(3.238.7.202) 您好!臺灣時間:2021/03/01 21:42
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:沈啟鴻
研究生(外文):Shen,Chi-Hung
論文名稱:近現代小說中的織田信長
論文名稱(外文):The Image of Oda Nobunaga in The Modern Novel
指導教授:橫路明夫橫路明夫引用關係
指導教授(外文):Yokoji Akio
學位類別:碩士
校院名稱:輔仁大學
系所名稱:日本語文學系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2008
畢業學年度:96
語文別:日文
論文頁數:87
中文關鍵詞:織田信長近現代小說日本戰國時代
外文關鍵詞:Oda NobunagaThe modern novelChinaJapanThe Warring States Era in Japan
相關次數:
  • 被引用被引用:2
  • 點閱點閱:1058
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:172
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
日本戰國時代與中國三國時代類似,以被稱為「戰國三英傑」的織田信長、豐臣秀吉、德川家康為首的戰國武將們,把統一天下並建築屬於自己的政權為目標,是個群雄割據且壯烈的時代。如同『三國演義』在中國非常地受到歡迎,在日本也有許多以戰國時代為題材的小說,也相當地受人喜愛。本研究要研究的目標為,經常被作家們描寫的織田信長,取相關的六部作品來探討作家們如何描寫被稱為稀世英雄的織田信長。
以信長為主角的歷史小說,反映著他受大眾喜愛的程度,擁有非常多的相關作品。小論將在其中挑選,坂口安吾所撰寫的『信長』、山岡莊八所撰寫的『織田信長』、司馬遼太郎所撰寫的『国盗り物語』、辻邦生所撰寫的『安土往還記』、以及遠藤周作所撰寫的『反逆』與『決戦の時』六部作品為研究目標。作品的選擇基準為以下三點,基本上以信長為主角,且忠於史實來敘說故事;作者已去世,其文學世界不再有變動;作者藉由作品有其想要探討或表現的問題,作品並不單純只是娛樂作品。
各章節的基本構成為,第一節將敘述作者的介紹及作品的概要。第二節將以『信長公記』(依作品的不同或實際需要也會使用『日本史』或『武功夜話』)來和各作品做比較,藉此檢證出各作品中信長形象的異同。在第三節中,先整理第二節所檢證過的信長形象,並將有所不足的地方加以補充說明,進而探討作者在其作品裡,想要構築出何種信長形象。
The Warring States Era in Japan is similar to the Three Kingdoms Era in China, when the rivalry of local barons civil wars generals including Oda Nobunaga, Toyotomi Hideyoshi, and Tokugawa Ieyasu who were called "Three Civil Wars Heroes". They tried to unify the country just like the Three Kingdoms Era of China and build the empire in their own way. As popular as the "Romance of the Three Kingdoms" in China, the "Wariring States Era" is also being using as reference in numerous of novels. The topic of this research would be Oda Nobunaga whom been mentioned numerous times by many authors, and by examining six different works that are related to Oda Nobunaga ,whom they called "The Rare Hero", to see different aspect of Nobunaga from different authors' point of view.

As for the historical novels which designate Nobunaga as the protagonist, reflecting the deep-rooted popularity, the work is written many times by various of authors. This thesis is presented through the follow selections; "Nobunaga" by Sakaguchi Ango, "Oda Nobunaga" by Yamaoka Souhachi, "Stealing the Nation" by Shiba Ryoutarou, "The Return of Azuchi" by Tuji Kunio, and lastly Endo Shusaku's "Rebellion" and "Decisive Battle". The selections are based on the following points. First, they designate Nobunaga as the protagonist, non-fictional, which based on the history. Second, since the authors have passed away, there is nothing can be change as in terms of literature, And last, from authors' point of view to discuss the conflicts, and not just pure entertainment.

The basic structure of each chapter is divide into three paragraphs. The first paragraph would be introduction of the work and its author. Second paragraph would be comparisons of Nobunaga's image in both historical and the point of view of each individual author. (In any cases, "The Japanese History" and "Bukou-yawa" will be use as reference accordingly) The third paragraph is verified what is mentioned in the second paragraph, compensating the parts that are not enough, we then finally revise what kind of image that the author was trying to build.
目次
序...................................................................3
第一節  研究動機と目的.........................................3
第二節  研究方法と各章の構成...................................4

第一章 坂口安吾の『信長』に見る織田信長.............................7
第一節  作者紹介とあらすじ.....................................7
第二節  『信長公記』との比較...................................7
  1、常識外れの信長――『信長公記』との比較①..................7
2、信長の天賦の才――『信長公記』との比較②..................9
3、信長の死生観――『信長公記』との比較③...................13
4、冷静かつ理性的な信長――『信長公記』との比較④...........14
5、慈悲性のある信長――『信長公記』との比較⑤...............15
第三節  作品の特徴............................................17

第二章 山岡荘八の『織田信長』に見る織田信長........................23
  第一節  作者紹介とあらすじ....................................23
第二節  『信長公記』との比較..................................23
    1、不世出の天才である信長――『信長公記』との比較①.........24
2、非情な仏敵としての信長――『信長公記』との比較②.........27
3、勤皇家である信長――『信長公記』との比較③...............30
  第三節  作品の特徴............................................32

第三章 司馬遼太郎の『国盗り物語』に見る織田信長....................36
第一節  作者紹介とあらすじ....................................36
第二節  『信長公記』との比較..................................36
1、信長の狂気――『信長公記』との比較①.....................37
2、合理主義で無神論者である信長――『信長公記』との比較②...41
3、現実主義者としての信長――『信長公記』との比較③.........44
第三節  作品の特徴............................................45

第四章 辻邦生の『安土往還記』に見る織田信長........................51
第一節  作者紹介とあらすじ....................................51
第二節  『信長公記』及び『フロイス日本史』との比較............51
1、異様に残忍な信長――『信長公記』及び『フロイス日本史』との比較①........................................................52
2、暗くて孤独な信長――『信長公記』及び『フロイス日本史』との比較②........................................................55
3、理に適うことを掟とする信長――『信長公記』及び『フロイス日本史』との比較③..............................................58
  第三節  作品の特徴............................................60

第五章 遠藤周作の『反逆』及び『決戦の時』に見る織田信長............65
第一節  作者紹介とあらすじ....................................65
第二節  『反逆』と『信長公記』の比較..........................66
1、自ら神になろうとした信長――『信長公記』との比較①.......67
2、人を道具として使う信長――『信長公記』との比較②.........69
3、酷薄で非情な信長――『信長公記』との比較③...............70
第三節  『決戦の時』と『信長公記』の比較......................72
1、弱々しい信長――『信長公記』との比較①...................73
2、強運の信長――『信長公記』との比較②.....................75
第四節  作品の特徴............................................76

跋..................................................................80

参考文献............................................................84
参考文献(配列は作者の五十音順による)

【テキスト】
1. 遠藤周作『反逆』(講談社 1991.11)
2. 遠藤周作『決戦の時』(講談社 1994.9)
3. 坂口安吾『坂口安吾全集』第13巻(筑摩書房 1999.2)
4. 司馬遼太郎『司馬遼太郎全集』第十一巻(文芸春秋社 1971.11)
5. 辻邦生『安土往還記』(新潮社 1972.4)
6. 山岡荘八『織田信長』(講談社 1987.9)

【雑誌論文】
1.浅子逸男「坂口安吾の歴史小説―「二流の人」から、「信長」へ―」(『花園大学国文学論究』Vol.18 花園大学国文学会 1990.10)
2.饗庭孝男「超越性の契機」(『国文学解釈と教材の研究 特集辻邦生―現代のロマネスク』 学燈社 1974.1)
3.色川大吉 佐高信「対談 司馬遼太郎批判―歴史のうねりを描くとは―」(『世界』Vol.644 岩波書店 1998.1)
4.江藤文夫「松本・司馬における人物造型の方法」(『国文学解釈と教材の研究 特集松本清張と司馬遼太郎』 学燈社 1973.6)
5.遠藤周作「『スキャンダル』と『反逆』と私」(『知識』通号 92 彩文社 1989.8)
6.尾崎秀樹「司馬遼太郎の世界 国盗り物語(前編)斉藤道三―簒奪者の系譜―」(『司馬遼太郎全集』Vol.10 文芸春秋社 1971.10)
7.尾崎秀樹「司馬遼太郎の世界 国盗り物語(後編)織田信長―時代のうつけ者―」(『司馬遼太郎全集』Vol.11 文芸春秋社 1971.11)
8.尾崎秀樹 多田道太郎「対談 歴史・人間・文学―松本清張と司馬遼太郎」(『国文学解釈と教材の研究 特集松本清張と司馬遼太郎』 学燈社 1973.6)
9.岡崎昌宏「辻邦生『安土往還記』論―「孤独」と、「私」の「崩壊」―」(『語文』Vol.78 2002.5)
10.垣根涼介「道三・信長・光秀、時代を背負った男たちのドラマ」(『文蔵』Vol.2006, No.2  PHP研究所 2006.2)
11.木村栄一「国盗り物語」(『別冊太陽』通号130 平凡社 2004.8)
12.黒崎力弥「坂口安吾「信長」論--安吾と信長の一体化」(『東洋大学大学院紀要』Vol.37 東洋大学大学院 2000)
13.桑田忠親「光秀めぐる歴史小説と史実―井上靖『幽鬼』・中山義秀『咲庵』・司馬遼太郎『国盗り物語』」(『朝日ジャ-ナル』Vol.17, No.46 朝日新聞社 1975.10)
14.小林久三 脇田修 加藤文三「歴史対談 いまなぜ織田信長か」(『文化評論』 新日本出版社 1992.5)
15.司馬遼太郎「信長と独裁」(『司馬遼太郎全集』Vol.66 文芸春秋社 2000.1)
16.司馬遼太郎「私の小説作法」(『司馬遼太郎全集』Vol.32 文芸春秋社 1974.4)
17.司馬遼太郎「歴史小説を書くこと―なぜ私は歴史小説を書くか」(『司馬遼太郎全集』Vol.32 文芸春秋社 1974.4)
18.司馬遼太郎「沸きかえる覇気の時代―桃山の旅」(『司馬遼太郎全集』Vol.68 文芸春秋社 2000.3)
19.司馬遼太郎「遠藤周作氏『鉄の首枷』について」(『司馬遼太郎全集』Vol.68 文芸春秋社 2000.3)
20.司馬遼太郎「自分の作品について」(『国文学解釈と教材の研究 特集松本清張と司馬遼太郎』 学燈社 1973.6)
21.清水徹「物語の構造と文体」(『国文学解釈と教材の研究 特集辻邦生―現代のロマネスク』 学燈社 1974.1)
22.末国善己「遠藤周作の歴史認識をめぐって―戦国三部作を手掛りに」(『国文学解釈と鑑賞』Vol.71, No.2 至文堂 2006.2)
23.鈴木秀子「遠藤周作、今後の課題」(『国文学解釈と鑑賞 特集遠藤周作』 至文堂 1986.10)
24.谷口克広「坂口安吾の織田信長」(『国文学 解釈と教材の研究』Vol.50, No.13 学燈社 2005.12)
25.谷口克広「織田信長研究最前線」(『歴史読本』Vol.51, No.9 新人物往来社 2006.6)
26.高橋英夫「遠藤文学における弱者と母」(『国文学解釈と鑑賞 特集遠藤周作』 至文堂 1986.10)
27.高尾利数「イエス・キリスト教・カトリシズム―遠藤周作の場合―」(『国文学解釈と鑑賞 特集遠藤周作』 至文堂 1986.10)
28.高野斗志美「遠藤文学におけるイエス像」(『国文学解釈と鑑賞 特集遠藤周作』 至文堂 1986.10)
29.辻井義輝「司馬史観の位置と問題性」(『カオスとロゴス』Vol.13 ロゴス社 1999.2)
30.津上忠「遠藤周作『反逆』の今日性を考える」(『民主文学』No.295 日本民主主義文学会 1990.6)
31.奈良本辰也「松本・司馬の史眼」(『国文学解釈と教材の研究 特集松本清張と司馬遼太郎』 学燈社 1973.6)
32.原 卓史「坂口安吾「信長」論」(『中央大学国文』No.45 中央大学国文学会 2002.3)
33.秦恒平「辻邦生と日本の古典」(『国文学解釈と教材の研究 特集辻邦生―現代のロマネスク』 学燈社 1974.1)
34.美濃 千鶴 「坂口安吾『信長』論 : <イノチガケ>の意味するもの」(『同志社女子大学日本語日本文学』Vol.5 同志社女子大学 1993.10)
35.三木サニア「辻邦生『安土往還記』論序説」(『久留米信愛女学院短期大学研究紀要』Vol.29 久留米信愛女学院短期大学 2006.7)
36.源高根「安土往還記 作品論」(『国文学解釈と教材の研究 特集辻邦生―現代のロマネスク』 学燈社 1974.1)
37.森山重雄「司馬遼太郎の乱世像―『国盗り物語』の斉藤道三をめぐって―」(『国文学解釈と教材の研究 特集松本清張と司馬遼太郎』 学燈社 1973.6)
38.山田都与「遠藤周作『決戦の時』論攷――『スキャンダル』成瀬夫人と『深い河』成瀬美津子の間」(『金城学院大学大学院文学研究科論集』通号9 2003.3)
39.渡辺広士「孤独者の肖像」(『国文学解釈と教材の研究 特集辻邦生―現代のロマネスク』 学燈社 1974.1)
40.渡部昇一「歴史上の人物から現代世相を探る 第二特集 織田信長」(『ビジネス・インテリジェンス』通号 219 ビジネス・インテリジェンス社 2005.12)

【単行本】
1.熱田公『日本の歴史⑪ 天下一統』(集英社 1992.4)
2.秋山駿『信長と日本人 魂の言葉で語れ!』(飛鳥新社 2004.8)
3.池上裕子『日本の歴史第15巻 織豊政権と江戸幕府』(講談社 2002.1)
4.池上裕子『日本の歴史⑩ 戦国の群像』(集英社 1992.3)
5.遠藤周作『対論 たかが信長されど信長』(文芸春秋社 1992.6)
6.太田牛一著 桑田忠親校注『信長公記』(新人物往来社 1997.5)
7.太田牛一著 中川太古訳『現代語訳 信長公記』(上、下)(新人物往来社 2006.5)
8.旺文社編集 『現代視点戦国幕末の群像 織田信長』(旺文社 1983.2)
9.小島道裕『信長とは何か』(講談社 2006.3)
10.堺屋太一『欣求楽市 戦国戦後半世紀』(毎日新聞社 1998.4)
11.新人物往来社編集 『歴史読本 織田信長合戦論争』(新人物往来社 1999.3)
12.新人物往来社編集 『武功夜話の世界』(新人物往来社 1991.12)
13.鈴木真哉 藤本正行『信長は謀略で殺されたのか』(洋泉社 2006.2)
14.祖田浩一『事典 信長をめぐる五十人』(東京堂 1991.10)
15.谷口克広『信長の天下布武への道』(吉川弘文館 2006.12)
16.立花京子『信長と十字架』(集英社 2004.1)
17.藤本正行 鈴木真哉『偽書「武功夜話」の研究』(洋泉社 2002.4)
18.ルイス・フロイス著 松田毅一・川崎桃太訳『完訳フロイス日本史』((1)~(3) 中央公論新社 2000.1)

【文庫本】
1.秋山駿『信長』(新潮社 1999.12)
2.秋山駿『信長発見』(朝日新聞社 2003.6)
3.安部龍太郎『信長街道』(新潮社 2006.10)
4.井沢元彦『逆説日本史』(9)~(10)(小学館 2005.5-6)
5.太田牛一著 奥野高広・岩沢愿彦校注『信長公記』(角川書店 1984.7)
6.小和田哲男『戦国武将凄い生き方』(三笠書房 2006.8)
7.小和田哲男『集中講義 織田信長』(新潮社 2006.6)
8.川崎桃太『フロイスの見た戦国日本』(中央公論新社 2006.2)
9.加来耕三『信長 歴史を動かした「ただひとり」の男』(大和書房 2007.2)
10.加来耕三『織田信長と明智光秀』(学習研究社 2001.7)
11.司馬遼太郎『司馬遼太郎の日本史探訪』(角川書店 1999.6)
12.童門冬二『織田信長 破壊と創造』(日本経済新聞社 2006.5)
13.奈良本辰也『戦国武将おもしろ事典』(三笠書房 2005.2)
14.藤本正行『信長の戦争』(講談社 2003.1)

【その他】
1. フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki
2. Yahoo!辞書
http://dic.yahoo.co.jp/
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
系統版面圖檔 系統版面圖檔