跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(44.201.99.222) 您好!臺灣時間:2022/12/05 23:35
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:原野由理子
研究生(外文):Yuriko Harano
論文名稱:遠藤周作論“母なるもの”の考察――『沈黙』を中心に――
論文名稱(外文):A Research On Syuusaku-Endo’s Literature:---Especially Focous On 『Silence』---
指導教授:林水福林水福引用關係黃振原黃振原引用關係
指導教授(外文):Shuifu LinChen-Yuan Huang
學位類別:碩士
校院名稱:國立高雄第一科技大學
系所名稱:應用日語所
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
畢業學年度:95
語文別:英文
論文頁數:103
中文關鍵詞:遠藤周作 母性 基督教 多神論 弱者的理論 沈黙
外文關鍵詞:Syuusaku-Endo
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:347
  • 評分評分:
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
中文摘要

宗教文學一般來說不是那麼寫實,甚至有些枯燥,因為這個原因,使得一般
人很少能從頭到尾念完一份宗教文學的文章。我現在所介紹的作者,以簡易的文詞而且充滿幽默的詞藻,成為一代宗教文學大師。那就是「狐狸庵系列」的遠藤周作。在另一方面,遠藤周作也有許多相當嚴肅,而且嚴謹的天主教文學著作,其時而詼諧有趣,時而正經嚴肅的寫作方式,讓許多非天主教信仰者,也期待看到他的著作,並成為他的忠實讀者。

遠藤周作受到母親的影響,而成為天主教徒。在當時日本仍屬於多神論的大環境中,要轉換成為單神論信仰者是有所困難的。為了突破此類大環境所造成的藩離,再加上他本身也經歷過神蹟,因此由他試圖用文學論述來証實單神論或天主教的教義是合適的。他藉由眾多的文學發表對大眾推廣,提倡他所認知的天主教經驗,遠藤周作在日本成了天主教福音與大眾貼近的一個墊腳石。

在傳統上,天主教採行舊約聖經的精義,它具有嚴肅而強勢的論述特質,讓人不易親近。而遠藤周作,則以新約聖經為基礎,本質較為軟性或母性的論述讓廣大的日本非天主教讀者更能接受而不會排斥。

本論文主要是研究遠藤周作過去的經歷,對他日後思想表現的影響,以及造成這些影響的人,事,物。並且以「沈默」這本書作為研究的主幹,探討與了解遠藤周作如何認知神的存在,和什麼是他心目中的母性基督,而其母性基督又如何拉近與眾多日本人的距離。


關鍵字: 遠藤周作 母性 基督教 多神論 弱者的理論 沈黙
Abstract

Religious literature is usually not realistically written, and is sometimes even monotonous. Therefore, ordinary readers can hardly read through a whole religious article. Contrary to this, the author I am going to introduce, the writer of Korian Series, Shusaku Endo, composed his works with simple but humorous language, and became a master of the religious literary genre in his generation. In addition to his lovely literary creations, Shusaku Endo also had some rather serious and meticulous Catholic literary works. His writing styles, which are humorous or solemn, according to different situations, attracted a lot of non-Catholics, who later became faithful readers of his works.

Influenced by his mother, Shusaku Endo was baptized a Roman Catholic. At that time, due to the strong tradition of Japan’s polytheistic society, it was difficult to transfer into a monotheist faith. In order to break through this barrier caused by social circumstances and with his personal testimony of a miracle, it was proper for him to try to prove the validity of monotheism or various Catholic doctrines, through literary discourse. He delivered an account of his experiences as a Roman Catholic to the public by publishing numerous literary works. By doing this, Shusaku Endo became a stepping-stone that brought Catholic Gospel closer to the public.

Traditionally, Roman Catholics adopt the essential elements of the Old Testament, which has the nature of a serious and hard discourse that may drive people away. However, Shausaku Endo used the New Testament as the foundation of his works and composed softer and more “maternal discourse” which can be accepted better by vast numbers of non-Catholic Japanese people.

This thesis investigates how Shusaku Endo’s life experiences influenced his conceptual framework, and the people, affairs, and objects relevant to these experiences. The author used the book Silence as the main material of this thesis, discussing how Shusaku Endo recognized the existence of God, the maternal characteristics of Christ as he saw it, and how the maternal characteristics of Christ shorten the distance between Christianity and the Japanese people.
目 録

日本語摘要 ――――――――――――――――――――――――――2
中国語摘要 ――――――――――――――――――――――――――3
英語摘要 ―――――――――――――――――――――――――――4
第一章 序論 ―――――――――――――――――――――――――7
第一節 研究動機と目的 ――――――――――――――――7
第二節 研究範囲と研究方法 ――――――――――――――8
第三節 先行研究 ―――――――――――――――――――9
第二章  宗教文学と作家 ――――――――――――――――――――11
第一節 日本の歴史における仏教とキリスト教 ――――――11
    第二節 カトリック文学と作家の信仰の二律背反 ―――――14
    第三節 遠藤周作の文学におけるキリスト教観 ――――――20
第三章 キリスト教の“母なるもの”が見出された背景 ――――――25
第一節 幼少の頃(∼大連での父母の離婚)――――――――25
第二節 青春期(離婚後の西宮での生活∼浪人時代)――――28
第三節 大学、留学時代と母の死 ――――――――――――33
第四節 病床体験と踏絵 ――――――――――――――――35
第四章 遠藤文学に多大な影響を与えた人物 ―――――――――――40
第一節 母遠藤郁の人生とその人柄 ―――――――――――40
第二節 人生の同伴者となった井上洋治神父 ―――――――47
第三節 完全無欠の強者から教会を追われる弱者
となった棄教神父 ―――――――――――――――52
第五章 小説『沈黙』からの考察 ――――――――――――――――57
第一節 『沈黙』の内容紹介 ――――――――――――――57
第二節 遠藤周作とキリシタン小説 ―――――――――――58
1、 キリシタンの史実 ――――――――――――58
2、 キリシタン殉教者と父なる神 ―――――――61
3、 転びものと母なる神 ―――――――――――62
第三節 キチジロウの葛藤 ―――――――――――――――63
1、 弱者としての孤独感と連帯意識 ――――――63
2、 キチジロウの欲した母なるもの ――――――66
3、 キチジロウとロドリゴの棄教の違い ――――68
第四節 ロドリゴの変容 ――――――――――――――――70
1、 ロドリゴが抱いたキリスト像 ―――――――70
2、 ロドリゴと井上筑後守の日本の
心性に関する相違 ――――――――――――74
3、 踏絵後のロドリゴの信仰 ―――――――――77
第五節 フェレイラの信仰心 ――――――――――――――78
1、 棄教後フェレイラの信仰に対する言い訳 ――78
2、 フェレイラの神を沈黙させた理由 ―――――79
        3、 フェレイラの日本沼地論 ―――――――――82
第六章 終論 ―――――――――――――――――――――――――85
第一節 まとめ ――――――――――――――――――――85
第二節 今後の研究課題と展望 ―――――――――――――86

遠藤周作年譜 ―――――――――――――――――――――――――87
参考文献 -―――――――――――――――――――――――――100
参考文献
遠藤周作作品

1、『母を語る』遠藤周作 潮文社 1967年
2、『遠藤周作文学全集1』遠藤周作 新潮社 1975年
3、『遠藤周作文学全集2』遠藤周作 新潮社 1975年
4、『遠藤周作文学全集3』遠藤周作 新潮社 1975年
5、『遠藤周作文学全集4』遠藤周作 新潮社 1975年
6、『遠藤周作文学全集5遠藤周作 新潮社 1975年
7、『遠藤周作文学全集6』遠藤周作 新潮社 1975年
8、『遠藤周作文学全集7』遠藤周作 新潮社 1975年
9、『遠藤周作文学全集8』遠藤周作 新潮社 1975年
10、『遠藤周作文学全集9』遠藤周作 新潮社 1975年
11、『遠藤周作文学全集10』遠藤周作 新潮社 1975年
12、『遠藤周作文学全集11』遠藤周作 新潮社 1975年
13、『遠藤周作文学全集14』遠藤周作 新潮社 2002年
14、『遠藤周作による遠藤周作』遠藤周作 青銅社 1980年
15、『心の夜想曲』遠藤周作 文芸春秋 1986年
16、『足の向くまま、気の向くまま』遠藤周作 文芸春秋 1986年
17、『死について考える』遠藤周作 光文社 1987年
18、『落第坊主の履歴書』遠藤周作 日本経済新聞社 1989年
19、『生き上手、死に上手』遠藤周作 海竜社 1991年
20、『深い河』遠藤周作 講談社 1993年

仏教、キリスト教に関するもの

1、『日本の神学――その問題点と討論』日本キリスト教学会編 1965年
2、『キリスト教学 第18号』立教大学キリスト教会 1976年
3、『余白の旅』井上洋治 日本基督教団出版 1980年
4、『日本カトリシズムと文学』戸田義雄編 大明堂 1982年
5、『死海のほとり――解説』井上洋治 新潮文庫 1983年
6、『父性的宗教母性的宗教』松本滋 東京大学出版 1987年
7、「日本人とキリスト教」女子パウロ会『遠藤周作と語る』 1988年
8、「日本人と宗教」毎日新聞社編 『宗教に聞く』1995年
9、「日本人と宗教的寛容」磯部忠正 『日本人の宗教心』春秋社 1997年
10、『日本人の宗教心――解説』湯浅康雄 春秋社 1997年 

11、『カトリシズムとプロテスタンティズム』大坂秀樹 岡山県立高等学校
研究論文 1998年
12、「日本人の為のイエスを求めて」現代思想研究会編 『知識人の宗教観』
1998年
13、『梅原猛の授業 道徳』梅原猛 朝日新聞社 2003年
14、『浄土真宗聖典七祖篇』P302

遠藤周作作品論

1、『遠藤周作の世界』武田友寿 講談社 1971年 
2、『精神の共和国は可能か』武田泰淳対談集 筑摩書房 1973年
3、『「沈黙」以降』武田友寿 女子パウロ会 1985年
4、『遠藤周作論』上総英郎 春秋社 1987年
5、『遠藤周作論』笠井秋生 双文社出版 1987年
6、『遠藤周作論』菊田義孝 永田書房 1987年
7、『椎名麟三と遠藤周作』佐古純一郎 朝文社 1989年
8、『遠藤周作のすべて』広石廉二 朝文社 1991年
9、『成熟と喪失』江藤淳 講談社文芸文庫 1993年
10、『遠藤周作と椎名麟三』佐藤泰正 幹林書房 1994年
11、『遠藤周作――その文学世界』 山形和美 国研出版 1997年
12、「沈黙論」奥野政元 『作品論 遠藤周作』笠井秋生、玉置邦雄編 
双文社出版 2000年
13、『遠藤周作<和解>の物語』川島秀一 和泉書院 2000年
14、「沈黙について」粕谷甲一 『遠藤周作「沈黙」作品論集』石内徹編 
クレス出版 2002年
15、「遠藤周作 沈黙の海外評価」鶴田欣也 『遠藤周作「沈黙」作品論集』 
石内徹編 クレス出版 2002年
16、「沈黙の方法」池内輝雄 『遠藤周作「沈黙」作品論集』石内徹編 
   クレス出版 2002年
17、「遠藤周作 沈黙論」石内徹 『遠藤周作「沈黙」作品論集』石内徹編
 クレス出版 2002年
18、『遠藤周作とドストエフスキー』清水正 D文学研究会 2004年
19、『遠藤周作 その人生と「沈黙」の真実』山根道公 朝文社 2005年
20、「遠藤周作と井上洋治」山根道公 『三田文学 87号 秋季号』
三田文学会 2006年
21、「遠藤周作 年譜に隠された秘密」久松健一 『三田文学 87号 
秋季号』三田文学会 2006年
22、『人生の同伴者』遠藤周作、佐藤泰正 春秋社 2006年


遠藤周作の関連書籍

1、『顔色なし “賢兄の座”』 遠藤正介 日本経済新聞 1969年 
2、『追悼保版 遠藤周作の世界』朝日新聞社 1997年
3、「周作少年のあとを追って」三好切子 『遠藤周作の世界』朝日新聞社
1997年
4、『遠藤周作展』世田谷文学館 1998年
5、『夫、遠藤周作を語る』遠藤順子 文春文庫 2000年
6、『夫の宿題』遠藤順子 PHP文庫 2000年
7、『遠藤周作未発表日記』河出書房新社 2003年
8、『遠藤周作「沈黙」草稿翻刻』遠藤周作文学館企画 長崎文献社 2004年
9、「夫、遠藤周作と過した日々」遠藤順子 『遠藤周作を読む』笠間書院
 2004年


キリシタン史に関するもの

1、「南蛮文化の渡来」遠藤周作、杉山博、松田毅一編『大航海時代の日本』
小学館 1978年
2、『切支丹時代』遠藤周作 小学館ライブラリー 1992年
3、「キリシタン人物の研究」H.チースリク 吉川弘文館 2004年
4、キリシタンの生活習慣
http://www.collegium.or.jp/~take/christi/rekisi4.html
5、武内幹 キリシタン史禁教・潜伏時代
 http://www.collegium.or.jp/~take/christi/rekisi4.html参照


その他の資料
1、『国民の心理』祖父江孝男 講談社 1959年
2、『国文学 解釈と鑑賞――現代作家風土とその故郷』至文堂 1975年
3、『世間体の構造』井上忠司 日本放送出版協会 1977年
4、『リハビリテーション研究』(財)日本障害者リハビリテーション協会発行
1993年
5、『日本文化史論』副田義也 新曜社 1993年
6、「旧約聖書―出エジプト記―」『世界の名著(13)』、前田護郎訳
中央公論社 1995年
7、『小説の中の語り手「私」』小田島本有 近代文芸社 2000年
8、『菊と刀』ルース•ベネディクト 講談社 2005年
9、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
10、『広辞林』第六版 三省堂 2002年版
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top