跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(35.172.136.29) 您好!臺灣時間:2021/07/26 21:53
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

: 
twitterline
研究生:渡部美奈保
研究生(外文):Minaho Watabe
論文名稱:台灣高等教育機關第二外語日文班級的Teamteaching-以銘傳大學「2-1-1制」為中心-
論文名稱(外文):Team Teaching in Japanese as a Second Foreign Language in Taiwan Higher Education Institutions: The Case of Ming Chuan University’s 2-1-1 System
指導教授:羅曉勤羅曉勤引用關係
指導教授(外文):Xiao-Qin Luo
學位類別:碩士
校院名稱:銘傳大學
系所名稱:應用日語學系碩士班
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
畢業學年度:96
論文頁數:159
中文關鍵詞:教室運作教師信念上課觀察team teaching教學型態訪談
外文關鍵詞:teacher’s faithclass observationinterviewclassroom managementTeam teaching
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:311
  • 評分評分:
  • 下載下載:57
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
所謂的Team teaching是指,老師們發揮彼此的(教學)特色,互相配合•協助的一種教學型態。特別是就海外語言學習的教育環境而言,一般認為,母語話者與非母語話者之間的協調是很重要的。可是,就筆者實際經驗而言,教師們是否可以活用彼此的優點、有效的指導學生等,仍然存在不少疑問。因此,本研究的目的在於,藉由第三者的立場來觀察上課情形,了解實際的Team teaching教學型態;重新檢視Team teaching教學型態所存在的意義,以及考察有效的Team teaching教學策略為何。
研究結果發現,老師們基本上沿襲著Team teaching教學型態的典型進行教學,從各自的指導內容來看,都能擔任好彼此所分配的教學部份。筆者認為,是因為老師們了解、活用自己的教學特質並分配好彼此所擔任的部份。教師們自身所持有對教師角色、教學特質的信念為何,與對教學上的經營是有很大的關連性。並且,跟老師本身的因素─教學經驗、教學專長,以及教師們彼此之間的聯絡關係皆有關聯。老師之間的聯絡關係是指,藉由獲得良好的溝通,能夠克服彼此在教學上的距離感。再者,教師之間的聯絡關係,是與流暢的進行教學活動相關;避免搭配的老師在課程以外的擔憂及彼此教學內容的重複等,並藉此運用彼此的教學特性,更有效的與課程做連結。
因此,透過本研究,筆者建議兩點:盡量重視教師人選的採用、改善教學之間聯絡方式•建立教師聯繫關係的共識。
Team Teaching is a form of instruction which requires cooperation and strong collaboration among teachers in order to bridge the style difference in the teaching process. Communication between a native speaker and a non-native speaker is a very important task in oversea language education system. From the writer’s experience, the question whether teachers should utilize collaborative efforts to effectively improve students’ learning experience remains a crucial problem. Hence the necessity of this research which aims, based upon in-class observation, to re-examine Team Teaching method by actually trying to understand its effectiveness.
Committed to the Team Teaching model, teachers can easily carry out the tasks they have been given. So it appears that such approach allow them not only to better understand its characteristics but also to make the best use of it, leading then to a better class management. In addition, as regards teachers’ teaching experience, the problem of human relations among teachers can be overcome by taking cross-cultural communication process seriously, which can contribute to the advent of an efficient class management since it can help eradicate anxiety over any probable repetition of class content. Therefore, based upon the research I have done, I recommend to:
- firstly put a strong emphasis on teachers recruitment;
- and secondly improve communication skills among teachers in order to reach common understanding.
  要旨(中国語)--------------------------------------------- ⅰ
要旨(英語)----------------------------------------------- ⅱ
要旨(日本語)--------------------------------------------- ⅲ
謝辞 ------------------------------------------------------ ⅳ
目次 ------------------------------------------------------ ⅴ
表目次 ---------------------------------------------------- ⅷ
図目次 ---------------------------------------------------- ⅸ
資料目次 -------------------------------------------------- ⅷ

第1章 序論
1-1 研究動機 --------------------------------------------- 1
1-2 台湾高等教育機関及び第二外国語日本語クラスの現状 ----- 2
1-2 研究目的及び意義 ------------------------------------- 3
1-3 本論の構成 ------------------------------------------- 4

第2章 先行研究
2-1 TTの定義 --------------------------------------------- 5
2-2 日本語教育におけるTTの定義づけ --------------------- 6
2-3 TTの実践研究 ----------------------------------------- 6
2-3-1 「教師交替型」 ---------------------------------- 6
2-3-2 「一教室複数教師型」 ---------------------------- 10
2-3-3 その他の研究 ----------------------------------- 12
2-4 問題提起 --------------------------------------------- 17
2-5 本研究でのTTの定義づけ ------------------------------ 21

第3章 研究方法
3-1 研究方法の選択 --------------------------------------- 22
3-1-1 授業研究 --------------------------------------- 22
3-1-1-1 授業観察 --------------------------------- 22
3-1-1-2 インタビュー ----------------------------- 23
3-1-2 研究対象 --------------------------------------- 24
3-1-2-1 母語話者・非母語話者教師とは ------------- 24
3-1-2-2 銘傳大学「2-1-1制」 ------------------ 26
3-2 調査方法及び対象 ------------------------------------- 29
3-2-1 調査対象クラス --------------------------------- 29
3-2-2 調査方法 --------------------------------------- 30
3-2-2-1 授業観察とフィールドノート---------------- 30
3-2-2-2 インタビューと文字化データ --------------- 31
3-3 分析方法及び対象 ------------------------------------- 31
3-3-1 フィールドノート ------------------------------- 32
3-3-2 インタビューデータ ----------------------------- 32

第4章 分析及び考察
4-1 各クラスの授業運営の実態 ----------------------------- 34
4-2 「2-1-1」のモデルと異なる範囲指導の実情 --------------- 35
4-2-1 日本人教師の場合 ------------------------------- 36
4-2-2 台湾人教師の場合 ------------------------------- 40
4-2-3 まとめ ----------------------------------------- 43
4-3 教室運営ストラテジー --------------------------------- 43
4-3-1 教室活動の流れ --------------------------------- 43
4-3-2 指導項目と内容 --------------------------------- 45
4-3-3 キューの内容 ----------------------------------- 56
4-3-4 キューの与え方 --------------------------------- 59
4-3-5 教材・教具 ------------------------------------- 63
4-3-6 まとめ ----------------------------------------- 64
4-4 教室運営と教師ビリーフとの関わり --------------------- 65
4-4-1 教師ビリーフの定義 ----------------------------- 65
4-4-2 教師ビリーフに関する先行研究 ------------------- 65
4-4-3 教師のビリーフ --------------------------------- 66
4-4-3-1 日本人教師のビリーフと教室運営 ----------- 66
4-4-3-2 台湾人教師のビリーフと教室運営 ----------- 68
4-4-4 まとめ ----------------------------------------- 70
4-5 教室運営におけるクラス間差異の要因 ------------------- 71
4-5-1 教師の教授経験 --------------------------------- 71
4-5-2 教師の専門領域 --------------------------------- 73
4-5-3 教師間の距離関係 ------------------------------- 74
4-5-4 まとめ ----------------------------------------- 79

第5章 結論
5-1 まとめ ----------------------------------------------- 81
5-1-1 モデルに沿った教室運営 ------------------------- 81
5-1-2 ほぼ重複のない指導内容 ------------------------- 81
5-1-3 特性を生かしたストラテジー使用 ----------------- 81
5-1-4 共通した役割へのビリーフ ----------------------- 82

5-1-5 教授経験、専門領域と呼応するモデルとの差異 ------ 82
5-1-6 教師間距離関係の克服により軽減されたモデルとの
差異 ------------------------------------------ 83
5-1-7 コミュニケーシンの重要性な役割を果たす
連絡ノート ------------------------------------ 83
5-1-8 全体的考察及び課題への回答 --------------------- 83
5-2 「2-1-1制」運営において考慮されるべき問題点 ---------- 86
5-2-1 「2-1-1」という時間的構成 ----------------------- 86
5-2-2 レベルアップに伴うクラス数の減少 --------------- 88
5-3 「2-1-1制」運営への提案 ------------------------------ 89
5-3-1 教師の人選重視 --------------------------------- 90
5-3-2 連絡方法の改善及びコミュニケーシンの重要性の
認識の徹底 ------------------------------------- 91
5-4 反省及び今度の課題 ----------------------------------- 93
5-4-1 反省 ------------------------------------------- 94
5-4-2 今後の課題 ------------------------------------- 98

参考文献 -------------------------------------------------- 99


付録一  フィールドノートのフォーム ---------------------------- 102
付録二  第二外国語日本語クラスの進度表 ------------------------ 103
付録三  第二外国語日本語クラスの教授における注意事項 ---------- 104
付録四  『新實用日本語会話Ⅱ』第15課 -------------------------- 109
付録五  『強化手冊』第15課 ------------------------------------ 119
付録六  観察期間の各クラスの指導範囲 -------------------------- 128
付録七  クラス①日本人教師Aの指導項目 ------------------------ 128
付録八  クラス①台湾人教師Bの指導項目 ------------------------ 133
付録九  クラス②日本人教師Cの指導項目 ------------------------ 141
付録十  クラス②台湾人教師Dの指導項目 ------------------------ 142
付録十一  クラス③日本人教師Aの指導項目 ------------------------ 143
付録十二  クラス③台湾人教師Eの指導項目 ------------------------ 144
付録十三  連絡ノートのフォーム ---------------------------------- 146
付録十四  授業開講状況公開機関リスト--------------------------- 147
浅岡高子(2003)「オーストラリアの中学校の日本語の授業を分析する:COLT Schemeを使って」『接触場面と日本語教育』明治書院 305-317
上寺久雄(1967)『ティーム・ティーチングの実践研究<その可能性と限界>』文理書店22-27
岡眞理子ほか「ノンネイティブ教師が活躍のこと」/「教師の声」『月刊日本語』2001年5月号 26-31
岡崎智己(2001)「母語話者教師と非母語話者教師のBELIEFS比較―日本と中国の日本語教師の場合―」『日本語教育』110号 日本語教育学会 110-119 
久保田美子(2005)「ノンネイティブ日本語教師のビリーフ調査―指導内容、指導方法を中心とした分析―」『明海大学大学院応用言語学研究科紀要 応用言語学研究』第7号 明海大学応用言語学研究科 164
倉八順子(1993)「コミュニカティブ・アプローチ及び外国人講師とのティームティーチングが学習成果と学習意欲に及ぼす効果」『教育心理学研究』第41巻第2号 日本教育心理学会 95-106
児島宏美(2003)「台湾で日本語教育に携わる日本人教師についての調査研究∼その現状と役割を中心に∼」 銘傳大学修士論文 51-52
小林ミナ(1992)「ティーム・ティーチングのためのミーティング資料」『日本語教育現場における教師の自己・相互研修』  国立国語研究所日本語教育センター 56-59
五味政信(1996)「専門日本語教育におけるテームティーチング-科学技術日本語教育での日本語教員と専門科目教員による協同の試み-」『日本語教育』86号 日本語教育学会1-12
財団法人交流協会『台湾における日本語教育事情調査報告書 平成18年度』財団法人交流協会 6-15、46-74
齋藤ひろみ(1996)「日本語学習者と教師のビリーフス―自律的学習に関わるビリーフスの調査を通して-」『言語文化と日本語教育』第12号 58-66 お茶の水女子大学日本言語文化学研究会  
佐木昭(1997)『授業研究の課題と実践』教育開発研究所 8-17
佐藤郁哉『フィールドワークの技法 問いを育てる、仮説をきたえる』新曜社 232-254,315-322  
澤邊裕子・金姫謙(2005)「韓国の中等教育段階における日本語母語話者参加の実際とその意義」『国際交流基金 日本語教育紀要』第1号 国際交流基金日本語国際センター 115-129
高浦勝義「ティーム・ティーチングの組織、運営と教科の特性」加藤幸次監修・編集『教職研修 ボーダレスシリーズ№.5 ティーム・ティーチングの技術』 1995年11月増刊号 教育開発研究所 30-31 
洞野綾子・中畑浩枝(2000)「教育実践レポート⑬チーム・ティーチング チーム・ティーチング 技術通訳・翻訳者の養成を目指して」『日本語教育通信』第36号 国際交流基金日本語国際センター 3-5
中沢潤・南博文・大野木裕明(1997)『心理学マニュアル 観察法』  北大路書房 37
中村重穂(1991)「専門教官と日本語教官との協働による社会科学系留学生のための上級日本語教育―一橋大学に於ける実践報告―」『日本語教育』74号 日本語教育学会 172-185 
林さと子(1991)「授業分析における学習者の視点」『日本語教育』76号 日本語教育学会101-109
日俣周二(1968)『ティーム・ティーチングの理論と方法』明治図書出版 28-34
牧野恵子・高岡夏實「ティーム・ティーチングを通した相互研修」『日本語教育現場における教師の自己・相互研修』国立国語研究所日本語教育センター 120-123
松田真希子(2005)「現職日本語教師のビリーフに関する質的研究」『長岡技術科学大学言語人文科学論集』№19 215-240
丸山具子他(2005)「チームティーチングについての一考察―日本語教育実践研究(1)を通して―」『日本語教育実践研究』第3号3-12 早稲田大学
箕浦康子(1999)『フィールドワークの技法と実際 マイクロエスノグラフィー入門』 ミネルヴァ書店 6-7,25-26,87-103
百瀬侑子(1996)「海外における若手Non-native教師養成のための日本語Team Teaching」『日本語国際センター紀要』第6号 国際交流基金日本語国際センター 33-49
山本一枝(1991)「科学技術者のための専門文献読解指導―チームティーチングによるMIT夏期集中日本語講座―」『日本語教育』86号 日本語教育学会 190-203
横山杉子・星野浩子(1997)「実習生のレポートを通してみたビリーフ(BAK)の変化―教師の役割についてのBAKを中心として―」『日本語教育論文集―小出詞子先生退職記念―』739 
横山紀子(2005)「第2言語教育における教師教育研究の概観―非母語話者現職教師を対象とした研究に焦点を当てて―」『日本語教育紀要』第1号 9-11
林長河(1994)『第2外国語としての日本語教育の問題点と改革』致良出版社 17-43
J・T・シャプリン・H・F・オールズ(1966)『ティーム・ティーチングの研究』平野一郎・椎名萬吉訳編 黎明書房1-36,410-415
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top