跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(18.206.76.226) 您好!臺灣時間:2021/07/30 23:08
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

: 
twitterline
研究生:林瑞珍
研究生(外文):LIN JUI CHEN
論文名稱:宮部美幸的推理小說研究-作品中所描述的家族關係為中心-
論文名稱(外文):A Research on Miyuki Miyabe’s detective fictions--focused on the family relationship described in her works
指導教授:橫路明夫橫路明夫引用關係
指導教授(外文):YOKOZI MASAO
學位類別:碩士
校院名稱:輔仁大學
系所名稱:日本語文學系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2007
畢業學年度:95
語文別:日文
論文頁數:92
中文關鍵詞:宮部美幸缺陷家族缺損家族擬似家族推理小說
外文關鍵詞:Miyuki Miyabe’s detective fictionsdeficient familydefective familypseudo familyfamily relationship
相關次數:
  • 被引用被引用:1
  • 點閱點閱:1326
  • 評分評分:
  • 下載下載:651
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:2
本論是以宮部美幸的推理小說為研究對象。主要是以作品中所描述的家族關係為中心,透過作品中所描述的家族關係,探討作者的意圖為何乃此研究的目的。章節的安排,首先第一章是宮部美幸推理小說的概觀,並在第一章確立本論文的方向性,接著以宮部美幸的「理由」、「東京下町殺人暮色」、「模仿犯」、「火車」、「魔術的耳語」、「遺漏的心」、「慣例」等作品中所描述的十二個家族關係細分為缺陷家族、缺損家族、擬似家族三個種類,並以此分為三章加以探討。
第一章關於宮部美幸的推理小說,本章是以宮部推理小說的整體面貌、宮部推理作品的評價、宮部推理作品中家族的位置,此三點加以整理概論。
第二章是以「慣例」的片瀬家族、「理由」的小糸家族、「獵捕史奈克」的神谷家族、「模倣犯」的網川家族,這四個缺陷家族為中心探討。這四個家族表面上看起來都是健全的家族,實際上卻都瀕臨著家族崩壞的危機。因此,本章以此四個缺陷家族為中心,探討其各自隱藏的家族崩壞的危機及其原因。
第三章是以「理由」的石田家族、「魔術的耳語」的日下家族、「東京下町殺人暮色」的八木澤家族、「火車」的本間家族,這四個缺損家族為中心論述。
第四章則以「理由」中仿冒的砂川家族、「繼父」中的擬似父親、「R.P.G」的網路擬似家族、以及「遺漏的心」的母子,這四個擬似家族為中心探討。宮部美幸透過擬似家族的描寫,想要探求的家族面貌為何,是此章所要申論的重點。
This thesis takes Miyuki Miyabe’s detective fictions as the object of research, and is focused on the family relationship described in her works, with an aim of unveiling the author’s intention.

Chapter one, as a general introduction to Miyuki Miyabe’s detective fictions, points out the reputation of Miyuki Miyabe and her works, as well as the importance of family described in her works.

Chapter two, Chapter three and Chapter four bring out twelve different families described in The Reason(理由), The Copy Cat(模倣犯), All She Was worth(火車), The Devil’s Whisper(魔術はささやく), The Leaking Heart(漏れる心), An Unwritten Law(不文律), and so on, to discuss the family relationship in those works by classifying them into deficient family, defective family and pseudo family.

Keywords: Miyuki Miyabe, detective fictions, deficient family, defective family, pseudo family.
序章
第一節 研究動機及び目的
第二節 研究方法及び論の構成 
第三節 先行研究
第一章 宮部みゆきの推理小説について 
第一節 宮部みゆきの推理小説の概観 
第二節 宮部みゆきの推理小説の評価 
第三節 宮部みゆきの推理小説における家族の位置
第二章 欠陥家族について 
第一節 「不文律」の片瀬家族 
第二節 「理由」の小糸家族 
第三節 「スナー久狩り」の神谷家族 
第四節 「模倣犯」の網川家族
第三章 欠損家族について 
第一節 「理由」の石田家族 
第二節 「魔術はささやく」の日下家族 
第三節 「東京下町殺人暮色」の八木沢家族 
第四節 「火車」の本間家族
第四章 擬似家族について 
第一節 「理由」の贋の砂川家族 
第二節 『ステップファザー‧ステップ』の擬似父親 
第三節 「R.P.G」ネット擬似家族 
第四節 「漏れる心」の母親ごっこ
終章 
第一節 宮部文学の特色と〈家族〉 
第二節 今後の研究方向と課題
付録
参考文献
【テキスト】

1.「不文律」(『地下街の雨』 集英社 1998.10)
2.『理由』(新潮社 2004.7)
3.『スナーク狩り』(光文社 1997.6)
4.『模倣犯』(小学館 2001.4)
5.『魔術はささやく』(新潮社 1993.1)
6.『東京下町殺人暮色』(光文社 1994.10)
7.『火車』(新潮社 1998.2)
8.『ステップファザー‧ステップ』(講談社 1996.7)
9.『R.P.G』(集英社 2001.8)
10.「漏れる心」(『人質カノン』 文春社 2001.9)

【単行本】

1.朝日新聞社文芸編集部編『まるごと宮部みゆき』(朝日新聞社 2004.8)
2.井沢元彦『だからミステリーは面白い対論集』(集英社 1996.5)
3.中島誠『宮部みゆきが読まれる理由』(現代書館 2002.11)
4.野崎六助『宮部みゆきの謎』(情報センター出版局 1999.6)
5.別冊宝島編集部編『僕たちの好きな宮部みゆき』(宝島社 2006.3)
6.歴史と文学の会編『宮部みゆきの魅力』(勉誠出版 2003.4)
7.宮部みゆき『平成お徒歩日記』(新潮社 2001.1)
8.宮部みゆき『今夜は眠れない』(角川書店 2002.5)
9.宮部みゆき『火車』(新潮社 1998.2)
10.宮部みゆき『心とろかすような』(東京創元社 2001.4)
11.宮部みゆき『淋しい狩人』(新潮社 1997.2)
12.宮部みゆき『スナーク狩り』(光文社 1997.6)
13.宮部みゆき『東京下町殺人暮色』(光文社 1994.10)
14.宮部みゆき『地下街の雨』(集英社 1998.10)
15.宮部みゆき『夢にも思わない』(角川書店 2002.11)
16.宮部みゆき『理由』(新潮社 2004.7)
17.宮部みゆき「過去のない手帳」(『人質カノン』文春社 2001.9)
18.宮部みゆき『長い長い殺人』(光文社 1999.6)
19.宮部みゆき「聞こえていますか」(『返事はいらない』新潮社 1994.12)
20.宮部みゆき『R.P.G』(集英社 2001.8)
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top