跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(3.235.120.150) 您好!臺灣時間:2021/07/31 15:20
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

: 
twitterline
研究生:林佩菁
研究生(外文):Lin Pei-Jing
論文名稱:太宰文學中的幸福感-以女性獨白體的作品為主-
論文名稱(外文):The happiness in Dazai’s literature-feminine monolog centered
指導教授:橫路 明夫
指導教授(外文):Yokoji Akio
學位類別:碩士
校院名稱:輔仁大學
系所名稱:日本語文學系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2007
畢業學年度:95
語文別:日文
論文頁數:64
中文關鍵詞:太宰治女性獨白體中期幸福感
外文關鍵詞:Dazai Osamufeminine monologmedium periodhappiness of heroines
相關次數:
  • 被引用被引用:1
  • 點閱點閱:621
  • 評分評分:
  • 下載下載:108
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
本論文以太宰文學中期的女性獨白體作品為中心,探討作中女性的幸福感。在第一章中,首先概述太宰文學各時期的特色,並歸納整理女性獨白體作品的特徵,透過先行研究的介紹,了解其評價。第二章即進入本文,首先針對作品中的視線問題做探討,了解其對於作品中的女性的影響及意義。主要以針對視線問題作出較多描寫的三部作品-『女生徒』『燈籠』『皮膚與心』為探討重心,了解作品中與視線相關的眼鏡、眼罩以及皮膚各自蘊涵的意義及其對於作中女性的重要性,並透過此探討引導出其與第三章所要展開的依存概念之間的關係。在第三章中,即透過敗戰前與敗戰後的時代劃分作品為主,再從中細分女性角色的設定,即由未婚女性與已婚女性的設定中進一步探討女性對於此依存概念的認知問題,從中分析其間的差異。並透過此章節的討論,進一步與第四章的價值概念問題做連繫。而在第四章中,即探討價值與作中女性的關係,並從作品中延伸討論貧窮要素的存在問題以及女性對於一家團圓的渴求,透過以上的研究分析女性所懷抱的價值傾向。最後透過作品中男女對於愛的理解中本質上的差異問題,歸納整理出作品中的女性對於幸福感的認定。
This essay is mainly composed of feminine monolog of Dazai’s works in his medium period to treat the happiness of heroines. In the first chapter, I outlined the characteristics of Dazai’s literary works in his each writing period and generalized the features of feminine monolog. By the introduction of reference, we realized the value. In the second chapter, I discussed the question of sight in the literary works to comprehend the influence and the meanings to heroines. I focused on three pieces of Dazai’s works which described more the question of sight-「Jyoseito」、「Tourou」、「Hifu to Kokoro」. I tried to figure out the meanings of the glasses, the eye patch, and skin concerned with the question of sight and the importance to the heroines. By the discussion, I connected the concept of dependence sketched in the third chapter.

In the third chapter, mainly by separating Dazai’s works before and after World War II, I departmentalized the arrangement of heroines. In other words, by the arrangement of married and unmarried female, I further studied the anatomy of dependence, and analyzed the difference between them. Under the discussion, I led up to the concept of value in the forth chapter furthermore. In the forth chapter, I explored the relationship between value and heroines, and extended to discuss the elements of poverty and female’s anxiety to family reunion. Base on the research above, I analyzed what value female has. At last, through the essential difference in works that heroes and heroines make sense of love, I concluded the identity what female thought about happiness.
目次
序 2
第一節 研究動機と目的 2
第二節 研究範囲と方法 3

第一章 太宰治について 5
第一節 太宰の文学概観―中期を中心にして 5
第二節 女性独白体作品の特徴 8
第三節 先行研究の評価と批判 13

第二章 女性と視線 17
第一節 〈見る〉と〈見られる〉 17
第二節 「朝」というきっかけ、または「眼」と「眼鏡」の役割 21
第三節 視線と純粋さ 25

第三章 女性と〈甘え〉 29
第一節 〈甘え〉とは 29
第二節 〈甘え〉の試み 32
一、 敗戦前の作品 32
二、敗戦後の作品――妻の〈甘え〉の変形 37
第三節 〈甘え〉と張り合い 39
一、敗戦前の作品 39
二、敗戦後の作品 44

第四章 女性と〈価値〉 47
第一節 〈価値〉とは――〈張り合い〉と〈価値〉―― 47
第二節 女性登場人物にとっての〈価値〉 49
第三節 〈価値〉と貧乏 52
第四節 〈価値〉と一家団欒 54
第五節 愛の〈価値〉 57

跋 59
参考文献 62
参考文献


【テキスト】

1.「おさん」(『太宰治全集第九巻』筑摩書房 1990.10.25)
2.「燈籠」(『太宰治全集第二巻』筑摩書房 1989.8.25)
3.「女生徒」(『太宰治全集第二巻』筑摩書房 1989.8.25)
4.「皮膚と心」(『太宰治全集第三巻』筑摩書房 1989.10.25)
5.「きりぎりす」(『太宰治全集第三巻』筑摩書房 1989.10.25)
6.「千代女」(『太宰治全集第四巻』筑摩書房 1989.12.25)
7.「恥」(『太宰治全集第四巻』筑摩書房 1989.12.25)
8.「十二月八日」(『太宰治全集第四巻』筑摩書房 1989.12.25)
9.「待つ」(『太宰治全集第四巻』筑摩書房 1989.12.25)
10.「雪の夜の話」(『太宰治全集第六巻』筑摩書房 1990.4.27)
11.「貨幣」(『太宰治全集第八巻』筑摩書房 1990.8.25)
12.「ヴィヨンの妻」(『太宰治全集第八巻』筑摩書房 1990.8.25)
13.「斜陽」(『太宰治全集第九巻』筑摩書房 1990.10.25)
14.「饗応夫人」(『太宰治全集第九巻』筑摩書房 1990.10.25)
15.「八十八夜」(『太宰治全集第九巻』筑摩書房 1990.10.25)

【雑誌論文】

1.伊藤俊治「裸体と衣裳―衣裳からメディアへ―」(『国文学解釈と教材の研究』女性・その変革のエクリチュー 学燈社 1986.5)
2.曽根博義「女性・その文学の問題は何か 現代文学における女性の発見三枝和子の場合―」(『国文学解釈と教材の研究』女性・その変革のエクリチュー 学燈社 1986.5)
3.佐藤和正「『氾濫』における「妻」「女」「家庭」―関係における恣意性の排除―」(『日本文学』特集・フェミニズム批評の可能性 日本文学協会編集・刊行 1987.1)
4.水田宗子『「書く」女性と「読む」女性-フェミニズム文学批評の課題-』
(『日本文学』特集・フェミニズム批評の可能性 日本文学協会編集・刊行 
1987.1)
5.荻久保泰幸・東郷克美・渡辺芳紀(『国文学解釈と鑑賞』特集=太宰治―昭和十三年~二十年 鼎談昭和十三年~二十年の太宰治をどう読むか 至文堂 1987.6)
6.久米博「太宰治の虚構と病理―一人称告白体の発見」(『国文学解釈と教材
の研究』終焉へのナラトロジー 学燈社 1987.11)
7.関谷一郎「太宰の文体・表現」(『国文学解釈と教材の研究』終焉へのナラ
トロジ― 学燈社 1987.11)
8.相馬正一「太宰と故郷・家」(『国文学解釈と教材の研究』終焉へのナラト
ロジー 学燈社 1987.11)
9.原子朗「太宰治における〈をんなの言葉〉」(『国文学解釈と教材の研究』終
焉へのナラトロジー 学燈社 1987.11)
10.安藤宏「『ヴィヨンの妻』試論」(『国文学解釈と鑑賞』特集=太宰治―昭
和二十年~二十三年 1988.6)
11.渡部芳紀「創作集の検証『女性』―女の独白形式」(『国文学』 学燈社 1991.4)
12.三枝和子「分離的他者関係」(『ユリイカ』青土社 1996.3)
13.角田旅人「『ヴィヨンの妻』について」(『日本文学研究大成 太宰治』国書刊行会 1997.10)
14.楠かつのり「ホモセクシュアルの影像―視線の内面の幻想の変換~新たな
人間関係の創出へ向けて~」(『国文学解釈と教材の研究』セクシュアリテ
ィ革命―近代の 学燈社 1999.1)
15.根岸泰子「女生徒」―可憐で、魅力があり、少しは高貴でもある少女(『国
文学解釈と教材の研究』没後五十周年 変貌する太宰治 学燈社 1999.6)
16.安藤宏「太宰をめぐって 太宰文学における<女性>」(『国文学解釈と鑑
賞』 至文堂 特集=太宰治の謎 1999.9)
17.室井庸一「作品の世界 『ヴィヨンの妻』」(国文学解釈と鑑賞 特集=太
宰治の謎 至文堂 1999.9)
18.柴市郎「価値・信用・恐慌―表象としての藤尾」(『日本文学』特集文学の
経済学 日本文学協会編集・刊行 1999.11)
19.藤原耕作『貨幣としての「私」-太宰治「断崖の錯覚」を中心に』(『日本
文学』 日本文学協会編集・刊行 1999.12)
20.東郷克美「女性独白体の発見」(『太宰治という物語』 筑摩書房 2001.
3)
21.坪井秀人「語る女たちに耳傾けて―太宰治・女性独白体の再検討」(『国文
学 解釈と教材の研究』特集:太宰治――文化・国家・個人 そしてメデ
ィア学燈社 2002.12)
22.水田宗子「女への逃走と女からの逃走―近代日本文学の男性像」(『国文学
解釈と鑑賞』至文堂 2006.2)



【単行本】

1.島田四郎訳『リップス 倫理学の根本問題』(玉川大学出版部 1975.1)
2.日本文学研究刊行会『太宰治Ⅱ』(有精堂 1985.9)
3.土居健郎『「甘え」の構造』(株式会社弘文堂 1985.10)
4.浅井清 編『研究資料現代日本文学 小説・戯曲Ⅰ 第一巻』(明治書院 1988.9)
5.鯨岡峻『心理の現象学』(東京:世界書院 1991.6)
6.柄谷行人『探究Ⅰ』(株式会社 講談社 1991.9)
7.鶴谷憲三『Spirit 太宰治 作家と作品』(東京有精堂 1994.4)
8.祖父江孝男・杉田繁治 編『現代日本文化における伝統と変容1 暮らし
の美意識』(株式会社ドメス 1995.4 第3刷)
9.東清和・小倉千加子著『性役割の心理』(大日本図書株式会社 1995.8)
10.河野信子 編『女と男の時空―日本女性史再考V鬩ぎ合う女と男―近代』(株式会社藤原書店 1995.10)
11.神谷忠孝・安藤宏 編『太宰治全作品研究事典』(勉誠社 1995.11)
12.饗庭孝男『太宰治論 小沢コレクション48』(東京小沢書店 1997.1)
13.安藤宏 編『日本文学研究論文集成41 太宰治』(若草書房 1998.5)
14.青木保『「日本文化論」の変容 戦後日本の文化とアイデンティティー』(中央公論新社 1999.4)
15.馬克.奈普(Mark L, Knapp),茱迪.霍爾(Judith A. Hall)原著; 陳彥豪譯
『非語言傳播』(台灣 五南 1999.9)
16.根本橘夫『人と接するのがつらい-人間関係の自我心理学』(文芸春秋 1999.11)
17.作田啓一『価値の社会学』(岩波書店 2001.7)
18.楊涓櫻『太宰文学における女性像とその意識―女性独白体を用いた作品を
中心に―』(2004.12)

【その他】
1.大辞泉http://dic.yahoo.co.jp/
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
無相關期刊