跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(34.226.244.254) 您好!臺灣時間:2021/08/03 04:07
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

: 
twitterline
研究生:張維君
研究生(外文):CHANG WEI CHUN
論文名稱:鏡花作品當中的女性形象-以『高野聖』、『夜叉之池』、『海神別荘』為中心-
論文名稱(外文):The Female Figures in Izumi Kyouka’s Five Novels –kouyahijiri,yasyagaike,kaijinnbessou –
指導教授:齋藤正志齋藤正志引用關係
指導教授(外文):Saito Masashi
學位類別:碩士
校院名稱:中國文化大學
系所名稱:日本研究所
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2007
畢業學年度:95
語文別:日文
論文頁數:306
中文關鍵詞:泉鏡花女性死亡
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:569
  • 評分評分:
  • 下載下載:10
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
  泉鏡花(1873-1939)。明治至大正時期的小說家。師事於尾崎紅葉,作品多半富含神秘的浪漫色彩,其女性形象並長受研究者所矚目。二十世紀初期,自然主義 盛行,鏡花雖然在文學的領域上遭到挫折,但其風格還是對後來的作家造成諸多影響。
  本論文乃針對鏡花文學當中之女性形象,特別針對其『水』為媒介所觸發之『死亡』進行分析與探究。第一章中,筆者針對鏡花的一生做一簡單概述。第二章中,則概略考察鏡花的文學時期與進程。以一、二章為基礎,第三章中,筆者則試論鏡花作品:『高野聖』、『夜叉之池』、『海神別荘』當中的女性形象構成,『水』的型態與作用,以及女性的『死亡』。第四章中,筆者則試探女性的『死亡』當中所蘊藏之相關意涵。目的在於更加能夠明白剖析『鏡花文學』當中,其精神之所在。
第一章  序論……………………………………………………………………1
第一節:研究目的………………………………………………………………1
第二節:先行研究について……………………………………………………5
一、作品論……………………………………………………………………5
二、女性像その他……………………………………………………………6
第三節:論文の内容について…………………………………………………9
一、作品の形成………………………………………………………………9
二、鏡花に描かれた女性像とその形成……………………………………9
三、鏡花文学における「水」と「死」…………………………………10
四、まとめ…………………………………………………………………12

第二章 鏡花の生涯とその創作………………………………………………13
第一節:鏡花の生涯…………………………………………………………13
一、鏡花の小伝…………………………………………………………13
二、鏡花と紅葉…………………………………………………………22
三、鏡花と彼の生涯における女性たち………………………………31
(一)湯浅しげ………………………………………………………………31
(二)目細てる………………………………………………………………34
(三)リリカ・ポートル……………………………………………………36
(四)樋口一葉………………………………………………………………38
第二節:鏡花の創作生涯及び文学構成……………………………………44
一、新進作家-観念小説作家…………………………………………45
二、紅葉逝去-反自然主義ブーム……………………………………50
三、文壇に復帰-芸術円熟……………………………………………57

第三章 鏡花文学における女性像-「水」と「死」を中心として-……62
第一節:「死」と「水」について…………………………………………62
一、死」について………………………………………………………62
二、「変身」と「変化」……………………………………………… 63
三、「水」について…………………………………………………… 64
第二節:「高野聖」………………………………………………………… 65
一、作品について………………………………………………………65
二、「高野聖」における女性像の構成について…………………… 70
三、「高野聖」における『水』について………………………… 134
 Ⅰ 「水」の形態について………………………………………………135
 ①「実体としての『水』」について…………………………………… 135
②「象徴としての『水』」について…………………………………… 136
Ⅱ 「水」の作用について………………………………………………143
 ①「実体としての『水』」について…………………………………… 143
②「象徴としての『水』」について…………………………………… 151
四、「高野聖」における女性の『死』について………………… 153

第三節:「夜叉ヶ池」…………………………………………………… 171
一、作品について……………………………………………………171
二、「夜叉ヶ池」における女性像の構成について……………… 182
三、「夜叉ヶ池」における『水』について……………………… 192
 Ⅰ 「水」の形態について………………………………………………193
 ①「実体としての『水』」について…………………………………… 193
②「象徴としての『水』」について…………………………………… 195
Ⅱ 「水」の作用について………………………………………………202
 ①「実体としての『水』」について…………………………………… 202
②「象徴としての『水』」について…………………………………… 205
四、「夜叉ヶ池」における女性の『死』について……………… 208

第四節:「海神別荘」…………………………………………………… 218
一、作品について……………………………………………………218
二、「海神別荘」における女性像の構成について……………… 233
三、「海神別荘」における『水』について……………………… 251
 Ⅰ 「水」の形態について………………………………………………251
 ①「実体としての『水』」について…………………………………… 251
②「象徴としての『水』」について…………………………………… 253
Ⅱ 「水」の作用について………………………………………………255
 ①「実体としての『水』」について…………………………………… 255
②「象徴としての『水』」について…………………………………… 256
四、「海神別荘」における女性の『死』について……………… 257

第四章 結論 ……………………………………………………………… 287
第一節:女性像について…………………………………………………287
第二節:「水」について………………………………………………… 292
第三節:「死」について………………………………………………… 296
第四節:今後の展望………………………………………………………298

参考文献 ……………………………………………………………… 300
泉鏡花全集岩波書店1975.12.2第二刷(復刻)
日本文学(五十音順)
麻生磯次、冨士昭雄『対訳西鶴全集三 好色五人女・好色一代女』明治書院:1974.5.25
大島建彦、渡浩一『新編日本古典文学全集63 室町物語草子集』岩波書店:2002.9.20
折口信夫『折口信夫全集 第二、三巻』中央公論社1982.5.25
倉野憲司、武田祐吉『日本古典文学大系1 古事記・祝詞』岩波書店:1962.7.30
栗田寛『古風土記逸文』大岡山書店1927.12.20
坂本太郎、家永三郎、井上光貞、大野晋『日本古典文学大系67 日本書紀上』岩波書店:1967.3.31
佐竹昭広、山田英雄、工藤力男、大谷雅夫、山崎福之『新日本古典文学大系2 万葉集二』岩波書店:2000.11.20
帝國大學教授正七位內藤恥叟、慶應義塾大學講師小宮山綏介標註『見た京物語・近世江都著聞集』博文館:1891.9.15
柳田國男『定本 柳田國男全集第五、七、八、二十七、三十巻』筑摩書房1982.12.25
小山弘志、佐藤喜久雄、佐藤健一郎『日本古典全集34 謡曲集二』小学館:1976.11.30
武田祐吉『日本古典全書 日本書紀』朝日新聞社:1957
暉岡康隆『日本古典文学全集66 井原西鶴集 一』小学館:1971.3.10
西野春雄『新日本古典文学大系57 謡曲百番』岩波書店:1998.3.27
荻原浅男、鴻巣隼雄『日本古典文学全集1 古事記・上代歌謡』小学館:1979
横山正『日本古典文学全集45 浄瑠璃集』小学館:1971.5.25
中国文学(劃数順)
王夢鷗『唐人小説校釋 下』正中書局:1988.11
王孝廉『山海經』台湾古籍出版社:1998.10.30
楊家駱『唐人小説伝奇小説』世界書店:1958.4
盧元駿 『説苑今註今訳』台湾商務印書館:1988.9
仏典(劃数順)
大正原版 大蔵経 第一冊 阿含部上新文豊出版公司1982-1987
大正原版 大蔵経 第三冊 本縁部 上同上同上
大正原版 大蔵経 第二二冊 律部一同上同上
姚秦三藏法師鳩摩羅什訳:『佛說阿彌陀經』華蔵法施会1976.6.20
参考資料
専門著作Ⅰ(日本語)(五十音順)
赤坂憲雄:『境界の発生』:1989:砂子書屋(2005、講談社が再刊)
芥川竜之介:『「鏡花全集」目録開口』:1925:『新小説』
朝田祥次郎、三田英彬:『日本近代文学大系 7泉鏡花集』:1978:岩波書店
阿部真司:『蛇神伝承論序説』:1986:新泉社
荒川法勝:『泉鏡花』:1986:長崎出版株式会社
伊狩章:『硯友社と自然主義の研究』:1975:桜楓社
池上広正:『宗教民俗学の研究』:1991:名著出版;
Hiroko ikeda(池田弘子):A type and motif index of Japanese folk-literature(FF Communications no.209):1971
石内徹:『折口信夫-折口学の水脈』:1991:日本圖書センター
泉鏡花:『現代日本文学全集14 泉鏡花』:1928:改造社
磯貝英夫:『資料集成 日本近代文学史』:1969:右文書院
伊藤整:『日本文壇史4硯友社と一葉の時代』:1978:講談社
岩城準太郎:『日本の近代小説』:1927:角川書店
岩本裕:『仏教と女性』:1980:第三文明社
巌谷大四:『近代人物叢書2尾崎紅葉』:1967:人物往来社
江見水蔭:『硯友社と紅葉』:1927:改造社(1983、日本圖書センターが復刻)
岡田啓:『新撰美濃志』:1931:一信社出版部
尾崎紅葉・泉鏡花:『尾崎紅葉・泉鏡花集』:1977:筑摩書房
尾崎紅葉:『尾崎紅葉集』:1980:筑摩書房
折口信夫:『折口信夫全集 第三巻』:1982:中央公論社
学術文献普及会:『国文学年次別論文集 近代Ⅰ』:1982:朋文出版
笠原伸夫:『エロスの繭』:1988:国文社
笠原伸夫:『評伝 泉鏡花』:1995:白地社
勝本清一郎:『近代文学ノート』:1979:みずず書房
漢語大辞典編輯委員会主編:『漢語大辞典』:1997:漢語大辞典出版社
岐阜県揖斐郡教育会:『揖斐郡志』:1924:岐阜県揖斐郡教育会
呉茂一・国原吉之助訳:『黄金のろば 上・下巻』:1959:岩波書店
紅野敏郎、三好行雄、竹盛天雄、平岡敏夫:『近代文學史Ⅰ 明治の文學』:1972:有斐閣
小島瓔礼:『蛇の宇宙誌』:1991:東京美術
小島徳弥:『明治大正文学史集成8 明治大正新文学史観』:1982:今泉誠文社
小館衷三:『水神・竜神十和田信仰』:1976:北方新社
五来重・桜井徳太郎・大島建彦:『講座・日本の民族宗教3 神観念と民俗』:1983:弘文堂
桜井徳太郎:『民間信仰の研究 下』:1990:吉川弘文館
三瓶達司:『近代文学の典拠 鏡花と潤一郎』:1974:笠間書院
篠田知和基:『竜蛇神と機織姫』:1997:人文書院
新村出主編:『広辞苑』第五版:1998:岩波書店
関敬吾:『日本昔話集成 第二部 本格昔話』:1970:角川書店
高桑法子:『幻想のアイフォリー』:1997:小沢書店
高田衛:『江戸怪談集 上』:1989:岩波書店
高田瑞穂:『近代作家の美意識』:1987:明治書院
田中励儀:『泉鏡花「高野聖」作品論集』:2003:クレス
田山花袋:『近代の小説』:1923:近代文明社(1983、日本圖書センターが復刻)
手塚昌行:『泉鏡花と其の周辺』:1989:武蔵野書房
寺木定芳:『人・泉鏡花』:1943:日本図書センター
東郷克美:『泉鏡花 美と幻想』:1991:角川書店
東郷克美、吉田昌志:『泉鏡花集』:2002:岩波書店
中村光夫:『日本の近代小説』:1955:角川書店
日本文学研究資料刊行会:1980:『日本文学研究資料叢書・泉鏡花』:有精堂
野口武彦:『鑑賞日本現代文學3 泉鏡花』:1982:角川書店
村松定孝:『泉鏡花研究』:1974:冬樹社(1992、日本圖書センターが復刻)
村松定孝:『近代日本の文學軌跡』:1988:角川書店
久松潜一:『新版日本文学史 6』:1957:至文堂
久松潜一、吉田精一:『近代日本文学辞典』:1967:東京堂
平岡敏夫:『明治大正新文学史観』:1982:今泉誠文社
福田清人、浜野卓也:『泉鏡花・人與作品』:1968:清水書院
本間久雄:『続明治文学史 上巻』:1994:東京堂
馬淵和夫、国東文麿、今野達:『日本古典全集24 今昔物語集4』:1979:小学館
三田英彬:『泉鏡花の文学』:1985:桜楓社
三田英彬:『反近代の文学 泉鏡花・川端康成』:1999:おうふう
柳沼重剛訳:『エジプト神 イシスとオシリスの伝説について』:1996:岩波書店
山崎誠:『日本神話の比較研究』:1977:有精堂
吉田精一:『自然主義の研究 上巻』:1955:東京堂
吉田精一:『浪漫主義の成立と展開』:1958:岩波書店
吉田精一:『現代文学史』:1965:筑摩書房
吉田精一:『耽美派作家論』:1981:桜楓社
吉野裕子:『日本人の死生観』:1982:講談社
脇明子:『増補 幻想の倫理』:1992:沖積社
専門著書Ⅱ(中国語)(劃数順)

王孝廉:『神話与小説』:1986:時報出版社
王孝廉:『華夏諸神 水神巻』:2000:雲龍出版社
王夢鷗:『唐人小説校釋 下』:1988:正中書局
呂微:『神話何為:神怪敘事的伝承与闡釈』:2001:社会科学文献出版社
袁珂:『中国古代神話』:2003:華夏出版社
釈素聞:『法華経導読』:1999:全仏出版社
張振犁:『中原古典神話流変論考』:1991:上海文芸出版社
陶陽、牟鐘秀:『中国創世神話』:1990:東華書局
鹿憶鹿:『洪水神話-中国南方民族与台湾原住民為中心―』:2002:里仁書局
論文Ⅰ(五十音順)
芥川竜之介:「天才泉鏡花」:『新小説臨時増刊』:1925:春陽堂
荒川漁郎:「最近の創作界」:『太陽』:1896:博文館
内田不知庵:「再び今日の小説家を論ず」:『国民の友』:民友社
大町桂月:「雑報」:『帝国文学』:1892:帝国文学会
岡保生:「花柳界という文学空間-明治二十年代初期の硯友社」:『国文学・解釈と鑑賞』:1988:至文堂
緒方流水:「鏡花と眉山を論ず」:『泉鏡花 美と幻想』:1899:角川書店
小野重朗:『講座・日本の民族宗教3 神観念と民俗』:1983:弘文堂
笠原伸夫、篠田一士、秦恒平:「座談会 鏡花文学をめぐって」:『1981:国文学 解釈と鑑賞』:學燈社
久保天随:「風葉と鏡花」:東郷克美:『泉鏡花 美と幻想』:1901:角川書店
小島烏水:「牛門二秀才 泉鏡花と小栗風葉」:『近代文学評論大系 第二巻 明治期Ⅱ』:1982:角川書店
小林輝治:「魔界-ユートピアの幻視」:『国文学 解釈と鑑賞』:1981:學燈社
小林輝治:「鏡花の父清次宛書簡三通」:『鏡花研究』:1989:石川近代文学館
小森隆吉:「『廓』の世界」:『国文学 解釈と教材の研究』:1981:學燈社
新保千代子:「しげ女余談」:『鏡花研究』:1989:石川近代文学館
須田千里:「鏡花における『魔』的美女の形成と展開-『高野聖』を中心に」:田中励儀:『泉鏡花「高野聖」作品論集』:1990:クレス
須田千里:「龍女と摩耶夫人-鏡花における佛教-」:『国語・国文』:1997:學燈社
須田千里:「鏡花文学の源泉-中国文学、江戸文学、民譚、挿画」:『ユリイカ』:2000:青土社
高田衛:「夢と山姫幻想の系譜-鏡花への私注」:『泉鏡花「高野聖」作品論集』:1983:クレス
高山樗牛:「作家と道徳と観念」:『太陽』:1896:博文館
龍村龍平「変成男子考」:『印度学仏教学研究』:1978:日本印度学仏教学会
龍村龍平「続変成男子考」:『印度学仏教学研究』:1979:日本印度学仏教学会
田中貴子:「「鏡花作品における『ばけもの』-中世文学の視点から」:『文学』:2004:岩波書店
種村季弘:「水中花変幻-泉鏡花について-」:日本文学研究資料刊行会:『泉鏡花』:1972:国書刊行会
堤邦彦:「仏教説話のおける近世-真宗の大蛇済度譚をどう読むか」:2004:『国文学』:學燈社
弦卷克二:「鏡花の觀念小説」:『国語・国文』:1980:學燈社
東郷克美:「解説-鏡花研究の現在」:『泉鏡花 美と幻想』:1985:角川書店
殿田良作:「鏡花の実際と作品」:『国語・国文』:1963:學燈社
長谷川覚:「泉鏡花蔵書目録」:『泉鏡花 美と幻想』:1941:角川書店
秦恒平:「蛇-水の幻影・泉鏡花の畏れと誘い-」:『鏡花研究』:1989:石川近代文学館
藤本徳明:「母胎のロマン-鏡花文学における聖界」:日本文学研究資料刊行会:『泉鏡花』:1974:国書刊行会
不明:「時文論評」:1987:『太陽』:博文館
亡羊子:「小説不振の十五源因」:『国民の友』:1892:民友社
不明:「批評・鏡花の近業」:『帝国文学』:1897:大日本図書
不明:「七月小説界の概評」:『帝国文学』:1904:帝国文学会
前田愛:「泉鏡花「高野聖」旅人のものがたり」:『泉鏡花「高野聖」作品論集』:1943:クレス
松原純一:「鏡花文学と民間伝承と-近代文学の民俗学的研究への一つの試み-」:『泉鏡花「高野聖」作品論集』:1963:クレス
松村友視:「明治二十年代末の鏡花文学-作者主体確立をめぐる素描-」:『国語と国文学』:1990:東京大学国語国文学会
三島由紀夫:「日本の文学4『尾崎紅葉・泉鏡花』解説」:『日本文学研究資料叢書・泉鏡花』:1970:有精堂
三島由紀夫・澁澤龍彦「〔対談〕泉鏡花の魅力」:『日本文学研究資料叢書・泉鏡花』:1970:有精堂
吉田精一:「高野聖」:『泉鏡花「高野聖」作品論集』:1935:クレス
XXY:「鏡花に与ふ」:『泉鏡花 美と幻想』:1981:角川書店
論文Ⅱ(劃数順)
王翠貞:『仏教的女性観』:1987:文化大学
林莉莉:『仏教出家女性求道歴程-以漢訳仏典中的阿含部・本縁部・律部及「長老尼偈」為研究対象』:2004:中正大学
馬雪萍:『泉鏡花及び作品「高野聖」研究』:2003:文化大学
劉惠萍:『伏羲神話傳說與信仰研究』:2003:中正大學
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
1. 楊明璧,黃銘章,莊建峰(2003, June),夥伴關係緊密程度與夥伴關係績效之相關性分析-以台灣電子產業為例,企業管理學報,65,61-100。
2. 蔡坤宏,謝昇紘(2005),「信任-關係承諾」理論之實證研究-以海運承攬運送業為例,行銷評論,2(3),277-312。
3. 熊欣華,于卓民,司徒達賢(2004),策略聯盟夥伴之合作信心建立-台灣資訊電子業之實證分析,管理學報,21(4),477-497。
4. 詹雪蘭,李文瑞(2004),溝通對策略聯盟績效與夥伴間長期合作意願影響之研究,企業管理學報,60,61-84。
5. 葉桂珍,林啟煌(2005),產業供應鏈跨組織夥伴化績效與夥伴團隊協調模式之探討,管理學報,22(6),761-781。
6. 林清山(1984),線性結構關係(LISREL) 電腦程式的理論與應用,中華民國測驗學會測驗年刊,31,149-164。
7. 曹為忠(2003, Sep.),信任的決定因素及其對聯盟績效與未來合作意願之影響-中小企業策略聯盟之實證分析,企業管理學報,58,105-132。
8. 林文寶(2001),環境不確定性、企業文化差異、策略聯盟類型與策略聯盟績效關係之研究,商管科技季刊,2(2),157-179。
9. 丁學勤,陳正男,吳萬益(2004),總部特質、溝通、投機行為、資產專屬性對加盟關係的影響,行銷評論,1(2),1-30。
10. 15.黃俊英、林義屏、董玉娟(1999),非營利組織顧客滿意度模式之研究-以台南捐血中心為例,亞太管理評論,第四卷第三期,頁,323-339。
11. 2.林公孚(2002)戴明、朱蘭、克勞斯比三位品質大師的品質觀,台北市,品質月刊,38,12,pp.64-67。