的人生--<從作品所見>人工翅膀的飛翔和墜落--
論文名稱(外文):Heroically, too heroically tragic life--<see from the works>The hover and tumble of the artificial wing
指導教授:橫路明夫橫路明夫引用關係
學位類別:碩士
校院名稱:輔仁大學
系所名稱:日本語文學系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2001
畢業學年度:89
語文別:日文
論文頁數:69
中文關鍵詞:芥川龍之介人生生長環境藝術人工翅膀勝利敗北
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:146
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:12
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
芥川龍之介的一生只有短短35年的歲月。在這短短35年之中,從他在文壇登場的大正5年,到他服食大量安眠藥自殺的昭和2年為止,他的創作時期只有短短的12年左右,在這短短的12年左右的時間裡,他仍然創作了許許多多膾炙人口的傑作。芥川龍之介的作品風格從全面的角度來研究的話,他早期和晚期的作品的風格可以說是截然不同。芥川龍之介總是被評價為藝術主義至上的作家之一。但是如果單看他晚年的作品風格,用藝術至上主義這幾個字來代表他的作品似嫌不足。另外,他的作品和他的人生是有著相當深刻的交集,因此,他的作品在人生和藝術兩者何者為重的選擇上,並不能以一言而蓋之。他的人生到底如何藉著他的作品來昇華;另外,他的藝術觀到底帶給他的人生何種省思,這篇論文就是從他作品的角度來探討他的藝術觀中到底<人生>所謂何物。
序論
一、研究動機と目的.........3
二、研究方法...............4
第一章先行研究の概観
第一節宿命としての<母>.......................5
第二節 <芸術か人生か>の二律背反.................9
第三節 芥川龍之介の死――<人生の勝利か敗北か>.....12
第二章芥川龍之介の生い立ち
第一節成長の環境
――「大川の水」を中心に――............16
第二節家族との関わり
――「点鬼簿」を中心に――..............21
第三節「鼻」
――夏目漱石の激賞....................27
第三章芸術による人生の輝き
第一節歴史物からの人生への展開
――「羅生門」を中心に――..........................33
第二節「地獄変」に見る芸術至上主義...........41
第三節人生の真相を追究する芸術
――「藪の中」を中心に――..........................47
第四章人工の翼と墜落
第一節作品による自己反省
――「河童」を中心に――............................53
第二節<人工の翼>からの墜落
――「ある阿呆の一生」を中心に――...................60
結論
一、遺伝・境遇・偶然..............................63
二、芥川龍之介の芸術そのもの......................64
三、死と敗北......................................65
参考文献..........................................67
あとがき...........................................69
参考文献
1、『一冊の講座――芥川龍之介』(有精堂、昭和57・7・10)
2、石割透編『芥川龍之介・作家とその時代』(有精堂、昭和62・12)
3、岩上順一『歴史文学論』(中央公論社、昭和17・3・30)
4、梅田鉄夫編『芥川龍之介・特集・羅生門』(洋社、1991・4・5)
5、海老井英次・宮坂覚編『作品論――芥川龍之介』(双文社、1990・12・12)
6、海老井英次『芥川龍之介論考―自己覚醒から解体へ―』(桜楓社、昭和63・2)
7、奥野政元『芥川龍之介論』(翰林書房、1993・9・10)
8、影山恒男『芥川龍之介と堀辰雄』(有精堂、1994・11・1)
9、小穴隆一『二つの絵――芥川龍之介の回想』(中央公論、昭和31・1・30)
10、恒藤恭『旧友芥川龍之介』(朝日新聞社、昭和24・8)
11、菊地弘編『芥川龍之介Ⅰ』(国書刊行会、平成6・9・30)
12、菊地弘編『芥川龍之介Ⅱ』(国書刊行会、平成7・9・27)
13、駒尺喜美『芥川龍之介の世界』(法政大学出版局、1992・7・10)
14、佐藤春夫『わが龍之介像』(有信堂、昭和34・4)
15、下島勳『芥川龍之介の回想』(日本図書センター、1990・3・25)
16、関口安義編『新潮日本文学アルバム13・芥川龍之介』(新潮社、1983・10・20)
17、関口安義・庄司達也編『芥川龍之介全作品事典』(勉誠出版、平成12・6・1)
18、関口安義編『芥川龍之介研究資料集成』(日本図書センター、平成5・9・25)
19、関口安義編『アプローチ・芥川龍之介』(明治書院、平成11・2・25)
20、関口安義『芥川龍之介・実像と虚像』(洋社、1988・11・15)
21、曹紗玉『芥川龍之介とキリスト教』(翰林書房、1995・3・20)
22、大正文学研究会編『芥川龍之介研究』(日本図書センター、1992・9・25)
23、高橋博史『芥川文学の達成と模索――「芋粥」から「六の宮の姫君」まで』(至文堂、平成9・5・10)
24、中村真一郎『芥川・堀・立原の文学と生』(新潮社、昭和55・3・20)
25、日本文学研究資料刊行会編『芥川龍之介Ⅰ』(有精堂、昭和52・7・20)
26、平岡敏夫『芥川龍之介――抒情の美学』(大修館書店、1982・11・25)
27、宮坂覚編『芥川龍之介――人と作品』(翰林書房、1998・4・1)
28、三好行雄編『芥川龍之介必携』(学燈社、昭和54・2)
29、三好行雄『芥川龍之介論』(筑摩書房、昭和51・9・30)
30、村瀬道清「芥川とキリスト教」(『国語と国文学』第78巻第6号、平成13・6・1)
31、山岸外史『芥川龍之介』(日本図書センター、1992・10・25)
32、吉田精一編『芥川龍之介集』(日本近代文学大系、昭和45・2・10)
33、吉田精一『芥川龍之介』(三省堂、昭和17・12)
34、吉田精一『芥川龍之介』(日本図書センター、1993・1・25)
35、『文芸読本』(河出書房新社、昭和58・10・20)
36、『国文学』第20巻第2号二月号(昭和50・2・20)
37、『国文学』第33巻6号(昭和63・5・20)
38、『国文学』第37巻2号(平成4・4・20)
39、『国文学』第41巻5号(平成8・4・10)
40、『解釈と鑑賞』第48巻4号(昭和58・3・1)
41、『解釈と鑑賞』第64巻11号(1999・11)
42、『羅生門・鼻・芋粥』(角川書店、平成8・6・20)
テキスト 
『芥川龍之介全集』全24巻(岩波書店、1997・6・9)
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
系統版面圖檔 系統版面圖檔