跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(3.231.230.177) 您好!臺灣時間:2021/07/28 20:03
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

: 
twitterline
研究生:蔡晨曦
研究生(外文):TSAI CHEN-HSI
論文名稱:論輕小說之中的同性戀文學─以秋月皓為例─
論文名稱(外文):HOMOSEXUAL LITERATURE IN LIGHTNOVELS - take KOH-AKIZUKI for EXAMPLE
指導教授:橫路明夫橫路明夫引用關係
學位類別:碩士
校院名稱:輔仁大學
系所名稱:日本語文學系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2009
畢業學年度:97
語文別:日文
論文頁數:78
中文關鍵詞:輕小說YAOI少年愛BL秋月皓
外文關鍵詞:LightnovelYOIBLKoh-Akizukihomosexuality literature
相關次數:
  • 被引用被引用:2
  • 點閱點閱:1157
  • 評分評分:
  • 下載下載:276
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:5
近年來,隨著次文化的盛行,相關研究也隨之蓬勃發展。輕小說之中的同性戀文學也屬其中之一。這個以男性和男性的戀愛為主,被稱為「YAOI小說」或「BL小說」的小說種類受到廣大女性的支持,有著顯著的成長。由於創始期的此類小說多以少年為主角,因此本論文將此種小說統稱為「少年愛小說」。至今的相關研究多著重於少年愛嗜好的生成原因,本論文則縮小範圍至單一作家──秋月皓,探討她的特殊性以及她與讀者間共有的共同幻想。可分為三個時期的少年愛小說深受少女小說和少女漫畫影響,也承傳了性別問題。這也顯見於秋月的小說之中。再者,今日的少年愛小說主要訴求為性別問題的娛樂化,因而衍生出同性相戀的自然化與形式化等問題。對此,秋月在作品中加入了命運性,成功地在這個被認為已制式化的小說類型中孕育出新意,也因此至今仍為持著出道以來的高人氣。
Recently, because the subculture is in vogue, some relative researches flourish consequently. The Homosexuality Literature is one of the lightnovels. In general, this kind of novel, which targets to gay’s relationships, is called “YAOI or BL novel.” Moreover, these novels are supported by lots of female readers, therefore, growing into a big category in lightnovels. Young boys are main characters in the initiation of this kind of novel. As a result, “Boy’s Love Novel” is generally called in this thesis. Until now, most relative researches focus on reasons why young boys foster these habits. This thesis, however, narrows down to a single writer – Koh-Akizuki – to explore her uniqueness and the common fantasy she shares with her readers. Boy’s Love Novel can be classified into three periods of time. And Boy’s Love Novel deeply influenced by Girl’s Novel and Girl’s comic. It also bears gender issue which shows in Akizuki’s novels. Furthermore, boys’ love novels nowadays mainly appeal to the entertainment of gender issue, which contributes to the naturalization and formalization of same-sex’ falling in love. Akizuki adds destiny to her works, successfully generates some new ideas in this formalized kind of novel and also keeps her popularity since then.
序章
第一節 研究動機
第二節 先行研究
第三節 研究方法と研究範囲

第一章 ライトノベルにおける少年愛小説
第一節 少年愛小説の流れ
第二節 初期から現在に至る「秋月こお」

第二章 三シリーズから見る秋月こおの特異性
第一節 ジャンルから見る秋月こおの特異性
第二節 ディスコミュニケーションの問い直し

第三章 作品に潜むジェンダー
第一節 少年愛ものの源流をなす少女小説と少女マンガ
第二節 少年愛小説に潜むジェンダー

第四章 異様な世界観――共同幻想
第一節 共同幻想とは――吉本隆明、ベネディクト・アンダーソン
第二節 同性を求めることの自然化と運命性

終章

参考文献

付録
(1)単行本
1.E.W.Said『文化と帝国主義』 大橋洋一訳(東京:みすず書房、2001.7
2.上野千鶴子『発情装置』(東京:筑摩書房、1998.1)
3.小谷真理『女性状無意識―女性SF論序説』所収(東京:勁草社、1994.01)
4.榊原史保美『やおい幻論』(東京:夏目書房。1998.6)
5.杉浦由美子『腐女子化する世界――東池袋のオタク女子たち』(東京:中公新書ラクレ、2006.10)
6.永久保陽子『やおい小説論――女性のためのエロス表現』(東京:専修大学出版局、2005.3)
7.中島梓『コミュニケーション不全症候群』(東京:ちくま文庫、1995.12)
『美少年学入門』(東京:新書館、1978)
『タナトスの子供たち――過剰適応の生態学』(東京:筑摩書房、1998.10)
8.西村マリ『アニパロとヤオイ』(東京:太田出版、2002.1)
9.野火ノビタ『大人は判ってくれない』(東京:日本評論社、2003.10)
10.花丸編集部『ボーイズラブ小説の書き方』(東京:白泉社、2004.8)
11.東浩紀『動物化するポストモダン オタクから見た日本社会』(東京:講談社、2001.11)
12.藤本由香里『少女まんが魂―現在を映す少女まんが完全ガイド&インタービュー集』(東京:白泉社、2000.12)
13.ベネディクト・アンダーソン『増補 想像の共同体――ナショナリズムの起源と流行』(白石さや・白石隆訳 東京:NTT出版会社 1997.5)
14.水間碧『隠喩としての少年愛――女性の少年愛嗜好という現象』(東京:創元社 2005.2)
15.『ユリイカ臨時増刊 腐女子マンガ大系』(東京:青土社、2006.6)
16.『ユリイカ臨時増刊 BLスタディーズ』(東京:青土社、2006.12)
17.よしながふみ『よしながふみ対談集 あのひととここだけのおしゃべり』(東京:太田出版、2007.10)
18.吉本隆明『吉本隆明全著作集11』(東京:勁草書房、1972.9)

(2)論文
1.秋月高太郎「失われた『ためらい』―少女マンガヒロインの変遷」(『文学11、12月号 特集ステレオタイプ』 東京:岩波書店、2006)
2.岩井阿礼「性表現の主体としての女性――女性向け男性同性愛ファンタジーに見られる性役割葛藤と性役割多元化の試み」(『Sociology Today』五号 東京:お茶の水大学社会学研究会、1995)
3.木村涼子「少女小説の世界と女性性の構成」(花田達朗、吉見俊哉、コリン・スパークス編『カルチュラル・スタディーズとの対話』 東京:新曜社、1999.5)
4.曾琬鈴『川端康成 戦前長編少女小説の研究―「乙女の港」「花日記」「美しい旅」を中心に』(天主教輔仁大学日本語文学系研究所修士論文、2003.12)
5.玉川博章「現代における青少年向け書籍の発展―ヤングアダルト文庫出版史」(『出版研究35』東京:日本出版学会、2004)
6.溝口彰子「ホモフォビックなホモ、愛ゆえのレイプ、そしてクィアなレズビアン――最近のやおいテキストを分析する」(『クィア・ジャパンVol.2』 東京:勁草書房、2000.4)

▽テキスト
『富士見二丁目交響楽団』シリーズ第一部(いずれも角川書店)
 『寒冷前線コンダクター』(1994.3)
 『さまよえるバイオリニスト』(1994.7)
 『マンハッタン・ソナタ』(1995.1)
 『リサイタル狂騒曲』(1995.4)
 『未完成進行曲』(1996.1)
『真夏のボヘミヤン』シリーズ(いずれも集英社)
 『真夏のボヘミヤン』(2001.8)
 『真夏のボヘミヤン―それから』(2001.11)
 『真夏のボヘミヤン―いつまでも』(2002.3)
『王朝ロマンセ』シリーズ(いずれも徳間書店)
 『王朝春宵ロマンセ』(2002.6)
 『王朝夏曙ロマンセ』(2002.10)
 『王朝秋夜ロマンセ』(2003.2)
 『王朝冬陽ロマンセ』(2003.6)
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top