(18.206.238.77) 您好!臺灣時間:2021/05/12 01:55
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

: 
twitterline
研究生:傅斯楡
研究生(外文):Si-yu Fu
論文名稱:恋愛における自閉と他者性-村上春樹「ノルウェイの森」を中心として-
論文名稱(外文):Close and otherness in love It centers on Haruki Murakami 'NORWEGIAN WOOD'
指導教授:黃錦容黃錦容引用關係
指導教授(外文):Ching-Jung Huang
學位類別:碩士
校院名稱:東吳大學
系所名稱:日本語文學系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
畢業學年度:93
論文頁數:218
中文關鍵詞:他者性自閉戀愛
外文關鍵詞:ohernessCloseLove
相關次數:
  • 被引用被引用:1
  • 點閱點閱:505
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:69
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:2
論文提要內容:

 本論文以村上春樹的『挪威的森林』為中心,考察在村上的作品裡關於戀愛的自閉和他者性(排他性)。
 『挪威的森林』是1987年6月發表的作品,到2003年,已經賣了450萬部。這部作品暢銷的理由之一是年青人的支持。主人公「我」的被動性以及當一「聽者」的人際關係模式,引起許多年青人的共鳴。
 「我」的特徵之一是他的自閉。「我」有把自己關在自己的世界裡的傾向。為此,「我」對他人沒興趣,造成「我」對他人的不理解。因這個不理解而對他人產生他者性。他者性指的是,對象和自己之間有絕對的差異。因為這個觀念、在需要跟對方合為一體的戀愛之中,讓「我」更強烈的拒絕對方。簡而言之,在『挪威的森林』中描寫的戀愛關係,都因為有「我」的自閉和他者性,造成戀愛的「不可能」。
 在『挪威的森林』之前的村上的長篇作品裡的戀愛描寫,都有相同的情形。而自『挪威的森林』之後,村上的心態從「不相關」(detachment)開始轉變為「相關」(commitment)。『挪威的森林』可以說他在轉型時期的作品。
Close and otherness in love
It centers on Haruki Murakami c

Siyu Fu

Graduate School of Department Japanese Language and Culture

Abstract

This thesis is consideration of the close and otherness in the love of the Murakami work centering on 'NORWEGIAN WOOD' of Haruki Murakami.
 In 2003, 4.5 million copies of a work of 'NORWEGIAN WOOD' which was announced in June, 1987 have been sold. Supporting from a young reader is enumerated as a reason why this work sells. How of hero "I" with others as acting as a passive stand point as a “Listener” accepted by a lot of young people.
It characterizes and the close of the "I" is enumerated. It is possible to visit the close that shuts oneself up in own the world for "I", others cannot have the interest for that, it becomes in considerate to others, and it appears. The lack of understanding of this "I" becomes otherness and it reflects in the other party. An absolute difference was felt between us, and otherness was as if it drove back, and refused the other party more strongly in the love relation to hope for integration with the other party in the other party. In other word, the impossibility of love was being drawn by the close and the otherness of "I" as for the love relation drawn by 'NORWEGIAN WOOD'.
It was clarified that it was common to how with Murakami's full length work before 'NORWEGIAN WOOD' to draw love. Murakami's concern is shifted from detachment to the commitment since 'NORWEGIAN WOOD', and it can be said that 'NORWEGIAN WOOD' is a work that became Murakami's turning point.
目次
第一章 序論 3
1.1研究動機 3
1.2先行研究 7
1.2.1村上春樹論における先行研究 7
1.2.2他者論の先行研究 10
1.2.3恋愛論の先行研究 12
1.3研究対象及び研究方法 14
1.4研究価値 15
第二章「僕」の自己言及からみる自閉について 17
2.1「僕」の自閉について 18
2.2社会との関わり方からみる「僕」の自閉について 28
2.3まとめ 42
第三章他者関係における「僕」の自閉について 46
3.1「僕」と「キズキ」の関係−憧憬の対象となる他者− 46
3.1.1「僕」の理解していた「キズキ」像と本当の「キズキ」について 47
3.1.2「キズキ」の死が「僕」に与えた影響について 56
3.2「僕」と「永沢」の関係−背反する他者− 65
3.2.1「僕」が理解していた「永沢」像について 65
3.2.2「僕」と「永沢」の共通点について 73
3.3「僕」と「突撃隊」の関係−批評する他者− 79
3.3.1「僕」の「突撃隊」に対する関わり方について 80
3.3.2「突撃隊」というキャラクターについて 83
3.4まとめ 92
第四章恋愛関係における「僕」の自閉について 95
4.1「僕」と「直子」の関係−現実を超越する恋愛− 95
4.1.1「直子」というモチーフについて 95
4.1.2「僕」の理解していた「直子」像について 99
4.1.3「僕」が理解していなかった「直子」について 118
4.1.4大人になった「直子」としての「ハツミ」と「直子」に代わって「僕」を許す「レイコさん」 131
4.2「僕」と「緑」の関係−他者との関わりとしての恋愛− 138
4.2.1「緑」というキャラクターについて 138
4.2.2「僕」の理解していた「緑」像について 140
4.2.3「僕」が理解していなかった「緑」について 152
4.3まとめ 166
第五章他作品での恋愛における自閉と他者性について 168
5.1『風の歌を聴け』 168
5.2『1973年のピンボール』 175
5.3『羊をめぐる冒険』 182
5.4『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』 192
5.5まとめ 201
第六章結論 205
村上春樹年譜 212
参考文献 219
参考文献
(年代順)
テキスト
『羊をめぐる冒険』文庫版 講談社1985
『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』文庫版 新潮社1988
『村上春樹全作品1979〜1989①風の歌を聴け・1973年のピンボール』講談社1990
『村上春樹全作品1979〜1989⑥ ノルウェイの森』講談社 1991
単行本
桜井哲夫(1985)『ことばを失った若者たち』講談社
鶴田欣也(1986)『日本近代文学における「向う側」−母なるもの性なるものー』
        明治書院
野口武彦(1987)『近代日本の恋愛小説』大阪書籍
黒古一夫(1989)『村上春樹ザ・ロスト・ワールド』六興出版
高橋丁未子(1990)『ハルキの国の人々』CBS・ソニー出版
天野義智(1991)『繭の中のユートピア−情報資本主義の精神環境論』弘文堂
笠井潔・加藤典洋・竹田青嗣(1991)『村上春樹をめぐる冒険』河出書房新社
千石英世(1991)『アイロンをかける青年−−村上春樹とアメリカ』彩流社
村上啓二(1991)『『ノルウェイの森』を通り抜けて 村上春樹の成熟の途』
        JICC(ジック)出版局
上野千鶴子・小倉千加子・富岡多恵子(1992)「村上春樹●ノルウェイの森」
『男流文学論』筑摩書房
岸田秀・竹田青嗣(1992)『[対談]幻想論対欲望論
           現代日本人の恋愛と欲望をめぐって』KKベストセラーズ
竹田青嗣(1993)『恋愛論』作品社
鶴田欣也編(1994)『日本文学における〈他者〉』新曜社
大澤真幸他(1995)『岩波講座現代社会学第三巻他者・関係・コミュニケーション』 
         岩波書店
加藤典洋(1996)『村上春樹 イエローページ』荒地出版社
小谷野敦(1997)『男であることの困難恋愛・日本・ジェンダー』新曜社
小谷野敦(1997)『〈男の恋〉の文学史』朝日新聞社
加藤典洋他(1997)『群像日本の作家26 村上春樹』小学館
田中実(1997)『読みのアナーキーを超えて いのちと文学』右文書院
吉田春生(1997)『村上春樹、転換する』彩流社
大澤真幸(1998)『恋愛の不可能性について』春秋社
木俣和史編(1998)『日本文学研究論文集成46村上春樹』若草書房
栗坪良樹・柘植光彦(1999)『村上春樹スタディーズ01』若草書房
栗坪良樹・柘植光彦(1999)『村上春樹スタディーズ02』若草書房
栗坪良樹・柘植光彦(1999)『村上春樹スタディーズ03』若草書房
栗坪良樹・柘植光彦(1999)『村上春樹スタディーズ05』若草書房
鈴木登美(2000)『語られた自己−日本近代の私小説言説』岩波書店
河合隼雄(2002)『河合隼雄著作集第Ⅱ期第9巻 多層化するライフサイクル』
岩波書店
斎藤美奈子(2002)『文壇アイドル論』岩波書店
小谷野敦(2003)『反=文藝評論 文壇を遠く離れて』新曜社
雑誌
『ユリイカ臨時特集号 総特集村上春樹』(1989)青土社
『國文学解釈と教材の研究 村上春樹−予知する文学』(1995) 學燈社
『國文学解釈と教材の研究2月臨時増刊号ハイパーテクスト・村上春樹新たな発見!』(1998)學燈社
『恋愛学がわかる』(1999)朝日新聞社
『ユリイカ臨時増刊総特集=村上春樹を読む』(2000)青土社
『國文学解釈と教材の研究2月臨時増刊号境界を超えて恋愛のキーワード集』(2001)學燈社
『村上春樹がわかる』(2001)朝日新聞社
『別冊宝島743 僕たちの好きな村上春樹』(2003)宝島社
インタビュー
「−村上春樹大インタビュー「ノルウェイの森」の秘密」『文藝春秋』
1989年4月号
「聞き書村上春樹この十年1979年〜1988年」『『文學界』臨時増刊村上春樹ブック』
1991年文藝春秋
「村上春樹ロング・インタビュー『海辺のカフカ』を語る」『文學界』
2003年4月号
ホームページ
『読売年鑑2000』巻頭企画「21世紀のキーパーソン」「村上春樹 【「出せば売れる」の方程式】http://www.yomiuri.co.jp/nenkan/nenkan2000/nenkan02/31.htm
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
系統版面圖檔 系統版面圖檔