(3.236.6.6) 您好!臺灣時間:2021/04/23 21:38
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:蔡雅如
研究生(外文):Tsai Ya-Ju
論文名稱:藤原定家的漢詩引用方法之研究-以《六百番歌合》為主-
論文名稱(外文):The research on Fujiwara Teika's adoption of chinese poem -Based on "Roppyakuban Utaawase"-
指導教授:張蓉蓓張蓉蓓引用關係
指導教授(外文):Chang Jung Pei
學位類別:碩士
校院名稱:輔仁大學
系所名稱:日本語文學系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2006
畢業學年度:95
語文別:日文
論文頁數:93
中文關鍵詞:和歌六百番歌合藤原定家白詩直譯式
外文關鍵詞:WakaRoppyakuban UtaawaseFujiwara TeikaBai Shiliteral translation chant method
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:249
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:30
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
《六百番歌合》中定家的漢詩引用方法,其特色為,對白詩的風情跟詩情的徹底模仿。可說是將白詩直接譯成和歌,由此可以看出定家對白詩的推崇及尊重。定家的直譯詠法,應該是有受到大江千里家集《句題和歌》的影響。而這時期的直譯式詠法,又與建保六年以白詩詩句為歌題的《文集百首》息息相關,可以說《文集百首》中定家的直譯式詠法在《六百番歌合》就已經奠下基礎。而這種直譯式的詠法,應該只限於引用白詩的和歌群。在引用漢詩時,定家以外的歌人的情況是,漢詩跟和歌彼此重疊相互共鳴,和歌在前,漢詩墊後,詩是為了創作、為了增強和歌的感情的一種手段、工具。然而,定家的情況則是顛倒,和歌是為了表現詩情,呈現詩境的手段。和歌不再是創作的目的,反倒是一種表現詩句的手段。另外,《六百番歌合》中,定家所引用的白詩,除了「代書詩一百韻寄微之」外,皆為描繪風景的敘景詩。可以看出定家對敘景詩的偏好。引用白詩的和歌也都屬四季歌。定家認為《白氏文集》的特色在捕捉「時節之景氣世間之盛衰」,所以才徹底地模仿白詩,並試著創作「時節」的和歌。我想是因為經歷過這樣具實驗性的試作方式,才能朝被稱為「白詩引用方法上的過渡期」的正治、建仁期邁進。
Fujiwara Teika 's Chinese poetry quotation method is the " Roppyakuban Utaawase " whose characteristic mimic Bai Juyi’s style and poetry. Teika translates Bai Juyi’s poems(“Bai Shi”) directly into Waka, from which we can see Teika’s esteem and respect to Bai Juyi. Teika 's literal translation chant method, accordingly, may be influenced by Ooe Chisato’s " Kudai Waka " style. During this period, the “literal translation chant method” is closely related to kempo 6th(AD1218) " Monjuhyakushu "; that is “Bai Shi” is Waka’s topic. Therefore, Teika 's literal translation chant method in " Monjuhyakushu " may be established in the time of " Roppyakuban Utaawase ". However, this type of “literal translation chant method” should only be restricted to the Waka group quoted from “Bai Shi”. In general, the Japanese poet besides Teika sympathize Chinese poetry with Waka when quotes the Chinese poems.Between Waka and Chinese poetry, the poem is a method or a tool in order to create or to enhance the sentiment of Waka. However, Teika utilize an opposite method. Waka becomes the strategy to express the poetry and to present the poetic conception. That is Waka is no longer the purpose of the poem and being turns out to be more like a performance method. Moreover, in " Roppyakuban Utaawase ", “Bai Shi” quoted by Teika defines most of scenery poetry despite of the“ writes on another's behalf 100 rhymes to send Wei Zhi “. rom these examples, we understand Teika’s preference to scenery poetry. Waka quotes from “Bai Shi” all belong to song of four seasons. Teika thinks that the characteristic of " Bai Shi wenji " is to catch “the scenery of seasons, the rise and fall of world”. Therefore Teika imitates “Bai Shi” thoroughly and therefore was trying to create the Waka of seasons. Hence, , I suggest that the creation of Waka which moves along to this so-called “the transition-period of Bai Shi quotes method”stage of Syoji and Kennin may due to its exposure to such experimental experiences.
序章                               
第一節 研究の方法と目的                   
第二節 先行研究
第三節 研究内容と方向
 
第一章 『六百番歌合』における中国の詩文の受容様相        
第一節 『白氏文集』の受容傾向                  
第二節 『白氏文集』以外の中国漢詩の受容傾向         
第三節 まとめ                        

第二章 『六百番歌合』における日本漢詩を介在させた中国詩文の受容   第一節 『和漢朗詠集』、『新撰朗詠集』の介在受容―白詩を中心に―       第二節 『和漢朗詠集』、『新撰朗詠集』の介在受容―白詩以外の中国漢詩を中心に―第三節 まとめ

第三章 『六百番歌合』における日本漢詩文の受容様相    第一節 『和漢朗詠集』における日本漢詩の受容傾向   
第二節 『新撰朗詠集』における日本漢詩の受容傾向    
第三節 まとめ

終章 中国詩文及び日本漢詩の摂取の様相
第一節  定家による摂取の方法と独自性
第二節  今後の研究課題

付録                               
テキスト
参考文献                             
[中国文献]
1.呂延濟 李善 劉良 李周翰 呂向 張銑註 『宋本 六臣註文選』  廣文書局 1966年
2.鄭玄注 『禮記』 臺灣商務 1967年
3.范曄著 『新校本後漢書并附編十三種』 鼎文書局 1977年
4.李昉 他編 『太平御覽』 國泰文化 1980年
5.司馬遷著 『百衲本二十四史 史記(上)』 台灣商務 1981年
6.干寶撰 『捜神記』 里仁出版 1982年
7.朱金城箋校 『白居易集箋校』 上海古籍出版社  1988年
8.湛然寺編 『摩訶止觀』 湛然寺 1988年
9.顏之推著 『中國古籍大觀 處世701 顏氏家訓』 台灣古籍出版社 1996年
10.駱賓王撰 『續修四庫全書』 上海古籍出版社 2002年

[日本文献]
1.荘司格一 他訳 『捜神記』 養徳社 1959年
2.斯波六郎, 花房英樹訳 『世界文学大系70 文選』・筑摩書房・1963年
3.川口久雄 他編 『日本古典文学大系73 和漢朗詠集 梁塵秘抄』 岩波書店 1965年
4.窪田空穂 他編 『和歌文学大辞典』 明治書院 1967年
5.遠藤嘉基・松尾聡校注 『日本古典大系77 篁・平中・濱松中納言物語』 岩波書店 1977年
6.小島憲之 他著 『万葉集 訳文篇』 縞書房 1979年
7.久松潜一 他校注 『日本古典文学大系65 歌論集能楽論集』 岩波書店 1980年
8.「新編国歌大観」編集委員会編 『新編国歌大観』 角川書店 1983年
9.藤原佐世撰 『日本國見在書目錄及其他一種』 新文豐出版 1984年
10.岡村繁著 『新訳漢文大系 白氏文集』・明治書院・1988年
11.山内潤三 他編 『和漢朗詠集私注』 新典社 1989年
12.片桐洋一校注 『後撰和歌集』 岩波書店 1990年
13.渡辺実 校注 『新日本古典文学大系25 枕草子』 岩波書店 1991年
14.藤岡忠美 他校注 『日本古典文学全集18 和泉式部日記 紫式部日記 更級日記 讃岐典侍日記』 小学館 1992年
15.大曾根章介 他校注 『本朝文粹』 岩波書店 1992年
16.柳井滋 他校注『新日本古典文学大系19源氏物語一』岩波書店 1993年
17.柳井滋 他校注『新日本古典文学大系23源氏物語五』岩波書店 1997年
18.柳井滋 他校注『新日本古典文学大系20源氏物語二』岩波書店 1999年
19.柳井滋 他校注『新日本古典文学大系22源氏物語四』岩波書店 2000年
20.橋本不美男 他校注 『新編日本古典文学全集87 歌論集』 小学館 2002年
21.中西進校注 『万葉集全訳注原文付(一)』 講談社 2005年
22.平野由紀子 『私家集全訳叢書36 千里集全訳』 風間書房 2007年

[叢書・単行本]
1.和漢比較文学会編 『和漢比較文学叢書第13巻 新古今集と漢詩文』 汲古書院 1992年11月
2.大田次男・神鷹徳治 他編 『白居易研究講座 第三巻 日本における受容(韻文編)』 勉誠社 1993年4月
3.村山修一 『藤原定家』 関書院 1956年6月
4.石田吉貞 『藤原定家の研究』 文雅堂 1957年3月
5.赤羽淑 『定家の歌一首』 桜楓社 1976年5月
6.赤羽淑 『藤原定家の歌風』 桜楓社 1985年4月
7.浅沼圭司 『映ろひと戯れ-定家を読む』 水声社 2000年10月
8.佐藤恒雄 『藤原定家研究』 風間書房 2002年
9.久保田淳 『久保田淳著作選集第2巻 定家』 岩波書店 2004年5月 

[雑誌論文]
1.川口久雄 「解説」(『日本古典文学大系73 和漢朗詠集梁塵秘抄』所収) 岩波書店 1965年
2.長谷完治 「漢詩文と定家の和歌」(『語文』第26輯所収) 文進堂 1966  年7月
3.佐藤恒雄 「定家・慈円の白氏文集受容―第一・第二帙の問題と採句傾向の分析から―」(『中世文学』第18号所収) 中世文学会 1973年5月
4.佐藤恒雄 「新古今的表現の基盤としての平安朝漢詩」(『日本文学』VOL.28所収) 日本文学協会 1979年6月
5.半谷芳文 「藤原定家の漢詩」 (『中古文学論攷』第1号所収) 早稲田大学大学院中古文学研究会 1980年11月
6.富樫よう子 「藤原定家における漢詩文の摂取−文治建久期を中心に−」(『国文目白』第22号所収) 日本女子大学国語国文学会 1983年3月
7.池上康夫 「白氏文集と和歌-定家歌学・新古今集との関係において-」(『紀 要』第8号所収) 明治学院大学一般教育付属研究所 1984年3月
8.長谷完治 「藤原定家と漢文学」(『中世文学と漢文学Ⅰ』) 汲古書院 1987年7月
9.佐藤恒雄 「定家と白詩」(『和漢比較文学』第17号所収) 和漢比較文学会 1988年8月
10.佐藤恒雄 「詩句題詠における二つの態度-「文集百首」の慈円と定家-」(『中世文学と漢文学Ⅰ』) 汲古書院 1987年7月
11.本間洋一 「王朝和歌の表現と漢詩文について-中古・中世私家集の世界と『朗詠集』のことなど-」(『和漢比較文学』第6号所収) 汲古書院 1990年10月
12.入谷仙介 「白居易の「琵琶引」-その成立についての一考察-」 『白居易の研究講座 第二巻 白居易の文学と人生』 勉誠社 1993年4月
13.川村晃生 「句題和歌と白氏文集」(『白居易研究講座 第三巻 日本における受容(韻文編)』所収) 勉誠社 1993年4月
14.渡辺秀夫 「古今集時代における白居易」(『白居易研究講座 第三巻 日本における受容(韻文編)』所収) 勉誠社 1993年4月
15.佐藤恒雄 「藤原定家の漢詩(続)」(『中世文学研究』第19号所収) 中四国中世文学研究会 1993年8月
16.佐藤恒雄 「『明月記』の中の白詩(続)」(『中世文学研究』第20号所収) 和泉書院 1994年
17.藤川功和 「定家と「暗雨打窓声」-日記において和歌において-」(『国文学攷』第166号所収) 広島大学国語国文学会 2000年6月
18.見尾久美恵 「藤原定家の和歌における対句的発想とその表現」(『和漢比較文学』第25号所収) 和漢比較文学会 2000年8月
19.関口祐未 「定家の「見わたせば」試論--白詩「蘭省花時錦帳下廬山雨夜草庵中」との関連をめぐって」(『文学研究論集』(文学・史学・地理学)第16号) 明治大学大学院文学研究科 2001年
20.見尾久美恵 「俊成・定家の漢文判詞考」 (『清心語文』第4号所収) ノートルダム清心女子大学日本語日本文学会 2002年8月
21.村中菜摘 「定家の歌における「子猷尋戴」(『蒙求』)摂取」 (『大学院開設10周年記念論文集』所収) ノートルダム清心女子大学 2005年11月
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
系統版面圖檔 系統版面圖檔