(3.238.186.43) 您好!臺灣時間:2021/02/26 12:32
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:陳玉青
論文名稱:日語的請求表現之言談分析
指導教授:賴錦雀賴錦雀引用關係
學位類別:碩士
校院名稱:東吳大學
系所名稱:日本語文學系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2002
畢業學年度:90
語文別:日文
論文頁數:155
中文關鍵詞:請求表現言談分析禮貌理論
相關次數:
  • 被引用被引用:1
  • 點閱點閱:368
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:3
對於日語中的「請求表現」,過去多數研究者均就發話行為的觀點來整理分析,但發話行為的論點也有不足之處,無法概括說明部分「請求表現」。實際上,提及請求表現時,我們不單要考慮語言形式的表達而已,應該擴大至言談的結構層面來探討。如何開始一個請求的談話,在各個語言中特徵不盡相同,本論文針對日語中請求的言談構造及其各個構成要素的語言形式做更深入的探討。
本論文共分為五章。第一章序論旨在闡明研究動機、目的、範圍及方法,並介紹相關的先行研究。第二章則針對各個人際關係的對話中反覆出現的請求的言談類型進行歸納整理。研究發現,每一種人際關係間的請求言談都有六種展開類型,其中類型A~E的展開方式相同,只有類型F不同。第三章則將構成請求言談的各個要素的語言形式依人際關係進行整理。日本人對自己人說話時,基本上不會使用敬語;對外人時,除了要考慮上下關係,親疏關係也會影響敬語的使用與否。此外,我們發現Brown和Levinson的「禮貌理論」所提出的消極性禮貌和積極性禮貌兩項策略可以闡釋日本人的請求行動的特色。第四章則以第二、三章方析方法探討教科書裡請求言談的展開類型及其構成要素的語言形式。並比較實際的請求言談和教科書裡的請求言談間的差同。就談話的展開類型來說,教科書偏重類型A和B,至於其他類型則沒那麼強調,最能表達日本人的言語行動特色的類型F更是一例也未提及。而語言形式的表達上不論說話者彼此關係為何,為避免學習者誤用,即使應以常體表達的言談也會特別改成敬體。這是學習者不習慣使用常體的原因之一。最後,第五章彙整各章的分析結果,從而提出對於日語教育的具體建議。同時針對未能深入探究的層面、以及今後的研究課題提出說明。
目次
第一章 序論
1―1 研究動機と目的 …..1
1―2 談話とは …..2
1―3 要求表現の定義 …..4
1―4 研究範囲と方法 …..4
1―5 先行研究 …..6
第二章 要求の談話の展開パターン …..9
2―1 会話における要求の談話の位置付け …..9
2―2 要求表現の談話展開パターン …..16
2―2―1 ウチ関係の展開パターン …..17
2―2―2 ソト関係の展開パターン …..35
2―2―3 ヨソ関係の展開パターン …..58
2―3 しめくくり …..71
第三章 要求の談話の構造分析とストラテジー …..73
3―1 要求の談話の構造分析 …..73
3―1―1 前置き部分 …..73
3―1―1―1 切り出し …..75
3―1―1―2 詫び …..79
3―1―1―3 予告 …..83
3―1―1―4 事情説明 …..84
3―1―1―5 情報要求 …..87
3―1―1―6 ことわり …..89
3―1―1―7 その他 …..91
3―1―2 要求内容 …..92
3―1―2―1 ウチ関係の場合 …..96
3―1―2―2 ソト関係の場合 …..101
3―1―2―3 ヨソ関係の場合 …..106
3―1―3 補足部分 …..108
3―2 「要求」のストラテジー …..110
3―2―1 ブラウンとレビンソンの丁寧さのストラテジー …..110
3―2―2 「要求」に用いられるストラテジー …..112
3―2―2―1 補償行為を行う-積極的な丁寧さ …..112
3―2―2―2 補償行為を行う-消極的な丁寧さ …..115
3―3 しめくくり …..118
第四章 日本語教科書における要求表現 …..119
4―1 日本語教科書における「要求」について …..119
4―1―1 要求の談話における人間関係 …..121
4―1―2 要求の談話の展開パターン …..122
4―1―3 要求の談話の構造分析 …..124
4―1―3―1 前置き部分 …..124
4―1―3―1―1 切り出し …..124
4―1―3―1―2 詫び …..125
4―1―3―1―3 予告 …..127
4―1―3―1―4 事情説明 …..128
4―1―3―1―5 情報要求 …..128
4―1―3―2 要求内容 …..129
4―1―3―3 補足部分 …..132
4―2 教科書の会話と実際の会話との比較 …..133
4―2―1 要求の談話の展開パターンにおける比較 …..133
4―2―2 要求の談話の構造における比較 …..134
4―3 しめくくり …..135
第五章 結論 ….136
5―1 まとめ …..136
5―2 日本語教育への提案 …..141
5―3 今後の課題 …..142
出典一覧 …..143
参考文献 …..146
書籍:(年代順に)
文化庁 1971 『日本語教育指導参考書2 待遇表現』大蔵省印刷局
国広哲弥編 1982 『日本語比較講座第五巻 文化と社会』大修館
国立国語研究所 1985 『日本語教師用参考書Ⅰ 言語行動と日本語教
育』大蔵省印刷局
Brown, Penelope 1987 『Politeness: some universals in language usage/
Penelope Brown and Stephen C. Levinson』Cambridge University
G.リーチ 1987 『語用論』池上嘉彦、河上誓作訳 紀伊国屋
国立国語研究所 1989 『『日本語教育指導参考書15 談話の研究と教
育Ⅱ』大蔵省印刷局
スティーブン・レビンソン 1990 『英語語用論』安井稔・奥田夏
子訳 研究社
国立国語研究所 1990 『日本語教育指導参考書17 敬語教育の基本
問題(上)』大蔵省印刷局
国立国語研究所 1992 『日本語教育指導参考書18 敬語教育の基本
問題(下)』大蔵省印刷局
柏崎雅世 1993 『日本語における行為指示型表現の機能』くろし
お出版
ポリー・ザトラウスキー 1993 『日本語の談話の構造分析―勧誘
のストラテジーの考察』くろしお出版
J.Rサール 1996 『言語行為』坂本百大・土屋俊訳 勁文社
泉・K・メイナード 1997 『談話分析の可能性』くろしお出版
堀口純子 1997 『日本語教育と会話分析』くろしお出版
バルバラ・ピッツイコーニ 1997 『待遇表現から見た日本語教科
書―初級教科書五種の分析と批判』くろしお出版
中山治 1999 『「ぼかし」の心理』創元社
論文:(年代順に)
南不二男 1972 「日常会話の構造-とくにその単位について-」『言
語』1-2
水谷信子 1980 「話しことばの文法の総合的考察-ディスコース分
析試論」『アメリカ・カナタ十一大学連合日本語研究センター記要』

仲真紀子・無藤隆・藤谷玲子 1982 「間接的要求の理解に関わる
要因」『教育心理学研究』30 日本教育心理学会
生田少子・井出祥子 1983 「社会言語学における談話研究」『言
語』12-12 大修館
仲真紀子・無藤隆 1983 「間接的要求の理解における文脈の効果」
『教育心理学研究』31 日本教育心理学会
杉戸清樹 1983 「待遇表現としての言語行動-注釈という視点-」
『日本語学』2-7 明治書院
林 淑珠 1983 「日本語と中国語の命令依頼表現の比較-丁寧度の
観点から-」『国語学研究』22 東北大学
岡本真一郎 1986 「依頼の言語スタイル」『実験社会心理学研究』
26
北川千里 1986 「発言の階層構造と「ことば」の主体性」『日本語
学』2-8 明治書院
小熊 均 1986 「日本語の対話に関する心理学的研究性」『日本語
学』3-8 明治書院
ポリー・ザトラウスキー 1986 「談話の分析と教授法(Ⅰ)-勧
誘表現を中心に-」『日本語学』5-11 明治書院
ポリー・ザトラウスキー 1986 「談話の分析と教授法(Ⅱ)-勧
誘表現を中心に-」『日本語学』5-12 明治書院
木村英樹 1987 「依頼表現の日中対照」『日本語学』6-10 明
治書院
鈴木 睦 1987 「日本語における依頼表現」『AKP紀要』
1986-1987 Spring AKP 同志社留学生センター
田中典子 1987 「コミユニケーションの現場-人にものを頼む-」
『言語』16-19 大修館
ポリー・ザトラウスキー 1986 「談話の分析と教授法(Ⅲ)-勧
誘表現を中心に-」『日本語学』6-1 明治書院
大西智之 1988 「中国の要求表現」『徳山大学論叢』 徳山大学
北尾謙治ほか 1988 「ポライトネス-人間関係を維持するコミユ
ニケーション手段-」『日本語学』7-3 明治書院
橋内 武 1988 「会話のしくみを探る」『日本語学』7-3 明治
書院
畠 弘巳 1988 「外国人のための日本語会話ストラテジーとその
教育」『日本語学』7-3 明治書院
古川千鶴子 1988 「場面のスクプリトと省略現象」『日本語学』7
-3 明治書院
川崎晶子 1989 「日常会話のきまり言葉」『日本語学』8-2 明
治書院
鈴木 睦 1989 「聞き手の私的領域と丁寧表現-日本語の丁寧さは如
何にして成り立つか-」『日本語学』8-2 明治書院
石川有紀子・無藤隆 1990 「要求表現の文脈存在性-その規定因と
しての役割関係-」『日本語学論説資料』27-1(上)
井出祥子 1990 「待遇表現」『講座日本語と日本語教育第12巻 言語
学要説』(下) 明治書院
中田智子 1990 「発話の特徴記述について-単位としてのmoveと分
析の観点-」『日本語学』9-11 明治書院
前田広幸 1990 「「~て下さい」と「お~下さい」」『日本語学』9
-5 明治書院
劉 敏 1990 「依頼表現「請+V」と「...Vてください」を
めぐって」『日本語学論説資料』27-1(上)
川成美香 1991 「要求表現の丁寧度に関する談話語用論的分析」
『日本語学論説資料』28-3
川村よし子 1991 「日本人の言語行動の特性」『日本語学』10-
5 明治書院
蒲谷宏・坂本恵 1991 「待遇表現教育の構想」『早稲田大学日本語
研究センター記要』3 早稲田大学日本語研究センター
三牧陽子 1991 「待遇表現の体系的把握-日本語教育の視点から」
『日本語教育論集』 吉田弥寿夫監修 学研
木村英樹・森山卓郎 1992 「聞き手情報配慮と文末形式」大河内
康憲編『日本語と中国語の対照研究論文集』くろしお出版
高田 誠 1992 「コミユニケーションの対照研究」『日本語学』
11-12 明治書院
熊井浩子 1992 「留学生にみられる談話行動上の問題点とその背
景」『日本語学』11-12 明治書院
橋本良明 1992 「間接的発話行為方略に関する異言語間比較」『日
本語学』11-12 明治書院
柏枝秀子 1993 「話しかけ行動の談話分析-依頼・要求表現の実際を
中心に-」『日本語教育』79号 日本語教育会
蒲谷宏・川口義一・坂本恵 1993 「依頼表現方略の分析と記述-
待遇表現への応用に向けて-」『早稲田大学日本語研究センター記要』
5 早稲田大学日本語研究センター
中村 明 1993 「要求表現における待遇形式の呼応」『日本語学論
説資料』30-3 論説資料保存会
馬場俊臣・禹永愛 1994 「「詫び」以外で使われる詫び表現-その
多用化の実態とウチ・ソト・ヨソの関係-」『日本語教育』82号 日本
語教育会
池田 裕 1995 「円滑なコミュニケーションのために」『言語』
24―5 大修館
池田 裕 1995 「待遇度の設定」『言語』24―6 大修館
池田 裕 1995 「文体の不一致」『言語』24―7 大修館
池田 裕 1995 「フォーマル/インフォーマル」『言語』24―8
大修館
池田 裕 1995 「依頼表現と視点の移動」『言語』24―9大修館
池田 裕 1995 「希望・欲求表現の難しさ」『言語』24―10 大
修館
池田 裕 1995 「終助詞と丁寧さ」『言語』24―11 大修館
池田 裕 1995 「文末表現の重要さ」『言語』24―12 大修館
井出祥子 1995 「語用論から見た敬語-わきまえを指標するモダリテ
ィ表現としての丁寧語」『国文学』40―14
熊取谷哲夫 1995 「発話行為理論から依頼表現-発話行動から談話行
動へ-」『日本語学』14-10 明治書院
熊谷智子 1995 「依頼の仕方」『日本語学』14-10 明治書院
沖 裕子 1995 「勧め的依頼表現について」『日本語学』14-
10 明治書院
生越まり子 1995 「依頼の対照研究-朝鮮語の依頼表現-」『日本語
学』14-10 明治書院
佐木倫子 1995 「依頼の対照研究-英語の依頼表現-」『日本語学』
14-10 明治書院
浜田麻里 1995 「依頼の対照研究-中国語における命令依頼の方略-」
『日本語学』14-10 明治書院
宮地 裕 1995 「依頼表現の位置」『日本語学』14-10 明治
書院
森山卓郎 1995 「「丁寧な依頼」のストラテジーと運用力-依頼の
手紙の書き方を例に-」『日本語学』14-10 明治書院
李 麗燕 1995 「日本語母語話者の会話管理に関する一考察-日
本語教育の観点から-」『日本語教育』87号 日本語教育会
柏崎秀子 1996 「談話レベルで捉える丁寧さ-談話展開が丁寧度評定
に与える影響-」『日本語学論説資料』27-1 論説資料保存会
生田少子 1996 「対話ディスコースにおけるPoliteness Strategy-」
『日本語学論説資料』27-1 論説資料保存会
李 麗燕 1997 「日本語母語話者の雑談における「情報伝達行動
の再開」」『日本語教育』92号 日本語教育会
三井久美子 1998 「「依頼」のフレームの明示性について」『日本
語学論説資料』29-1 論説資料保存会
第21期国語審議会 1999 「新しい時代に応じた国語施策につい
て」 文化庁
猪崎保子 2000 「「依頼」会話に見られる『優先体系』の文化的
相違と期待のずれ-日本人とフランス人日本語学習者の接触場面の研究」
『日本語教育』104号 日本語教育会
英語の論文:
Gibbs 1981 「Your Wish Is My Command: Convention Context in
Interpreting Indirect Requests」『Journal of Verbal Learning and Verbal
Behavior』20
修士論文:
丁麗萍 1998 『漢語中”請求”之言談結構及其語用功能之研究─
Sequential Organization of Request: A Discourse Analysis Based On
Spoken and Written Chinese Texts』台灣大學言語學研究所
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
系統版面圖檔 系統版面圖檔