跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(44.211.26.178) 您好!臺灣時間:2024/06/15 02:59
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:賴雅婷
論文名稱:動貌表達之中日對照研究____以完了態及持續態為主
指導教授:林錦川林錦川引用關係
學位類別:碩士
校院名稱:東吳大學
系所名稱:日本語文學系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2001
畢業學年度:89
語文別:日文
論文頁數:93
中文關鍵詞:動貌
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:195
  • 評分評分:
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:1
本研究係以中日對照的角度出發,陳述日文表完了態的「∼た」、表持續態的「∼ている」以及可能與其對應的中文「了」「著」「過」「已經」「在」「曾經」在各自語言裡的表現,同時探究兩者之間的對應關係。冀望所得的研究結果能有助於國人之日語教學。
全文共分五章。第一章序論,乃闡明本論文之研究動機、目的、方法,並界定研究範圍。第二、三章,分別陳述日文「∼た」「∼ている」以及中文「了」「著」「過」「已經」「在」「曾經」的研究概況。第四章,根據第二、三章的觀察結果整理出中日文在動貌表達方式上的異同點,並且從日本文學作品及與其對譯的中文翻譯本中舉例,就繼續動詞及瞬間動詞兩種情況,針對其對應關係進行說明分析。第五章匯整本研究結果並提出結論。
研究結果顯示,中日文主要都用形式表示動貌,但相較於日文對形式的嚴格要求,中文則是各個形式靈活運用互相配合,不像日文那般拘泥形式。有關兩者的對應關係,在繼續動詞方面,「∼た」不只對應表「完了」的「了」,也可對應「過」「著」「已經」「曾經」,「∼ている」不只對應表「動作進行」的「著」,也可對應「過」「在」「曾經」。而在瞬間動詞方面,「∼た」不只對應表「完了」的「了」,也可對應「過」「已經」「曾經」,「∼ている」不只對應表「結果持續」的「著」「了」,也可對應「過」「已經」「曾經」。

目次
第一章序論.........................................1
1-1研究動機と目的...............................1
1-2研究範囲と方法...............................2
1-3先行研究.....................................5
1-4論文の構成...................................5
第二章日本語におけるアスペクト表現の内容と形式.....7
2-1日本語のアスペクトの定義.....................7
2-2日本語のアスペクト表現の内容.................9
2-3日本語のアスペクト表現における「∼た」と「∼
ている」.....................................16
2-3-1「∼た」について........................17
2-3-2「∼ている」について....................23
第三章中国語におけるアスペクト表現の内容と形式....32
3-1中国語のアスペクトの定義....................32
3-2中国語のアスペクト表現の内容................33
3-3日本語の「∼た」と「∼ている」に対応できそう
な中国語のアスペクト表現形式................36
3-3-1時態助詞................................37
3-3-1-1「了」について......................37
3-3-1-2「著」について......................43
3-3-1-3「過」について......................44
3-3-2時態副詞................................46
3-3-2-1「已經」について....................46
3-3-2-2「在」について......................47
3-3-2-3「曾經」について....................48
第四章日中両語のアスペクト表現の異同点と対応関係..50
4-1共通点......................................50
4-2相違点......................................52
4-3日本語の「∼た」「∼ている」と中国語の「了」
「著」「過」「已經」「在」「曾經」との対応関係...57
4-4私見........................................80
第五章結論........................................83
用例出典..........................................87
参考文献..........................................90
付記..............................................93

参考文献(アルファベット順)
Ⅰ書籍
日本語
加藤彰彦˙佐治圭三˙森田良行(1996)『日本語概説』おうふう
小林芳男˙林 大˙他編集(1982)『日本語教育事典』大修館
国立国語研究所(1978)『日本語教育指導参考書4 日本語の文法(上)』大蔵省印刷局
―――――――(1985)『現代日本語動詞のテンスとアスペクト』秀英出版
劉月華˙他著 相原 茂監訳(1988)『現代日本語文法総覧(上)』くろしお出版
益岡隆志˙田窪行則(1992)『基礎日本語文法―改訂版』くろしお出版
益岡隆志˙仁田義雄˙他(1997)『岩波講座言語の科学5 文法』岩波書店
町田健(1989)『日本語の時制とアスペクト』アルク
砂川有里子著 寺村秀夫編(1985)『日本語文法セルフマスターシリーズ2 する˙した˙している』くろしお出版
寺村秀夫(1991)『日本語のシンタクスと意味 第Ⅱ巻』くろしお出版
寺村秀夫˙鈴木 泰˙他(1987)『ケーススタディ日本文法』桜楓社
吉川武時(1989)『日本語文法入門』アルク
中国語
高名凱(1948)『漢語語法論』開明出版社
龔千炎(1995)『漢語的時相時制時態』商務印書館
胡裕樹˙范曉主編(1995)『動詞研究』河南大學出版社
黃宣範(1983)『漢語語法』文鶴出版社
呂叔湘(1944)『中國文法要略』商務印書館
王力(1943)『中國現代語法』商務印書館
Ⅱ論文
日本語
張麟聲(1985)「中日両語のアスペクト__『了』と『た』を中心に」『日本語学』第3号 
犬塚優司(1989)「日本語の『―ている』と中国語の『―著
』との対照研究」国語学論説資料第26巻第四号 
藤井 正(1966)「『動詞+ている』の意味」『日本語動詞のアスペクト』むぎ書房
紙谷栄二(1990)「アスペクト」『日本語学』10月号
金田一春彦(1950)「国語動詞の一分類」『日本語動詞のアスペクト』むぎ書房
―――――(1955)「日本語動詞のテンスとアスペクト」『日本語動詞のアスペクト』むぎ書房
鈴木重幸(1957)「日本語の動詞のすがた(アスペクト)について――∼スルの形と∼シテイルの形」『日本語動詞のアスペクト』
むぎ書房
――――(1958)「日本語の動詞のとき(テンス)とすがた(アスペクト)――∼シタと∼シテイタ」『日本語動詞のアスペクト』むぎ書房
高橋太郎(1969)「すがたとくろみ」『日本語動詞のアスペクト』むぎ書房
呉 大綱(1988)「現代中国語動詞のテンス˙アスペクト――日本語との比較――」国語論説資料第25巻第1号
吉川武時(1971)「現代日本語動詞のアスペクトの研究」『日本語動詞のアスペクト』むぎ書房
――――(1982)「動詞のアスペクトについて」『日本語教育』47号
中国語
張泰源(1994)「漢語動貌體系研究」國立台灣大學中文所博士論文
湯廷池(1977)「國語助詞『了』的兩種用法」『國語語法研究論集』學生書局
Ⅲ辞典
日本語
国語学会編(1980)『国語学大辞典』東京堂出版
呂叔湘主編 牛島徳次(1980)『中国語用例辞典現代漢語八百詞日本語版』東方書店
森田良行(1977)『基礎日本語1――意味と使い方』角川書店

QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top