跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(44.212.99.208) 您好!臺灣時間:2024/04/17 18:23
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:羅文媛
研究生(外文):Wen-yuan Lo
論文名稱:日本語条件表現の習得に関する縦断研究-初級後半から中級前半までの台湾人日本語の作文データを基にして-
論文名稱(外文):The longitudinal study of the acquisition of Japanese conditionals-the subject of study focuses on the Japanese compositions wrote by Taiwanese Japanese-learners leveled from primary to intermediate-
指導教授:陳淑娟陳淑娟引用關係長友和彥長友和彥引用關係
學位類別:碩士
校院名稱:東吳大學
系所名稱:日本語文學系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2006
畢業學年度:94
論文頁數:110
中文關鍵詞:條件表現縱断研究發達過程學習者語言母語干涉
外文關鍵詞:conditionalslongitudinal studydevelopmental sequenceinterlanguagenativization
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:303
  • 評分評分:
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:2
日語中的條件句法「タラ・ト・バ・ナラ」因具有多樣性及類義性,以及語用上的限制,故對學習者而言是一項困難的文法項目。同樣地,該如何有效地敎授條件表現,對教師們來說亦是棘手的問題。
然而,長久以來,尚未有任何研究者針對台灣人日語學習者之條件表現習得狀況來進行長期追蹤研究。因此,筆者認為,若能掌握台灣日語學習者的條件表現的發達過程,將能提供教師們作為開發有效教學法之依據。進而提升台灣日語學習的學習成效。
本研究係以東吳大學日本語文學系所收集的台灣人日語學習者語言資料庫「LARP at SCU」中的15人;每人各20回的作文資料為考察對象,來進行關於「日本語條件表現:タラ・ト・バ・ナラ」之縱断性習得研究。
具體考察結果如下:
從長期的個人分析中了解到,隨著日語程度的提升,學習者條件表現的使用也隨之增加。但是條件表現各形式與用法間的組合因人而異。
a. 於學習者語言分析中發現,條件表現與「∼て」「∼から、∼ので」「∼時」 「∼ても」等表現混用常見於習得初期。但因對「タラ・ト・バ・ナラ」各形式之語用上的制約認識不足,所造成各形式間之混用情形,則是恆常地出現於整個過程。
b. 而因形式間混用而造成誤用的情況,又以「タラ」條件文的誤用為最。其次為「ナラ」條件文。「タラ」條件節的困難點在於,其條件句中所提的事件是不能具有重複性或習慣性。而「ナラ」條件文則是因「過度類化」而發生的誤用較多。
c. 本論文還針對學習者語言中母語干涉的可能性來進行分析。結果發現,台灣人日語學習者在條件表現的發達過程中,母語干涉的情形存在,特別常見於習得初期的階段。
The conditional sentencing of “TARA””TO””BA””NARA” in Japanese consists of variation and classification, also the restriction of language, so, it is a tough grammar to a learner. At the mean time, it is a tough question to instructors on how to effectively instruct conditionals.
However, there has not yet been progressed a long term research on the subject of conditional acquisition of Japanese language learner in Taiwan. It is then assumed, if one can master the developmental sequence of conditionals of Taiwanese Japanese-learner, one will be able to provide instructors a reference to the development of effective teaching skill. And further to promote the efficiency of Japanese language learning in Taiwan
The study is based on the 15 people from LARP at SCU collected by the Japanese Department under Art Faculty in Soo Chow University; each one of the 15 people would have 20 runs of composition for the purpose of observation to progress the longitudinal study about Japanese conditionals of “TARA”TO”BA”NARA”.
Result of concrete observation as following:
d. It’s been understood from personal analysis in a long run, that learner’s use of conditionals increase by the promotion of Japanese level. But the combination of form and application of conditionals may vary accordingly.
e. It’s been discovered from the analysis of learner’s language that conditionals and ~TE ~KARA ~NODE ~TOKI ~TEMO are often mixed and seen in the beginning of acquisition. However, due to insufficient of knowledge regarding the restriction of language to the form of “TARA” TO”BA”NARA”, the cause of mixed usage of each form then is often seen through the whole process.
f. The error caused by the mixed usage of forms is best presented by the error of “TARA”, followed by “NARA”. The difficult point of conditional section is that there will be no used to or repeated of affair mentioned in the conditional sentence. And ‘NARA” is often an error in overgeneralization.
g. The study also analyzes according to the possibility of nativization in interlanguage. The result has shown that the Taiwanese Japanese-learner under the developmental process of conditionals, are especially often seen the condition of nativization existing in the beginning of acquisition.
<目 次>

第一章 序論
1.1研究動機と目的……………………………………… 1
1.2本研究の構成………………………………………… 2

第二章 条件表現に関する先行研究
2.1日本語学研究
 2.1.1各形式の独自性・置き換えるの可能性の検討 4
 2.1.2日本語の条件分類に試み……………………… 5
2.1.3日本語母語話者を対象にした調査…………… 6
 2.1.4条件文のプロトタイプをめぐって…………… 7
2.2習得研究
2.2.1第二言語習得における条件表現習得研究…… 9
2.3問題所在と本研究の位置づけ……………………… 12

第三章 研究概要
3.1研究課題……………………………………………… 15
3.2研究範囲……………………………………………… 15
3.3研究対象……………………………………………… 16
3.3.1データ…………………………………………… 16
3.3.2用例の収集……………………………………… 18
3.4研究方法……………………………………………… 18
3.4.1分類の仕組み…………………………………… 18
3.4.2正誤の判断方法………………………………… 20
3.4.3意味判断について……………………………… 21

第四章 結果及び縦断的考察
4.1条件表現の発達に関する個人別追跡調査………… 23
4.1.1追跡調査の記録表……………………………… 25
4.1.2追跡調査の結果………………………………… 53
4.2全体的な分析………………………………………… 55
4.2.1習得順序の推移………………………………… 55
4.2.2各形式の正答率………………………………… 59
4.2.3まとめ…………………………………………… 60
4.3各用法の難易度分析………………………………… 60
4.3.1各用法における形式別の分布及び正答率…… 61
4.3.2各用法の難易度に関わる誤用………………… 66
4.3.3まとめ…………………………………………… 72

第五章 中間言語体系及び母語転移の可能性
5.1条件表現に関する中間言語………………………… 75
5.1.1中間言語体系分析……………………………… 75
5.1.2変異から見る中間言語………………………… 78
5.1.3中間言語の表出と変化………………………… 80
5.1.4中間言語体系の形成過程……………………… 85
5.2母語転移の可能性…………………………………… 87
5.2.1中国語の条件表現……………………………… 88
5.2.2考察……………………………………………… 90
5.3まとめ………………………………………………… 95

第六章 先行研究との比較
6.1先行研究との比較…………………………………… 97

第七章 示唆及び今後の課題
7.1教育への示唆………………………………………… 101
7.2今後の課題…………………………………………… 102
<論文>
有田節子(1999)「プロトタイプから見た日本語の条件文」『言
語研究』115,pp77-108。
    (2001.3)「条件文研究の最近の動向」『大阪樟蔭女子大学日本語研究センター報告』第9号,pp57-84。
稲葉みどり(1991.6)「日本語条件文の意味領域と中間言語
構造-英語話者の第二言語習得過程を中心に-」『日本語教
育』75号,pp87-99。
川口さち子(1984)「バ・ト・タラ・ナラによる条件表現の分
析―日本語初級教科書における提出順序再考―」『早稲田大
学語学教育研究所紀要』28号 早稲田大学語学教育研究
所、pp1-pp28。
加藤理恵(1998)「『時』を表す『たら』と『と』について」
『日本語教育』97号、pp83-93。
木山三佳(2003)「連用修飾節を構成する接続助詞類の使用実
態―作文データベースを用いて―」pp13-25。
久野 瞕(1973)「第12章 なら」『日本語文法研究』大修館
書店p102-108。
    (1973)「たら」「時を現す『と』」『日本語文法研究』
大修館書店、p109-121。
小野純一(1998)「仮定条件を表す「―トキハ」の成立条件に
ついて―「-タラ」「-ト」との比較を通して―」『ことば
の科学』名古屋大学言語文化部言語文化研究会11巻、pp79-92。
小野米一(1983)「条件表現『と』『ば』『たら』『なら』の異
同について―中国人学習者のために― 」『北海道教育大学
紀要』第1部A人文科学篇 34,pp13-24。
小柳かおる(1998)「条件文習得におけるインストラクション
の効果」『第二言語としての日本語の習得研究』2号,pp1
-26。
四元朋子(1998)『「と・ば・たら・なら」を含む条件文の文
法性―日本語学習者の判断についての調査―』『福岡YWCH
日本語教育論文集』福岡YWCH編・福岡YWCH。pp51-72。
白井恭弘(1998)「言語学習とプロトタイプ理論」『21世紀の
民族と国家第8巻ボーダーレス時代の外国語教育』、未来社、
pp78-108。
白井恭弘(2003)「第二言語習得とは何か?」【講演録】『言語
文化と日本語教育』2003年11月増刊特集号。
白井賢一郎(1996)「日本語の条件文」『制約に基づく日本語
の構造の研究』国際日本文化研究センター、pp31-67。
下地 早智子(2004.9)「中国語の条件表現」『神戸外大論叢』
55(1)神戸市外国語大学研究会pp53-69。
菅谷奈津江(2004)「プロトタイプと第二言語としての日本語
習得研究」『第二言語としての日本語の習得研究』第二言語
習得研究会、pp121-139。
鈴木義昭(1990)「条件句の日中対照-「ば」・「たら」・「なら」・
「と」をめぐって-」『早稲田大学日本語研究教育センター
紀要』2、pp53∼73.早稲田大学。
ソルヴァンら(2005)「『と』『バ』『タラ』『ナラ』再考」『日本語教育』125号、pp28-37
田中 寛(1998)「日本語教育における中間言語と誤用分析―
学習段階別にみた分析手法―」
    (1994)「条件表現と基本文型」『日本語学』13明治
書院,pp60-72。
田中茂範(1990)「プロトタイプ理論」『認知意味論 英語
詞の多義の構造』pp77-173。
朴素瑩(2001)「日本語学習者における条件表現の学習実態―
韓国人学習者を中心に―」『国語の研究』27 大分大学
陳美玲(2001)「『と』の用法と中国語との対照」『日本文化と
日本語教育』第22号、pp1-12。
鄭亨奎(1993)「条件の接続表現の研究-中国語話者の学習者
の立場から-」『日本語教育』79号 日本語教育学会
豊田豊子(1977)「「と」と「∼とき(時)」」『日本語教育』33
号 日本語教育学会。
    (1985)「『と、ば、たら、なら』の用法の調査とその結果」『日本語教育』56日本語教育学会,pp51-64。
中島悦子(1990)「日本語と中国語の条件表現―「ト」と“一”
“就”を中心に」『日本語教育』72号 日本語教育学会。
    (1991)「日本語と中国語の条件表現」『東海大学紀
要』11留学生教育センター
長友和彦(1993)「日本語の中間言語研究-概観」『日本語教
育』81、pp1-18.
    (1995)「第二言語における意識化の役割とその教育
的意義」『言語文化と日本語教育』9、pp161-167。
    (1997)「動詞テ形に関わる音韻規則の習得と言語の
普遍性」『第二言語としての日本語の習得研究』1、pp1-8。
    (1998)「第二言語としての日本語の習得研究」『児
童心理学の進歩』1998年版p80-96。
ニャンジヤローンスック、スニ―ラット(2001a)「OPIデー
タにおける「条件表現」の習得研究 -中国語、韓国語、
英語母語話者の自然発話から-」『日本語教育』111号pp26
-35。
    (2001b)「タイ語母語話者による条件表現の縦断研究-全体的な分析-」『言語文化と日本語教育』第22号、日本言語文化研究会,pp38-48。
藤城浩子(2000)「ト・バ・タラ-基本的な意味からの用法
検証-」『三重大学留学生センター紀要』第2号 ,pp25
-38。
堀 恵子(2004.3a)「バ条件文の文末制約を再考する―日本
語母語話者に対する適格性判断調査から―」『言語と文明』第2巻 麗澤大学,pp108-135。大学院言語教育研究科論集。
    (2004.7b)「4種類のコーパスにおける日本語条件
表現の用いられかた―高等教育機関での日本語教育をめざして―」『麗澤大学紀要』第78巻,31-57。
    (2005.3a)「日本語条件表現の習得課程―中級学習
者に対する縦断的インタビューから―」『日本語教育方法研
究会誌』Vol.1pp36-37。
     (2005. 7b)「日本語条件文のプロトタイプ的意
味・用法と拡張―コーパス調査と言語学的有標性の2つの観点から―」『日本語教育』126号,pp124-133。
益岡隆志(1997)「第4章 条件文の表現」『新日本語文法選
書』くろしお、pp47-75 。
    (2000)「条件表現再考」『日本語文法の諸相』くろ
しお、pp153-175。
前田直子(1991.10)「条件文分類の一考察」『日本語学科年
報13』東京外国語大学,pp55-79。
    (1995)「バ・ト・ナラ・タラ ―仮定表現を表す形
式―」『日本語類義表現の文法(下)』くろしお,pp483-495。
    (2005.4)「『と』『ば』『たら』『なら』再考 」『日
本語教育』125号,pp28-37。
水野義道(1985)「接続表現の日中対照」『日本語教育』56号日本語教育学会
籾山洋介(1995)「多義語のプロトタイプ的意味の認定の方
法と実際―意味転用の一方向性:空間から時間―」『東京大学言語学論集』14,p621-p639。
李 仁揆(1999)「『と』『ば』『たら』による条件句節のモダ
リティ」『文学部紀要』文教大学12(2),pp76-92。
山口堯二(1969)「現代語の仮定条件法―「ば」「と」「たら」
「なら」について」月刊『文法』1-2 pp148-156。
山下好孝(1991)「日本語の条件文をめぐって」『AKP紀要』
第5号 同志社大学。
吉良文孝(1991)「条件節におけるモダリティの表出につい
て」『日本大学人文科学研究所研究紀要』42号。
Harry Solvang(2004)「幼児の日本語獲得過程に見られる条
件表現の特徴 ―発話機能を中心に―」『大阪樟蔭女子大学日本語研究センター報告 』12 大阪樟蔭女子大学。
    (2004)「日本語を母語とする幼児の条件接続詞獲得過程について」『ニダバ』西日本言語学会編。

<著書>
鈴木 忍(1978)『教師用日本語教育ハンドブック3文法Ⅰ』
国際交流基金日本語国際センター。
劉月華ほか(1991)『現代中国語文法総覧(下)』相原荗監訳
 くろしお出版。
益岡隆志(1993)『日本語の条件表現』くろしお出版。
森山新(2000)『認知と第二言語習得』      。
蓮沼昭子・有田節子・前田直子(2001)『セルフマスターシリ
ーズ 条件表現』くろしお出版。 
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
無相關論文