跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(100.26.196.222) 您好!臺灣時間:2024/03/01 05:16
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

: 
twitterline
研究生:黃曉貞
研究生(外文):HUANG HSIAO CHEN
論文名稱:太宰治の女語り作品について―後期の「ヴィヨンの妻」「斜陽」を中心に―
論文名稱(外文):Dazai Osamu’s feminine monologueDazai’ later period novels─"The Wife Of Villon"," The Declining Sun "─
指導教授:邱若山邱若山引用關係
學位類別:碩士
校院名稱:東吳大學
系所名稱:日本語文學系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2006
畢業學年度:94
論文頁數:174
中文關鍵詞:太宰治維揚之妻斜陽女性獨白體
外文關鍵詞:Dazai Osamu"The Wife Of Villon"" The Declining Sun "feminine monologue
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:664
  • 評分評分:
  • 下載下載:101
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:1
「維揚之妻」、「斜陽」可謂太宰治後期女性獨白體的代表作。女性獨白體這種文體被認為是太宰文學的特色。這兩篇作品都是戰後時期為背景的作品。這兩篇作品的主題以及主人翁的形象性都有重疊的部份,並且作中主角人物被認為是太宰治的分身。於此,筆者將先分析兩篇作品之獨白敘述,再將其作對照比較。
本論文由五章所組成。本論文第一章說明研究動機與目的、研究範圍以及方法,並對先行研究做整理與檢討。第二章透過「善後」、「工作」等關鍵事件來分析「維揚之妻」的女主角―大谷之妻的自我意識、主体性,其次透過大谷之妻的獨白、描述,分析大谷這個故事裡的男主角的形象。另外更探討作品中被隱藏的言論如「家」、「幸福」、「神與罪惡感」等問題。第三章透過「去處」、「玫瑰」、「女人的生活」等關鍵字的內涵來分析「斜陽」女主角―和子的自我意識、主体性。並且透過和子的獨白敘述,分析作品當中人物―包括母親、弟弟直治、戀人上原二郎及上原之妻的形象。此外探討和子常提及的「戀」的真義、和子寫給上原的信、直治的日誌等的問題點。第四章�堳h將「維揚之妻」、「斜陽」當中的人物以及主題做比較分析。並且論述場所的改變所帶來的女主人翁的心境及行動的改變。第五章結論,整理前面論述的各個環節,提出對甚少被相提並論或做相對比較的這兩篇作品做比較、論述,對太宰治的戰後文學的解讀具有相當重要的意義。
"The Wife Of Villon"," The Declining Sun " can be said to be a best work of feminine monologue of the later period of Dazai Osamu.Feminine monologue is thought that it is the feature of Dazai literature.These two works were drawn in the postwar time. Furthermore, subject or figure characteristics of a chief character of two works were similary. And the characters in "The Wife Of Villon"," The Declining Sun " were considered Dazai Osamu’s alter ego. Therefore, I analyze the monologue and compare "The Wife Of Villon" and " The Declining Sun ".
This article consists of 5 chapters. In Chapter 1, I introduce the motive and goal, the range of my study and the research. In Chapter 2, I make use of the keywords like "settle the dispute", "work" to analyze about self-consciousness and identity of the heroine (Otani’s wife) of " The Wife Of Villon". Furthermore, I also analyze the figure characteristics of the husband (Otani) of the heroine with the monologue of Otani’s wife . I also investigate the narratives like "the family", "happiness", "God and the feeling of guilt" which were concealed. In Chapter 3, I make use of the keywords like "the destination", "the rose", "woman’s life" to analyze about self-consciousness and identity of the heroine of " The Declining Sun". I deal with the figure characteristics of Kazuko’s mother, Kazuko’s brother Naohaji, Kazuko’s lover Uehara Jiro, Uehara’s wife. Furthermore, I examine reality of the love that Kazuko talked, the letter that Kazuko wrote to Uehara, Naohaji’s diary. In Chapter 4, I compare "The Wife Of Villon"," The Declining Sun " with the subject and the characters. I also investigate the change of the places brings the change with the heroines’s feeling and action. Chapter 5 is the conclusion, I arrange the points which I discussed so far and I compare these two works which are not discussed so much. It is very important decipherment the post-war literature of Dazai Osamu.
太宰治の女語り作品について
―後期の「ヴィヨンの妻」「斜陽」を中心に―
目 次
1 序論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1
1.1 研究動機及び先行研究・・・・・・・・・・・・・・・1
 1.2 論文の構成及び方法について・・・・・・・・・・・・7
1.3 研究価値及び今後の課題・・・・・・・・・・・・・・8
1.4 太宰文学の語り―女語り・・・・・・・・・・・・・・8
1.4.1 太宰文学における語りの特徴・・・・・・・・・8  
  1.4.2 太宰文学における中期の女語りの特徴・・・・12   
  1.4.3 太宰文学における後期の女語りの特徴・・・・14
2 「ヴィヨンの妻」の言説・・・・・・・・・・・・・・・17
2.1 妻の〈私〉の自意識と主体性・・・・・・・・・・・18 
2.1.1 後始末・・・・・・・・・・・・・・・・・・18
2.1.2 働くこと・・・・・・・・・・・・・・・・・20
2.2 大谷の形象性・・・・・・・・・・・・・・・・・・23
2.2.1 妻の〈私〉の言説・・・・・・・・・・・・・23
2.2.2 飲屋の主人夫婦の言説・・・・・・・・・・・28
2.2.3 ほかの人物の言説・・・・・・・・・・・・・34                           2.2.4 大谷自身の言説・・・・・・・・・・・・・・36
  2.2.5 結び・・・・・・・・・・・・・・・・・・・39
2.3 隠蔽された言説・・・・・・・・・・・・・・・・・40
2.3.1 家の意味の転換・・・・・・・・・・・・・・40
2.3.2 幸福・・・・・・・・・・・・・・・・・・・42                      2.3.3 神と罪意識・・・・・・・・・・・・・・・・45
3 「斜陽」の言説・・・・・・・・・・・・・・・・・・・51
3.1 かず子の自意識と主体性・・・・・・・・・・・・・54
3.1.1 行くところ・・・・・・・・・・・・・・・・54
3.1.2 薔薇―自意識の象徴・・・・・・・・・・・・58
3.1.3 女の生活・・・・・・・・・・・・・・・・・63
3.2 作中人物の形象性・・・・・・・・・・・・・・・・65
3.2.1 直治の形象性・・・・・・・・・・・・・・・65
3.2.1.1 かず子の言説・・・・・・・・・・・・・65
3.2.1.2 お母さまの言説・・・・・・・・・・・・68
3.2.1.3 上原の言説・・・・・・・・・・・・・・69
3.2.1.4 直治自身の言説・・・・・・・・・・・・71
3.2.2 お母さまの形象性・・・・・・・・・・・・・76
3.2.2.1 かず子の言説・・・・・・・・・・・・・76
3.2.2.2 直治の言説・・・・・・・・・・・・・・82
3.2.2.3 お母さま自身の言説・・・・・・・・・・85
  3.2.3 上原の形象性・・・・・・・・・・・・・・・87
3.2.3.1 かず子の言説・・・・・・・・・・・・・87
3.2.3.2 直治の言説・・・・・・・・・・・・・・91
3.2.3.3 上原の妻の言説・・・・・・・・・・・・93
3.2.3.4 上原自身の言説・・・・・・・・・・・・94
  3.2.4 上原の妻の形象性・・・・・・・・・・・・・97
3.2.4.1 かず子の言説・・・・・・・・・・・・・97
3.2.4.2 直治の言説・・・・・・・・・・・・・・98
3.2.4.3 ほかの人物の言説・・・・・・・・・・101
  3.2.5 結び・・・・・・・・・・・・・・・・・・102

3.3 隠蔽された言説・・・・・・・・・・・・・・・・105
 3.3.1 場所の転換・・・・・・・・・・・・・・・105
 3.3.2 恋の正体・・・・・・・・・・・・・・・・108
3.4 作中人物の文書・・・・・・・・・・・・・・・・117
 3.4.1 かず子の手紙・・・・・・・・・・・・・・117
 3.4.2 直治の文書・・・・・・・・・・・・・・・125
4 「ヴィヨンの妻」と「斜陽」との比較・・・・・・・・137
4.1 二作における女語りの表現形式の違い・・・・・・137
4.2 主人公の主体性、形象性の問題・・・・・・・・・139
 4.2.1 大谷の妻とかず子・・・・・・・・・・・・139
 4.2.2 大谷の妻と上原の妻・・・・・・・・・・・143
4.2.3 大谷と上原・・・・・・・・・・・・・・・147
4.2.4 大谷と直治・・・・・・・・・・・・・・・150
 4.3 異空間の女語りへの影響・・・・・・・・・・・・152
  4.3.1 〈家〉と〈飲屋〉・・・・・・・・・・・・・152
  4.3.2 〈家〉と〈東京〉・・・・・・・・・・・・・157
 4.4 主題及び中心思想の比較・・・・・・・・・・・ 158
5 結論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・165

テキスト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・171
参考文献・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・171
テキスト
1.『太宰治全集第九巻』 筑摩書房 類聚版 1980.8
「ヴィヨンの妻」(1947.3)、「斜陽」(1947.7∼10)を収録
2.『太宰治全集第二巻』 筑摩書房 類聚版 1971.4
3.『太宰治全集第八巻』 筑摩書房 類聚版 1982.1 

参考文献(年代順)
雑誌
1.『国文学解釈と鑑賞 太宰治・作家と作品』至文堂1960.3 
2.『国文学解釈と鑑賞 二十世紀旗手・太宰治』至文堂1969.5
3.『國文學解釈と教材の研究 文学・無頼の季節』学燈社1970.1
4.『國文學解釈と教材の研究 太宰治―自虐者の虚構』学燈社1974.2
5.『國文學解釈と教材の研究 太宰治の問いかけるもの』学燈社1976.5  
6.『国文学解釈と鑑賞 新しい太宰治像』至文堂1977.12
7.『國文學解釈と教材の研究 太宰治 二十世紀のフォークロア』学燈社1979.7
8.『国文学解釈と鑑賞 太宰治の肖像』至文堂1981.10 
9.『國文學解釈と教材の研究 太宰治 終焉へのナラトロジー』学燈社1987.1
10.渡部芳紀「太宰治論 ―中期を中心に―」『国文学解釈と鑑賞』至文堂1987.4
11.『国文学解釈と鑑賞 太宰治 昭和十三年∼二十年』至文堂1987.6
12.『国文学解釈と鑑賞 太宰治 昭和二十年∼二十三年』至文堂1988.6
13.田中実「〈他者〉という〈神〉―『ヴィヨンの妻』―」『国文学解釈と鑑賞』1990.7 
14.『国文学解釈と鑑賞 太宰治研究のために』至文堂1990.11
15.『國文學解釈と教材の研究 特集:いま太宰治を読み直す』学燈社1991.4
16.『国文学解釈と鑑賞 太宰治 卒業論文への指針』至文堂1996.6
17.『ユリイカ総特集太宰治』青土社 臨時増刊 1998.6 
18.『国文学解釈と鑑賞 太宰治 没後五〇年』至文堂1998.6
19.『国文学解釈と鑑賞 太宰治の謎』至文堂1999.9
20.『國文學 解釈と教材の研究 没後五十周年変貌する太宰治』学燈社1999.6
21.『國文學 解釈と教材の研究 太宰治―文化・国家・個人 そしてメディア』学燈社2002.12

単行本
1.菊田義孝『太宰治と罪の問題』審美社 1964.10 
2.福田清人╱板垣信『太宰治 人と作品 1』清水書院 1966.4 
3.堤重久『恋と革命 評伝・太宰治』講談社 1973.8
4.佐古純一郎『太宰治論』審美社 十版 1974.1  
5.東郷克美・渡部芳紀編『作品論 太宰治』双文社1974.6 
6.北垣隆一『太宰治の精神分析』北沢図書1974.12
7.越川正三『新説 太宰治論』桜楓社1975
8.奥野健男編『太宰治研究Ⅰ その文学』筑摩書房 1978.6 
9.日本文学研究資料刊行会編『日本文学研究資料叢書 太宰治
Ⅱ』 有精堂 六版 1978 
10.三枝康高『太宰治とその生涯』審美社 1979.10 
11.三好行雄編『太宰治必携』学燈社1980.9
12.饗庭孝男編『鑑賞 日本現代文学 第21巻 太宰治』角川書店 初版 1981.2 
13.一冊の講座編集部『太宰治 日本の近代文学5』有精堂 1983.3
14.清水茂雄「二節 太宰文学の倫理性―戦後の作品を主に―」『文学と宗教〈作品論・文学紀行〉』教育出版センター 1983.7
15.渡部芳紀『太宰治 心の王者』洋々社 1984.5
16.奥野健男『太宰治論』新潮社1984.6 
17.磯田光一「“家霊”探索者の運命―太宰治論―」『昭和作家論集成』新潮社1985.6 
18.東郷克美「太宰治の話法 女性独白体の発見」『日本文学講座 6 近代小説』 大修館書店 1988.6 
19.長部日出雄・他『群像日本の作家17 太宰治』小学館 初版1991.1 
20.佐藤嗣男・橘豊『近代小説の表現 五』教育出版センター 1993.3再版
21.山内祥史編『太宰治論集 作家論篇 第5巻』ゆまに書房 1994.3,第8巻1994.7,第9巻1994.7 
22.鶴谷憲三『Sprit 太宰治 《作家と作品》 有精堂』 1994.4 
23.東郷克美編『太宰治事典』学燈社1995.5
24.神谷忠孝・安藤宏『太宰治全作品研究事典』勉誠社 1995.11
25.佐藤泰正『太宰治論』翰林書房1997.2 
26.関井光男『太宰治の世界』冬樹社 1997.5 
27.鳥居邦朗編『日本文学研究大成 太宰治』株式会社国書刊行会
1997.10 
28.安藤宏『太宰治』若草書房 1998.5
29.細谷博『太宰治』岩波書店 1998.5
30.長谷川啓・他『〈転向〉の明暗―「昭和十年前後」の文学』イ
ンパクト出版会 1999.5

辞書
1.新村出編『広辞苑』第四版 岩波書店 1997.1 
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top