跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(3.235.120.150) 您好!臺灣時間:2021/08/06 02:33
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

: 
twitterline
研究生:詹惠閔
研究生(外文):Chan Hui-min
論文名稱:終身學習時代之公民館-都市型公民館內之終身學習活動實踐-
論文名稱(外文):The public hall in the era of lifelong learning-the activities and practice of lifelong learning in the urban public hall-
指導教授:陳伯陶陳伯陶引用關係
指導教授(外文):Chen Bor-taur
學位類別:碩士
校院名稱:中國文化大學
系所名稱:日本研究所
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2007
畢業學年度:95
語文別:日文
論文頁數:154
中文關鍵詞:終身學習公民館都市型日本
外文關鍵詞:life learningKouminkancitied patternJapan
相關次數:
  • 被引用被引用:5
  • 點閱點閱:392
  • 評分評分:
  • 下載下載:36
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:2
 第二次世界大戰後公民館成為日本各大小城市鄉鎮的社會教育中樞機關,公民館經營方向以公民教育培養、產業教育學習等等為主,與一般民眾的日常生活息息相關。然而經歷80、90年代終身學習與終身教育觀念之傳佈洗禮後,在邁入21世紀之時,公民館所肩負腳色有了重大的變化,從內部軟硬體設施到課程活動的安排計畫,公民館面臨來自民眾對於近代化、多樣化與活潑化的多重要求。並且,公民館不僅僅是一社會教育設施亦是自主學習的最佳管道,佔有日本發展終身學習的核心地位。

 21世紀的到來亦為為終身學習時代揭開了序幕,終身學習時代之下,都市內以及邊緣區域內的都市型公民館則面臨了諸多新的瓶頸與課題,包括大量通勤人口湧入使都市特性住宅化;人口老化與少子化導致人口組成產生變化,學習需求因而變得多樣複雜;人口增加與環境破壞則使得文物的保存面臨危機;另外還有青少年教育問題、新舊世代交替問題等等。
 
 本文旨在透過觀察相摩原市與國分寺市內公民館終身學習活動之概況,了解此兩公民館所呈現之特性與一般性,並藉此一窺都市型公民館內終身學習的當前課題與未來發展。
目 次
第一章 序章
第一節 研究動機と問題意識
第二節 先行研究と研究目的・目標
第三節 研究範囲・概要
第二章 公民館について
第一節 公民館の成立
第二節 公民館とは何か
第三節 社会教育行政をめぐる公民館発達史
第三章 社会教育から生涯教育へ
第一節 日本における社会教育
第二節 生涯教育へのアプローチ
第三節 生涯学習社会に向けて
第四章 公民館における生涯学習活動
第一節 相模原市の公民館
第二節 国分寺市の公民館
第三節 相模原市・国分寺市公民館における生涯学習実践の事例
第五章 終章
参考文献
付録:一、社会教育法第5章 公民館
二、『公民館の設置及び運営に関する基準』新旧対照表
   三、生涯学習振興法
   四、公民館基本統計
年表
参考文献(五十音順):
一、書籍の部
〈ア行〉
1.今西 幸蔵著『21世紀の宝・生涯学習』澪標、2001
2.今西 幸蔵著『社会教育計画ハンドブック』八千代出版、2004
3.飯田 哲也「公民館と生涯学習(1)-生涯教育・学習論の現代的課題-」『立命館産業社会論集第39巻第1号』立命館大学産業社会学会、2003年6月
4.飯田 哲也「公民館と生涯学習(2)-「生活文化としての公民館」の提起-」『立命館産業社会論集第41巻第1号』立命館大学産業社会学会、2005年6月
5.大串 隆吉著『日本社会教育史と生涯学習』エイデル研究所、1998
6.大串 兎紀夫著『生涯学習概説――「学び」の諸相』学文社、1997
7.小川 利夫、寺崎 昌男、平原 春好編『社会‧生涯教育文献集Ⅰ 10 社会教育と国民の学習権 生涯学習』日本図書センター、2002
8.小川 利夫、寺崎 昌男、平原 春好編『社会‧生涯教育文献集V 43 公民館の建設 公民館はどうあるべきか 他』、日本図書センター、2001
9.小川 利夫、寺崎 昌男、平原 春好編『社会‧生涯教育文献集V 44 郷土自治建設と公民館 公民館運営の理論と実際』日本図書センター、2001
10.小川 利夫、寺崎 昌男、平原 春好編『社会‧生涯教育文献集V 47 現代公民館 公民館と部落公民館』日本図書センター、2001
11.小川 利夫、寺崎 昌男、平原 春好編『社会・生涯教育文献集V 48 進展する社会と公民館の運営 これからの公民館 他』日本図書センター、2001
12.小川 利夫、寺崎 昌男、平原 春好編『社会・生涯教育文献集V 49 下伊那公民館活動史』日本図書センター、2001
13.小川 利夫、寺崎 昌男、平原 春好編『社会‧生涯教育文献集V 50 新しい公民館像をめざして 公民館入門』日本図書センター、2001
14.小川 利夫編『生涯学習と公民館』亜紀書房、1992
〈カ行〉
15.片野 親義著『社会教育における出会いと学び――地域に生きる公民館入門――』ひとなる書房、2002
16.黒沢 惟昭編著『生涯学習時代の社会教育』明石書店、1996
17.久保 義三・米田 俊彦・駒込 武・児美川浩一郎等編著『現代教育史事典』東京書籍、2003
18.「月刊 社会教育」編集部『市民が創る生涯学習計画』国土社、1994
19.小林 文人・藤岡貞彦編『生涯学習計画と社会教育の条件整備』エイデル研究所、1990
20.小林 文人編著『これからの公民館―新しい時代への挑戦』国土社、1999
〈サ行〉
21.佐藤 晴雄著『生涯学習と社会教育のゆくえ』成文堂、1998
22.坂井 知志、山本 慶裕編著『公民館事業Q&A』ぎょうせい、2001
23.社会教育推進全国協議会編集『社会教育・生涯学習ハンドブック 第7版』エイデル研究所、2005
24.社会教育基礎理論研究会編著『生涯学習Ⅱ 社会教育実践の展開』雄松堂、1990
25.鈴木 真理、守井 典子編著【シリーズ生涯学習社会における社会教育 第6巻】『生涯学習の計画・施設論』学文社、2003
26.瀬沼 克彰著『生涯学習と地域社会2 日本型生涯学習を求めて』大明堂、1992
27.関口礼子・小池源吾・西岡正子・鈴木志元・堀 薫夫共著『新しい時代の生涯学習』有斐閣アルマ、2002
〈タ行〉
28.徳村 烝著『公民館の紛争を考える』近代文芸社、2004
〈ナ行〉
29.日本生涯教育学会編『生涯学習事典増補版』東京書籍、1997
30.日本社会教育学会特別年報編集委員会編集『現代公民館の創造-公民館50年の歩みと展望』東洋館、1999
31.野田 邦弘著『生涯学習の文化経済学』芙蓉書房出版、2000
32.長澤 誠次編著『公民館で学ぶ-自分づくりとまちづくり』国土社、2004
〈ハ行〉
33.林 勲編『教育の原理』法律文化社、2004
〈マ行〉
34.益川 浩一著『戦後初期公民館の実像』大学教育出版、2005
35.益川 浩一著『生涯学習・社会教育の理念と施策』大学教育出版、2005
〈ヤ行〉
36.横山 宏、小林 文人編著『公民館史資料集成』エイデル研究所、1986

二、論文の部:
1、遠藤知恵子『地域社会の教育実践と現代公民館の展開基盤に関する実証的研究』北海道大学、1993
2、丘紀芸『日本公民館之研究』中国文化大学、1995
3、ブストス・ナサリオ『公民館における生涯教育理念・事業の普及に関する研究』筑波大学、1989
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
1. 邱惟真、丁興祥(1999)。朱光潛多重自我的對話與轉化:一種敘說建構取向。應用心理研究,2,211-249。
2. 張春興(1986)。國中品學優劣兩極端學生親子關係之比較研究。教育心理學報,19,1-21。
3. 林昭溶(2005)。技職體系青少年中期的親子關係(一):內涵之探討。應用心理研究,25,213-248。
4. 李敏龍、楊國樞(1998)。中國人的忍:概念分析與實徵研究。本土心理學研究,10,3-68。
5. 李美枝(1998)。中國人親子關係的內涵與功能:以大學生為例。本土心理學研究,9,3-52。
6. 成中英(1986)。談儒家孝的倫理及其現代性:責任、權利與德行。漢學研究4(1),83-106。
7. 王碧朗(2001)。依附理論-探索人類情感的發展。教育研究資訊,9(3),68-85。
8. 楊國樞、葉光輝、黃囇莉(1988)。孝道的社會態度與行為:理論與測量。中央研究院民族學研究所集刊,65,171-227。
9. 莊耀嘉(1999)。家庭中人際互動結構與運作模式。本土心理學研究,12,3-46。
10. 葉光輝(1996)。親子互動的困境與衝突及其因應方式:孝道觀點的探討。中央研究院民族學研究所集刊,82,65-114。
11. 葉光輝(1998)。孝道概念的心理學探討─雙層次孝道認知特徵的發展歷程。本土心理學研究,9,53-117。
12. 葉光輝、楊國樞(1988)。孝道的認知結構與發展:概念與衡鑑。中央研究院民族學研究所集刊,65,131-169。
13. 陳舜文(1999)。仁與禮-台灣民眾的家庭價值觀與工作態度。應用心理研究,4,205-227。