跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(34.226.244.254) 您好!臺灣時間:2021/08/03 04:11
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:呂育弘
研究生(外文):Lu Yu-Hung
論文名稱:日語格助詞「に」「で」「を」的誤用分析研究―以認知語言學的角度―
論文名稱(外文):The error analysis of Japanese case「Ni」「De」「Wo」-With cognitive linguistics approach-
指導教授:林文賢林文賢引用關係
指導教授(外文):Lin Wen-shian
學位類別:碩士
校院名稱:輔仁大學
系所名稱:日本語文學系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2007
畢業學年度:95
語文別:中文
論文頁數:135
中文關鍵詞:認知文法形象圖式轉喻隱喻圖式複合誤用分析母語干擾的影響文法規則複雜性教學策略的影響
外文關鍵詞:cognitive linguisticsimage schemametaphormetonymyerror analysislanguage interferegrammar complicacyteaching strategy
相關次數:
  • 被引用被引用:1
  • 點閱點閱:593
  • 評分評分:
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
本論旨於以認知語言學的角度,分析台灣學習者在日語格助詞使用上,的誤用進行分析研究。格助詞「に」「で」「を」的多義性和同義性,會讓初級學習者很難掌握格助詞的用法。針對結構派語言學和變形文法的檢討過程中,可以發現以認知語言學的理論處理日語格助詞的方式,對於學習者來說可能會比較容易吸收。所以本篇論文採用認知語言學的語言處理方式進行誤用分析。
第二章主要以檢討第二語言習得研究的先行論為研究中心。主要分成「對照語言分析研究」、「誤用分析研究」、「中間語言分析研究」等三個階段。歸納分析的結果是將以「母語干涉的影響」、「文法的複雜性」、以及「教學策略的影響」三個方向進行研究分析。
第三章首先以認知語言學的角度,設定格助詞「に」「で」「を」的形象圖式。然後運用認知語言學的理論,分析格助詞的多種用法如何從空間用法擴張到時間、抽象空間、以及其他的用法。本章的目的是希望能運用認知語言學的理論,針對格助詞分析出較為簡單且清楚的格助詞文法說明。
第四章以實際學習者的誤用例,以第三章分析的結果針對誤用例進行分析。分析的內容是學習者在「に」「で」「を」之間相互混淆所產生的誤用。分析的方式是從具體空間的用法,循序分析至時間用法、抽象的用法等。
第五章是結論。首先,整理第四章的內容歸納台灣學習者在格助詞「に」「で」「を」誤用的原因和背景。最後,具體說明今後對於台灣學習者的格助詞「に」「で」「を」教學應該以怎樣的方式來進行指導、對於學習者的誤用應該採怎樣的方式來處理等的建言。
The purpose of this thesis is to analyze the errors of Japanese case cognitive linguistics approach. The complicacy of Japanese case makes it difficult for Taiwanese learners to master Japanese well. However, from the process of comparing of generative grammar and structural linguistics,we found that using the cognitive linguistics approach to analyze Japanese is more clear and efficient for the learners. For the reason above we decided to utilize cognitive linguistics approach to analyze learners’ errors of Japanese case.
In the second chapter, we analyzed second language acquisition’s studies. Those studies were separated into three stages: 「contrastive analysis」, 「error analysis」 and「interlanguage analysis」. By the results of analyzing, we decided to analyze learners’ errors with the angle of「language interfere」, 「grammar complicacy」, and「teaching strategy」.
In the third chapter, with the thesis of cognitive linguistics, we set up the image schema of case「ni」「de」「wo」.They are 「attachment」 ,「container」,and「movement」. Then we used those image schemas to analyze how those Japanese cases expand their ambiguity form space usage to others. The main purpose of this chapter is to establish easier and clearer grammar explanation for the 「ni」「de」「wo」.
In the fourth chapter, we did the error analysis with cognitive grammar. The errors related to 「ni」「de」「wo」, and the process is for space usage to time usage and others usage.
The fifth chapter is the conclusion. The summary for the chapter fourth, and analysis of the reasons and background of learners’ errors are briefed again. We bring up the methods in teaching Taiwanese learners Japanese case, and the ways to prevent those errors from showing again.
第一章 序論
1.1 研究動機與目的 ………………………………………………………………1
1.2 結構文法、變形文法、認知語言學的檢討 …………………………………2
1.3 研究對象資料、範圍及方法 …………………………………………………7
1.4 本論的構成與概要 ……………………………………………………………9
1.5 用例說明………………………………………………………………………10


第二章 第二語言習得研究的先行研究
2.1 對照分析研究…………………………………………………………………11
2.2 誤用分析研究…………………………………………………………………14
2.3 中間語言分析研究……………………………………………………………19
2.4 本論的研究定位………………………………………………………………23

第三章 認知文法的格助詞「に」「で」「を」
3.1 格助詞「に」「で」「を」的空間形象圖式………………………………………25
3.1.1 格助詞「に」的形象圖式…………………………………………………26
3.1.2 格助詞「で」的形象圖式…………………………………………………28
3.1.3 格助詞「を」的形象圖式 ………………………………………………29
3.1.4 小結………………………………………………………………………30
3.2 格助詞「に」的用法……………………………………………………………33
3.2.1 「存在點」的用法…………………………………………………………33
3.2.2 「目的點」的用法…………………………………………………………34
3.2.3 「附著度」的分析…………………………………………………………37
3.2.3 「抽象空間」的用法………………………………………………………39
3.2.3 「原因」的用法……………………………………………………………41
3.2.4 「時間」的用法……………………………………………………………42
3.2.5 小結………………………………………………………………………43
3.3 格助詞「で」的用法……………………………………………………………43
3.3.1 「動作場所」的用法………………………………………………………44
3.3.2 「抽象空間」的用法………………………………………………………47
3.3.3 「時間」的用法……………………………………………………………48
3.3.4 「工具」「材料」的用法…………………………………………………50
3.3.5 「狀態」「原因」的用法 …………………………………………………51
3.3.5 小結………………………………………………………………………53
3.4 格助詞「を」的用法 …………………………………………………………54
3.4.1 「具體空間」的用法………………………………………………………55
3.4.2 「時間」的用法……………………………………………………………58
3.4.3 「他動性」的用法…………………………………………………………59
3.4.5 小結………………………………………………………………………62
3.5 本章結論 ……………………………………………………………………63

第四章 格助詞「に」「で」「を」的誤用分析
4.1格助詞「に」的誤用分析………………………………………………………65
4.1.1 「存在點」用法的誤用…………………………………………………65
 4.1.2 「目的點」用法的誤用…………………………………………………71
4.1.2.1「で→に」的誤用類型………………………………………………71
4.1.2.2「を→に」的誤用類型………………………………………………72
4.1.3 「時間」用法的誤用……………………………………………………79
4.1.4 小結………………………………………………………………………80
4.2格助詞「で」的誤用分析………………………………………………………81
4.2.1 「動作場所」用法的誤用…………………………………………………81
4.2.1.1「に→で」的誤用類型………………………………………………82
  4.2.1.2「を→で」的誤用類型………………………………………………88
4.2.2 「範圍用法」用法的誤用…………………………………………………89
4.2.3 「工具」用法的誤用………………………………………………………91
4.2.4 小結………………………………………………………………………93
4.3 格助詞「を」的誤用分析……………………………………………………94
4.3.1 「移動場所」用法的誤用…………………………………………………94
4.3.1.1「に→を」的誤用類型………………………………………………94
4.3.1.2「で→を」的誤用類型………………………………………………98
4.3.2 「他動性」用法的誤用……………………………………………………99
4.3.2.1「に→を」的誤用類型………………………………………………99
4.3.2.2「で→を」的誤用類型………………………………………………101
4.3.3 「時間」用法.的誤用……………………………………………………104
4.3.4 小結………………………………………………………………………105

第五章 結論
5.1 本論之總結 …………………………………………………………………107
5.1.1 母語干擾的影響 ………………………………………………………107
5.1.2 教學策略的影響 ………………………………………………………109
5.1.3 文法複雜性的影響 ……………………………………………………110
5.2 日語教育的建言 ……………………………………………………………111
5.2.1 對於格助詞「に」的教授法 …………………………………………111
5.2.2 對於格助詞「で」的教授法……………………………………………114
5.2.3 對於格助詞「を」的教授法……………………………………………117
5.3 今後研究課題 ………………………………………………………………120
一、中文文獻

趙元任.1980.『中國話的文法』.台北:台灣學生書局.
湯廷池.1979.『國語變形語法研究 第一集』.台北:台灣學生書局.
鄧 和.1985.『中國文字結構選解 第三集』.台北:正中書局.
鄧 和.1985.『中國文字結構選解 第四集』.台北:正中書局.
鄧 和.1985.『中國文字結構選解 第五集』.台北:正中書局.
佐治圭三等.1998.『日本語病句詳解』.台北:鴻儒堂.
道格拉斯•布朗.2000.『第二外語教學最高指導原則』.台北:培生教育.
雷可夫•詹森.2006.『我們賴以生存的譬喻』.台北:聯經.
萊科夫.1994.『女人•火與危險事物(上)』.台北:桂冠.
萊科夫.1994.『女人•火與危險事物(下)』.台北:桂冠.


二、日文文獻(依作者之五十音順排列)

1. 期刊•單行本

浅田まり. 1997.「作文教育再考―文法の誤用をなくす作文指導―」.『日本語教育論文集―小出詞子先生退職記念―』1997.凡人社.PP 55-67.
足立公平. 2004. 「ヲ格と道具目的語」『認知言語学論考』3.ひつじ書房.PP147-181.
庵功雄等. 2000.『初級を教える人のための日本語文法ハンドブック』.スルーエーネットワーク.
池上嘉彦. 1981.『「する」と「なる」の言語学』.大修館書店.
――――. 1993.「<移動>のスキーマと<行為>のスキーマ―日本語の「ヲ格+移動動詞」構造の類型論的考察―」.『外国語科研究紀要』41.東京大学教養部.PP34-53.
――――. 1997.「認知言語学のおもしろさ」.『月刊 言語』五月号.大修館書店.PP68-73.
市川保子. 1993.「中級レベル学習者の誤用とその分析―構文構造習得過程を中心に―」『日本語教育』81.PP55-66.
井筒勝信.2001.「構文文法に基づく日本語の統語分析「~を~に」構文の場合」.『北海道大学紀要 人文科学•社会科学編』51-2.PP53-65.
伊藤健人.2002.「言語教育と言語研究のインターフェイス―格助詞表現の誤用分析―」.『銘傳日本語教育』5.PP51-72.
今井洋子.2000.「上級学習者における格助詞「に」「を」の習得―「精神的活動動詞」と共起する名詞の格という観点から―」.『日本語教育』105.PP51-60.
内田万里子. 1992.「日本語らしさを求めて―中国人学習者の誤用例から―」『京都外国語大学 研究論集』.PP275-286.
王 建康. 2000.「日中言語対照の諸問題」.『日本と中国ことばの梯 佐治桂三教授古希記念論文集』.くろしお.PP307-323.
大堀壽夫. 2002.『認知言語学』.東京大学出版会.
奥津敬一郎.1974.『生成日本文法論』.大修館.
茅野直子•仁科喜久子. 1978.「学生の誤用例分析と教授法への応用」.『日本語教育』34.日本語教育会.PP57-66.
河上誓作. 1996.『認知言語学の基礎』.研究社.
黒田史彦. 2000.「移動動詞と共起するヲ格名詞句について」.『関西外国語大学大学院研究論集FONS LINGUAE』14.PP53-69.
小池清治等. 1997.『日本語学キーワード事典』.朝倉書店.
顧 海根. 1981.「中国人学習者によくみられれる誤用例(二)―動詞、形容詞、代名詞などを中心に―」.『日本語教育』44.PP 57-69.
――――. 1983.「中国人学習者によくみられる誤用例―格助詞、係助詞「も」、接続助詞「て」などを中心に―」.『日本語教育』49.PP105-118.
黃 朝茂. 2000.「日本語の格助詞と中国語の介詞との対照」.『台灣日語教育學報』15. PP89-114.
国広哲弥. 1967.「日本語格助詞の意義素試論」.『構造的意味論―日英両語対照 研究―』.三省堂.
――――. 1986.「意味論入門」.『月刊 言語』十二号.大修館書店.PP194-202.
久野 暲. 1973.『日本語文法研究』.大修館.
迫田久美子等.2001.『日本語学習者の文法習得』.大修館.
迫田久美子.1999.「誤用と中間言語―学習者の視点に立った習得研究を」.『月刊 言語』四月号.大修館書店.PP62-67.
―――――.2001.「第二章 学習者の文法処理方法」.『日本語学習者の文法習得』.大修館.PP25-44.
―――――.2002.『日本語教育に生かす第二言語習得研究』.アルク出版.
坂本勝信.2002.「上級レベルの日本語学習者の助詞の問題点を探る―存在を表す「に」•動作を表す「で」と自動詞に伴う「が」•他動詞に伴う「を」について―」.『南山大学国際教育センター紀要』3.PP51-61.  
佐治圭三.1993.『外国人が間違えやすい日本語の表現の研究』.ひつじ書房.
佐藤洋子.1982.「誤用例から見た表現指導の問題」.『講座日本語教育』18.早稲田大学語学研究所.PP50-66.
塩谷英一郎等.1998.「認知言語学を知るためのキーワード」『月刊 言語』十一月号.大修館書店.PP71-87.
柴谷方良.(1978)1980三版.『日本語の分析』.大修館書店.
――――. 1984.「格と文法関係」.『月刊 言語』 八月号.大修館書店.PP62-70.
渋谷勝己. 1988.「中間言語研究の現状」.『日本語教育』64.PP176-190.
――――. 2001.「第三章 学習者の母語の影響」. 『日本語学習者の文法習得』.大修館.PP83-99.
朱 廣興. 1993.「言語対照研究―中国語の「語」の特質について―」『東呉 日本語教育』16.PP193-208.
菅井三実. 1993.「構文スキーマ理論序説」.『名古屋大学人文科学研究』.PP33-50.
――――. 1999.「日本語における空間の対格表示について」.『名古屋大学文学部研究論集』130.PP133-156.
――――. 2000.「格助詞「に」の意味特性に関する覚書」.『兵庫教育大学研究紀要 第二分冊』20.PP13-24.
――――.2001a.「現代日本語の「二」格に関する補考」.『兵庫教育大学研究紀要第二分冊』21.PP13-23.
――――.2001b.「現代日本語における格の暫定的体系化」.『兵庫大学 言語表現研究』17.PP1-17.
杉本 武.1986.「第3章 格助詞」『いわゆる日本語格助詞の研究』.奥津一郎他(編).くろしお.PP227-380.
鈴木 忍.1978a.「文法上の誤用例から何を学ぶから―格助詞を中心にして―」『日本語教育』34.日本語教育学会.PP1-14.
――――.1978b.『教師用日本語教育ハンドブック③文法Ⅰ』.凡人社.
瀬戸賢一.1998. 「起点と着点のメタファー」.『大阪市立大学部紀要』50-3.PP79-98.
――――.2005.『よくわかる比喩―ことばの根っこをもっと知ろう』.研究社.
寺田裕子.1993.「「中間言語」」とは何か―先行文献からの再考―」.『日本語教育』81.PP31-42.
張 麟声.2001. 『日本語教育のための誤用分析―中国語説者の母語干渉20例―』.スルーエーネットワーク.
中川正之.1985.「日本語と中国語の対照研究―日中語対称研究会の紹介を兼ねて―」.『日本語学』七月号.明治書院.PP94-104.
長友和彦.1993.「日本語の中間言語研究―概観―」.『日本語教育』81.PP 1-18.
中右実•西村義樹.1998.『日英語比較選書構文と事象構造』5.研究者出版.
日本語教育学会.1982.『日本語教育事典』.大修館書店.
蓮池いずみ.2004.「場所を示す格助詞「に」の過剰使用に関する―考察―中級レベルの中国語母語話者の助詞選択ストラテジ―分析―」『日本語教育』122.PP52-61.
馮 富榮.1999.『日本語学習における母語の影響―中国人を対象として―』.風間書房.
益岡隆志.1987.「プロトタイプ論の必要性」.『月刊 言語』十一月号.大修館書店.PP38-45.
水谷修.1961.「日本語のむずかしさー日本語を外国語として学習する外国人の書いた文章に現れた誤りの分析」.『国語研究 国学院大学』12.PP13-24.
水谷信子.1994.『日本語教え方.実践マニュアル・実例で学ぶ誤用例分析の方法』.アルク.
宮崎茂子.1978.「誤用例をヒントに教授法を考える」.『日本語教育』34.日本語教育会.PP47-56.
籾山洋介.2003.「認知言語学における語の意味の考え方」.『月刊 言語』九月号.大修館書店.PP74-83.
森田良行.1970.「日本語教育における文法の問題―動詞表現における助詞の用法―」.『早稲田大学教育研究所 講座 日本語教育』6.PP34-59.
森田良行.1974.「動詞文について」『早稲田大学教育研究所 講座日本語教育第10分冊』.PP22-48.
――――.1981.『基礎日本語2―意味と使い方』.角川書店.
――――.1985.『誤用文の分析と研究―日本語学への提言』.明治書院.
――――.1994.『動詞の意味論的文法研究』明治書院.
――――.2004.「移動動詞と空間表現」.『国文解釈と鑑賞』七月号.PP19-25.
森山 新.2002.「認知的観点から見た格助詞デの意味構造」.『日本語教育』115.PP1-10.
ヤコブセン,ウェスリー•M.1989.「他動性とプロトタイプ論」.『日本語学の新展開』.久野暲•柴谷方良(編).くろしお.PP.213-248.
山梨正明.1993.「格の複合スキーマモデル―格解釈のゆらぎと認知メカニズム―」『日本語の格をめぐって』.仁田義雄(編).くろしお.PP39-66.
――――.1994a.「日常言語の認知格モデル6認知のモード」.『月刊 言語』六月号.大修館書店.PP104-109.
――――.1994b.「日常言語の認知格モデル7認知格としての意味役割の解釈」. 『月刊 言語』七月号.大修館書店.PP108-115.
――――.1994c.「日常言語の認知格モデル9場所•空間の認知と言語の補完性」.『月刊 言語』九月号.大修館書店.PP114-119.
――――.1994d.「日常言語の認知格モデル10メタファーとメトニミーによる概念領域の拡張」.『月刊 言語』十月号.大修館書店.PP104-109.
――――.1995. 『認知文法論』.ひつじ書房.
――――.1998a.「感性•身体に根ざす言語」.『月刊 言語』六月号.大修館書店.PP26-33.
――――.1998b.「認知言語学の研究プログラム」.『月刊 言語』十一月号.大修館書店.PP20-29.
――――.2000.『認知言語学原理』.くろしお出版.
――――.2004.『ことばの認知空間』.開拓社.
吉川武時.1978.「誤用例による研究の意義と方法」.『日本語教育』34.PP15-20.
――――.1982~1983.「誤用分析Ⅰ」.『日本語学』1982,11,12、1983,1,2,3,『日本語誤用分析』.1997.PP2-53.明治書院所収.
吉田妙子.1996.「場所を示す「に」と「で」―「海辺に遊ぶ」という表現はいかして可能になるか―」『第二屆第四次論文發表會 論文集』中華民國日語教育學會.PP26-39.
菱 沼透.1980.「中国語と日本語の言語干渉―中国学習者の誤用例―」.『日本語教育』42.PP58-72.
林 文賢.1997.「格助詞「に」「で」「を」についての一考察―認知文法の立場から―」.『日本語文学国際会議論文集』.163-172.
――――.2003.『構文分析指導研究』.台北:尚昂文化
渡辺ゆきこ.1992.「中国語の動詞と賓語のむすびつきの連語論的分類」『日中言語文化比較研究』1.PP 102-115.

2. 字典類

市川保子.1997.『日本語誤用例文小辞典』.凡人社.
林四郎等.1993.『例解新国語辞典 第四版』.1993.台北:大新書局.

3. 日語教科書

『新日本語基礎Ⅰ』.1990.日本海外技術者研修協会.台北:大新書局.
『初級日本語Ⅰ(漢字版)』.1993.東京外国語大学附属日本語学校.台北:大新書局.
『初級日本語Ⅱ(漢字版)』.1993.東京外国語大学附属日本語学校.台北:大新書局.
『みんなの日本語初級Ⅰ』.1999.スリーエーネットワーク.台北:大新書局.
『みんなの日本語初級Ⅱ』.1999.スリーエーネットワーク.台北:大新書局.
吉田妙子.1999.『たのしい日本語作文教室Ⅰ』.台北:大新書局
――――.2000.『たのしい日本語作文教室Ⅱ』.台北:大新書局
三、 英文文獻

Bernard Bloch.1970. Bernard Bloch on Japanese. London:Yale University Press.『ブロック日本語論考』.研究社.林栄一 (訳). 1975.
George Lakoff and Mark Johnson.1980. Metaphors We Live By. Chicago :University of Chicago Press.
Geroge Lakkoff,.1987. Woman, Fire, and Dangerous Things :What Categories Reveal about the Mind.Chicago :University of Chicago Press.
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top