(3.235.11.178) 您好!臺灣時間:2021/02/26 02:56
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:彭心盈
研究生(外文):Hsin-Ying Peng
論文名稱:新聞広告のキャッチコピーについての一考察
論文名稱(外文):A study of Japanese Advertisement Title
指導教授:王世和王世和引用關係
指導教授(外文):Shin-Ho Wang
學位類別:碩士
校院名稱:東吳大學
系所名稱:日本語文學系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2008
畢業學年度:96
論文頁數:108
中文關鍵詞:日文廣告標題修辭學感情
外文關鍵詞:Japanese Advertisement TitleRhetoricEmotion
相關次數:
  • 被引用被引用:1
  • 點閱點閱:538
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
廣告多以促進銷售為目的,報章雜誌的廣告的標題必須在有限的字數之內透過廣告詞吸引消費者進而達到消費行為。因此廣告詞的表現方法顯得非常重要。廣告的訴求方式,可以大分為理性訴求和感性訴求。而利用感情訴求來引起消費者的共鳴的廣告手法非常多。
到目前為止有關廣告詞的研究多把焦點放語言學型態的研究上,缺少了針對利用感情的說服方法的研究。因此,本論文以PIE BOOKS所出版的「新聞廣告廣告詞大百科 業種別2」中的廣告詞為對象,舉出「車」「化妝品」「酒」「家電產品」等四種項目的廣告詞加以分析考察之外,並加入性差的觀點進行探討研究。希望透過分析各行業不同產品的廣告標題中,相互比較找出其相異點,進而找出日本廣告詞中修辭的特徵。
本論文以修辭學為分析工具。修辭學層面之分析由Aristóteles修辭學中的三大說服方法及George Campbell的說服方法和感情關係之理論為基礎,將總數969則廣告標題進行分析考察且分成6大類及23小類,引導出廣告詞的說服用法,進而歸納出廣告詞所採用的語言策略。
Advertisement is usually used for sales promotion, headlines of advertisement in the newspapers and magazines have to attract consumers for consumption behavior with advertisement speech in limited words. Hence presentation of advertisement speech appears to be very important. Appeals of advertisement could be divided into rational appeal and emotional appeal. Many advertisement use emotional appeal to inspire the consumers’ resonance.
Up to now, analysis of advertisement speech most focus on the figure of linguistics, it lacks analysis of emotional appeal. Aiming at the advertisement speech in the “News advertisement speech encyclopedia industry 2” published by PIE BOOKS, the thesis chooses advertisement speech of four kinds of items “Car”, “Cosmetics”, “Alcoholic Beverage” and “Household electric appliance” to analyze and adds the concept of sex difference into analysis. By analyzing the advertisement speech of four different products, hoping it can find the similarities and differences by comparing, and hence we can find the rhetoric characteristics of Japanese advertisement speech.
The thesis uses rhetoric as the tool. With respect to the analysis of rhetoric, based on 3 main persuasive ways among “Aristóteles rhetoric” and both the persuasive way and emotional relationship theorem among “George Campbell”, it analyzes total 969 advertisement headlines and classifies them into 6 main categories and 23 sub categories, induce the persuasive ways of advertisement speech, and then conclude language strategy applied by advertisement speech.
第一章 序論                1
1.1 研究の動機と目的          1
1.2 研究対象              2
1.3 研究方法              3
1.4 本論文の構成          3
第二章 先行研究と本研究の位置づけ     4
2.1 広告について          4
2.2 レトリックについて          5
2.2.1 レトリックとは          5
2.2.2 弁論術としてのレトリック      6
2.3 キャッチコピー研究の現状      8
2.4 感情と説得          16
2.5 先行研究における問題点と本研究の課題 20
第三章 考察               23
3.1 考察               23
3.1.1 考察方法               23
3.1.2 レトリックからみたキャッチコピーの種類 23
3.2 車のキャッチコピーについて     30
3.2.1 三種のレトリックの下位分類     30
3.2.2 三種のレトリックの比率     43
3.3 化�菻~のキャッチコピーについて   44
3.3.1 三種のレトリックの下位分類     44
3.3.2 三種のレトリックの比率     49
3.4 アルコール飲料のキャッチコピーについて 50
3.4.1 三種のレトリックの下位分類      50
3.4.2 三種のレトリックの比率      61
3.5 家電製品のキャッチコピーについて  62
3.5.1 三種のレトリックの下位分類      62
3.5.2 三種のレトリックの比率      75
第四章 考察結果 76
4.1 レトリックから見たキャッチコピーの比較                    76
4.2 製品カテゴリーから見たレトリック 85
4.3 車と化�菻~の比較      89
4.4 三種のレトリックの比率 92
4.5 表現比較のまとめ     93
第五章 結論          95
5.1 まとめ          95
5.2 今後の課題     98
参考文献(年代順)          99
用例出所              101
馬場房子(1977)『消費者心理学』白桃社
S.I.ハヤカワ (著)、大久保 忠利(訳)(1978)『思考と行動における言語』岩波書店
佐藤信夫(1978)『レトリック感覚』講談社
安本美典(1983)『説得の文章技術』講談社
中村 明(1983)『日本語のレトリック』筑摩書房
向坂 寛(1985)『対話のレトリック』講談社
槌田満文(1986)「コピーの修辞学」『月刊言語』大修館書店
槌田満文(1988)「広告の言葉遊び雑感」『日本語学』明治書院
土屋信一(1988)「広告の、句点と読点。」『日本語学』明治書院
大坪併治(1988)「広告の擬声語」『日本語学』 明治書院
大橋禄朗(1988)「広告の補助符号」『日本語学』明治書院
大伏 肇(1990)『資料が語る 近代日本広告史』東京堂
森野宗明(1991)「女性語の歴史」『講座日本語と日本語教育』第10巻 明治書院
佐藤信夫(1992)『レトリック認識』講談社
アリストテレス(著)、戸塚七郎(訳)(1992)『弁論術』岩波書店
堀井令以知(1993)「女性語の成立」『日本語学』明治書院
れいのるず・秋葉かつえ(1993)「言語と性差の研究―現在と将来」『日本語学』明治書院
金丸芙美(1993)「人称代名詞・呼称」『日本語学』明治書院
マグロイン・花岡直美(1993)「終助詞」『日本語学』明治書院
川成美香(1993)「依頼表現」『日本語学』明治書院
張清渓編(1995)『経済学-理論と実際上冊』翰蘆圖書出版有限公司
脇 歌子(1996)「新聞広告における現代日本語の表現(前編)」『日本語論説資料』第33号第1分冊、論説資料保存会
菅野 圭昭「広告のコトバ・広告表現の技法」『日本語論説資料』第34号第5分冊、論説資料保存会
現代日本語研究会編(1997)『女性のことば・職場編』ひつじ書房
森岡健二(1970)『文章構成法』至文堂
周 瑪莉(1999)「日本語の広告キヤツチフレ-ブの研究-語學的見地から」東呉大学日文研究所修士論文
大伏 肇(1999)『図説日本広告千年史―古代・中世・近世編 (大型本)』日本図書
滝嶋英男(2000)「広告から読む女と男―戦後広告50年のスケッチ」石川弘義編『広告から読む女と男』雄山閣
神澤志摩(2000)「広告が生む性差」石川弘義編『広告から読む女と男』雄山閣
杉山 学(2000)「男と女のシンボル―広告における男女の記号学」石川弘義編『広告から読む女と男』雄山閣
井上善友(2000)「性差別広告」石川弘義編『広告から読む女と男』雄山閣
山中正剛(2000)「広告とライフステージ―広告のなかの高齢男女像」石川弘義編『広告から読む女と男』雄山閣
石川弘義(2000)「戦後日本のセクシュアリティ―社会・広告・性差」石川弘義編『広告から読む女と男』雄山閣
早川治子(2001)「第2章「美しい女性」と「戦う男性」の広告世界」遠藤織江編『女とことば―女は変わったか 日本語は変わったか』明石書店
『土岐留美江(2001)「キャッチコピーと短型詩」『日本語学』明治書院
辻 大介(2001)「広告の誘惑と言語表現・非言語表現」『日本語学』明治書院
小矢野哲夫(2001)「目を引きつける広告表現」『日本語学』明治書院
山口仲美(2001)「広告表現の変遷」『日本語学』明治書院
江原 淳(2001)「消費者行動と広告」『日本語学』明治書院 
岡本真一郎(2001)「広告の説得効果と誤誘導効果」『日本語学』明治書院
内藤俊夫(2001)「広告のコピーが語ってきたもの『TCC年鑑』の受賞作品を中心に」『日本語学』明治書院
瀬戸賢一(2002)『日本語のレトリック』岩波書店
柳澤浩哉(2004)『レトリック探求法』朝倉書店

[ウェブページ]
George, C.(1873) “The philosophy of Rhetoric”. New York:Harper & Brothers, Publishers.
http://books.google.com.tw/books

用例出所
久野寧子(2005)『新聞広告キャッチコピー大百科 業種別 2』ピエ・ブックス
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
系統版面圖檔 系統版面圖檔