跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(44.213.60.33) 您好!臺灣時間:2024/07/20 06:47
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:林怡君
研究生(外文):Lin, Yi Jiun
論文名稱:《古今和歌集》中戀歌之表現-以時間性之對照表現的觀點分析-
論文名稱(外文):The Expression of Koinouta in “Kokinwakashuh” – an Approach to Contrastive Expression of Time –
指導教授:鄭家瑜
學位類別:碩士
校院名稱:國立政治大學
系所名稱:日本語文學系碩士班
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2008
畢業學年度:96
語文別:日文
論文頁數:130
中文關鍵詞:古今和歌集戀歌時間對照表現夢境現實昔時今日
外文關鍵詞:Kokinwakashuhkoinoutatimecontrastive expressionmorningnightdreamrealitypastpresent
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:429
  • 評分評分:
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:1
《古今和歌集》是最早的敕撰和歌集,於延喜五年(905年)成立,其編撰者為紀友則・紀貫之・凡河内躬恒・壬生忠岑。歌數約為一一一〇首,由二十巻構成。在卷別上,分為春(上下巻)・夏・秋(上下巻)・冬・賀・離別・羇旅・物名・恋(巻一~巻五)・哀傷・雑・雑体・大歌所御歌。歌風屬纖細優美。一一一〇首和歌之中,由四季歌(342首)及戀歌(360首)二大支柱構成,四季歌是依據季節的推移來排列。而戀歌是依戀愛的進行過程來排列,其排列被認定具有時間性之推移。因此,本論文將以《古今和歌集》的戀歌為對象,透過「晨與夜」「夢境與現實」「昔時與今日」等時間性之對照表現,來解析戀歌。
本論文首先將和歌分類,整理出同性質之和歌。其次,分析各類和歌中之對照表現,並考察各和歌中對照表現之意義。
本論文由六章構成,第一章論述研究目的等內容。第二章從和歌與戀歌的本質開始,探討《古今集》戀歌的本質及構成,並分析《古今集》戀歌中的時間特質。第三章以「晨與夜」的對照表現為中心。其中分為「特定的晨與夜」、「不特定的晨與夜」二個主題,來探討《古今集》戀歌中晨與夜的對照表現。第四章以「夢境與現實」為中心,其中分為「想於夢中相會」→「無法在夢境相會」→「夢中會面」→「現實中會面」→「無法再於夢境相會」等五個主題來探討。第五章是以「昔時與今日」為中心來分析。分為「相遇之前的昔時與相遇之後的今日」及「相愛的昔時與離別後的今日」二個主題,來考察歌中「昔時」與「今日」的對照表現。第六章是透過與《萬葉集》的比較,來釐清《古今和歌集》中時間性對照表現的角色與意義。
“Kokinwakashuh” is the first waka collections that Japanese Emperor chose, and it was compiled around the year 905. The editors are Ki no Tsurayuki, Ki no Tomonori, Oshikochi Mitsune, and Mibu no Tadamine. The chapters are Spring, Summer, Fall, Winter, Congratulations, Partings, Travel, Acrostics, Love, Laments, Miscellaneous, Miscellaneous Forms, and Traditional Poems from the Bureau of Song. The style is courtly elegance of classical, disciplined beauty. In these 1100 poems, the four season Poems and ‘koinouta’ (Love Poems) are two pillars. The Seasons Poems are arranged according to the transition of seasons. The ‘koinouta’ (Love Poems) are arranged according to the process of love, and there is the transition of time in the arrangement. It is admitted that time is a critical factor in Poems of “Kokinshuh”. Therefore, the ‘koinouta’ (Love Poems) of “Kokinwakashuh” is the subject in this thesis. The ‘koinouta’ (Love Poems) are analyzed through the contrastive expression of time, like ‘morning and night’, ‘dream and reality’ and ‘past and present’.
In this thesis, poems were classified first, and the homogeneous poems were put together. The contrast expression in the poems of each kind was analyzed, and the meaning of the contrast expression in each poem was investigated.
This thesis consists of six chapters. The purpose of research was discussed in Chapter 1. In Chapter 2, the theory is progressed from the essence of the waka and the ‘koinouta’ (Love Poems). In the same chapter, essence and the composition of the ‘koinouta’ (Love Poems) were examined, and the time characteristic in ‘koinouta’ (Love Poems) of “Kokinwakashuh” was analyzed. In Chapter 3, it centered on the contrast expression of ‘morning and night’. It is separated for two subjects, ‘specific morning and night’ and ’unspecific morning and night’. In Chapter 4, it centered on the contrast expression of ‘dream and reality’. It is separated for five subjects. In Chapter 5, it centered on the contrast expression of ‘past and present’. It is separated for two subjects. In Chapter 6, the role and the meaning of a time contrast expression in “Kokinwakashuh” were clarified through the comparison with “Manyoshuh”.
第一章 序論
第一節 研究動機 1
第二節 研究目的 2
第三節 先行研究 3
第四節 研究方法 9

第二章 『古今集』の恋歌について 12
第一節 恋歌の本質 12
第二節 『古今集』恋歌の構成 15
第三節 『古今集』恋歌における時間性の表現 20
第四節 まとめ 25

第三章 朝と夜 27
第一節 不特定の朝と夜 28
第二節 特定の朝と夜 39
第三節 まとめ 57

第四章 夢とうつつ 59
第一節 夢で逢いたい 62
第二節 夢でさえ逢えない 68
第三節 夢で逢えた 73
第四節 うつつで逢えた 78
第五節 夢で逢えなくなった 83
第六節 まとめ 89

第五章 昔と今     90

第一節 出逢った前の昔と、逢ってからの今 91
第二節 愛し合った昔と、別れてからの今 100
第三節 まとめ 110

第六章 結論 112
第一節 朝と夜 112
第二節 夢とうつつ 115
第三節 昔と今 118
第四節 『万葉集』と『古今集』における表現上の相違 120
第五節 まとめ 124

付表 126
参考文献 127
参考文献(著者、編集代表名の五十音順による)

一、 テキスト、事典、辞典、注釈書
1. 青木生子等校注『新潮日本古典集成第6回―万葉集1』東京:新潮社、1976
2. 青木生子等校注『新潮日本古典集成第21回―万葉集2』東京:新潮社、1978
3. 青木生子等校注『新潮日本古典集成第41回―万葉集3』東京:新潮社、1980
4. 青木生子等校注『新潮日本古典集成第55回―万葉集4』東京:新潮社、1982
5. 青木生子等校注『新潮日本古典集成第66回―万葉集5』東京:新潮社、1984
6. 大野晉等編『岩波古語辞典補訂版』東京:岩波書店、2004
7. 小沢正夫等校注・訳『新編日本古典文学全集11―古今和歌集』東京:小学館、1994
8. 片桐洋一『歌枕歌ことば辞典増訂版』東京:笠間書院、1999
9. 片桐洋一『古今和歌集全評釈』東京:講談社、1998
10. 窪田章一郎『和歌鑑賞事典』東京:東京堂、1970
11. 窪田空穂『古今和歌集評釈(上)(下)』東京:東京堂、1937
12. 小島憲之等校注・訳『新編日本古典文学全集6―万葉集1』東京:小学館、1994
13. 小島憲之等校注・訳『新編日本古典文学全集7―万葉集2』東京:小学館、1995
14. 小島憲之等校注・訳『新編日本古典文学全集8―万葉集3』東京:小学館、1995
15. 小島憲之等校注・訳『新編日本古典文学全集9―万葉集4』東京:小学館、1996
16. 上代語辞典編修委員会『時代別国語大辞典上代編』東京:三省堂、2002
17. 新村出編『広辞苑第五版』東京:岩波書店、1998
18. 竹岡正夫『古今和歌集全評釈(上)(下)』東京:右文書院、1976
19. 寺田純子『新編和歌の解釈と鑑賞事典』東京:笠間書院、1999
20. 中田祝夫等編『古語大辞典コンパクト版』東京:小学館、1983
21. 中村幸彦等編『古語大辞典第四巻』東京:角川書店、1994
22. 中村幸彦等編『古語大辞典第五巻』東京:角川書店、1999
23. 松田武夫『新釈古今和歌集(上)』東京:風間書房、1968
24. 松田武夫『新釈古今和歌集(下)』東京:風間書房、1975
25. 松村明監修『大辞泉増補新装版』東京:小学館、1998

二、 研究書
1. 伊藤博『万葉集の歌群と配列(上)』東京:塙書房、1990
2. 菊地靖彦『古今的世界の研究』東京:笠間書院、1980
3. 小町谷照彦『古今和歌集と歌ことば表現』東京:岩波書店、1994
4. 鈴木宏子『古今和歌集表現論』東京:笠間書院、2000
5. 田中常正『万葉集より古今集へ―古今集恋歌の読人知等ずの歌の構成』東京:笠間書院、1987
6. 田中常正『万葉集より古今集へ第2―六歌仙・編纂者の恋歌の構成』東京:笠間書院、1989
7. 田中常正『万葉集より古今集へ第3―恋の心情の進展とその歌の配列』東京:笠間書院、1998
8. ツベタナ・クリステワ『涙の詩学』名古屋:名古屋大学出版会、2001
9. 増田繁夫等編『古今和歌集研究集成第1巻―古今和歌集の生成と本質』東京:風間書房、2004
10. 増田繁夫等編『古今和歌集研究集成第2巻―古今和歌集の本文と表現』東京:風間書房、2004
11. 増田繁夫等編『古今和歌集研究集成第3巻―古今和歌集の伝統と評価』東京:風間書房、2004
12. 松田武夫『古今集の構造に関する研究』東京:風間書房、1965
13. 吉田達『伊勢物語・大和物語―その心とかたち』福岡:九州大学出版会、1988

三、 研究論文
1. 石原昭平「小野小町―恋多き女」(『國文學解釈と教材の研究―特集古代文学にみる人間像』第52巻11号、東京:学燈社、1987)
2. 小沢正夫「夢みる謎の女」(『短歌』第36巻13号、東京:角川書店、1989)
3. 片岡智子「歌ことば〈おのがきぬぎぬ〉考」―歌語〈きぬぎぬ〉の探求―」(『講座平安文学論究第17輯』、東京:風間書房、2003)
4. 片桐洋一「古今集的表現の本質」(『古今和歌集研究集成第1巻―古今和歌集の生成と本質』所収、東京:風間書房、2004)
5. 片桐洋一「百人一首の魅惑」(『國文學解釈と教材の研究―特集辻邦生 現代のロマネスク』第26巻16号、東京:学燈社、1981)
6. 上田三四二「愛の詞華集」(『國文學解釈と教材の研究―〈愛〉の古典文学―男と女』第26巻5号、東京:学燈社、1981)
7. 久保木哲夫「百人一首諸説集成」(『國文學解釈と教材の研究―藤原定家と百人一首』第26巻16号、東京:学燈社、1981)
8. 久保田淳「歌語・歌枕事典」(『國文學解釈と教材の研究―歌・歌ことば・歌枕』第34巻13号、東京:学燈社、1989)
9. 久保田淳「百人一首ことばの手帖」(『國文學解釈と教材の研究―小倉百人一首』第37巻1号、東京:学燈社、1982)
10. 草野隆「歌語、歌枕事典」(『國文學解釈と教材の研究―歌・歌ことば・歌枕』第34巻13号、東京:学燈社、1989)
11. 近藤みゆき「諸説整理・古今和歌集名歌解釈」(『國文學解釈と教材の研究―古今和歌集―いま何が問題か』第40巻10号、東京:学燈社、1995)
12. 小嶋菜温子「恋歌とジェンダー―業平・小町・遍照」(『國文學解釈と教材の研究―恋歌―古典世界の』第41巻12号、東京:学燈社、1996)
13. 小林世津子「小野小町―恋歌の中の小町―」(『昭和学院国語国文第18号』、千葉:昭和学院短期大学国語国文学会、1985)
14. 鈴木日出男、「古今集の比喩」(『古今和歌集研究集成第2巻―古今和歌集の本文と表現』所収、風間書房、2004)
15. 鈴木日出男「和歌の表現における心物対応構造」(『古代和歌史論』所収、東京:東京大学出版会、1990)
16. 鈴木宏子「古今集の恋歌」(『古今和歌集研究集成第2巻―古今和歌集の本文と表現』所収、東京:風間書房、2004)
17. 鈴木宏子「〈待つ〉考」(『和歌文学論集2―古今集とその前後』所収、東京:風間書房、1994)
18. 田中喜美春「古今和歌集」(『研究資料日本古典文学第6巻―和歌』所収、東京:明治書院、1995)
19. 中川正美「諸説整理・古今和歌集名歌解釈」(『國文學解釈と教材の研究―古今和歌集―いま何が問題か』第40巻10号、東京:学燈社、1995)
20. 藤井貞和「古今集の心と詞」(『古今和歌集研究集成第1巻―古今和歌集の生成と本質』所収、東京:風間書房、2004)
21. 平沢竜介「古今集の時間」(『古今和歌集研究集成第2巻―古今和歌集の本文と表現』所収、東京:風間書房、2004)
22. 部矢祥子「百人一首ことばの手帖」(『國文學解釈と教材の研究―小倉百人一首』第37巻1号、東京:学燈社、1992)
23. 増田繁夫「古今集と貴族文化」(『古今和歌集研究集成第1巻―古今和歌集の生成と本質』所収、東京:風間書房、2004)
24. 松本真奈美「百人一首ことばの手帖」(『國文學解釈と教材の研究―小倉百人一首』第37巻1号、東京:学燈社、1992)
25. 森朝男「闇のうつつ―縁語の構図」(『相模国文』第12号、神奈川:相模女子大学国文研究会、1985)
26. 森本治吉「万葉人の世界観―デーモンと夢について」(『國文學解釈と教材の研究―特集万葉集の生活の探求』第9巻4号、東京:学燈社、1964)
27. 山田洋嗣「歌語、歌枕事典」(『國文學解釈と教材の研究―歌・歌ことば・歌枕』第34巻13号、東京:学燈社、1989)
28. 和辻哲郎「万葉集の歌と古今集の歌との相違について」(『和辻哲郎全集第4巻』所収、東京:岩波書店、1962)
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
無相關期刊