(3.232.129.123) 您好!臺灣時間:2021/03/06 02:05
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:曾元及
論文名稱:戰爭文學之本質研究---《麥與兵隊》與《抗戰日記》之比較---
指導教授:劉崇稜劉崇稜引用關係
指導教授(外文):LIU CHONG-LING
學位類別:碩士
校院名稱:中國文化大學
系所名稱:日本研究所
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2002
畢業學年度:90
語文別:中文
論文頁數:100
中文關鍵詞:戰爭文學麥與兵隊抗戰日記
外文關鍵詞:war literaturewheat and soldierresistance diary
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:756
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:89
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:1
論文提要
戰爭文學之本質研究
--- 《麥與兵隊》與《抗戰日記》之比較 ---
本研究係以比較文學之概念,選中日戰爭(1937∼1945)雙方戰爭文學之代表作,《麥與兵隊》與《抗戰日記》,兩者予以橫的關係之比較,不但可以瞭解其民族性之差異,亦可明瞭戰爭文學究竟為何物。
從歷史的觀點來查考某一件事的前因後果,均有階段式的象徵呈現著。諸如「戰前」、「戰時」、「戰後」,時間有次序。又如,「順應」、「讚美」、「厭戰」、「反戰」或「反省」等,對戰爭的觀點不一,而難以下定義。
不聞其觀點型態如何,祇要它是令人感動的戰爭作品,取材於戰場感慨萬端的逸事,而提起人道主義,發揮博愛精神,冀早日結束戰爭,並強烈要求人類非和平不可的吶喊,誠是戰爭文學的本質了。
火野葦平之《麥與兵隊》,探其縱的關係,乃繼承魯迅著之《吶喊》平民文學,暨抗日統一戰線之「國防文學」。
今日台海兩岸,仍處在風雲告急的危險階段,三通談不攏,或許,憑本論文為媒介,提出《抗戰日記》記載之一句話「中國人不打中國人」,可能柳暗花明,統一中國有希望。
序 言                          4
第一章  緒 論
第一節  研究の動機
第一項 戰争の時代背景                 7
第二項 戰争文学との邂逅                9
第三項 台湾の戰争脅威                 11
第四項 比較文学への関心                12
第二節  研究の目的
第一項 ベストセラーの原因を究明する         13
第二項 戰争で民族性を知る               15
第三項 戰争文学におけるヒューマニズムを究明する   16
第四項 〈中国人不打中国人〉を証拠立てる        18
第五項 戰争文学の本質を究明する 19
第三節  研究の方法
第一項 戰争行為の類似点と相違点を対照する       20
第二項 対陣の軍用地図で説明する            22
第三項 比較文学の縦と横から考察する          28
第四項 終戰後の追跡研究をとる             29
第四節  研究の範囲
第一項 同題研究の現状             31
第二項 本研究の対象             33
第二章  本論
第一節  『麦と兵隊』と『抗戰日記』の類似点
第一項 日記型のルポルタージュ             35
第二項 戰地の実況をレポートする            37
第三項 戰友の勇敢さをレポートする           39
第四項 敵友のヒューマニズム              41
第五項 戰地の月夜                   43
第六項 戰地の文芸                   46
第七項 軍歌の激励                   51
第八項 出征と慰問                   57
第二節 『麦と兵隊』と『抗戰日記』の相違点
第一項 徴用報道と女子志願服務の差異        59
第二項 大陸新戰場と「旧地重遊」の描写         61
第三項 正面攻撃と側面狙撃の違い            64
第四項 水・虱とマラリヤ・下痢の悩み          65
第五項 忠君愛国と反漢奸売国奴の対照          69
第六項 昼間空爆と夜間奇襲の対比            73
第七項 日軍暴行と抗日奮戰の阿鼻叫喚          76
第八項 包囲作戰に対する退避作戦       80
第三節 『麦と兵隊』と『抗戰日記』の縦関係
第一項 櫻井忠温の『肉弾』より             82
第二項 石川達三の『生きてゐる兵隊』より        84
第三項 魯迅の『吶喊』より               86
第四項 中国の「国防文学」より             87
第四節 『麦と兵隊』と『抗戰日記』の横関係
第一項 レマルクの『西部戰線異常なし』より       88
第二項 武田泰淳夫婦の『富士日記』より         90
第三項 『麦と兵隊』の外国語譯本           91
第四項 『女兵自伝』の外国語譯本           93
第三章
結論 94
あとがき                        97
参考文献                        99
日本文
渡邊洋著 『比較文学研究入門』 1997年初版 世界思想社
渡邊洋著 『比較文学的読書のすすめ』 2000年 第一刷 世界思想社
火野葦平著 『麦と兵隊』 平成12年 第46刷 新潮社
玉井闘志著 『葦平曼陀羅――河伯三洞余滴――』 1999年発行 玉井家私版
佐古純一郎著 『文学をどう読むか』 昭和39年 第14刷 現代教養文庫
松本一男著 『中国人と日本人』 1987年 サイマル出版会
謝雅梅著 『台湾人と日本人』 1999年 第5刷 総合法令出版社
池田浩史士著 『火野葦平論』 2000年12月 第1版 インパクト出版会
川村湊他著 『戰争はどのように語られてきたか』 1999年 第1刷 
朝日新聞社
堀野真一編 『昭和歌謡大全集』 1993年 成美堂出版
田村泰次郎著 『田村泰次郎集』 昭和47年 第4版 集英堂
レマルク著 秦豊吉訳 『西部戰線異状なし』 平成11年 新潮社
中国文
謝冰瑩著 『女兵自伝』 民国69年 初版 東大圖書有限公司 
謝冰瑩著 『抗戰日記』 民国77年 再版 東大圖書有限公司 
謝冰瑩著 『我在日本』 民国73年 初版 東大圖書有限公司 
謝冰瑩著 『作家與作品』 民国80年 初版 三民書局
謝冰瑩著 『冰瑩書信』 民国80年 初版 三民書局
謝冰瑩著 『冰瑩遊記』 民国80年 初版 三民書局
謝冰瑩著 『冰瑩億伝』 民国80年 初版 三民書局
謝冰瑩著 『冰瑩懐舊』 民国80年 初版 三民書局
楊義・陳聖生著『中国比較文学批評史綱』 民国87年 初版 業強出版社
魯迅著 『魯迅小説合集』 民国86年 里仁書局
海明威著 宋碧雲訳 『戦地鐘聲』 1996年 桂冠図書公司
海明威著 湯新 訳 『戦地春蔓』 民国77年 台湾英文雑誌社
李思涵著 『日本軍戦争暴行之研究』 1994年 台湾商務印書館
期刊
蔡華山著 『試談「火野葦平」之戦争文学』 民国85年 三信家高
鄭麗娜著 『火野葦平及び「麦と兵隊」』 1998年 文大日研学報第三期
文化大学日本研究所
「台湾師大校友通訊――謝冰瑩教授在美逝世」 『伝記文学』 453期
民国89年2月号 76巻2期
蔡華山著 『「麦と兵隊」に見られる漢民族の精神』 淡江大学 シンポジウム
新聞
台湾日日報 昭和15年12月17日 第14644号
テープ
大村能章作曲 曽春鳴ピアノ 「麦と兵隊」
嘉義中学第20回生 「歌で綴る近代史」
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
系統版面圖檔 系統版面圖檔