(18.210.12.229) 您好!臺灣時間:2021/03/01 07:00
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:洪士正
研究生(外文):SHIHJENG -HUNG
論文名稱:夏目漱石後期作品的思想分析
論文名稱(外文):The Analysis of the Ideology of Natsume-Souseki's Late Compositions
指導教授:洪樵榕洪樵榕引用關係
指導教授(外文):CHAOLONG-HUNG
學位類別:碩士
校院名稱:中國文化大學
系所名稱:日本研究所
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2002
畢業學年度:90
語文別:日文
論文頁數:122
中文關鍵詞:夏目漱石
外文關鍵詞:Natsume-Souseki
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:1057
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
夏目漱石為明治後期至大正初期的文學家,生年僅四十九歲,可是作品卻很豐富。英詩、漢詩、俳句、隨筆、書簡、小品文、小說等的著作全都有好的聲評。在其文學上的生涯中,於晚年的階段上達於高峰。漱石在大病於修善寺修養之後,通過[彼岸過迄][行人][心鏡]之世界,續以[道草][明暗]之名著,達到文學領域上的開拓及深化的境界,各作品的造型達於最高點的充實情境。
本文依目次介紹漱石的生平及期作品的背景並解析,提出後期作品的文藝性探求,人生觀及文學的特徵,最後解析其思想及對文學,社會的影響貢獻。
夏目漱石的作品在今乃為許多人喜愛及閱讀,每年的網路上可以看到許多的論文陸續地產出,敝人就此本文主題的範圍很廣,僅就其後期作品的重點思想提出研究。
做為讀者的我,讀漱石的小說有一種在靜諡中,微微的神秘感中,被小說的世界拉進去的感覺,也就是有同情的共感,我想漱石的精神在今仍活在人們的心中。



序論4
第一章 漱石一生の足跡 6
一、少年時代6
二、文学への目覚め10
三、教育家として15
四、小説家として21
第二章 漱石の後期作品とその背景25
一、後期三部作:彼岸過迄、行人、こころ25
二、道草、明暗31
第三章 漱石後期作品の解析38
一、彼岸過迄38
二、行人42
三、こころ46
四、道草52
五、明暗56
第四章 漱石後期作品の文芸性探求62
一、文章の構造62
二、文学に対する態度65
三、哲学の角度69
四、生と死(生きている価値)72
第五章 結論(漱石文学の後世に与える影響)78
一、漱石の思想78
二、後世の文学に与える影響89
三、社会に与える影響97
夏目漱石年譜109
参考書目119

道草新潮文庫平成6年12月20日82刷
行人新潮文庫平成4年 3月 15日78刷
(行人萬象出版社李永熾導讀•譯
明暗新潮文庫平成10年7月25日23刷
(続明暗新潮文庫水村美苗平成5年10月25日発行)
こころ偕成社1977年10月14刷
心鏡(譯本)星光出版社趙慧瑾•吳陽譯1993年1月初版
硝子戸の中新潮文庫平成11年1月15日83刷
新潮カセットブック目下武史朗読、 夢十夜、鈴木瑞穗朗讀
文鳥、夢十夜新潮文庫平成6年 4月30日40刷
夏目漱石の文学朝文社佐古純一郎 1990年2月14日 第一刷発行
夏目漱石事典学燈社三好行雄編 1997年1月10日 2版発行
夏目漱石日本放送出版佐藤泉 2000(平成12)年10月1日 発行
国文学年次別論文集近代II学術文献刋行会明文出版
荒井朋保昭和58年5月/昭和59年5月二版発行
漱石とその時代新潮社江藤淳平成11年12月20日刋行
彼岸過迄新潮文庫佐藤隆信平成8年12月25日78刷
漱石「こころ」の謎彩流社水川隆夫1989年10月31日初版
1994年4月1日再版
漱石文学の全貌(下)国書刊行会 宮井一郎 昭和55年5月25日発行
漱石の道程審美社高木文雄1972年3月25日刊行
漱石の精神分析北垣隆一北沢書店1968年11月1日初版
「それから」から「明暗」へ 神山睦美砂子屋書房
1982年12月1日初版
漱石作品論成集第9巻:行人 浅田隆戶戶田民子桜楓社
1991年2月10日発行
漱石作品論成集第10巻:こころI、II 玉井敬之戶戶田民子 桜楓社
1991年2月10日発行
夏目漱石を江戸から読む 小谷野敦中公新書1995年3月25日 発行
日本文学のあけぼの夏目漱石 西本鶏介 講談社 1998年2月16日2刷発行
文学をどう読むか 佐古純一郎 現代教養文庫昭和39年6月30日
傳習録新講洪樵榕二松大学出版部  昭和63年6月30日
王陽明鄭吉雄著幼獅文化事業中華民國79年
漱石の思い出 夏目鏡子著松岡譲筆録 文芸春秋1994年7月10日 1刷
漱石とアーサー王伝説 江藤淳 講談社 1991年6月10日 第1刷発行
倫敦塔、幻影の盾 夏目漱石 新潮文庫  平成六年三月十日66刷
日本近代文学概説 劉崇稜著三民書局民國八十六年三月
日本文学欣賞(近代篇) 劉崇稜著 聯經出版社 民國七十七年十二月 初版
日本文学欣賞(古典篇) 劉崇稜著 聯經出版社民國八十二年九月初版第5刷
日本文学刊行会編 夏目漱石 ⅠⅡ Ⅲ 有精堂昭和57年
漱石論成集 柄谷行人 第三文明社1992年9月25日初版1刷
漱石的主題 吉本隆明 佐藤泰正 春秋社1986年12月25日第1刷
明治作家論 中村真一郎 構想社1978年04月25日第1刷
漱石書簡集 三好行雄編 岩波文庫1993年07月05日第7刷
漱石作品論集成(第12卷) 明暗 鳥井正晴•藤井淑楨 桜楓社 1991年2月10日発行
漱石作品論集成(第11卷) 道草 玉井敬之監修 桜楓社1991年2月10日刊行
漱石研究 1995年第4号 小森陽一•石原千秋 翰林書房1995年5月20日発行
日本の文学 夏目漱石I、II 中央公論社 昭和47年6月20日刊行 中野好夫解說 詳、年譜
漱石文学の背景 板桓直子 日本図書センター 1990年1月30日第3刷刊行 (P159-P224)
漱石氏と私 高虛子 日本図書センター 1985年4月10日第2刷刊行 (P208大正二年 高書)
日本文学・日本語・田啟介 角川書店 昭和53年8月30日刊行 P24~P35 堀井哲夫、漱石後期三部作考─意識の死-
日本の文学 有精堂 1990年12月5日初版 P80~P156 高田知波、こころの話法
漱石と鷗外 小松攝郎 法律文化社 1971年11月23日第一刷刊行 (P77~P102)
「行人の一郎」
群像日本の作家I夏目漱石 加賀乙修・他 小学館 1991年2月10日初版第一刷
「心」-所謂漱石の微笑 江藤淳 P158~P162
「明暗」-お延を中心に、ヴアルドーヴイリエルモ武田勝彥訳P191-P199
「道草」-作中人物の職業と收入 吉田生 P163-P173
「こころ」(抄本) P341-P346 / 「明暗」(抄本) P347-P351 / 評 P360-P365
日本文学研究資料叢書 夏目漱石III 有精堂 昭和60年7月10日刊行 P188-P276
「行人」論 言葉の変容、藤澤るり
漱石「心」の根底-「明治終焉」の設定をめぐり 小泉浩一郎
薄ら寒さと春光と®「硝子戶の中」における(過去) 重松泰雄
道草® その時間構造について
® その倫理的問題をめぐつて 內田道雄・石崎等
「明暗」の文体論的考察® 再び細部表出に沿つて 宮澤賢治
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
無相關論文
 
系統版面圖檔 系統版面圖檔