跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(44.192.247.184) 您好!臺灣時間:2023/02/06 17:27
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

: 
twitterline
研究生:陳佳歆
研究生(外文):Chia-Hsin Chen
論文名稱:由社會人士觀點看應用日語系課程實用性的調查研究~以商業知識類課程為中心
論文名稱(外文):An Investigation of the Practicality of Curriculum in the Department of Applied Japanese from the Viewpoint of Working People―Business Knowledge Course Curriculum Design―
指導教授:林長河林長河引用關係
指導教授(外文):Chang-He Lin
學位類別:碩士
校院名稱:銘傳大學
系所名稱:應用日語學系碩士班
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2009
畢業學年度:97
論文頁數:117
中文關鍵詞:商業知識課程商業理論知識商業實務知識應用日語系畢業生問卷調查
外文關鍵詞:business practice knowledgegraduates of Department of Applied Japanesequestionnairebusiness theory knowledgebusiness knowledge course
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:443
  • 評分評分:
  • 下載下載:63
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:2
本研究目的主要是在調查目前應用日語學系所開設的商業知識課程,是否符合學習者們的需求。商業知識課程依內容主要可分為理論與實務兩大類。以最早設立應日系的銘傳大學為例,用問卷調查的方式,針對目前在職場上工作的銘傳畢業生進行商業知識相關課程之滿意度及必要性等調查。其調查結果中顯示,目前銘傳大學所開設的商業知識課程中,滿意度最高的為「日本企業組織與管理」、「日本經貿現況與台日貿易」、「日文文書處理與網際網路」、「辦公室應用」等科目。希望能夠增加的科目則為「行銷管理」、「企業管理」、「日式工作禮儀」、「電子商務」等科目。此外,本研究中亦發現應日系畢業生多從事貿易相關產業,職務則以業務居多。不管是經貿組或教育組,皆有過半數的人希望能夠增加商業知識課程。而就比率上來說,則仍是希望日語專業課程能夠占五至八成,其次則是商業實務課程的二至五成及商業理論課程的一至四成。由此可看出絕大多數的銘傳畢業生認為日語能力仍然是最重要。因此,在設計應日系課程時,需慎重考慮日語及商業知識課程的比重,取其最大公約數的商業知識科目做增設,以防本末倒置的現象發生。本研究亦期能透過銘傳一例,做為日後應日系設計課程時的參考依據。
The main purpose of this research is to investigate the suitability of the business knowledge course in the Department of Applied Japanese to the learners’ needs, taking Ming Chuan University which founded the first Department of Applied Japanese as an example, in terms of the working graduates’ satisfaction with the business knowledge course. The results of this investigation have shown that the Ming Chuan graduates were most satisfied with the subjects of “Japanese Business Organization and Management”, “The Contemporary Japanese Economy and Japanese Trade with Taiwan”, “Japanese Word Processing and the Internet”, ”Office Application”, etc. In addition, the subjects that they would like to see added are “Marketing Management”, “Business Management”, “Japanese Working Manners”, ”Electronic Commerce“, and so on. The results have also shown that most Ming Chuan graduates work in the trade industry, and most of their jobs are in sales. No matter whether they studied in the business track or teaching track, most of them would like to increase business knowledge courses. The percentage of alumni suggesting increase for various courses is as follows: Japanese ability course (50~80%), business practice course (20~50%), and business theory course (10~40%). We can see most of the graduates still think Japanese ability is the most significant. Therefore, considering the percentage of Japanese and business knowledge courses carefully and choosing the subjects which are really required is very important for curriculum design. I hope this case study could help the Department of Applied Japanese in future curriculum design as a reference.
目   錄
中文摘要............................................................. ..I
英文摘要...............................................................II
日文摘要..............................................................III
誌謝.................................................................. IV
目錄................................................................... V
表目錄................................................................VII
圖目錄..................................................................X
第一章 序論............................................................1
 1-1 研究背景.........................................................1
 1-2 研究動機.........................................................2
 1-3 研究目的.........................................................3
 1-4 調査範囲及び研究制限.............................................5
 1-5 研究方法.........................................................7
 1-6 論文の構成.......................................................8
第二章 「ビジネス知識」課程の必要性.....................................9
2-1 先行研究............................................................9
2-2 キーワードの定義について...........................................13
2-2-1 「ビジネス日本語」の定義及び構造..................................13
2-2-2 応用日本語学系に求めるべきビジネス知識課程の理想像...............17
2-3 ビジネス日本語の位置付け...........................................18
2-4 各応用日本語学科の教育目標.........................................19
第三章 銘伝大学のカリキュラムにおけるビジネス課程について..............23
 3-1 銘伝大学のカリキュラムにおけるビジネス課程.......................23
 3-2 銘伝大学の各ビジネス類の科目に関する紹介.........................40
  3-2-1 銘伝におけるビジネス理論課程.................................40
  3-2-2 銘伝におけるビジネス実務課程.................................43
3-3 銘伝大学の教育目標に基づいたカリキュラム・デザイン.................47
第四章 銘伝大学の卒業生への調査........................................48
4-1 銘伝大学応用日本語学科の卒業生に対するアンケート調査...............48
4-1-1 アンケート調査の関連事項について.................................48
  4-1-2 アンケートの調査内容と結果...................................50
4-2 銘伝の応用日本語学科へのビジネス課程についての意見.................84
第五章 結論............................................................87
5-1 銘伝の卒業生へのアンケートのまとめ.................................87
5-2 アンケートにおける問題点及び提言...................................91
5-3 今後の課題.........................................................95
参考文献................................................................97
参考資料...............................................................100
付録一...................................................................i

表目錄
表1-1 応用日語学系と応用日語系の違い....................................1
表1-2 台湾における応用日本語学科を有する学校............................5
表2-2 各応用日本語学科の教育目標........................................19
表3-1 銘伝大学各年度ビジネス類に関する科目..............................23
表3-2 増加した科目と削減された科目の一覧................................39
表3-3 「日本企業組織與管理」授業の紹介..................................41
表3-4 「日本經貿現況與台日貿易の紹介」授業の紹介........................41
表3-5 「日本經濟」授業の紹介............................................42
表3-6 「日本金融概論」授業の紹介........................................42
表3-7 「多媒體應用」授業の紹介..........................................43
表3-8 「日文文書處理與網際網路」授業の紹介..............................44
表3-9 「國貿理論與實務」授業の紹介......................................45
表3-10 銘伝大学の教育目標...............................................47
表4-1 卒業生へのアンケート回収状況.....................................50
表4-2 Q1: 性別は何ですか................................................50
表4-3 Q2: 銘伝を卒業してどのくらい経ちましたか..........................51
表4-4 Q3: 銘伝での組は何ですか..........................................51
表4-5 Q4: 業種は何ですか................................................52
表4-6 Q5: 職務は何ですか................................................53
表4-7 Q6: 今の仕事に就いてどれくらいですか..............................55
表4-8 Q7: ビジネス理論課程を履修したことがありますか....................55
表4-9 Q8: 学校で勉強したビジネス理論課程は実際に仕事に応用することができます か.......................................................................57
表4-10 Q8-1: 応用できないと答えたその理由は何ですか.................... 58
表4-11 Q9: 今の仕事に役立つ銘伝のビジネス理論科目を選んでください.......59
表4-12 仕事に役立つビジネス理論科目の上位三位...........................60
表4-13 Q10: 自分のビジネス理論知識は十分だと思いますか..................60
表4-14 Q10-1: 最も欠けているビジネス理論知識は何だと思いますか..........61
表4-15 Q11: 今の仕事にはビジネス理論の知識が必要だと思いますか......,...61
表4-16 Q12: 銘伝で設けられたビジネス理論課程は今の仕事に役立ちますか....62
表4-17 Q13: 日本語専門課程以外に、ビジネス理論課程を履修すれば、将来の競争力のプラスになると思いますか.................................................63
表4-18 Q14: 銘伝応用日本語学科にはビジネス理論課程を設ける必要性があると思いますか.....................................................................64
表4-19 Q15: ビジネス実務課程を履修したことがありますか..................64
表4-20 Q16: 学校で勉強したビジネス実務課程は実際に仕事に応用することができますか.......................................................................65
表4-21 Q16-1: 応用できないとその答えた理由は何ですか....................66
表4-22 Q17: 今の仕事に役立つ銘伝のビジネス実務科目を選んでください......67
表4-23 仕事に役立つビジネス実務科目の上位三位...........................68
表4-24 Q18: 自分のビジネス実務知識は十分だと思いますか..................68
表4-25 Q18-1: 最も欠けているビジネス実務知識は何だと思いますか..........69
表4-26 Q19: 今の仕事にはビジネス実務の知識が必要だと思いますか..........69
表4-27 Q20: 銘伝で設けられたビジネス実務課程は今の仕事に役立ちますか
............................................................70
表4-28 Q21: 日本語専門課程以外に、ビジネス実務課程を履修すれば、将来の競争力のプラスになると思いますか.................................................71
表4-29 Q22: 銘伝応用日本語学科にはビジネス実務課程を設ける必要性があると思いますか.....................................................................71
表4-30 Q23: 会社で日本語の使用頻度はどうですか..........................72
表4-31 Q24: 日本交流協会が主催している「日本語能力試験」の何級を持っていますか.......................................................................73
表4-32 Q25: 今の会社に入る前に、或いは入った後で、日本語能力証明取得を指示されたことがありますか.......................................................74
表4-33 Q26: 日本語能力、ビジネス理論、ビジネス実務で仕事に重要なものは何だと思いますか.................................................................75
表4-34 Q27: 日本語専門課程、ビジネス理論課程、ビジネス実務課程における理想な比率配分はどのような配分だと思いますか.....................................77
表4-35 現在銘伝大学における日本語専門課程とビジネス理論と実務課程の比率分布.......................................................................79
表4-36 Q28: ビジネス理論及びビジネス実務課程は日本語の学習の妨げになったことがありますか...............................................................80
表4-37 Q29: 銘伝で設けられたビジネスに関する授業は授業全体の比率として十分だと思いますか...............................................................81
表4-38 Q30: 銘伝にビジネス理論かビジネス実務課程を増やして欲しいと思いますか.......................................................................81
表4-39 Q30-1: ビジネス理論課程方面で、どんな科目を増やして欲しいと思いますか.......................................................................82
表4-40 Q30-2: ビジネス実務課程方面で、どんな科目を増やして欲しいと思いますか.......................................................................83
表5-1 日本語ができる人材を求めている職種................................87
表5-2 銘伝における役立つと思われるビジネス理論科目......................88
表5-3 銘伝における役立つと思われるビジネス実務科目......................88
表5-4 銘伝に増やしてもらいたいビジネス理論科目の上位三位................89
表5-5 銘伝に増やしてもらいたいビジネス実務科目の上位三位................90
表5-6 現在高雄第一科技大学における日本語専門課程とビジネス理論と実務課程の比率分布.....................................................................94

圖目錄
図2-1 SWOT分析から見た応用日本語学科のビジネス業界における競争力.......................................................................12
図4-1 日本語専門課程とビジネス理論と実務課程の比率分布図................79
参考文献

日本語:(五十音順)
池田伸子(2001)『ビジネス日本語教育の研究』東京堂
石川清彦・池田万季(2004)「日系企業が期待する日本語能力」『いろは16期』
 財団法人交流協会日本語センター
上田和子など(2002)「専門日本語研修におけるコースデザインの検討―平成
  12年度研究者日本語研修を一例として―」『日本語国際センター紀要第12号』国際  交流基金日本語国際センター PP.51~69
王敏東など(2001)「就職市場における日本語能力の位置付け―台湾の場合―」
  『日本語教育研究 第41号』言語文化研究所 PP.99~113
河路由佳(1994)「中国・西安交通大学の科学技術日本語専門課程―その沿革
  とカリキュラム―」『日本語教育82号』日本語教育学会 PP.147~157
簡芳雄(2002)「新世紀台湾における職業教育の展望―これからの商業教育の
  あり方を中心に―」『蔡茂豊教授古稀記念論文集』東呉大学日本語文学系PP.25~43
木村宗男(1982)「日本語教育のカリキュラムについて」『講座日本語教育第
  18分冊』早稲田大学語学教育研究所 PP.67~77
邱芊芾(2005)「二技応用日本語学科におけるカリキュラムに関する研究―高
  雄第一科技大学を中心に―」高雄第一科技大学応用日本語学科修士卒業論  
  文
蔡茂豊(2001)「応用日本語学科のカリキュラムについて」『銘傳日本語教
  育 第4期』銘傳大学応用日本語学系 PP.2~21
蔡茂豊(2003)『台湾日本語教育の史的研究(下)―1945年∼2002年―』大新
  書局 P.141~157
蔡政奮(2004)「応用日語系のカリキュラムを考える―企業ニーズと実践面か
  らの検討」『東呉日語教育学報 27』東呉大学日本語文学系 PP.96~118
島田めぐみ・澁川晶(1998)「外国人ビジネス関係者の日本語使用:実態と企
  業からの要望」『日本語教育論集 世界の日本語教育 第8号』国際交流基金 日本  語国際センター PP.121~140
沈栄寛(2002)「専門分野の日本語教育―『商談日本語・中級から』を例とし
  て」『蔡茂豊教授古稀記念論文集』東呉大学日本語文学系 PP.159~169
谷部弘子(1999)「中国の大学における日本語教育の質的変化―言語教育と専
  門性」『日本語教育103号』日本語教育学会 PP.99~107
田中望(1988)『日本語教育の方法―コース・デザインの実際―』大修館
陳怡如(2004)『台湾の日本語学科におけるビジネス日本語教育の調査研究』
  銘傳大学応用日本語学科修士卒業論文
西尾桂子(1995)「ビジネス関係者への日本語教育―現状と展望―」『日本語教
  育86号別冊』日本語教育学会 PP.108~118
西尾節子(1999)「企業研修生の日本語教育実践報告」『日本語教育の交差点で
  ―今田滋子先生退官記念論文集―』渓水社 PP.215~222
横田淳子(1990)「専門教育とのつながりを重視する上級日本語教育の方法」
  『日本語教育71号』日本語教育学会 PP.120~133
林長河(1995)「専門日本語教育のシラバス・デザイン―「国貿日語」と「観
  光日語」を例に―」『国際化時代的日語教育 論文集』教育部・国家科学委員会な  ど出版 PP.22~48
林長河(1997)「専門分野を持つ大学日本語学科におけるカリキュラムの試み
  ―銘傳管理学院の「応用日語学系」を例に―」『銘傳学刊 第8期』PP125~159
林長河(1999)「専門日本語の学習意識と「シラバス転換」について」『銘傳日
  本語教育第2期』銘傳大学応用語文学院応用日語学系 PP.12~35
林長河(2002)「日本語学科のカリキュラムにおける専門化の試み「組み分け」
  をめぐって」『蔡茂豊教授古稀記念論文集』東呉大学日本語文学系PP.291~311
林長河(2003)「応用日本語学科の最終目標についての一考察―理想と現実を
  めぐって―」『銘傳日本語教育 第6期』銘傳大学応用日本語学科 PP.22~49
林長河(2005)「日本語学科カリキュラムの実用性についての一考察―修了生
  の追跡調査による」『台湾の高等教育における日本語教育研究―実用化と
  専門化を目指すコースデザインの試み』尚昂文化 PP.265~288
林長河(2005)「コース・デザインの観点から見た応用日本語学科の競争力」
  『台湾の高等教育における日本語教育研究―実用化と専門化を目指すコースデザイン  の試み』尚昂文化 PP.334~361
林長河・陳怡如(2005)「日本語学科におけるビジネス日本語教育の一考察―
  アンケート調査を中心に―」『銘傳日本語教育 第8期』銘傳大学応用日本語学科   PP.271~298
林長河(2007)「応用日本語学科のカリキュラムをめぐる諸問題―銘伝大学を
  例にー」『台湾日本語文学報22』台湾日本語文学会 PP.407~429
林長河(2007)「台湾における「応用日本語」教育の研究と実践―現状と展望
  『台湾日本語教育論文集11号』台湾日語教育学会 PP.25~51

中国語:(ㄅㄆㄇㄈ順)
林長河(2001)「從課程設計的觀點探討應日系的競爭力」『銘傳日本語教育 第4期』銘  傳大學應用日語學系 PP.23~50
林長河(2001)「應日系實施專業分組之探討」銘傳大學應用日語學系學術研討
  會 PP.1~6
林長河 (2005) 「應用日語系競爭力的再探討—課程的基本與特色」彰化中州技術學院應  用外語教學特色發展暨學術論文發表研討會 PP.1~12
李天軼(2002)「應用日語(學)系經貿類課程的選擇與組織—知識結構的觀點」
  『「日語系教學問題之探討」研討會論文集』銘傳大學應用日語學系PP.113~135
錢富美(2002)「國小教師參與學校本位課程發展具備之專業知能及其影響因素之
  研究」國立台中師範學院國民教育研究所碩士畢業論文
黃慕蘋(2004)「應用日語科系畢業生職場工作表現調查與該科系課程規劃之檢
  討」國立台灣科技大學技術及職業教育研究所碩士畢業論文


参考資料

辞書:(年代順)
金田一春彦・池田弥三郎(1978)『学研国語大辞典』学習研究社
『漢語大詞典(第二卷)』 (1988) 漢語大詞典出版社
“LONGMAN DICTIONARY OF CONTEMPORARY ENGLISH” (1998)
山田忠雄・金田一京助等(1998)『新明解国語辞典 第五版』三省堂
『広辞苑 第五版』(1998)岩波書店
 
インターネット:
(画数順)
104 人力銀行
http://www.104.com.tw/
1111 人力銀行
http://www.1111.com.tw/home.asp
中華民國外交部網站
http://210.69.210.5/webapp/lp.asp?CtNode=1269&CtUnit=284&BaseDSD=7&mp=1
卓越雜誌
http://www.ecf.com.tw/Search_detail.php?om_id=168
聯合新聞網
http://udn.com/NEWS/NATIONAL/NATS1/4654049.shtml

(設立年度による順序)
銘傳大學
http://www.mcu.edu.tw/department/app-lang/Japan/JD/Chinese/Menu.htm
真理大學
http://ch02.wwwts.au.edu.tw/front/bin/home.phtml
育達商業技術學院
http://w3.ydu.edu.tw/jap/introduce.asp
景文科技大學
http://www.just.edu.tw/%7Eappjadep/top_ch.htm
致理技術學院
http://jp100.chihlee.edu.tw/front/bin/ptlist.phtml?Category=2
開南大學
http://aj.knu.edu.tw/html/navi_01_info.htm#info_02
大葉大學
http://www.dyu.edu.tw/~dj5220/chinese/department/c-department02-1.html
明道大學
http://www.mdu.edu.tw/%7Edaj/
台中技術學院
http://adm.ntit.edu.tw/jl/news.htm
修平技術學院
http://www.aj.hit.edu.tw/intro.html
高雄第一科技大學
http://www.jp.nkfust.edu.tw
南台科技大學
http://www4.stut.edu.tw/japan/chinese/department.htm
致遠管理學院
http://www.dwu.edu.tw/~japanese/japanese95/index-2.htm
立德大學
http://www.jap.leader.edu.tw/index.asp
興國管理學院
http://dept.hku.edu.tw/jap/index.asp
長榮大學
http://www.cjcu.edu.tw/h-japanese/html/all.html
義守大學
http://www.aj.isu.edu.tw/interface/overview.php?dept_mno=84203
南榮技術學院
http://www.njtc.edu.tw/njlj/
國立屏東商業技術學院
http://www.npic.edu.tw/~daj/cht/index.htm
吳鳳技術學院
http://www.wfc.edu.tw/DAJ/about.htm
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top