跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(44.211.26.178) 您好!臺灣時間:2024/06/16 00:12
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:姜淑葳
論文名稱:遠藤周作文學之「母性意識」
指導教授:賴振南賴振南引用關係
學位類別:碩士
校院名稱:輔仁大學
系所名稱:日本語文學系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2003
畢業學年度:91
語文別:日文
論文頁數:72
中文關鍵詞:母性意識弱者夕陽同伴者基督宗教
相關次數:
  • 被引用被引用:3
  • 點閱點閱:263
  • 評分評分:
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:2
本篇論文針對遠藤周作文學中最核心之部分「母性意識」作分析與研究。先從「母性意識」的泉源著手,探討遠藤幼年時與父母親之關係,並特別處理對於母親的那份複雜情緒,進而從作品找出反應此情緒的痕跡,來尋找「母性意識」的泉源。
文中整合了先進學著們的研究成果為材料,如弱者理論、夕陽的眼神、同伴者耶穌等,將之與遠藤的「母性意識」串聯分析,來刻化「母性意識」之輪廓。接著更以『沉默』、『深河』等遠藤文學之代表作品為素材,分析「母性意識」之演變,探求「母性意識」的完整內涵。
簡言之,本篇論文是採先尋找源頭,接著重新整理定義其著名的研究理論,最後採用實證(作品)分析的方式,多面向切入,進而為遠藤周作之「母性意識」下定義,以完整其內涵。
第一章 序論
第一節 研究動機與目的
第二節 研究對象與方法
第三節 論文的架構
第二章 何謂「母性意識」
第一節 母性意識之泉源
1.母親郁之影響
2.父母關係不和睦及其影響
第二節 「母性意識」的兩義性
1.母親之崩壞
2.母親之聖化
3.「崩壞」與「聖化」間之關係
4.兩義性
第三節 作品中的兩種女性
1.遠藤否定的女性
2.遠藤心中理想的女性
第三章 「母性意識」之理論分析
第一節 對弱者的接納及肯定
1.英雄主義的否定
2.非英雄主義的肯定
3.弱者主角與弱者耶穌
第二節 夕陽的眼神
第三節 人生的同伴者耶穌
第四章 「母性意識」之演變
第一節 『海與毒藥』
第二節 『沈黙』
1.父性的臉龐
2.母性的臉龐
第三節 『母親』
第四節 『深河』
第五章 結論―愛的作用的神―
参考文献
(出版年月日順)
◎ 単行本
1.遠藤周作『アデンまで』(三田文学、昭29・12)
2.遠藤周作『パロディ』(群像、昭32・10)
3.遠藤周作「文学と想像力」(山本健吉編『文学の鑑賞』、毎日新聞社、昭32・10)
4.遠藤周作『おバカさん』(中央公論社、昭34・10)
5.遠藤周作『白い人・黄色い人』(新潮社、昭35・3)
6.遠藤周作『海と毒薬』(新潮社、昭35・7)
7.遠藤周作『ヘチマクン』(新潮社、昭36・9)
8.遠藤周作『聖書の中の女性たち』(講談社、昭42・12)
9.武田友寿『遠藤周作の世界』(講談社、昭46・7)p.304
10.遠藤周作『哀歌』(講談社、昭47・8)
11.遠藤周作『わたしが・棄てた・女』(講談社、昭47・12)
12.遠藤周作『死海のほとり』(新潮社、昭48・6)
13.遠藤周作『イエスの生涯』(新潮社、昭48・10)
14.西野孝男『別冊新評 遠藤周作の世界』(新評社、昭48・12)
15.武田寅雄他『日本現代文学とキリスト教―昭和編』(桜楓社、昭49)
16.遠藤周作『影法師』(新潮社、昭49・7)
17.遠藤周作『母なるもの』(新潮社、昭50・8)
18.武田友寿『遠藤周作の文学』(聖文舎、昭50)
19.遠藤周作『沈黙』(新潮社、昭56・10)
20.高橋たか子他「遠藤周作と椎名麟三」(『鑑賞日本現代文学25』、角川書店、昭58)
21.武田友寿『遠藤周作の世界―沈黙以後』(女子パウロ会、昭60・6)
22.遠藤周作『武士』(新潮社、昭61・6)
23.大木マリア『現代作家遠藤周作の作品研究 ─ 宗教と文学の接点を求めて 』(輔人大学日本語文学系、昭和62・4)
24.笠井秋生『遠藤周作論』(双文社、昭62・11)
25.遠藤周作『私にとって神とは』(光文社、昭63・11)
26.遠藤周作『異邦人の立場から』(講談社、平2・7)
27.江藤純他「遠藤周作」(『群像日本の作家』第22巻、小学館、平3)
28.遠藤周作『沈黙の声』(プレジデント社、カミュ文庫、平4)
29.久保田暁一『日本の作家とキリスト教』(朝文社、平4)
30.遠藤周作『深い河』(講談社、平5・8)
31.佐藤泰正「遠藤周作と椎名麟三」(『佐藤泰正著作集』、翰林書房、平6)
32.遠藤周作『ほんとうの私を求めて』(集英社、平7)
33.マンジェラ・ヴォルペ『隠れキリシタン』(南窓社、平7)
34.遠藤周作・佐藤泰正『人生の同伴者』(新潮社、平成7・4)
35.『聖書』(日本聖書協会、平8)
36.遠藤周作『<深い河>をさぐる』(文芸春秋、平9・10)
37.『遠藤周作文学全集』第十三巻「異邦人の苦悩」(新潮社、平12・5)
38.遠藤周作『満潮の時刻』(新潮社、平14・1)
◎ 雑誌・月報・定期刊行物
1.遠藤周作「合わない洋服」(『新潮』第64巻第12号、新潮社、昭42・12)
2.佐古純一郎「遠藤周作『沈黙』」(『解釈と鑑賞』、至文堂、昭45・4)
3.佐伯彰一「<哀しい眼>の想像力―遠藤周作論」(『国文学』学灯社、昭48・2)
4.川嶋至「(遠藤周作・作品の構造)沈黙」(『国文学』、学灯社、昭48・2)
5.遠藤周作・三好行雄「対談 文学―弱者の理論―遠藤周作に聞く」(『国文学』学灯社、昭48・2)
6.上総英郎「悲運のさなかでのゆるしの声」(『解釈鑑賞』、至文堂、昭49・12)
7.高堂要「遠藤周作における弱者の理論」(『解釈と鑑賞』、至文堂、昭50・6)
8.武田友寿「戦後文学史における遠藤周作」(『解釈と鑑賞』、至文堂、昭50・6)
9.村松剛「遠藤周作の世界<ピエタ>について」(『解釈と鑑賞』、至文堂、昭50・6)
10.佐藤泰正「遠藤周作における同伴者イエス―『死海のほとり』を中心に」(『解釈と鑑賞』、至文堂、昭50・6)
11.高堂要「遠藤周作・道化なる<母>への憧憬―遠藤周作における<母なるもの>」(『解釈と鑑賞』、至文堂、昭55・4)
12.高橋英夫「遠藤文学における弱者と母」(『解釈と鑑賞』第51巻第10、号至文堂、昭61)
13.鶴田欣也「『沈黙』の評価―海外における遠藤周作」(『解釈と鑑賞』第51巻10号、至文堂、昭61)
14.柴田泰志「『海と毒薬』論」(『日本文学誌要』第38号、法政大学国文学会、昭62・12)
15.宮坂覚「主題(テーマ)の把握 <実例>遠藤周作『沈黙』」(『国文学』第34巻8号、学灯社、平元・7)
16.武田友寿「狐狸庵先生に見る遠藤文学の神髄」(『知識』第111号、月刊第7巻2号、アートプロダクションノア「知識」出版部、平3・2)
17.安岡章太郎「『深い河』について―<復活>と<転生>」(『国文学―解釈と教材の研究―遠藤周作 グローバルな認識』38巻10号、学燈社、平5・9)
18.木崎さと子「癒すひと」(『国文学―解釈と教材の研究―遠藤周作 グローバルな認識』38巻10号、学燈社、平5・9)
19.遠藤周作・加賀乙彦「対談 最新作『深い河』―魂の問題―」(『国文学―解釈と教材の研究―遠藤周作 グローバルな認識』38巻10号、学燈社、平5・9)
20.池内輝雄「『沈黙』の方法―『深い河』への行程」(『国文学―解釈と教材の研究―遠藤周作 グローバルな認識』38巻10号、学燈社、平5・9)
21.川村湊「天竺にあにまを求めて―『深い河』論」(『国文学―解釈と教材の研究―遠藤周作 グローバルな認識』38巻10号、学燈社、平5・9)
22.高山鉄男「モーリヤックと遠藤周作」(『国文学―解釈と教材の研究―遠藤周作 グローバルな認識』38巻10号、学燈社、平5・9)
23.佐藤泰正「『スキャンダル』を通って『深い河』へ」(『国文学―解釈と教材の研究―遠藤周作 グローバルな認識』38巻10号、学燈社、平5・9)
24.井上洋冶・安岡章太郎・遠藤周作「座談会 『信』と『形』―『深い河』を手がかりに」(『群像』第48巻9号、講談社、平5・9)
25.兼子盾夫「遠藤周作における神の問題、『沈黙』と『深い河』」(『湘南工科大学紀要』第30巻1号、通巻32号、湘南工科大学紀要委員会、平8・3)
26.鵜飼哲夫「離婚した母への切ない思い」(『週刊読買』55巻45号、独売新聞社、平8・10)
27.加藤宗哉「わが師 遠藤周作――三十年の時の畔で」(『別冊文芸春秋』、文芸春秋、平8・冬)
28.淡中剛郎「遠藤周作論―“弱者”を慰撫する<愛の同伴者>」(『プロメデウス』第25号97年春季号、全国社研社、平9・3)
29.遠藤周作「『深い河』創作日記」(『三田文学』第76巻50号、三田文学会、平9・8)
30.小林昭「遠藤周作の文学を振り返る」(『民主文学』第384号、日本民主主義文学連盟、昭9・10)
31.山根道公「遠藤周作――夕暮れの眼差し」(『三田文学』第76巻51号、秋季号、三田文学会、平9・11)
32.三浦朱門・河合隼雄「対談 『深い河』創作日記を読む」(『三田文学』第76巻51号、秋季号、三田文学会、平9・11)
33.河合隼雄「日本の土を踏んだ神─遠藤周作の文学と宗教」(『三田文学』第三期、76巻52号、三田文学会、平10・2)
34.池内輝雄「山形和美編『遠藤周作─その文学世界』」(『キリスト教文学研究』15号、日本キリスト教文学界、平10・5)
35.宮崎忠男「遠藤周作を精神分析する」(『日本医事新報』第3895号、日本醫事新報、平10・12∼平11・7)
36.武田秀美「遠藤周作『深い河』―<多元的宗教観>のテーマをめぐって」(『キリスト教文学研究』第16号、日本キリスト教文学会、平11)
37.佐藤泰正「『深い河』再読」(『キリスト教文学研究』第16号、日本キリスト教文学会、平11)
38.高堂要「『深い河』について」(『キリスト教文学研究』第16号、日本キリスト教文学会、平11)
39.朝倉文市「遠藤周―二十歳前後の沈黙の謎」(『ノートルダム清心女子大学紀要』国語・国文学編、第23巻1号、通巻34号、ノートルダム清心女子大学、平11)
40.岩波剛「解説―五十年目の”奇跡”」 (『新潮』第97巻6号、新潮社、平12・6)
41.高山鉄男「フランソワーズのこと」(『新潮』第97巻6号、新潮社、平12・6)
42.山根道公「遠藤周作―十八歳の謎」(『新潮』第97巻6号、新潮社、平12・6)
43.佐伯彰一「『沈黙』への船出」(『新潮』第97巻6号、新潮社、平12・6)
44.宮野光男「遠藤周作『深い河』を読む─成瀬美津子はマグダラのマリアか」(『日本語日本文学』第26輯、平13・3、輔人大学外語學院日本與文學系)
45.山根道公「遠藤周作『深い河』─マザー・テレサとの関わりをめぐって」(『日本語日本文学』第26輯、平13・3、輔仁大学外語學院日本語文學系)
46.林水福「遠藤周作文学における宗教観の変容」(『日本語日本文学』第26輯、平13・3、輔仁大学外語學院日本語文學系)
47.金恩瑛「遠藤周作の『深い河』研究─神の形像化と意味を中心に─」(『言葉と文化』第2号、名古屋大学大学院・国際言語文化研究科・日本言語文化専攻、平
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
1. 1.尤克強(2000),「知識管理的實踐策略」,遠見雜誌,第170期,2000年8月,頁296-297
2. 2.王景翰、李美玲(2001),「e時代的網路化知識管理」,管理雜誌,第324期,2001年6月,頁98-102
3. 3.王餘厚(2001),「泛論知識管理」,人事月刊,第32卷,第2期,2001年4月,2001年2月,頁11-27
4. 4.李昆林(2001),「知識管理與學習曲線之應用」,管理雜誌,第322期,2001年4月,頁100-103
5. 13.柯佳蕙(2001),「變革促動注意要點」,會計研究月刊,第186期,2001年5月,頁16-17
6. 14.孫本初(2001),「知識管理-組織發展的新利器」,人事月刊,第32卷,第4期,2001年4月,頁11-27
7. 15.徐恩普(2000),「新經濟時代,細說知識管理」,管理雜誌,第318期,2000年12月,頁92-93
8. 19.陳依蘋(2000),「敲開新經濟時代企業價值密碼」,會計研究月刊,第180期,2000年11月,頁36-39
9. 20.黃于峻(2001),「知識管理注意要點」,會計研究月刊,第185期,2001年4月,頁18-19
10. 21.楊其清(2001),「結合網路與知識管理的優勢」,管理雜誌,第322期,2001年4月,頁104-107
11. 23.寧致遠(2000),「變革管理的中庸之道」,管理雜誌,第318期,2000年12月,頁94-96
12. 24.廖志德(2001),「厚植智慧資本的工具與思維」,能力雜誌,第545期,2001年7月,頁22-29
13. 25.廖肇弘(2000),「全球知識管理新趨勢與現況」,管理雜誌,第318期,2000年12月,頁86-90
14. 28.譚大純(2001),「知識管理策略之策略觀」,會計研究月刊,第185期,2001年4月,頁59-67