跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(44.222.64.76) 您好!臺灣時間:2024/06/13 09:12
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

: 
twitterline
研究生:李婉禎
研究生(外文):Wan-chen Li
論文名稱:『人間失格』における主人公葉蔵の人物像――「不幸」とのかかわりから――
論文名稱(外文):Image of Oba-Youzou of Ningensikkaku and its relevance to misfortune
指導教授:曾秋桂曾秋桂引用關係
學位類別:碩士
校院名稱:東吳大學
系所名稱:日本語文學系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2005
畢業學年度:93
論文頁數:240
中文關鍵詞:太宰治人間失格大庭葉藏不幸性格
外文關鍵詞:NingensikkakuYouzoumisfortune
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:2097
  • 評分評分:
  • 下載下載:102
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:2
『人間失格』於昭和23年(1948年)發表,由主人翁大庭葉藏的自白手記三篇,與第三者所書寫的前言、後記組成。內容主要描述葉藏坎坷的一生。翻開「第一手記」,葉藏以「我的一生充滿羞恥」做開頭,充分吸引讀者的注意。仔細閱讀『人間失格』後,發現葉藏的一生的確充滿了令人引以為恥的事。在第三者的眼裡看來,葉藏不幸的原因在於他的父親。可是找出第三者說出此話的前因後果之後,父親是葉藏不幸的原因這件事並不成立。另外,葉藏對自己不幸的原因做了以下的詮釋,「我的不幸是缺乏拒絕能力者的不幸」。根據此說辭,本論文事先設定葉藏不幸的原因可能就是出在葉藏本身。因此,為了找出葉藏不幸的真正原因,本論文一一分析葉藏跟書中其他人物的相處情形。藉由觀察葉藏跟他人的相處情形,就可確定葉藏的不幸是他本身性格的缺陷所造成,抑或是第三者所造成的。如此一來,葉藏的人物形象可藉由性格分析而確立,而其性格與不幸間的關聯也可明白呈現。
Japanese novel Ningensikkaku was released in 1948, composed of 3 pieces of journals written by the main character of the novel Oba-youzou and preface and note by a third person. The content of the book depicts the misfortune of Youzou. In the first journal, Youzou starts the novel with saying “my life is shameful”, attracting readers’ attention. Indeed, in Ningkensikkaku, readers would find that Youzou does embarrass himself throughout his life. But from the perspective of the third person, what causes Youzou’s misfortune is Youzou’s father. However, when we realize the consequences of why the third person says so, we can see that this statement does not establish. Also, Youzou analyses the causes of his misfortune, saying “My misfortune is caused by the inability to say no.” Based on such statement, this thesis assumes that the causes of Youzou’s misfortune life lie in Youzou himself. In order to find out what accounts for Youzou’s misery, the thesis analyses how Youzou gets along with others, by which we can conclude whether Youzou’s tragedy is caused by the defects of his personality or by the third person. In this case, Youzou’s image can be established by personality analysis and how it relates to his miserable life can be understood.
序論
一、研究動機
二、先行研究
三、研究内容及び方法
本論
第一章 葉蔵の不幸と人生に対する態度と他人との付き合い
第一節 葉蔵の不幸
第二節 葉蔵の人生に対する態度
(一)葉蔵の生理状況
(二)葉蔵の心理状態
第三節 葉蔵と他人との付き合い
第二章 葉蔵と家族
第一節 父と葉蔵との親子関係
(一)父の社会地位
(二)父と葉蔵とのやり取り
(三)父の期待と失望
(四)父の難解と父への恐怖
(五)父への懐かしさ
(六)父への矛盾心理
第二節 母と葉蔵
第三節 兄たちと葉蔵
第三章 葉蔵と女性
第一節 葉蔵と周りの女性たちとの関係
第二節 葉蔵の女性観
(一)出生から小学校卒までの葉蔵の女性に対する態度
(二)中学校在学の葉蔵の女性に対する態度
(三)高校入学から情死事件までの葉蔵の女性に対する態度
(四)情死事件から脳病院入れられるまでの葉蔵の女性に対する態度
(五)脳病院出てから手記を書くまでの葉蔵の女性に対する態度
第三節 葉蔵の女性に対して取る姿勢
第四節 葉蔵の女性を評する基準
第四章 葉蔵と周辺の人たち
第一節 竹一と葉蔵
第二節 堀木と葉蔵
第三節 ヒラメと葉蔵
第五章 葉蔵の人物像
第一節 葉蔵の金銭観
第二節 葉蔵の道化
第三節 葉蔵の人間恐怖
結論
附録1
附録2
附録3
テキスト
参考文献
テキスト
太宰治(1975∼1977)『太宰治全集』全12巻(筑摩書房)
参考文献(年代順)
1.単行本
菊田義孝(1964)「11 人間失格」『太宰治と罪の問題』(審美社)
北垣隆一(1974)『太宰治の精神分析』(北沢図書出版)
越川正三(1975)『新説 太宰治論』(桜楓社)
作田啓一(1981)『個人主義の運命』(岩波書店)
保坂 清(1982)『小説をどう読むか――名作の周辺』(玉川大学出版部)
東郷克美(2001)『太宰治という物語』(筑摩書房)
遠藤 祐(2003)『太宰治の〈物語〉』(翰林書房)
石原千秋(2004)『テクストはまちがわない――小説と読者の仕事』
(筑摩書房)
2.単行本に一部収録
谷沢永一(1970)「太宰治『人間失格』の構成」
『日本文学研究資料叢書 太宰治』(有精堂)
野島秀勝(1977)「道化失格――太宰治断章」
『異装叢書3 太宰治の世界』(冬樹社)
亀井勝一郎(1981)「大庭葉蔵」
『鑑賞 日本現代文学 第21巻太宰治』(角川書店)
東郷克美(1995)「全作品事典(人間失格)〔評価〕」
『太宰治事典 別冊國文學(1994・5)改装版』(學燈社)
村瀬 学(1999)「「外国人」としての主人公の位置について――
『人間失格』を読み替える――」『太宰治を読む 梅光女学院大学公開講座論集 第45集』(笠間書院)
3.雑誌
中野嘉一(1983)「太宰治―人間失格意識の原点と軌跡―」
『国文学解釈と鑑賞』4月臨時増刊号(至文堂)
東郷克美(1987)「人間失格」
『國文學解釈と教材の研究』1月号(學燈社)
角田旅人(1988)「『人間失格』」
『国文学解釈と鑑賞』第53巻6号(至文堂)
東郷克美(1988)「鼎談 昭和20年∼23年の太宰治をどう読むか」
『国文学解釈と鑑賞』第53巻6号(至文堂)
鳥居邦朗(1989)「作中人物の〈性格〉―太宰治『人間失格』」
『國文學解釈と教材の研究』7月号(學燈社)
古俣裕介(1991)「「人間失格」という〈騙し絵〉の構図」
『太宰治・第七号』(洋々社)
大里恭三郎(1991)「「人間失格」論 コキュの狼狽」
『太宰治・第七号』(洋々社)
木村小夜(1991)「回想の起点としての〈人間失格〉手記内部の構造に
ついて」『太宰治・第七号』(洋々社)
安藤 宏(1991)「『人間失格』の構成 作品分析のための覚え書」
『太宰治・第七号』(洋々社)
中島国彦(1991)「「人間失格」への一視点―「引用」の機能」
『國文學解釈と教材の研究』4月号(學燈社)
4.その他
金田一京助等編(1997)『新明解国語辞典 第五版』(三省堂)
講談社辞典局編(1998)『講談社カラーパックス英和・国語辞典』(講談社)
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top