跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(44.212.99.248) 您好!臺灣時間:2023/01/28 10:49
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

: 
twitterline
研究生:林秉敏
研究生(外文):Ping-Min Lin
論文名稱:台灣各大學日文系聽力相關課程之探討
論文名稱(外文):A Study on Listening Curriculum in Departments of Japanese in Universities in Taiwan
指導教授:葉淑華葉淑華引用關係
指導教授(外文):Shu-hua Yeh
學位類別:碩士
校院名稱:國立高雄第一科技大學
系所名稱:應用日語所
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2009
畢業學年度:97
語文別:日文
論文頁數:110
中文關鍵詞:聽力教育
外文關鍵詞:listening education
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:469
  • 評分評分:
  • 下載下載:90
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:2
學習語言最終目的在於溝通,而其不可或缺的首要條件則是聽力。根據研究指出在國內學習日語時,聽力的提升被認為是最困難的項目之一。因此,本論文以現階段國內各大學日語系聽力課程與教學方法及使用教材為重點進行分析與探討。
本論文之研究範圍與對象是以2008年(民國96學年度)各大學日語系之聽力教育為主,計普通大學25所,技職大學16所(以四技為主),合計41所大學為研究對象,共計5章。第一章序論旨在闡述本論文的研究動機與目的,以及研究範圍與方法。第二章主要針對聽力與聽力教育做一論述。第三章將各大學課程表中聽力相關課程中科目之設定、授課時數、授課年級,以及聽力之教學方式,使用教材之現況資料彙整。第四章結果分析,根據第三章所統整之資料對課程表、教學方式、使用教材3項課題進行歸納與分析。第五章結論,找出目前聽力教育之問題點同時提出建言。
The ultimate purpose of learning a language is to use it to communicate, and listening skills are the key to effect communication. Studies show that for Japanese learners in Taiwan, listening proficiency is one of the most difficult skills to improve. This research probes into the teaching methods and materials being currently used in the listening courses in the departments of Japanese language studies in universities in Taiwan.
The research focuses on the listening courses provided in 2008 in the departments of Japanese in forty-one universities in Taiwan, including twenty-five general universities and sixteen technological and vocational universities (most of which are four-year colleges). The thesis comprises five chapters. The first chapter describes the motives and purposes of the research, research scope and methods used. The second chapter summarizes current listening and listening education. The third chapter is a compilation of information on the current curriculum design, course hours taught, year taught, and methods and materials used in listening courses. The fourth chapter, based on the information complied in Chapter Three, presents the findings of the analysis of the curriculum, teaching methods, and teaching materials. The fifth chapter presents the conclusion, reviews problems found in current listening education and provides suggestions.
目次
摘要------------------------------------------------------- i
ABSTRACT---------------------------------------------------ii
要旨------------------------------------------------------iii
謝辞-------------------------------------------------------iv
目次--------------------------------------------------------v
表目次----------------------------------------------------vii

第一章 序論----------------------------------------------- 1
 1-1 研究動機と目的-------------------------------------- 1
1-2 研究範囲と方法-------------------------------------- 2
1-3 先行研究-------------------------------------------- 3
 
第二章  聴解と聴解教育------------------------------------- 6
2-1 聴解とは-------------------------------------------- 6
 2-1-1 能動的な聴解------------------------------------ 6
 2-1-2 心理的な聴解------------------------------------ 7
 2-2 聴解教育とは---------------------------------------- 8
  2-2-1 特性--------------------------------------------10
  2-2-2 位置づけ----------------------------------------11
  2-2-3 教授法------------------------------------------13
2-2-4 教材・教具--------------------------------------17

第三章  聴解教育の現状-------------------------------------22
 3-1 一般教育体系と技職教育体系--------------------------22
3-2 一般大学--------------------------------------------27
3-2-1 カリキュラム------------------------------------27
3-2-2 教授法------------------------------------------38
3-2-3 教材・教具--------------------------------------48
3-3 技職大学--------------------------------------------66
3-3-1 カリキュラム------------------------------------66
3-3-2 教授法------------------------------------------75
3-3-3 教材・教具--------------------------------------82

第四章 まとめと考察---------------------------------------97
4-1 カリキュラム----------------------------------------97
 4-2 教授法----------------------------------------------98
 4-3 教材・教具------------------------------------------99

第五章 結論と今後の課題----------------------------------102

参考文献--------------------------------------------------104
参考文献(五十音順)
青山一太郎(1988)「教科書には何が必要」アルク『月刊日本語』創刊号
鮎澤孝子(1988)「「話し言葉の特徴」--聴解指導のために--」『日本
語教育』64:1-12
    (2001)「口頭表現能力育成のためのカリキュラム」21世紀の
日本研究国際会議論文集p61-70
有馬淳一・島田徳子(2000)「意味のある学習環境の設計を目指したコース
デザイン」2000年度埼玉県JET青年日本語研修での実践87-105
伊藤芳照(1982)「初級カリキュラムと教授法」『日本語教育』46:1-10
石田敏子(1986)「英語・中国語・韓国語圏別日本語力の分析」『日本語教
育』58:162-194
    (1988)『新しい外国語教育』アルクp125
    (1995)『改訂新版日本語教授法』大修館
市川智子(1991)「上級聴解クラスにおけるテレビ報道番組ビデオの利用
-米国国務省日本語研修所の場合」『日本語教育』73号p127-139日本
語教育学会
市嶋典子(2005)「聴解活動における協働-語彙の拡大の視点から-」早稲
田大学『日本語教育実践研究』3:217-223
猪狩美保(1998)「オーラル・テストに見られるコミュニケーション・ス
トラテジーに関する一考察」『金沢大学留学生センター紀要』5:5-14
    (1999)「初級日本語学習者の「聞き返し」のストラテジー-初
級日本語教科書との関連から-」『横浜国立大学留学生センター紀要』
6:15-25
尹松(2002)「パターン学習は理解を促進させるか-ラジオニュースの聴
解の場合」『日本語教育』112:35-44
  (2002)「第二言語・外国語教育における聴解指導法研究の動向」『言語
文化と日本語教育』第5号特集号pp.279-288
石井佐智子(2006)「場所を表わす助詞「ニ」と「デ」-認知言語学の
日本語教材への援用-」科学研究費補助金研究『認知言語学的観点を生かした日本語教授法・教材開発研究∼1年次報告書∼』1:47-50
伊能裕晃(2005)「話す聴解、書く聴解-聴解教育実践研究に参加して-」
『日本語教育実践研究』早稲田大学3:193-199
梅村修(2003)「日本語の聴解指導-聞き取りを容易にする”知識“とは何
か-」帝京大学文学部紀要教育学28:117-143
遠藤ゆう子(2005)「聴解授業におけるアウトプットのあり方―学習者同
士が人的リソースとなって-」『日本語教育実践研究』早稲田大学3:
201-208
岡秀夫監訳(1999)『外国語教育学大辞典』p.424
岡崎眸(1988)「第二言語習得の促進を目指す聴解指導-Comprehensible
Input の場合-」『日本語教育』64:86-98
岡崎眸・岡崎敏雄(2001)『日本語教育における学習の分析とデザイン-
言語習得課程の視点から見た日本語教育』凡人社
小川芳男・林 大・他『日本語教育事典』日本語教育学会編p673
川口義一(1984)「発音と聴解の指導-上級レベルでの問題点」『講座日本
語教育』20: 37-47
    (2003)「初中級レベルの聴解指導-聴解3Eの場合-」『講座日本
語教育』37:45-61
川口義一,小宮千鶴子,守屋三千代,新屋映子,熊井浩子(1991)『日本語を
教える②日本語教育チェックブック-ポイントをおさえる教え方-』
バベル・プレス(株)
川口義一・横溝紳一郎(2005)『成長する教師のための日本語教育ガイド
ブック』ひつじ書房
川本喬(1978)「オーディオ・リンガル方式と認知学習方式」『講座日本語
教育』14分冊:10-23
河内千春(1996)「上級聴解クラスの発展法」『講座日本語教育』31:132-138
河内山晶子(1999)「聴解ストラテジーの意識的使用による効果-学力差
要因とL1-L2転移要因を中心に-」『横浜国立大学留学生センター紀
要』6:26-37
河原崎幹夫(1997)「日本語教科書」『日本語教育』94:115-122
何焚(1965)『視聽教育』台中師範專科學校
金庭久美子(2005)「日本語教育における聴解教育の変遷と展望」『横浜
国立大学留学生センター紀要』12:3-16
木村宗男(1970)「日本語教授法の問題-聴解指導をめぐって」『講座日本
語教育』5:58-71
    (1970)「聴解教育の方法について(1)」『日本語教育』15:47-53
    (1982)『日本語教授法-研究と実践-』凡人社p127
    (1990)『日本語教授法』桜楓社
    (1996)『教授法入門』国際交流基金 凡人社
金田一春彦(1993)『日本語-新版(上)』岩波新書p133-153
高見澤孟(1989)『新しい外国語教授法と日本語教育』アルク
黄淑燕(2002)「目標とそれを達成するためのカリキュラム・デザイン」
東海大学日本語文学系国際学習研討会―大学教育目標與日語教育論
文集p1-12
小森和子(2005)「第二言語としての日本語の文章理解における第一言語
の単語認知処理方略の転移-視覚入力と聴覚入力の相異を中心に-」
『横浜国立大学留学生センター紀要』12:17-39
呉恵如(2006)「生教材「NHKニュース特報」による聴解力養成の試み」銘
伝日本語教育第9期応用文学院応用日語学系出版pp.162-181
佐藤洋子(1982)「早稲田大学の初級カリキュラムとその教授法」『日本語
教育』46:43-46
蔡茂豊(1985)「台湾における日本語教育」『日本語学』1985年7月号明治書
院p73‐84
   (2003)『台湾における日本語教育の史的研究(上・下)1895年∼
2002年』p125-141
   (2005)「台湾における日本語教授法-戦後を中心に-」『日語教学国
際会議論文集』p1-8
坂本恵(1990)「聞き取りのメカニズム-中級聴解練習のためのラジオ番組
利用について-」『講座日本語教育』25:63-75
謝逸朗(2006)「日本語教育現場に見られる音声面の諸問題-台湾人日
本語学習者を中心に-」『日本言語文芸研究』7:101-114
鍾芳珍(1982)「ラジオ日本語講座における実際の授業に当たっての問題
点」『東呉日本語教育』7号
   (1995)「大学日本語学科の日本語教育について‐先行研究との比
較」『東呉日本語教育』18期東呉大学日本語文学系p47-74
   (2002)「マスメディアによる聴解力の指導法-上級聴解授業を中心
に-」『2002日語教学国際会議論文集』東呉大学p1-21
塩入すみ(2002)「多文化教育カリキュラム理論の基礎」『蔡茂豊教授古稀
記念論文集』p101-122
戸田昌幸(1980)「台湾の日本語教育事情」『日本語教育』41:101-120
島田めぐみ(2006)「日本語聴解テストにおいて難易度に影響を与える
要因」『日本語教育』129:1-9
沈亦珍(1957)『視聽教育的理論與實際』復興書局
スワン彰子(1988)「聴解力について」『講座日本語教育』24:116-129
竹内理(2000)『認知的アプローチによる外国語教育』松柏社
太田亨(2003)「「講義の聴解」の目指す理解促進のための基本目標と授
業活動について」『金沢大学留学生センター紀要』6:1-12
陳淑英(1986)『視聽媒體與方法在教學上應用之研究』文景書局
陳玉欣.于富雲(2007)「虛擬實境: 輔助情境外語學習之科技」『視聽教
育雙周刊』48卷 6:15-23
陳麗貞.林真真(2007)「初級日語聽力測驗之初探-以第二外語習得為
研究案例-」『銘傳日本語教育』10:90-105
天沼寧、伊藤芳照、岡崎敏雄、岡崎眸など(1989)『日本語教育入門用語
集』アルク
當作靖彦(1988)「聴解能力開発の方法と教材-聴解のプロセスを考慮し
た練習-」『日本語教育』64:59-73
土岐哲(1988)「聞き取り基本練習の範囲」『日本語教育』64:27-43
門田修平(2002)『英語の聴きことばと話しことばは以下に関係している
カー第二言語理解の認知メカニズム』くろしお出版
東海大学留学生教育センター(2005)『日本語教育法概論』東海大学出版
  会
中野照海(1988)「視聴覚教育の課題」『視聴覚教育の理論と研究』日本放
送教育協会
中森昌昭(1998)「オーディオリンガル・メソッド」『日本語教授法ワーク
ショップ』凡人社
中込明子(2002)「聴解クラスにおける「ニュースの紹介」について」『講
座日本語教育』36:116-129
野田尚史・編(2005)『コミュニケーションのための日本語教育法』くろ
しおp127-146
堀口純子(1988)「コミュニケーションにおける聞き手の言語行動」『日
本語教育』64:13-26
林 大(1998)『日本語教育ハンドブック』日本語教育学会 大修館
峯 布由紀(1995)「日本語学習者の会話における文末表現の習得過程に
関する研究」『日本語教育』86:65-80
葉淑華(1996)「視聴覚的方法による教授法をめぐって」中興大学『文史
学報』26:175-194
   (2001)『日語教育中視聴媒体理論研究及実証探討』東呉大学日本
語文学系博士論文
   (2005)「探討聽力學習的問題點-以單字實証研究為例」『高科大應
用日語學報』3:77-93
   (2006)「聽講課程中DLL應用的探討」空大『人文學報』15:295-317
   (2008a)「日本語教育への教育メディア活用」2008外国語文教学研
討会会議手冊論文集p1-13
   (2008b)「台湾における第二外国語としての日本語教育を考察す
る」2008応用日語国際学術研討会発表論文p67
浜田麻里(2006)「学習環境と日本語学習支援」『2006年度日本語教育学会
第4 回研究集会報告書』p1-10
平井明代(2001)「読みの技能と他の言語技能はいかにに関係しているか
-リスニングの関係:視覚・聴覚入力の統合-」門田修平・野呂忠司
(共編)『英語リーデイングの認知メカニズム』p197-208、くろしお
出版
三国純子・小森和子・近藤安月子(2005)「聴解における語彙知識の量
的側面が内容理解に及ぼす影響-読解との比較から-」『日本語教育』
125:76-85
村井万里子(2006)「国語・日本語教育基礎論研究」渓水社p178-179
森 山 新(2004)「多様化する学習環境とこれからの日本語教育―コミュ
ニケーション能力の習得をめざして―」『2004 年度日本語教育学会
秋季大会シンポジウム予稿集』p21
森澤小百合(2004)「聴解教育における教師の支援のあり方についてー
スキャフォールディングの観点から」早稲田大学『日本語教育実践
研究』創刊号:189-196
山中都(2005)「「学び」を促す教師の関わりについて-聴解授業における
教師の発話分析から-」『日本語教育実践研究』3:209-215
山下明照(2007)「日本語学と日本語教育学-社会言語学と認知言語学的研
究-」『日本語文-日語教育国際学術検討会会議手冊』p92-103
    (2007)「日本語学と日本語教育学-社会言語学と認知言語学的
研究-」2007年度日本語文・日語教育国際学術研討会会議手引きp92
‐103
林文賢(1989)「PROLOGにより初級日本語データペース」『東呉日本語教育』
12号
林長河(2002)「台湾の日本語教材事情についての一考察―多様化した日
本語教育の観点から」『銘傳日本語教育』5:15-34
    (2005)「台湾における日本語教育の課題と展望-高教司所属の高
等教育機関を中心に-」『台湾日本語教育論文集』9:221-250
   (2007)「応用日本語学科のカリキュラムをめぐる諸問題-銘伝
大学を例に-」『台湾日本語学報』22:406-428
于乃明(2002)「日本語教育以外に何を教えるべきかー政治大学日文系
の新カリキュラム検討の過程で」東海大学日本語文学系国際学シュ
ツ研討会―大学教育目標與日語教育論文集p1-12
横山紀子(2007)「非母語話者教師の目標言語学習が学習観に及ぼす影
響-再教育における聴解学習に関する実証的研究」『日本語教育』
132:98-117

英語文献(アルファベット順)
Anderson, A. and T. Lynch (1988) Listening. New York: Oxford
University Press
Bower, G.H. and R.K. Cirilo (1985) Cognitive Psychology and Text
Processing. In T.A. van Dijk (ed.) Handbook of Discourse
Analysis, Vo l. 1,p 71-105. New York : Academic Press.
Canale, M(1984)Considerations in the Testing of Reading and
Listening Proficiency, Foreign Language Annals,17,p349-357
Hirai,A.(1999)The relationship Between Listening and Reading Rates
of Japanese EFL Learners, Modern Language Journal, 83:367-384
Levelt, W.J.M(1993)The Architecture of Normal Spoken Language Use,
in G. Blanken, et al.(eds.)Linguistic Disorders and
Pathologies: An International Handbook,p1-15,de Gruyter.
Rixon , S. (1981) The Design of Materials to Foster Particular
Listening Skills. The Teaching of Listening Comprehension. ELT
Documents 121. 68-106.
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top