(54.236.58.220) 您好!臺灣時間:2021/03/05 06:18
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:黃佩雯
研究生(外文):Pei-wen Huang
論文名稱:『金閣寺』中的比喻表現之考察―以直喻為中心―
論文名稱(外文):The Observation and Study of The Expression of The Figure of Speech “KIN-KAKU-JI”, Emphasis on Figure of Speech Directly.
指導教授:林文賢林文賢引用關係
指導教授(外文):Wen-xian Lin
學位類別:碩士
校院名稱:東吳大學
系所名稱:日本語文學系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2010
畢業學年度:98
論文頁數:140
中文關鍵詞:金閣寺比喻表現直喻
外文關鍵詞:KIN-KAKU-JIThe Expression of The Figure of SpeechFigure of Speech Directly
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:426
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:66
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
本論文共一冊,約六萬字。筆者認為從文章或小說中的比喻表現,可以看出作者對於故事主題或故事角色所想要強調的概念。關於三島由紀夫的『金閣寺』,以往諸多先行研究大都以文學角度做探討,筆者則以比喻表現的觀點進行考察,並以『一般修辭學』的概念來加以檢證。本論文提出理解比喻的三個方法和比喻的兩種形式,希望研究結果能對『金閣寺』研究者和比喻表現研究者有所助益。
In this sixty thousand words study, I think the expression of figure of speech from the novel of “KIN-KAKU-JI”, reader can learn the emphasis on the concept of the story and characters written by the author. The previous “KIN-KAKU-JI” written by MISIMAYUKIO are base on the aspect of literature, so therefore this study is been gone to observe and study in the light of the expression of the figure of speech, and proven by the concept of rhetoric in general. There are 3 methods and 2 kinds of forms aim at comprehending the figure of speech, looking forward this study can help the researchers to understand “KIN-KAKU-JI” further.
中文摘要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・I
英文摘要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・II
目次・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・V
表目次・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・VII
図目次・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・VIII

第一章 序論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・1
1.1研究動機・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1
1.2研究目的・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3
1.3研究方法と範囲・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7
1.4先行研究・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 15
 1.4.1『金閣寺』における比喩表現に関する先行研究・・・・・・・・ 15
1.4.2『金閣寺』についての概要・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16
1.5本論文の構成・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 18

第二章 比喩表現の説明の仕方・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20
 2.1ゼロ・レベル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 21
 2.2様式Σと様式Π・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 27
 2.3具象と抽象・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 34
2.4まとめ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 41

第三章 比喩表現における文型についての考察・・・・・・・・・・・・・46
3.1「ようだ」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・47
 3.2「ようにみえる」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・62
 3.3「ように思う」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・66
 3.4「みたいにみえる」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・71
 3.5「ほど」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・73
 3.6「似る」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・75
3.7「変化」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・80
3.8「等しい」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・82
3.9「似通う」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・85
3.10まとめ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・88
 3.10.1文型・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 88
 3.10.2「強調型」「入替型」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・90
 3.10.3中国語の訳文・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 96

第四章 比喩表現における記号表現と指示対象についての考察・・・・・・103
4.1作品のテーマと関係のある比喩表現・・・・・・・・・・・・・・103
4.1.1主人公の想像する金閣・・・・・・・・・・・・・・・・・・103
4.1.2主人公が始めて見た金閣・・・・・・・・・・・・・・・・・105
4.1.3主人公の心の中で美しさを蘇った金閣・・・・・・・・・・・107
4.1.4主人公と関係を絶たれていた金閣・・・・・・・・・・・・・108
4.2作品のストーリーをめぐる比喩表現・・・・・・・・・・・・・・110
 4.2.1吃りに関する指示対象・・・・・・・・・・・・・・・・・・110
 4.2.2登場人物に関する指示対象・・・・・・・・・・・・・・・・113
 4.2.3金閣以外の建物、自然景色に関する指示対象・・・・・・・・124
 4.3まとめ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・127

第五章 結論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・129
 5.1結び・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・130
 5.2今後の課題・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・133

謝辞・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・136
例文出典・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・137
参考辞典・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・137
参考文献・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・138
1.日本語の部:
グループμ(1981)。『一般修辞学』訳者:佐々木健一、樋口桂子。東京都:大修館書店。
三島由紀夫(1995)。『文章読本』。中央公論社。
陳伯陶(1997)。『日本語と修辞』。大新書局。
市川孝(1987)。『国語教育のための文章論概説』。教育出版。
木原茂(1979)。「文体論の方法-部屋描写の場合」『文章・文体』論集日本語研究8編者:山口仲美。東京都:有精堂出版株式会社。
波多野完治(1965)。『文章心理学(新稿)』。東京都:大日本図書株式会社。
波多野完治(1966)。『文章心理学の理論』。東京都:大日本図書株式会社。
相原林司(1984)。『文章表現の基礎的研究』。東京都:明治書院。
庵功雄、高梨信乃、中西久美子、山田敏弘(2000)。『初級を教える人のための日本語文法ハンドブック』。東京都:株式会社スリーエーネットワーク。
山梨正明(1988)。『比喩と理解』。東京都:東京大学出版会。
町田健、籾山洋介(1996)。『よくわかる言語学入門』。東京都:バベルプレス。
松本曜(2003)。『認知意味論』。東京都:大修館書店。
森川知史(1986)。「ことわざのレトリック-比喩性をめぐって」『九州龍谷短期大学紀要』。132号。
伊藤真(1999)。「慣用句の具象性についての一考察」『言語文化論集』。51号。
中村明(1995)。『比喩表現辞典』。東京都:株式会社角川書店。
中村明(1991)。『日本レトリックの体系』。東京都:岩波書店。
寺村秀夫(1984)。『日本語のシンタクスと意味 第Ⅱ巻』。くろしお出版。
田添丈博・椎野努・桝井文人・河合敦夫(2003)。「『名詞Aのような名詞B』表現の比喩性判定モデル」。自然言語処理Vol.10 No.2。
蔡明興(2005)。「五感と共感覚―日本文学作品における感覚を表す比喩表現とその中国語訳―」。國立台北大學全國應用日語參考論文集 94學年度。
瀬戸賢一(1997)。『認識のりトリック』。海鳴社。
George Lakoff &Mark Johnson(2006)。『我們賴以生存的譬喻』(Metaphors we live by)周世箴譯注。聯經出版。
Goerge Lakoff (1987)。『女人、火與危險事物:範疇所揭示之心智的奧秘』梁玉玲等譯。桂冠圖書公司。
許嘉君(2001)。『三島由紀夫《金閣寺》美學研究』。輔仁大學碩士論文。
周如錦(2001)。『三島由紀夫及時雨作品『金閣寺』之分析』。中國文化大學碩士論文。
李秀娥(2000)。『谷崎文学における比喩表現の一考察-その初期の小説作品を中心に-』。東呉大学日本語文学系修士論文。
平野啓一郎(2005)。「『金閣寺』に見る三島由紀夫の戦前・戦後」。The Finance 41(8), (480) 53〜55
有元伸子(2008)。「『金閣寺』再読--母なる、父なる、金閣」。三島由紀夫研究 (6) 112〜124
小嶋孝三郎(1967)。「『金閣寺』におけるオノマトペ」。立命館文学261。
武田冨美子(1981)。「『金閣寺』の文体」。米沢国語国文8。
小林崇利(1973)。「『金閣寺』の文章」。主湖。
2.中国語の部:
黃慶萱(2002)。修辭學增訂三版。三民書局。
聶焱(2006)。「比喻的認知功能」。西北第二民族學院中文系,寧夏銀川750021。
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
系統版面圖檔 系統版面圖檔