(3.237.97.64) 您好!臺灣時間:2021/03/03 00:59
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:葉憶瑾
研究生(外文):Yi-chin Yeh
論文名稱:時間性を表す表現-「イキナリ」「キュウ(ニ)」「スグ(ニ)」「タチマチ」「トツゼン」「フイ(ニ)」についての考察
論文名稱(外文):analysis of adverbs with time at 「ikinari」「kyuu(ni)」「sugu(ni)」「tachimachi」「totsuzen」「fui(ni)」
指導教授:王淑琴王淑琴引用關係
學位類別:碩士
校院名稱:東吳大學
系所名稱:日本語文學系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2009
畢業學年度:97
論文頁數:96
中文關鍵詞:統語的特徵共起的動詞種類事態描寫的角度
外文關鍵詞:kinds of collocating verbsangle of situation descriptionsyntactical features
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:162
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:2
日語中,有關於時間性的副詞-「イキナリ」「キュウ(ニ)」「スグ(ニ)」「タチマチ」「トツゼン」「フイ(ニ)」等常常被使用在句子中。可是,日語的學習者在寫作文的時候或是在平常的日語對話中,有時候易混淆這幾個副詞的用法。從國廣(1982)、飛田(1994)、森田(1989)等等的先行研究中,可以知道這六個副詞之間互相有類義關係。也就是說這幾個副詞在意思上有重疊的部分。因此,本論文透過電子版「每日新聞」和「新潮文庫100冊」的資料來進行對於這六個副詞的考察。藉由考察來了解這六個字各自的統語的特徵、使用狀態以及在使用上是否有限制等等。
本論文共分為五章。第一章是序論,主要闡明研究動機及目的、例文收集方法、研究對象、研究方法等。第二章,首先說明「イキナリ」「キュウ(ニ)」「スグ(ニ)」「タチマチ」「トツゼン」「フイ(ニ)」在意思上的共通性,並且整理這六個副詞的相關先行研究後,筆者提出在先行研究中所看到有所矛盾的地方。第三章則是考察這六個副詞各自的統語的特徵。第四章是在分析容易和這六個副詞一起共起的動詞種類以及這六個副詞和「法性」之間的共起關係,還有探討事態描寫的角度等。第五章結論部分,將上述第三章與第四章考察的結果加以彙整並解決先行研究的矛盾處,最後則提出今後研究的方向與課題。
Adverbs which concern with time like “ikinari” “kyuu (ni)” “sugu (ni)” “tachimachi” “totsuzen” “hui (ni)” are frequently used in Japanese sentences. But, it confuses Japanese language learners with how to distinguish these adverbs definitely, whatever in Japanese composition or conversations. From the research of Kunihiro(1982),Tobita(1994),Morita(1989), we can comprehend that these six adverbs are mutually synonymous. In other words, part of these adverbs is overlapped. Therefore, this paper use electronic version of “mainitisinnbun” and “sintyoubunko 100satu” to figure out the differences of these six adverbs. Accrediting to the analysis, we can understand syntactical features, situations, and restriction of these six adverbs.
This paper includes five chapters. Chapter one indicates motivation, purpose, method, and structure of this paper. Chapter two indicates the similarity of “ikinari” “kyuu (ni)” “sugu (ni)” “tachimachi” “totsuzen” “hui (ni)” and picks out paradoxes in previous research. Chapter three presents syntactical features of these six adverbs. Chapter four presents what kinds of verbs and modality are easy to collocate with these six adverbs and explains angle of situation description. Chapter five presents summarization of chapter three and chapter four, solution to paradoxes in previous research, and the directions for the future research.
第一章 序論...............................................1
1.1研究動機と目的.......................................1
 1.2データ収集方法と研究対象.............................3
 1.3研究方法とその視点...................................4
 1.4本論文の構成.........................................6

第二章 先行研究と問題提起.................................7
2.1意味的な共通性の説明.................................7
2.2問題提起............................................10

第三章 それぞれの表現の各用法............................14
3.1「イキナリ」について..................................16
3.1.1毎日新聞における用例............................16
3.1.2新潮文庫100冊における用例............. .........19
3.1.3まとめ..........................................20
 3.2「キュウ(ニ)」について....................... .......20
3.2.1毎日新聞における用例............................20
3.2.2新潮文庫100冊における用例.............. ........23
3.2.3まとめ..........................................25
3.3「スグ(ニ)」について........................ ........26
3.3.1毎日新聞における用例............................26
3.3.2新潮文庫100冊における用例................. .....29
3.3.3まとめ..........................................31
3.4「タチマチ」について............................ .....32
3.4.1毎日新聞における用例............................32
3.4.2新潮文庫100冊における用例................. .....33
3.4.3まとめ..........................................35
3.5「トツゼン」について............................. ....35
3.5.1毎日新聞における用例............................35
3.5.2新潮文庫100冊における用例.................. ....37
3.5.3まとめ..................................... .....39
3.6「フイ(ニ)」について........................... .....40
3.6.1毎日新聞における用例............................40
3.6.2新潮文庫100冊における用例.................. ....42
3.6.3まとめ..........................................45
3.7まとめ.......................................... ....46

第四章 共起現象についての考察............................51
4.1共起しやすい動詞について............................51
4.1.1「イキナリ」.....................................53
4.1.2「キュウ(ニ)」..................................57
4.1.3「スグ(ニ)」....................................60
4.1.4「タチマチ」.....................................63
4.1.5「トツゼン」.......................................66
4.1.6「フイ(ニ)」....................................69
4.1.7まとめ..........................................72
4.2事態描写の視点について..............................73
4.2.1「自者の角度」から述べる場合.....................74
4.2.2「他者の角度」から述べる場合.....................77
4.2.3まとめ..........................................81
4.3モダリティとの共起関係について......................82
4.3.1「情意表出型」のモダリティ.......................82
4.3.2「訴え型」のモダリティ...........................83
4.3.3価値判断のモダリティ............................83
4.3.4まとめ..........................................84

第五章 結論..............................................85
5.1まとめ..............................................85
5.2先行研究の問題点の解決..............................89
5.3今後の課題..........................................90














表と図の目次
表1 2004と2005年毎日新聞において「イキナリ」と共起する動詞....................................................5
表2 分類語彙表においてこの六つの語の分類................10
表3 先行研究と筆者の考察による六つの語の用いられる用法..15
表4 毎日新聞で使用される「イキナリ」のそれぞれの用法の用例数と使用率..........................................18
表5 新潮文庫100冊で使用される「イキナリ」のそれぞれの用法の用例数と使用率....................................20
表6 毎日新聞で使用される「キュウ」のそれぞれの用法の用例数と使用率............................................23
表7 新潮文庫100冊で使用される「キュウ」のそれぞれの用法の用例数と使用率......................................25
表8 毎日新聞で使用される「スグ」のそれぞれの用法の用例数と使用率..............................................29
表9 新潮文庫100冊で使用される「スグ」のそれぞれの用法の用例数と使用率........................................31
表10 毎日新聞で使用される「タチマチ」のそれぞれの用法の用例数と使用率..........................................33
表11 新潮文庫100冊で使用される「タチマチ」のそれぞれの用法の用例数と使用率....................................34
表12 毎日新聞で使用される「トツゼン」のそれぞれの用法の用例数と使用率..........................................37
表13 新潮文庫100冊で使用される「トツゼン」のそれぞれの用法の用例数と使用率....................................39
表14 毎日新聞で使用される「フイ」のそれぞれの用法の用例数と使用率..............................................42
表15 新潮文庫100冊で使用される「フイ」のそれぞれの用法の用例数と使用率.......................................45
表16 毎日新聞においてこの六つの語のそれぞれの用法の使用率.................................................46
表17 新潮文庫100冊においてこの六つの語のそれぞれの用法の使用率................................................47
表18 毎日新聞において「イキナリ」と共起する動詞.........54
表19 新潮文庫100冊において「イキナリ」と共起する動詞...54
表20 毎日新聞において「キュウ(ニ)」と共起する動詞......57
表21 新潮文庫100冊において「キュウ(ニ)」と共起する動詞....57
表22 毎日新聞において「スグ(ニ)」と共起する動詞........60
表23 新潮文庫100冊において「スグ(ニ)」と共起する動詞....60
表24 毎日新聞において「タチマチ」と共起する動詞.........63
表25 新潮文庫100冊において「タチマチ」と共起する動詞.....63
表26 毎日新聞において「トツゼン」と共起する動詞.........66
表27 新潮文庫100冊において「トツゼン」と共起する動詞......66
表28 毎日新聞において「フイ(ニ)」と共起する動詞..........69
表29 新潮文庫100冊において「フイ(ニ)」と共起する動詞.....69
表30 六つの語の述語修飾用法の表現形式...................85
表31 六つの語の名詞修飾用法の表現形式...................86
表32 六つの語の名詞用法の表現形式.......................86
表33 六つの語と共起する動詞の種類.......................87
表34 「自者」と「他者」の角度から見た六つの語と共起する動詞....................................................88
表35 六つの語とモダリティとの共起関係...................89
図1 六つの語の意味関係............................... ....9
I.論文•専門書
池上嘉彦(1975)『意味論』 大修館書店
茨木伸介(2002)「「いきなり」の用法」『同志社大学 同志社国文学 
54』39-3 論説資料保存会 p273-p276
加藤恵梨(2004)「「かなしい」と「さびしい」の意味分析」『日本語
教育』121号 日本語教育学会 p56-p65
金田一春彦(2004)『金田一著作集 第三巻』 玉川大学出版部
国広哲弥(1967)『構造的意味論-日英両語対照研究-』 三省堂
国広哲弥(1982)『意味論の方法』 大修館書店
国広哲弥(編)(1982)『ことばの意味3 辞書に書いてないこと』 
平凡社   p146-161
小池生夫他(編)(2003)『応用言語学事典』 研究社
小泉保(1993)『日本語教師のための言語学入門』 大修館書店 
江雯薫(2006)「副詞として機能する時間名詞に関する一考察-「ト
ツゼン」と「フイニ」の異同性を中心に-」『台大日本語文創新
国際学術研討会論文集』 立昌出版社 p127-p138
国立国語研究所(1965)『類義語の研究』 秀英出版
国立国語研究所(1990)『日本語教育指導参考書19 副詞の意味と
用法』 大蔵省印刷局
国立国語研究所(編)(2004)『分類語彙表』増補改訂版 大日本図
書出版  p63、p150、p153
小矢野哲夫(1982)「副詞の意味記述について -方法と実際-」『日
本語•日本文化11』19-4 論説資料保存会 P156-P167
蔡茂豊(2000)『現代日語文的口語文法』19版 大新書局
佐々木瑞枝(監修)(2002)『表現を豊かにする副詞 英語訳つき』 株
式会社アルク
佐治圭三(1992)『外国人は間違えやすい日本語の表現の研究』 ひ
つじ書房
佐治圭三(1998)「類似表現研究の一例 -「急に」「突然」「いきなり」
など-」『京都外国語大学 無差5』35-3 論説資料保存会
p62-P69
高橋圭介(2003)「類義語「しる」と「わかる」の意味分析」『日本
語教育』119号 日本語教育学会  p31-p40
高橋圭介(2004)「類義語「普通」と「一般」の意味分析」『日本語
教育』122号 日本語教育学会  p22-p31
武内道子(編)(2005)『副詞的表現をめぐって -対照研究-』 ひ
つじ書房
寺村秀夫(1991)『日本語のシンタクスと意味 第Ⅲ巻』 くろしお出版
寺村秀夫(1992)『寺村論文集Ⅰ -日本語文法編-』 くろしお出

中右実(1979)「モダリティと命題」『英語と日本語と 林栄一教授還暦記念論文集』 くろしお出版 p223-p250 
中右実(1980)「文副詞の比較」『日英語比較講座 第二巻 文法』 大修館書店 p157-p219
長田久男(1980)「連用副詞の意義記述」『国語教育研究26(上)』
17-4 論説資料保存会 p125-p129
仁田義雄(1988)「意志動詞と無意志動詞」『月刊言語』17巻5号 大修館 P34-37
仁田義雄(1983)「動詞に係る副詞的修飾成分の諸相」『日本語学』
10月号 明治書院 P18-29
仁田義雄•益岡隆志(1989)『日本語のモダリティ』 くろしお出版
仁田義雄(1991)『日本語のモダリティと人称』 ひつじ書房
仁田義雄(2002)『副詞的表現の諸相』 くろしお出版
仁田義雄(2002)『辞書には書かれていないことばの話』 岩波書店
日本語教育 誤用例研究会(1997)『類似表現の使い分けと指導法』 
株式会社アルク
前田昭彦(2001)「類義表現の意味論的分析 -「そば」と「近く」
-」『長崎大学留学生センター紀要 第9号』39-3 論説資料保
存会 p63-p79
益岡隆志(1991)『モダリティの文法』 くろしお出版
宮崎涼子(1998)「時を表す副詞 -「すぐ」の考察-」『信大国語
教育7』35-3 論説資料保存会 P209-P214
宮崎和人•安達太郎•野田春美•高梨信乃(2002)『モダリティ』 く
ろしお出版
森田良行(1968)「類語について」『日本語教育』11号 日本語教育
学会 p14-p27
森田良行(1994)『動詞の意味論的文法研究』 明治書院
森田良行(1996)『意味分析の方法 -理論と実践-』 ひつじ書房 
森田良行(2002)『日本語文法の発想』 ひつじ書房
山田由伎子(1967)「「たちまち」について -「平家物語•祇園精舎」
に見られる用例をめぐって-」『国語国文学報20』4-4 論説資
料保存会 P348-P351
李澤熊(2003)「副詞の類義語分析-どことなく,何となく,それと
なく-」『日本語教育』116号 日本語教育学p69-p78
渡辺実(編)(1983)『副用語の研究』 明治書院

II.辞書
大野普•浜西正人(1985)『類語国語辞典』 角川書店
柴田武•山田進(編)(2004)『類義大辞典』大活字版 講談社
島本基(編)(1989)『日本語学習者のための副詞用例辞典』 凡人
  社
徳川宗賢•宮島達夫(編)(1988)『類義語辞典』廿八版 東京堂
飛田良文•浅田秀子(1994)『現代副詞用法辞典』 東京堂
広瀬正宜•庄司香久子(編)(1994)『日本語学習使い分け辞典』講談

藤原与一•磯貝英夫•室山敏昭(編)(1988)『表現類語辞典』三版 東
京堂
森田良行(1989)『基礎日本語辞典』 角川書店

例文出典
毎日新聞1996∼2005(CD-ROM版)
新潮文庫100冊(CD-ROM版)
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
系統版面圖檔 系統版面圖檔