跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(35.172.223.30) 您好!臺灣時間:2021/07/25 12:17
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

: 
twitterline
研究生:陳薈安
研究生(外文):Hui-An Chen
論文名稱:日文相關科系中的商務關聯課程之授課教師意見探討―課程實況之問卷調查與分析―
論文名稱(外文):A Teachers’ Opinion Survey of the Related Course of Commercial Affair in Relevant Department of Japanese ―Investigation and Analysis with Current Course―
指導教授:黎立仁黎立仁引用關係
指導教授(外文):Lih-Ren Li
學位類別:碩士
校院名稱:銘傳大學
系所名稱:應用日語學系碩士班
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
畢業學年度:96
論文頁數:136
中文關鍵詞:商務關聯課程教學困境教師意見
外文關鍵詞:related course of the commercial affairpredicamentteachers’ opinion
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:760
  • 評分評分:
  • 下載下載:285
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:1
本研究的主要目的,是藉由對台灣高等教育日文相關科系中的商務關聯課程所實施的實況調查,來了解擔任商務關聯課程各教師所面臨的困境。透過對全台37所學校中的54位任課老師所做的問卷調查的結果整理與分析,了解到對於任課教師而言,「學生的商務相關基礎知識不足」「授課時數過少」「教材準備困難」「學生人數過多」,無一不是商務相關課程授課時所面臨的困境;另外,透過問卷調查的結果也顯示出,「商務相關先行科目的開設」「增加授課時數」「減少班級人數」則是授課教師期望的改善方式;「國際貿易」則是老師們最希望加開的課程。為了和教師的意見作比較,也對學生做了問卷調查;根據學生的意見,透過商務課程所學到的知識,是可以實際運用到工作上的,而最能派上用場的科目,則是「商業文書」。另外,和教師的意見一樣,「國際貿易」是學生有機會就會想選擇的課程。

 根據教師們授課時所面臨的困境以及對未來的期望,作者在此提出「讓課程能更有系統」、「促進學生的自學意願」、「將實用性科目設為選修課」等三點意見,以期望未來在規劃更完善的商務相關課程時,能供為參考。
Main purpose of this research is to investigate that implement of related course of commercial affair in relevant department of higher education Japanese of Taiwan in order to understand the predicament that teachers of related course of the commercial affair are taken on. Through 54 teachers of 37 schools of whole Taiwan, the result shows that “lack of base knowledge of commercial affair”, ”shortage of the hours of commercial course” ,“difficulties of teaching-material-preparing ”,”excess of number in commercial class” are the persecution when teaching course of commercial affair ; In addition, “the offer of course in advance of commercial affair “,”increasing the hours of commercial affair courses”,” reducing the numbers of the classes “ are the heaviest expectation of teachers. For advance of commercial affair ,the offer of "International trade" is the most excepted .And For making a comparison with the teacher''s opinion, a questionnaire to the student is made ; according to the student''s opinion, through the knowledge learned by commercial curriculum, can make use of a work physically;and " commercial document" is the most useful subject . Besides, similar to the teacher''s opinion, "International trade" is the curriculum that the student will choose if it’s capable.

Depending on the predicaments faced and expectation of teachers, it’s put forward here :“more systematic of the courses of commercial affair “, “promote self-study will of students “, having practicability subject set as elective course “. Hoping when perfect commercial correlated curriculum is planned in future, these points of view can become the consultation.
中文摘要__________________________________________________________Ⅰ

英文摘要__________________________________________________________Ⅱ

日文摘要__________________________________________________________Ⅲ

誌謝______________________________________________________________Ⅳ

目次______________________________________________________________Ⅴ

表目錄____________________________________________________________Ⅶ

圖目錄____________________________________________________________Ⅸ

第一章 序論____________________________________________________1
 1―1  研究背景______________________________________________2
 1―2  研究動機______________________________________________3
 1―3  研究目的______________________________________________5
 1―4  研究対象______________________________________________7
 1―5  研究方法______________________________________________9
 1―6  論文の構成____________________________________________10

第二章 ビジネス日本語に関する先行研究__________________________11
 2―1  ビジネス日本語の定義__________________________________11
 2―2  先行研究______________________________________________12
 2―3  研究課題______________________________________________21

第三章 アンケート調査の展開と結果の集計________________________24
 3―1  教師に対するアンケート調査____________________________24
 3―2  教師に対するアンケート調査の結果統計__________________28
 3―3  学習者に対するアンケート調査__________________________48
 3―4  学習者に対するアンケート調査の結果統計________________50


第四章 アンケート調査の結果分析_________________________________71
 4―1  教師に対するアンケート調査の結果分析___________________71
 4―2  教師に対するアンケート調査と学習者に対するアンケート調査
の結果比較_____________________________________________84
 4―3  まとめ_________________________________________________89

第五章 結論_____________________________________________________91
 5―1  教師に対するアンケート調査結果のまとめとその示唆_______91
 5―2  専攻背景別分析と就職経験有無別分析のまとめとその示唆___93
 5―3  学習者に対するアンケート調査結果のまとめとその示唆_____95
 5―4  教師と学習者の意見分析_________________________________96
 5―5  問題点と提言___________________________________________98
 5―6  今後の課題_____________________________________________102


参考文献___________________________________________________________103
附録一_____________________________________________________________109
附録二_____________________________________________________________116
附録三_____________________________________________________________121
《参考文献》

(日本語:五十音順による)

池田伸子(1996)「日本人ビジネスマンの話し言葉における語彙調査―ビジネスマン用日本語教育システム開発の基礎として―」『日本語教育』88号 日本語教育学会 pp.117-127
池田伸子(2001)『ビジネス日本語教育の研究』東京堂
石川清彦・池田万季(2004)「日系企業が期待する日本語能力」『いろは』16 財団法人交流協会日本語センター pp.1-4
岡益巳(1992)「非漢字圏からの留学生のための日本経済基本用語集」『岡山大学経済学会雑誌』第23巻第4号 pp.191-229
岡崎幸司(2002)「從企業經營角度探討日文人才之需求」『大學日文教學與社會結合度国際研討会』大新書局pp.114-126
大木理恵(2007)「「ビジネス日本語」授業報告―全学日本語プログラム800(超級)レベルにおいて―」『東京外国語大学留学生日本語教育センター論集』33号 東京外国語大学留学生日本語教育センター pp.169-177
尾崎学(2001)『台湾におけるビジネス日本語教育の一考察』東呉大学修士論文
小野寺志津・李徳奉・金久保紀子(2004)「ビジネス日本語教育のあり方―新入社員教育マニュアルから見えるもの―」『東京家政学院筑波女子大学紀要』第8集 pp.127-137
何瑞藤(1999)「台湾における日本語教育の回顧と未来への展望」『台湾日本語教育論文集』 第三号 台灣日本語教育學會 pp.1-37
木村宗男(1982)「日本語教育のカリキュラムについて」『講座日本語教育』18号 早稲田大学語学教育研究所 pp.67-77
清ルミ(1995)「上級日本語ビジネスピープルのビジネスコミュニケーション上の支障点」『日本語教育』87号 日本語教育学会 pp.139-152
小宮千鶴子(1995)「専門日本語教育の専門語―経済の基本的な専門語の特定をめざし―」『日本語教育』86号 日本語教育学会 pp.81-92
蔡茂豊(1993)「飛躍期における台湾の日本語教育」『日語教育研究国際討論会論文集』 東呉大学日本語文学系日本文化研究所 pp.87-99
蔡茂豊(2003)『台湾における日本語教育の史的研究(下)1945-2002』大新書局
蔡振奮(2004)「応用日語系のカリキュラムを考える―企業ニーズと実践面からの検討―」『東呉日語教育学報』27号 pp.95-117
島田めぐみ・渋川晶(1998)「外国人ビジネス関係者の日本語使用―実態と企業からの要望―」『世界の日本語教育』8号 pp.121-140
島田めぐみ・渋川晶(1999)「アジア5都市の日系企業におけるビジネス日本語のニーズ」『日本語教育』103号 日本語教育学会 pp.109-118
沈榮寬(2000)「ビジネス日本語教育の専門性―『商談のための日本語』を例にして―」『台湾日本語教育論文集』 第4号 台灣日本語教育學會 pp.177-184
謝凱雯(2002)「大学の日本語教育と社会の結合度」
『大學日文教學與社會結合度国際研討会』大新書局pp.51-75
鍾芳珍(2002)「二技における日本語教育について―淡江大学技術学院応用日語系―を中心に」『蔡茂豊教授古稀記念論文集』東呉大学日本語文学系 pp.129-157
高見澤猛(1994)「ビジネス・コミュニケーションと日本語の問題―外国人とのコミュニケーションを考える―」『日本語学』11月号 明治書院 pp.30-37
田中寛(2005)「日本語教育と日本語研究の国際化について―欧州の日本語教育を見聞して―」『講座日本語教育』 第41分冊 pp.144-164
陳怡如(2005)『「ビジネス日本語」教育についての一考察―日本語学科を中心に―』銘傳大學應用日語學系修士論文
陳瑞蓮(2001)『日文系畢業生出路調查』中國文化大學日本研究所修士論文
陳熟鈃(2003)『台湾の大学における応用日本語学科の教育研究―1996年以後を中心に―』国立高雄第一科技大学応用日本語学科修士論文
中尾真樹・上条純恵(2007)「2006年度台湾における日本語教育事情」『交流』 財団法人交流協会 pp.10-18
永尾正章(1994)「国際ビジネス・コミュニケーション」『日本語学』11月号明治書院pp.46-53
西尾珪子(1994)「ビジネス・コミュニケーションと日本語教育」『日本語学』11月号明治書院pp.9-13
野元千寿子(2005)「大学におけるビジネス日本語教育の現状と課題」『第2回応用日本語国際学術研究会論文集』
育達商業技術学院言語学群応用日語系 pp.32-49
藤井彰二(2004)「平成15年度台湾における日本語教育事情報告」『いろは』15財団法人交流協会日本語センター pp.1-4
武藤泰子・戸辺絵里子(2004)「台日ビジネス場面での日本語使用状況」『2004年日本語教育国際研究大会』予稿集発表1 日本語教育学会 pp.13-17
堀越和夫(2006)「日本語関連学科を有する高等教育機関」『いろは』22 財団法人交流協会日本語センター pp.1-5
水谷修(1994)「ビジネス日本語を考える―公的話ことばを求めて―」『日本語学』11月号明治書院pp.14-20
賴錦雀(2004) 「21世紀の日本語人材育成を考える―台湾の大学日本語学科の現状と問題点から―」『日本学と台湾学』第三号 静宜大学日本語文学系紀要 pp.205-228
賴錦雀(2006)「台湾日本語教育の新しい動きー110年の奇跡を省みつつー」『東吳日本語教育學報』 第29号 東呉大學日本語文學系 pp.66-117
李志暎(2002)「ビジネス日本語教育を考える」『言語文化と日本語教育』5月特集号 お茶の水女子大学日本語言語文化学研究会 pp.245-259
林長河(2002)「日本語学科カリキュラムの実用性についての一考査――修了生の追跡調査による――」『台湾日本語教育論文集』第六号台湾日本語教育学会pp.67-87
林長河(2005)「台湾における日本語教育の課題と展望―高教司所属高等教育機関を中心に―」『台湾日本語教育論文集』第九号台灣日本語教育學會pp.221-250



(中国語:ㄅㄆㄇㄈ順による)

王保進(2002) 。知識經濟時代下之教育省思。現代教育論壇(七),56-66
陳至力(1998) 。知識經濟和人才培育。教育學。台北:五南,72-83
張明輝(2002) 。知識經濟與學校經營。現代教育論壇(七),47-50
湯志民(2002)。知識經濟與學校經營。現代教育論壇(七),51-55
葉至誠(2002)。高等教育發展的策略與願景。台北:楊智文化
楊朝祥(2002) 。知識經濟時代教育新主張。現代教育論壇(七),36-46
林文瑛(2001)。行到水窮處,展望大學之道。載於楊國樞、瞿海源、林文瑛編。新世紀大學教育。台北市:前衛出版
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
無相關論文