(3.238.7.202) 您好!臺灣時間:2021/03/04 19:48
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:王雅娟
研究生(外文):Wang Ya Chuan
論文名稱:從企業的角度來看今後日本的高齡者雇用
論文名稱(外文):日本における今後の高齢者雇用を考える~企業の視点から~
指導教授:林吉祥林吉祥引用關係
學位類別:碩士
校院名稱:南台科技大學
系所名稱:應用日語系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2008
畢業學年度:96
語文別:日文
論文頁數:64
中文關鍵詞:高年齡者雇用安定法繼續雇用制度定年制ageless社會
相關次數:
  • 被引用被引用:1
  • 點閱點閱:296
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:73
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:1
本研究針對日本企業因應日本政府高齡者雇用政策時遇到的問題,以及各企業導入再雇用制度的背景和企業經營戰略,並且針對退休後的再雇用進行分析。因此藉此分析來探討今後日本的高齡者雇用政策走向。
制度導入的背景雖然各企業有不同,其中可以看到因應社會要求繼續僱用退休者的「社會需求因應型企業」,重視和活用退休者的專門知識、技術以及強調技能傳承的「人力資源有效活用型企業」,以及數年後由於高齡退休者大量產生的「人手不足因應型企業」。
透過分析可以發現,大部份企業的再雇用評定標準都是,擁有高度技術和專門知識者為佳。而且發現無論是大企業或小企業都願意遵照政府的規定。但是針對定年制的廢除以及退休年齡的延長上還是有其困難性存在。其理由不外乎是成本增加,以及各企業的經營策略難以配合。今後日本政府在制定高齡者雇用政策時,是否應該要考慮企業的制度運用情況以及掌握制度運用上的困難。希望藉此研究,能夠提供日本政府今後一個新的思考方向。
然而,基本上60歲定年退休,其之後的雇用大都是一年約更新的「嘱託制度」。退休後再雇用對企業而言應該是人事費無減反增。除此之外高齡者的體力和健康對企業而言無庸置疑的也是一種負擔。因此「嘱託制度」的實施上企業是如何的刪減這些成本?今後針對各企業的「嘱託制度」運用狀況,有進一步加以討論的必要。
本研究は、近年の高齢者雇用政策に応じた企業の取り組み状況と問題点、および制度導入の背景や企業の経営戦略および継続雇用のかたちを明らかにし、今後の高齢者雇用への考え方について検討を行ったものである。
 高年齢者雇用安定法の改正などを受けて各企業の制度導入の背景をみると、定年後の高齢者を社会的要請として再雇用する「社会ニーズ対応型企業」、高齢者の専門的知識、技術・技能の継承と活用を促す「人的資源有効活用型企業」および今後数年大量退職が生じることによる労働力不足を解決する「人手不足対応型企業」がみられた。
そして、60歳で一応定年退職し、その後一年更新の嘱託社員として再雇用する企業はコストをどれほど節減できるのか。今後各社の嘱託社員の運用状況については、さらに検討を深めていくことが必要と思われた。
摘要 iv
日文摘要 v
誌謝 vi
目次 vii
表目録 ix
圖目録 x
第一章 序論 1
1-1 研究目的 1
1-2 問題意識と研究方法 3
1-3 本研究の構成 4
第二章 近年の高齢者雇用政策と既存研究 6
2-1 日本における高齢者雇用政策の展開 6
2-2 高年齢者雇用安定法に関する法律の改正 9
2-3 先行研究のまとめ 13
第三章 高齢者雇用に関する企業の取組状況 17
3-1 定年制・継続雇用の現状 17
3-1-1 定年制 17
3-1-2 定年制の実施状況 18
3-1-3 継続雇用制度 20
3-1-4 継続雇用制度の実態 21
3-2 65歳現役社会とその問題点 28
3-3 エージレス社会に対する企業の姿勢 30
第四章 高齢者雇用に関する企業事例の紹介 34
4-1 継続雇用導入動機からみた企業特性 34
4-2 社会ニーズ対応型企業 36
4-3 人的資源有効活用型企業 40
4-4 人手不足対応型企業 44
第五章 結論 50
5-1 要約 50
5-2 本研究の意義 50
5-3 残された課題 52
参考文献 53
参考ウェブサイト 56
付録 57
A 労働政策審議会職業安定分科会雇用対策基本問題部会における使用者側委員の主な意見 57
B 人事担当者の自由意見 59
B 人事担当者の自由意見(続き) 62
参考文献
戎野 淑子(2003),「高齢者雇用の成立条件と雇用機会の創出」『日本労働研究
雑誌』,No.521, P.4-16
荻原 勝(2005),『65歳雇用延長の進め方100問100答~改正高年齢者雇用安定
法への対応~』,中央経済社 
奥西 好夫(2001),「高齢化と雇用制度改革の方向性-60歳定年制からポス
ト60歳定年制へ」清家 篤『生涯現役時代の雇用政策』,日本評論社
柿澤 寿信(2004),「早期退職制度による離職行動-ある企業の事例研究-」『日
本労務学会誌』,6(2),P.2~13
厚生労働省職業安定局(2003),『高年齢者雇用対策の推進』,労務行政
厚生労働省職業安定局高齢者雇用対策課(2006),「特集1 高年齢者雇用対策について」『職業安定広報』,57(13)(通号1560),P.4~11
高年齢者雇用開発協会(2002),「企業における高齢者の活用戦略に関する調査研究報告書-平成13年度」
高年齢者雇用開発協会(2003),「企業の高齢化諸施策の実態に関する調査研究報告書-最終報告-平成14年度」
高齢・障害者雇用支援機構(2004),「特集 鉄鋼業・情報サービス業 産業別にみる高齢者雇用の課題」『エルダー』,26(9)(通号299),P.6~33
高齢・障害者雇用支援機構(2006),「特集 これからの高齢者雇用を探る 60歳代後半層までの雇用企業」『エルダー』,28(9)(通号323),P.6~32
笹島 芳雄(2005),「定年延長ではなく再雇用制度による「六五歳までの雇用機会の確保」が主流」『エルダー』,27(6)(通号308),P.14~21
産労総合研究所調査(2006),「2006年中高年層の処遇と継続雇用制度の実態に関する調査」『賃金事情』,No.2505,P.10~31
社会経済生産性本部(2000)「65歳雇用延長と人事処遇制度システムの改革」
清家 篤・山田 篤裕(2004),『高齢者の就業経済学』,日本経済新聞社
清家 篤(2006),「雇用の変化 高齢者雇用と雇用不安定化へどう対応するか」『商工ジャーナル』,32(1)(通号370),P.18~21
独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構(2006),『高年齢者雇用の企業事例ベスト25(part11)』
独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構(2007),『高齢者雇用の企業事例ベスト20(part12)』
独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構(2006),『高年齢者就業形態開発好事例集-平成17年度』
独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構(2007),『65歳までの継続雇用促進事例集-平成18年度』
西村 健一郎(1998),「65歳現役社会と定年制の課題-法律学の観点から」『日
本労働研究雑誌』,No.456, P.2-10
日本経団連出版(2005),『定年延長・再雇用制度事例集』,日本経団連出版
日本労働研究機構(2001),「雇用延長の実態に関する調査」『労経ファイル』,第305号,P.26~30
日本労働研究機構(2001),「金属労協の基本方針と傘下組合の取組状況/「継続雇用定着促進助成金制度」のあらまし/「特別支給の老齢厚生年金」の支給開始年齢」『労経ファイル』,第305号,P.31~36
日本労働研究機構(2001),「諸外国における高齢者の雇用・就業に関する研究報告書-平成13年度」
日本労働研究所(2007),「継続雇用制度を導入する企業の7割が対象者基準を設定-6割強の企業が希望する社員の「ほぼ全員」を継続」『日労研資料』,60(6)(通号1322),P.20~30
濱口 桂一郎(2006),「超高齢社会の高齢者雇用政策」『LRL』,第9号,P.14~17
原井 新介(2007),「特集 高齢者雇用対策の実態」『JMAマネジメントレビュー』,13(9)(通号643),P.7~24
広田 薫(2005),「解説65歳雇用義務化への対応実務」『労政時報』,第3649号,P.42~63
藤村 博之(2001),『事例にみる雇用延長と処遇制度~60歳代継続雇用の仕組みと実際』,社会経済生産性本部
丸谷 肇(2004),「新たな高齢者雇用対策の展開とその問題点--継続雇用の義務化を中心に」『全労連』,通号86,P.15~20
三谷 直紀(2001),「高齢者雇用政策と労働需要」猪木 武徳・大竹 文雄『雇用政策の経済分析』,東京大学出版会
宮崎 直樹(2006),「トヨタ自動車における「60歳以降の働き方」-改正「高齢者雇用安定法」への対応」『季刊シニアプラン』,2(1)通号5,P.20~27
労働法令協会(2003),「継続雇用制度 厚生労働省研究会 当面は継続雇用制度で年金と接続-雇用確保のためには賃金・人事処遇」『賃金・労務通信』,56(24)(通号1789),P.2~14
労務行政研究所(1998),「定年後再雇用・勤務延長による嘱託社員の処遇」『労政時報』,第3369号,P.2~23
労務行政研究所(1999),「運用実績を誇る定年後の再雇用制度事例」『労政時報』,第3421号,P.49~68
労務行政研究所(2000),「特集 雇用延長 注目事例60歳超の雇用延長制度」『労政時報』,第3459号,P.2~31
労務行政研究所(2005),「特集 60歳超の雇用制度」『労政時報』,第3649号,P.2~63
労務行政研究所(2006),「オーエスジー-旧制度の運用、改正高齢法を踏まえて再雇用制度を65歳まで拡充、収入面にも配慮」『労政時報』,第3669号,P.90~99
労務行政研究所(2006),「高年齢者雇用の最新実態-改正高齢法への対応と高年齢者をめぐる賃金の取り扱いを徹底調査」『労政時報』,第3687号,P.2~45
労務行政研究所(2006),「改正高齢法施行後の60歳超雇用制度事例-5社にみる再雇用、定年延長制度の内容と運用状況」『労政時報』,第3687号,P.46~50
山本 明文(2006),「人材活用特集 高齢者雇用の可能性-人生経験の豊富さが売場で役立つ!」『商業会』,59(4)(通号727),P.82~101
有利 隆一(1999),「高齢雇用対策の影響-55歳から60歳への定年延長の効果-」『国民経済誌』,第180巻,第2号,P.47-63
OECD 清家 篤等(2005),『高齢社会日本の雇用政策』,明石書店


参考ウェブサイト
オーエスジー株式会社 会社概要
 http://www.osg.co.jp/company/company/index.html
会社情報 【関西ペイント】:会社概要
 http://www.kansai.co.jp/company/outline.html
会社情報 【関西ペイント】:経営方針
 http://www.kansai.co.jp/company/houshin.html
関西ペイント採用情報サイト2009
 http://www.kansai.co.jp/recruit/index.html
川崎重工グループ 企業情報
 http://www.khi.co.jp/overview/index.html
芝寿司 企業案内:会社概要
 http://www.shibazushi.jp/profile/index.html
芝寿司 企業案内:経営理念
 http://www.shibazushi.jp/profile/policy.html
トヨタ自動車:会社概要 アウトライン
 http://www.toyota.co.jp/jp/about_toyota/outline/index.html
トヨタの概況(2006) データでみる世界の中のトヨタ
 http://www.toyota.co.jp/jp/about_toyota/gaikyo/pdf2006/databook_2006.pdf
トヨタ自動車:環境への取り組み Sustainability Report 2007
http://www.toyota.co.jp/jp/environmental_rep/07/download/pdf/sustainability_report07.pdf
連結至畢業學校之論文網頁點我開啟連結
註: 此連結為研究生畢業學校所提供,不一定有電子全文可供下載,若連結有誤,請點選上方之〝勘誤回報〞功能,我們會盡快修正,謝謝!
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
系統版面圖檔 系統版面圖檔