(3.238.130.97) 您好!臺灣時間:2021/05/15 14:15
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:蔡佩玉
研究生(外文):Pei-Yu Tsai
論文名稱:日中兩國語含「氣」字之二字熟語之對照研究
論文名稱(外文):日中両国語における「気」を用いた二字熟語に対する対照研究
指導教授:蘇鈺甯森安 雅子
學位類別:碩士
校院名稱:長榮大學
系所名稱:日本研究所
學門:社會及行為科學學門
學類:區域研究學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2007
畢業學年度:95
論文頁數:110
中文關鍵詞:語彙對照研究語講成同形語
外文關鍵詞:熟語語彙同形語語構造
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:247
  • 評分評分:
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
摘 要

「気」這個字在日語當中,常常在慣用表現或者是二字漢語中出現。可是,「気」這個字原本是由中國傳入日本的文字。因此,在本論文當中,透過中日語彙對照方式,從語史到結構面來做全面性的分析,希望能夠分辦出其中之異同。

本論文的研究範圍,主要鎖定在「気」這個字以及含有「気」的二字漢字。例句方面的收集,日語以「廣辭苑」為主,「日本國語大辭典」為輔;中文則以「教育部線上國語辭典」為主,「辭海」為輔。

本論文的構成依序如下。第一章為序論,主要在於闡述研究動機、目地、先行研究以及範圍、方法論。第二章,追溯日中歷史,探究「気」最初的面貌。第三章、第四章則為實證分析,收集各字典中含有「氣」的二字漢字,由「語構造」以及「日中同形語」兩方面分析兩者異同以及特徵。最後第五章,將各章節的結論總整理,提出結論。

希冀經由本論文的研究成果,在今後國人學習有關日文中「気」這個字的用法以及教育上,能夠成為一項助力,並且在今後相關領域研究上提供些微供獻。
要   旨

日本語の中に、「気」という言葉が存在している。「気」は、「気がつく」・「気がきく」・「気になる」・「気が短い」など、一字で使用することもできるし、「気候」・「気分」または「空気」・「元気」など、熟語としてもいろいろな使い方を有する。しかし、この「気」は元来中国から伝わってきたもので、中国漢字では“氣”と書く。本論では日中両言語の「気」を対照比較し、語史から構造面などを分析し、その意味及び全般的な表現を明らかにする。

本論の研究範囲は主に「気」という一字漢字及び「気」を含む二字熟語、これらを中心に日中対照の分析を行う。日本語の部分は『広辞苑』を主に、『日本国語大辞典 第二版』を従に用例を取り上げる。中国語の部分は『 國語辭典 民國八十七年四月版(教育部國語推行委員會)インターネット検索データベース』を主に、『辭海』を従に用例を取り上げる。

本論文の構成は次のようである。第一章は序論、本論文の研究動機・目的・先行研究・範囲・方法論を要約して述べる。第二章は「気」の語史について述べる。日中における「気」が最初にどのような姿で現れていたかについて歴史をたどり、年代順でその使い方を明らかにする。第三章及び第四章では、辞書から集めた用例を「語構造」及び「日中同形語」のふたつの面から分析し、両者の相違点または特徴を究明する。第五章では、日中における「気」の異同をまとめ、整理し、結論を出す。

本論の研究結果を通じ、中国語話者が「気」を含む日本語単語を学ぶ際のひとつの参考分類とし、また「気」についてもさらなる認識ができること、また今後学習上や日本語教育への提案になれば、幸いである。そして今後同研究のいささかの資料になることを期待する。
目   次

日本語要旨……………………………………………………………Ⅰ
中文摘要………………………………………………………………Ⅱ
目次……………………………………………………………………Ⅲ
表目次…………………………………………………………………Ⅴ
図目次…………………………………………………………………Ⅵ

Ⅰ序論………………………………………………………………………1
1-1 研究動機及び目的 ………………………………………………1
1-2 研究範囲及び研究方法 …………………………………………4
1-2-1研究範囲 ……………………………………………………4
1-2-2研究方法 ……………………………………………………6
1-3 先行研究 ……………………………………………………8
1-3-1 「気」を含む慣用句についての考察 ………………8
1-3-2 「気」を含む慣用句における日中翻訳対照研究 …………8
1-3-3 日中における「気」に対する語義比較 …………………10

Ⅱ「気」に関する史的考察 ………………………………………12
2-1 中国語における“氣”の表す意味的な変遷 ………………12
2-2 日本語における「気」の表す意味的な変遷 ………………32
2-3 現代日中両国語における「気」の意味の比較分析 ………37

Ⅲ「気」を用いた現代日中両国語の語構造についての考察……42
3-1 日本語の場合 ?炕K……………………………………………42
3-2 中国語の場合 ?炕K……………………………………………51
3-3 まとめ ?炕K……………………………………………………57
 
Ⅳ「気」を用いた現代日中両国語の二字熟語の比較……………60
 4-1はじめに ………………………………………………………60
4-2同形同義について ………………………………………………62
4-3同形類義について ………………………………………………67
4-4同形異義について ………………………………………………80
4-5まとめ ……………………………………………………………84

Ⅴ結論 ???炕K……………………………………………………………………86
5-1 結論 ???炕K……………………………………………………86
5-2 今後の課題???????炕K………………………………………88

注 ………………………………………………………………………89
参考文献(日本語) …………………………………………………92
参考文献(中国語) …………………………………………………94
付録 ……………………………………………………………………96
参考文献(日本語)

1.辞書類
佐藤喜代治(1996)『一語の辞典 気』中央印刷株式会社
小学館国語辞典編集部(1972)『日本国語大辞典 第二版 第三巻』小学館
小学館国語辞典編集部(1972)『日本国語大辞典 第二版 第四巻』小学館
小川環樹 西田太一郎 赤塚忠 編(1968)『角川新字源』角川書店
諸橋轍次著(1986)『大漢和辞典』大修館書店
藤堂明保 松本昭 竹田晃 編(1994)『漢字源 新版』学習研究社
新村出 編 広辞苑 第五版 電子ブック版(岩波書店)

2.書籍
赤塚行雄(1974)『「気」の構造』講談社
赤塚行雄(1990)『「気」の文化論』創拓社
秋元美晴(2002)「語構成」『日本語教師・分類別マスターシリーズよくわかる語彙』 株式会社アルク
池上正治(1995)『「気」で読む中国思想』講談社
石井正彦(1989)「語構成」『講座日本語と日本語教育6 日本語の語彙・意味(上)』明治書院
石綿敏雄 高田誠(1990)『対照言語学』 おうふう 
伊藤芳照(1989)「漢字の音訓」『講座日本語と日本語教育8 日本語の文字・表記(上)』明治書院
王 占華(2004)『中国語学概論』駿河台出版社
沖久雄(2005)「複合名詞の意味と構文」『日本語学特集テーマ別ファイル (1)意味Ⅰ』明治書院
小野沢精一 福永光司 山井湧 編(1978)『気の思想-中国における自然観と人間観の展開』東京大学出版社
清水義昭 (2000)『概説 日本語学・日本語教育』 おうふう
鈴木孝夫(1976)「語彙の構造」『日本語講座第四巻 日本語の語彙と表現』大修館書店
田中章夫(1978)「語彙の分類」『国語語彙論』明治書院
田中章夫(1978)「語彙の類型と対応」『国語語彙論』明治書院
玉村文郎(1984)『語彙の研究と教育(下)』国立国語研究所
藤堂明保 相原茂(1985)『新訂 中国語概論』大修館書店
日向敏彦(1982)「機能別漢字表-造語力の考察から-」『講座日本語学6 現代表記との史的対照』明治書院
文化庁(1978)『中国語と対応する漢語』大蔵省印刷局 
文化庁(1983)『漢字音読語の日中対応』大蔵省印刷局 
星野命(1976)「身体語彙による表現」『日本語講座第四巻 日本語の語彙と表現』大修館
彭飛(2005)「日本語の「気」「気配り」「配」「配慮」の語義」『彭飛研究書シリーズ 第
一巻 日本語の「配慮表現」に関する研究ー中国語との比較研究における諸問題ー』 和
泉書院
牧田英二(1974)「中国語・日本語の漢字をめぐってー中国語の中に移入された外来語としての日本語」『講座日本語 第十冊』早稲田大学語学教育研究所
三浦国雄(1994)『気の中国文化──気功・養生・風水・易』 創元社
林八竜(2002)『日・韓両国語の慣用的表現の対照研究-身体語彙慣用句を中心として』 明治書院
和田節(1969)「からだことば考」『思想の科学』思想の科学社

3.雑誌論文
赤塚行雄(1996)「日本における「気」の歴史」『日本語学 7月号』明治書院
浅野裕一(1996)「中国における「気」の概念」『日本語学 7月号』明治書院
荒川清秀 (1988)「複合漢語の日中比較」『日本語学 5月号』 明治書院
晏瑪莉 (2006)『日中同形語の考察ーその相違と日中辞典からみた記述の問題点についてー』長栄大学
王玉玲(1998)「日本語の「気」の一考察ー精神活動に関する慣用句表現を中心にー」『東呉日語教育学報 第二十一期』
大谷晋也(1996)「「気」の慣用句の結合度」『日本語学 7月号』明治書院
竹田健二(1996)「「気」の原義と「気」の思想の成立」『日本語学 7月号』明治書院
玉村文郎 (1988)「複合語の意味」『日本語学 5月号』 明治書院
鄭秀賢(1996)「「気」をめぐる表現の日・韓対照研究」『日本語学 7月号』明治書院
涂耀全 (2004)『口に関する身体語彙の一考察ー中日両語の対照比較を中心にー 』東呉大学 
野村雅昭(1988)「二字漢語の構造」『日本語学 5月号』 明治書院
彭飛(1996)「「気」「気配り表現」をめぐって」『日本語学 7月号』 明治書院
林玉惠(1996)「日中語彙の比較研究─感情語彙を中心に─」『日本語論究6 語彙意味』和泉書院

4.インターネット
『戸塚鍼灸院サイト』http://homepage1.nifty.com/totukahp/koukigyokuhaimei.htm





参考文献(中文)

1.辭書類
熊鈍生 著 (1986)『辭海 中冊』 台灣中華書局

2.書籍
孔子(1994)『論語』智楊出版社
方以智(2002)『續修四庫全書 東西均』上海古籍出版社
方以智(1995)『物理小識』一 臺灣商務出版 
王雲五編 (1967)『雲笈七籤』臺灣商務出版社 
王陽明 (1980)『王陽明全集』文友書店
老子(1994)『老子』智楊出版社
朱京伟(2005)『日本詞匯學教程』 外語教學與研究出版社
朱熹(1985)『朱子文集 第六冊』財團法人德富文教基金會出板
李學勤編(2001)『春秋左傳正義《昭公》』台灣古籍出版
呂祖謙(1991)『東萊博議』智楊出版社
孟子(1994)『孟子』智楊出版社
莊子(1993)『莊子』錦繡出版
柳宗元 (2002)『散文欣賞 柳宗元 上』錦繡出版社
柳宗元著(1997)『柳宗元全集』上海古籍出版社
胡宏(1974)『胡子知言』廣文書局
康有為(1982)『大同書』帕米爾書店
許衡(1985)『許魯齋集』中華書局出版 
國立編譯館編 (2002)『新編管子 上冊』國立編譯館出版
國立編譯館編 (2002)『新編 抱朴子內篇』國立篇譯館
程顥、程頤(1983)『二程集一』漢京文化事業
黃錦鋐注譯 (1993)『新譯子讀本』三民書局
張載(1983)『張載集』漢京文化事業
嵇康(1993)『嵇康詩文』錦繡出版社 
楊家駱主編 (1990)『論衡集解 上』世界書局
劉安等著 (2000)『淮南子 上』臺灣古籍出版
劉安等著 (2000)『淮南子 下』臺灣古籍出版
劉殿爵主編 (1992)『兵書四種(孫子、尉繚子、吳子、司馬法)逐字索引』臺灣商務印書館
劉宗周(1996)『劉子全書』京華出版 
論衡(1993)『論衡』錦繡出版
黎靖德編(1980)『百納本 朱子語類』漢京文化事業 1
羅肇錦 (1990)『國語學』五南圖書出版有限公司
戴逸主編 (1997)『太平天國詩文選譯』 巴蜀書社出版
嚴復譯 (1956)『名學淺說』臺灣商務印書館
嚴靈峰編(1965)『輯王安石老子注』藝文印書館 

3.期刊論文
王珍妮 (2006) 『立德管理學院外語學群2006校際研討會論文集』 「由「氣」的慣用句之
構成探討日翻中語意的表達」立德管理學院

4.網站
『CBETA 中華電子佛典協會』http://www.cbeta.org/index.htm
『國家圖書館 全國博碩士 論文資訊網』http://etds.ncl.edu.tw/theabs/index.jsp
李殿魁 主編(1995)『國語辭典』(教育部國語推行委員會)http://140.111.34.46/dict/
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top