跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(3.235.60.144) 您好!臺灣時間:2021/07/27 01:00
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

: 
twitterline
研究生:曾雅貞
研究生(外文):TZENG YA-JENG
論文名稱:芥川龍之介「切支丹物」之研究-兼論其基督教思想及小說『奉教人之死』
論文名稱(外文):
指導教授:齋藤正志齋藤正志引用關係
學位類別:碩士
校院名稱:中國文化大學
系所名稱:日本研究所
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2007
畢業學年度:95
語文別:中文
中文關鍵詞:切支丹物
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:767
  • 評分評分:
  • 下載下載:80
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
芥川龍之介晚年受基督教的影響很深,不論是他的隨筆亦或者是他的作品當中,都透露出濃厚的基督教思想。本論文是從他的基督教思想來探討其基督教文學,特別是以其作品『奉教人之死』為研究中心。
目   録

第一章 序論………………………………………………………………………3
第一節 研究動機と目的…………………………………………………… 3
  第二節 研究範囲と方法…………………………………………………… 8
第三節 先行研究と資料……………………………………………………12

第二章 芥川文学とキリスト教思想……………………………………………23
 第一節 日本におけるキリスト教と切支丹文学…………………………23
       1.キリスト教の受容について
       2.切支丹文学について
 第二節 芥川龍之介とキリスト教思想……………………………………35
       1.宗教への関心
       2.キリスト教との接触
         ①聖書との関わり
         ②キリスト教への関心
       3.失恋と聖書の関係
 第三節 『西方の人』・『続西方の人』におけるキリスト教観…………48
       1.芥川自身における聖書解釈―その独自のイエス論について
       2.二元論の定義―聖霊とマリアの対立

第三章 小説『奉教人の死』論…………………………………………………52
 第一節 語りの方法―語り手について……………………………………52
 第二節 矛盾と隠蔽―男装の少女と聖者の完成…………………………62
 第三節 出典の分析―『黄金伝説』の「聖マリナ」……………………72
 第四節 模倣と差異―芥川龍之介の独創性………………………………77

第四章 結論………………………………………………………………………91
  第一節 いわゆる〈切支丹物〉における『奉教人の死』………………91
  第二節 芥川文学におけるキリスト教思想の意義………………………95
第三節 今後の展望…………………………………………………………100

参考文献一覧(日本人著者名五十音順・外国人著者名画数順)……………101
付録…………………………………………………………………………………107
1.浅野洋編(1999):『芥川龍之介』:日本文学研究論文集成33:若草書房。
2.石原千秋・木股知史・小森陽一・島村輝・高橋修・高橋世織(1995):『読むための理論-文学・思想・批評』:世織書房。
3.石割透編(1987):『芥川龍之介・作家とその時代』:有精堂。
4.石割透編(1999):『西方の人-キリスト教・切支丹物の世界』:翰林書房。
5.『一冊の講座』編集部編(1982):『一冊の講座 芥川龍之介』:有精堂。
6.海老井英次編(1981):『芥川龍之介』:鑑賞日本現代文学第11巻:角川書店。
7.海老沢有道(1964):『日本の宗教』:文部省調査局宗務課。
8.笠井秋生(1993):『芥川龍之介作品研究』:双文社。
9.川上光教(2005):『芥川龍之介とキリスト教』:白地社。
10.川崎庸之・笠原ㄧ男(1985):『宗教史』:山川出版社。
11.河出孝雄編(1958):『日本歴史大辞典』:河出書房。
12.菊地弘等編(1982):『芥川龍之介研究』:明治書院。
13.菊地弘(1994):『芥川龍之介-表現と存在』:明治書院。
14.圭室諦成(1935):『宗教史』:四海書房。
15.国史大辞典編集委員会(1996):『国史大辞典』:吉川弘文館。
16.坂本堯(1973):『カトリックと日本人』:講談社。
17.佐古純一郎(1966):「イエスの招き」:『近代日本文学の倫理的探求』:審美社。
18.笹淵友一(1970):『明治大正文学の分析』:明治書院。
19.志賀直哉(1999):『志賀直哉全集-第六巻』:岩波書店。
20.志村有弘編(2002):『芥川龍之介大事典』:勉誠出版。
21.関口安義編(1993):『芥川龍之介研究資料集成』:日本図書センター。
22.関口安義(1995):『芥川龍之介』:岩波書店。
23.関根文之助((1962):『日本精神史とキリスト教』:創元社。
24.大正文学研究会編(1992):『芥川龍之介研究』:近代作家研究叢書1:日本図書センター。
25.谷崎潤一郎・芥川龍之介・永井荷風・佐藤春夫(1987):『昭和文学全集第一巻』:小学館。
26.丹治愛(2003):『知の教科書 批評理論』:講談社。
27.土屋詮教(1925):『日本宗教史』:自修社。
28.中村芳子(2001):『3日でわかる聖書』:ダイヤモンド社。
29.日本近代文学館編(1970):『現代文学と古典』:読売新聞社。
30.日本聖書協会(1961):『聖書』:三省堂。
31.日本大辞典刊行会(1973):『日本国語大辞典』:小学館。
32.前田愛(2003):『増補 文学テクスト入門』:筑摩書房。
33.八木谷涼子(2006):『知って役立つキリスト教大研究』:新潮社。
34.山岸外史(1992):『芥川龍之介』:近代作家研究叢書106:日本図書センター。
35.吉田精一編(1958):『芥川龍之介』:近代文学鑑賞講座第11巻:角川書店。
36.吉田精一(1975):「初恋」:『芥川龍之介Ⅰ』:桜楓社。
37.吉田精一(1981):『日本文学の世界性』:桜楓社。
38.吉田精一注釈(1993):『芥川龍之介集』:日本近代文学大系第38巻:角川書店。
39.吉村稠(1977):『芥川文芸の世界』:明治書院。
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top