跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(3.95.131.146) 您好!臺灣時間:2021/07/29 02:39
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

: 
twitterline
研究生:黃瓊慧
研究生(外文):Giong-Huei Huang
論文名稱:會話課中教師的發話構造「發話行為」為中心
論文名稱(外文):The structure of ” Teacher’s Speech” in conversation class―Based on ACT―
指導教授:劉百齡劉百齡引用關係
指導教授(外文):作者未提供
學位類別:碩士
校院名稱:銘傳大學
系所名稱:應用日語學系碩士班
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
畢業學年度:96
論文頁數:238
中文關鍵詞:S-C模型教師的發話構造「發話行為」教室談話構造
外文關鍵詞:ACTS-C modelthe structure of classroom discoursethe structure of “Teacher’s Speech”
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:140
  • 評分評分:
  • 下載下載:14
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
教師的發話不僅是對學習者的語言學習有著很深的影響,更是在提高學習者在課堂中的參與度上扮演著舉足輕重的角色。然而在台灣的日語教育界當中,著眼於教師的發話的研究並不多。同時,以教師的發話為對象的實證調查研究更是少之又少。因此本研究的目的是透過調查教師在教室內的實際發話情形,藉此更進一步地明確整理出教師的發話構造。為了達到這個目的,筆者在取得台灣銘傳大學應用日語系中6位教師的同意下,分別對其所教授的日語課程進行攝影。並以此作為研究的資料,從定量及定性的觀點來分析。研究調查結果簡述如下:
1、教師的發話次數跟其授課內容息息相關。
2、教師靈活運用各種「發話行為」來達到教室經營、支援學習者、要求學習者發話等等的目的。
3、無論是在哪種課程型態,當教師要求學習者發話的次數增加時,學習者的發話量也會相對地增加。
4、教師的發話中具有當學習者在回答問題上遇到困難時,不將發話的權利轉交給其他的學習者,而是給予提示來幫助學習者順利地完成回答的傾向。
5、教師的發話中具有當將情報傳達給學習者後,馬上對於學習者的理解度進行確認的傾向。
藉由本研究所得到的成果,相信不僅是有助於了解教師如何在課堂中支援學習者的學習,亦使得教師的發話構造隨之更加明朗。
“Teacher’s Speech” not only influences learners on language learning greatly, but also takes an important role on raising the class participation of learners. But there is few researches about “Teacher’s Speech” in Taiwan Japanese education circle. And the substantial research for “Teacher’s Speech” is not yet found. Approaching this research, the author recorded six Japanese classes in the Department of Applied Japanese of Ming Chuan University in Taiwan to do the quantitative and qualitative analysis. The research leads to several conclusions:
1、The number of “Teacher’s Speech” associates with the contents of the class deeply
2、Teacher uses various ACT to manage class, support learners, ask learners to speak.
3、Whatever the class form it is, when the number of speech requesting by teacher increases, the number of learners’ will also increase.
4、The tendency of “Teacher’s Speech” is when a learner was at a loss for a reply, teacher supports learner’s reply than asking other learners to speak.
5、Teacher has a tendency to check learners’ understanding just after offering learner information
With the research, we can understand better teachers how to help learners’ on language learning in the classroom and the structure of “Teacher’s Speech”.
要旨(中国語)---- i
要旨(英 語)---- ii
要旨(日本語)---- iii
謝辞-------------- iv
目 次------------ v
表目次------------ viii
圖目次------------ ix
第1章  序 論-------------------- 1
 1.1  研究動機 ------------------1
 1.2  研究目的および意義-------- 2
 1.3  本論文の構成-------------- 3
第2章  先行研究 ------------------5
 2.1  教室談話の構造------------ 5
 2.2  教師発話の分析------------ 8
 2.2.1 発話機能----------------- 8
 2.2.2 特定な発話形式----------- 10
 2.3  教師のストラテジー-------- 11
第3章  研究方法------------------- 13
 3.1  研究手続 ------------------13
 3.1.1 調査対象----------------- 13
3.1.2 データ収集----------------- 14
 3.2  データの文字化原則-------- 14
3.3  分析の枠組み---------------- 16
3.3.1 ACTの分類 ------------------16
3.3.2 発話回数の計算------------- 20
第4章  分析および考察------------ 22
 4.1  定量分析 ------------------22
 4.1.1 教師発話の機能----------- 22
教師の発話回数------------- 22
ACT別に見る教師の発話回数---23
4.1.2 教師の発話傾向------------- 37
T1教師の発話傾向----------- 37
T2教師の発話傾向------------38
  T3教師の発話傾向 ----------39
J1教師の発話傾向------------41
J2教師の発話傾向------------42
J3教師の発話傾向------------43
 4.2  定性分析 ------------------45
 4.2.1 教師発話の機能----------- 45
4.2.2 教師の発話傾向------------- 75
T1教師の発話傾向------------75
T2教師の発話傾向------------76
T3教師の発話傾向----------- 77
J1教師の発話傾向---------- 78
J2教師の発話傾向-------- 79
J3教師の発話傾向------------80
第5章  結 論--------------------- 82
 5.1  まとめ-------------------- 82
 5.2  問題点-------------------- 84
5.3  今後の課題 ------------------86
参考文献 ---------------------------87
付録 ---------------------------92
Allwright,D. and Bailey,K.M.(1991)Focus on the Language Classroom : An Introduction to Classroom Research for Language Teachers. Cambridge: Cambridge University Press
Bellack,A.A.,Kliebard, H.M.,Hyman,R.T. and Smith, F.L.(1966)The language of the classroom. New York: Teachers College Press
Brown,H.D.(1994)Principles of Language Learning and Teaching.Englewood Cliffs,N.J.,Prentice Hall
Craig Chaudron(1988)Second Language Classrooms.╱田中春美・吉岡薫(訳)(2005)『第2言語クラスルーム研究』リーベル
Jack.C.Richards and Charles Lockhart (1994) Reflective Teaching in second Language Classrooms.╱新里真男(訳)(1999)『英語教育のアクション・リサーチ』研究社
Mehan,H.(1979)Learning Lessons: Social Organization in the Classroom. Cambridge, Massachusetts/Lodon, England: Harvard University Press
Sullivan,P. and Clarke,D.(1991)Communication in the Clasroom:The Importance of Good Questioning. Victoria:Deakin University
青木直子(2001)「教師の役割」尾崎明人ほか編『日本語教育学を学ぶ人のために』182-197 世界思想社
跡部千絵美(2002)「学習者から高く評価される授業について」『2002年度日本語教育実習報告書』名古屋大学 国際言語文化研究科
石井恵理子(1989)「学習のとらえ方と教室活動」『日本語教育論集』6:1-18 国立国語研究所日本語教育センター
石井恵理子・谷口すみ子(1993)「教室研究と教師の成長」『日本語学』12-3:21-30 明治書院
石井恵理子(1997)「教室談話の複数の文脈」『日本語学』16-3:21-39 明治書院
宇佐美まゆみ(1997)「基本的な文字化の原則(Basic Transcription System for Japanese: BTSJ)の開発について」『日本人の談話行動のスクリプト・ストラテジーの研究とマルチメディア教材の試作』12-26 文部省科学研究費基盤研究(C)研究成果報告書
遠藤直子(2005)「学習者場面における教師発話、学習者発話の中の「くり返し」の機能について―2005年度秋学期「日本語教育実践研究(3)」報告―」『日本語教育実践研究』4:43-54 早稲田大学大学院日本語教育研究科
尾崎明人(1992)「『聞き返し』のストラテジーと日本語教育」『日本語研究と日本語教育』254-263 名古屋大学出版会
加藤好崇(1997)「日本語学習者の誤用に対する教師の非訂正行動」『日本語教育』93:26-37 日本語教育学会
加藤好崇(1998)「教師の誤用訂正のストラテジー」『東海大学紀要』18:11-26東海大学留学生教育センター
河口苗子(2005)「日本語授業における教師の疑問文と教授ストラテジー」『第3回日本語教育研究集会予稿集』46-49 名古屋大学国際言語文化研究科
熊取谷哲夫・岡崎敏雄(1991)「日本語の授業分析」『広島大学教育紀要』40:231-238
熊谷智子(1997)「教師の発話にみられるくり返しの機能」『日本語学』16-3:30-38 明治書院
元永(上田)晶子(1992)「授業の自己観察―プロセスと可能性について―」『The Language Teacher』16-12:19-22 全国語学教育学会
小池生夫監修(1994)『第二言語習得研究に基づく最近の英語教育』SLA研究会編 大修館書店
近藤有美(2004)「教室における教師の「いいですか」の発話機能」『ことばの科学』17:23-37 名古屋大学言語文化研究会
才田いずみ(1992)「自己研修のための授業分析試案」『世界の日本語教育』2:107-114 国際交流基金
佐野享子(2005)「ケース・メソッド授業における教師・学習者間の相互作用に関する一考察―ビジネス・スクールにおける討論授業での
教師の発話に焦点を当てて―」『京都大学高等教育研究』11:1-11京都大学高等教育研究開発推進センター
髙宮優実・松本一美・川北園子(2006)「協働型アクション・リサーチによる教師の成長の可能性 ―学習者との関わりから見えてきた
こと―」『平成18年度日本語教育実践研究フォーラム報告』1-12 日本語教育学会
谷口すみ子(1992)「授業分析」岡崎敏雄・川口義一・才田いずみ・畠 弘巳編『ケーススタディ日本語教育』174-179 おうふう
中田智子(1991)「会話にあらわれるくり返しの発話」『日本語学』10-10:52-61 明治書院
縫部義憲(1994)『〔日本語授業学〕入門』 瀝社
ネウストプニー,J.V.(1995)『新しい日本語教育のために』 大修館書店
野原美和子(1999)「学習者の自発的な発話を導く教師の学習支援的言動―積極的な自発的発話の場合―」『日本語教育論集 世界の日本語教育』9:101-113 国際交流基金 日本語国際センター
平木宏育(2005)「授業分析による発話回数の「数字」から見えてくるもの―質問、反応、非訂正を中心に―」『日本語教育研究』49:1-25 
藤長かおる・中村雅子・長坂水晶・王崇梁(1999)「韓国の高校日本語教
師の教授スタイル調査」『日本語国際センター紀要』9 国際交流基金 日本語国際センター
深川美帆(2000)「教師の質問と指示についての一考察―初級クラスにお
ける質問のタイプに注目して―」『2000年度名古屋大学日本語教育実習報告書』名古屋大学 国際言語文化研究科
藤江康彦(2006)「教室談話の特徴」秋田喜代美編『授業研究と談話分析』51-69 放送大学教育振興会
文野峯子(1991)「授業分析と教育の改善―客観的な授業分析の試み―」『日本語教育』75:51-62 日本語教育学会
堀口純子(1997)『日本語教育と会話分析』 くろしお
真嶋潤子(1999)「同じであって同じでない―初級クラスの2教師の授業
比較―」『日本語の地平線 吉田彌寿先生古稀記念論集』201-213 くろしお
村岡英裕(1996)「教室の談話分析と教師の学習者参加促進ストラテジー:導入活動における発問型エクスチェンジの分析」『平成8年度日本語教育学会春季大会予稿集』133-138 日本語教育学会
村岡英裕(1999)『日本語教師の方法論教室談話分析と教授ストラテジー』凡人社
村上恵(1993)「日本語授業における「はい」と「いいですか」の談話機能」『平成5年度日本語教育学会春季大会予稿集』67-72 日本語教育学会
村松賢一(2002)「多文化共生意識を高める異文化体験学習における教師発話―トランザクションレベルの教授ストラジーの観点から―」『内省モデルに基づく日本語教育実習理論の構築』252-263(平成11∼13年度科学研究費補助金研究基盤研究(C)(2)研究成果報告書)
林さと子(1992)「授業分析における学習者の視点」『日本語教育』76:101-109 日本語教育学会
山中都(2005)「「学び」を促す教師の関わりについて―聴解授業における教師の発話分析から―」『日本語教育実践研究』3:209-215 早稲田大学大学院日本語教育研究科
横溝紳一郎(1998)「学習者からの肯定的フィードバックに対する反応に
学習者の学習スタイルが与える影響」『日本語・日本語教育論集』5:9-25 名古屋学院大学留学生別科
吉田誠・吉田武尚・山尾文夫・福田誠(2004)「授業における指導者発話のイメージ評価」『奈良教育大学教育実践総合センター研究紀要第13号』41-48
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top