(3.238.186.43) 您好!臺灣時間:2021/02/25 01:53
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:李佳穎
研究生(外文):Chia-ying Lee
論文名稱:台湾人学習者のフィラーの縦断的習得状況についての考察─LARP at SCUコーパスを中心に─
論文名稱(外文):A Longitudinal Language Acquisition Research in “Filler” of Japanese Learners in Taiwan : Focused on LARP at SCU Corpus
指導教授:陳淑娟陳淑娟引用關係
學位類別:碩士
校院名稱:東吳大學
系所名稱:日本語文學系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2010
畢業學年度:98
論文頁數:127
中文關鍵詞:填空詞發話縱斷習得語料庫
外文關鍵詞:FillerUtteranceLongitudinalCorpus
相關次數:
  • 被引用被引用:1
  • 點閱點閱:172
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
  「填空詞(filler)」雖是無關緊要的聲音表現,卻在「個人演說」或是「對話」進行中扮演著重要的角色。它幫助了發話者填補了時間的空隙,促使發話能夠更順利且流暢地進行下去。我們也可以在說話中,觀察出填空詞的頻繁使用。本論文利用LARP at SCU語料庫(Language Acquisition Research Project at Soochow University東吳大學日本語文學系學生的語言資料庫),來觀察學習者在不同階段的口頭表達時所使用的填空詞表現有何不同。透過此研究,可以歸納出學習者在日語發話中填空詞的使用傾向,對照日語母語話者所使用的填空詞,也可以區別學習者在填空詞使用上的相同及異同之處。
  本論文共分為五章。第一章為序論,主要闡明本研究的動機、目的以及方法。第二章為先行研究,參考日本語學及日本教育方面所提及之填空詞的研究,明訂本論文對於填空詞的定義及分類基準。以及提出筆者在先行研究中所看到的問題點。第三章為研究方法,內容包括認定基準、調查對象資料以及研究方法。第四章為調查結果與分析,歸納出6名學習者的填空詞使用狀況及傾向。接著將個別分析的部分加以彙整進行綜合探討。第五章為結論,對於學習者的填空詞使用狀況做進一步地統整,並且分析教科書上對於填空詞的出現形式與提出順序。最後提出填空詞對於日語教育上的建議以及本研究今後的課題與方向。
“Filler” this sound expression seems nothing, but plays a very important role in utterance (speech or conversation). Speakers use fillers to fill up gaps and to smooth sentences in utterance. By observing a conversation, speakers use fillers frequently. This thesis is observing Japanese language learners’fillers usage at different steps from LARP at SCU(Language Acquisition Research Project at Soochow University). The purpose of this thesis is to verify Japanese language learners’ fillers usage preference, and to compare each learners’ filler usage to native Japanese speakers’.
This thesis is divided into 5 chapters. Chapter one introduces the motivation, the purpose and the study method of this research. Chapter two shows antecedent researches of fillers from Japanese linguistic study and Japanese education study. Those help author to redefine the definition of filler and to build up verification standers. Author addresses problems from antecedent researches. Chapter three explains study method including how to distinguish filler in utterance, survey subjects and collected data. Chapter four analyzes and summarizes the survey date. It tells filler usage preference and intendancy of six Japanese language learners. Furthermore, author combines each individual’s survey data into comprehensive study. Chapter five concludes filler usage intendancy of Japanese language learners, and inspects how recent textbook mention about filler and arrange the order of fillers from content. Finally, author proposes a suggestion to Japanese education study and a direction for future study.
第一章 序論 1
1.1 研究動機と目的 1
1.2 研究対象と方法 2
1.3 本研究の構成 3

第二章 先行研究 5
2.1 フィラーの定義 5
2.2 フィラー研究の現状 10
2.2.1 山下(1990) 10
2.2.2 益岡・田窪(1992) 11
2.2.3 山根(2002) 12
2.2.4 田窪・金水(1997) 16
2.3 フィラーと日本語教育 18
2.3.1 野村(1996) 18
2.3.2 定延(2004) 19

第三章 研究方法 23
3.1 フィラーの認定基準 23
3.2 調査対象 24
3.3 調査資料 26
3.4 分析方法 30



第四章 調査結果および分析 33
4.1 被験者A 34
4.1.1 言語環境 34
4.1.2 形態別の考察 34
4.1.3 機能別の考察 38
4.1.4 被験者Aのまとめ 41
4.2 被験者B 42
4.2.1 言語環境 42
4.2.2 形態別の考察 42
4.2.3 機能別の考察 47
4.2.4 被験者Bのまとめ 51
4.3 被験者C 52
4.3.1 言語環境 52
4.3.2 形態別の考察 52
4.3.3 機能別の考察 56
4.3.4 被験者Cのまとめ 60
4.4 被験者D 61
4.4.1 言語環境 61
4.4.2 形態別の考察 61
4.4.3 機能別の考察 66
4.4.4 被験者Dのまとめ 70
4.5 被験者E 71
4.5.1 言語環境 71
4.5.2 形態別の考察 71
4.5.3 機能別の考察 75
4.5.4 被験者Eのまとめ 79
4.6 被験者F 80
4.6.1 言語環境 80
4.6.2 形態別の考察 80
4.6.3 機能別の考察 85
4.6.4 被験者Fのまとめ 89
4.7 学習者における総合的考察 90

第五章 結論 109
5.1 総合的考察 109
5.2 日本語教育への提案 113
5.3 今後の課題 115

参考文献 116
使用辞書・テキスト 118

〔表の目次〕
表2-1 論文・専門書におけるフィラーの呼び方 6
表2-2 辞書におけるフィラーの呼び方 6
表2-3 論文・専門書におけるフィラーの定義 8
表2-4 辞書におけるフィラーの定義 8
表2-5 山根(2002)フィラー(形態別)の分類 12
表2-6 山根(2002)フィラー(機能別)の分類 15
表2-7 田窪・金水(1997)入出力制御系 16
表2-8 田窪・金水(1997)言い淀み系 17
表3-1 仁田(2009)応答表現と間投表現 24
表3-2 協力者の背景資料 25
表3-3  LARPデータの収集方法と手順 27
表3-4  LARPテーマの一覧 28
表4-1-1 被験者Aの言語環境 34
表4-1-2 被験者Aのフィラーの使用状況(形態別)36
表4-1-3 被験者Aのフィラーの使用状況(レベル別)37
表4-1-4 被験者Aのフィラーの使用状況(機能別)38
表4-2-1 被験者Bの言語環境 42
表4-2-2 被験者Bのフィラーの使用状況(形態別)44
表4-2-3 被験者Bのフィラーの使用状況(レベル別)45
表4-2-4 被験者Bのフィラーの使用状況(機能別)47
表4-3-1 被験者Cの言語環境 52
表4-3-2 被験者Cのフィラーの使用状況(形態別)54
表4-3-3 被験者Cのフィラーの使用状況(レベル別)55
表4-3-4 被験者Cのフィラーの使用状況(機能別)56
表4-4-1 被験者Dの言語環境 61
表4-4-2 被験者Dのフィラーの使用状況(形態別)64
表4-4-3 被験者Dのフィラーの使用状況(レベル別)65
表4-4-4 被験者Dのフィラーの使用状況(機能別)66
表4-5-1 被験者Eの言語環境 71
表4-5-2 被験者Eのフィラーの使用状況(形態別)73
表4-5-3 被験者Eのフィラーの使用状況(レベル別)74
表4-5-4 被験者Eのフィラーの使用状況(機能別)75
表4-6-1 被験者Fの言語環境 80
表4-6-2 被験者Fのフィラーの使用状況(形態別)83
表4-6-3 被験者Fのフィラーの使用状況(レベル別)84
表4-6-4 被験者Fのフィラーの使用状況(機能別)85
表4-7-1 学習者の言語環境 90
表4-7-2 学習者のフィラーの使用種類(形態別) 92
表4-7-3 学習者のフィラーの出現順序(形態別) 93
表4-7-4 学習者のフィラーの使用回数(形態別) 94
表4-7-5 学習者のフィラーの使用順位(前の3位)97
表4-7-6 学習者のフィラーの形態別の使用状況(レベル別)99
表4-7-7 学習者のフィラーの使用種類(機能別) 101
表4-7-8 学習者のフィラーの出現順序(機能別) 103
表4-7-9 学習者のフィラーの使用回数(機能別) 104
表4-7-10 学習者のフィラーの機能別の使用状況(レベル別)107

〔図の目次〕
図4-1-1 被験者Aの使用順位(形態別) 35
図4-2-1 被験者Bの使用順位(形態別) 43
図4-3-1 被験者Cの使用順位(形態別) 53
図4-4-1 被験者Dの使用順位(形態別) 62
図4-5-1 被験者Eの使用順位(形態別) 72
図4-6-1 被験者Fの使用順位(形態別) 81
図4-7-1 学習者のフィラーの使用回数合計(形態別)95
図4-7-2 学習者のフィラーの使用回数合計(機能別)106
参考文献(50音順)
青森剛・朴成泰(2003)「日韓両言語における自然発話データを用いた対象談話分析」『東北支部10周年記念大会プロシーディングス』2003年
加藤彰彦ほか(1989)『日本語概説』おうふう
呉秦芳(2005)「フィラー形式に見る20歳代~60歳代の日本語母語話者の会話管理---日本語の座談会をデータにした事例研究---」『韓日言語文化研究』韓日言語文化研究会
呉秦芳(2006)「『フィラー』形式に見る日本人母語話者の会話管理--『日本語話し言葉コーパス(CSJ)』の『対談』場面分析を通して」『ニダバ』35号
呉秦芳(2008)「『フィラー』におけるポライトネス機能について─『日本語話し言葉コーパス(CSJ)』の『課題指向対話』を中心に─」『社会言語科学会第21回大会発表論文集』
黄佳瑩(2004)「日本人中国語学習者のフィラー使用の考察─遠隔接触場面を中心に─」『2004年度森泰吉郎記念研究振興基金報告書』
定延利之(2004)「音声コミュニケーション教育の必要性と障害」『日本語教育123号』2004.10
定延利之(2004)「日本語文化とフィラー」『言語研究』108
定延利之・田窪行則(1995)「談話における心的操作モニター機構─心的操作標識『ええと』と『あの(ー)』─」『言語研究』108
佐藤有希子(2005)「日本語母語話者の雑談における『うん』と『そう』─フィラーとして用いられる場合─」『国際開発研究フォーラム』第29号
杉浦真人(2004)「つなぎ言葉の効用」『月刊言語』11月号
泉子・K・メイナード(1993)『会話分析』くろしお
大工原勇人(2008)「指示詞系フィラー『あの(ー)』・『その(ー)』の用法」『日本語教育138号』2008.7
高見澤孟ほか(2004)『新・はじめての日本語教育 基本用語事典』株式会社アスク
田窪行則・金水敏(1997)「応答詞・感動詞の談話的機能」『文法と音声』くろしお出版
田中敏(1993)「『休止』の意味論」『月刊言語』Vol.12 No.8仁田義雄ほか(2009)『現代日本語文法7』くろしお
野村美穂子(1996)「大学の講義における文科系の日本語と理科系の日本語『フィラー』に注目して─」『教育研究所紀要第5号』文教大学付属教育研究所
朴成泰(2004)『日・韓の自然発話データに基づく対照談話分析─言いよどみ・重なり・あいづちを中心に─』東北大学大学院国際文化研究科平成16年度博士論文
益岡隆志・田窪行則(1992)『基礎日本語文法─改訂版─』くろしお出版
丸山岳彦(2008)「『日本語話し言葉コーパス』に基づく言い直し表現の機能的分析」『日本語文法』8巻2号
森田良行(2002)『日本語文法の発想』ひつじ書房
山下暁美(1990)「話し言葉におけるいわゆる“無意味語"」『講座日本語教育』第25分冊 早稲田大学日本語研究教育センター
山根智恵(2002)『日本語の談話におけるフィラー』くろしお

〔辞典・事典〕
亀井孝他(1996)『言語学大辞典第6巻 術語編』三省堂
北原保雄他(1981)『日本文法事典』有精堂出版
小池清治他(1997)『日本語キーワード事典』朝倉書店
国語学会編(1980)『国語学大辞典』東京堂出版
佐藤喜代治(1977)『国語学研究事典』明治書院
尚学図書編(1981)『国語大辞典(新装版)』小学館
時枝誠記(1955)『国語学辞典』東京堂出版
日本語教育学会(1982)『日本語教育事典 縮刷版』大修館書店
日本語教育学会(2005)『新版日本語教育事典』大修館書店
飛田良文他(2007)『日本語学研究事典』明治書院

〔参考書〕
財団法人海外技術者研修協会(AOTS)(2001)『新日本語の中級Ⅰ』スリーエーネットワーク(大新書局)
財団法人海外技術者研修協会(AOTS)(2002)『新日本語の中級Ⅱ』スリーエーネットワーク(大新書局)
文化外国語専門学校日本語科編(2002)『新文化日本語 初級1』大新書局
文化外国語専門学校日本語科編(2002)『新文化日本語 初級2』大新書局
文化外国語専門学校日本語科編(2000)『楽しく聞こうⅠ』雙大出版
Mizutani, O., & Mizutani, N. (1993). An Introduction to Modern Japanese 72nd printing. Tokyo: The Japan Times, Ltd. First edition 1977
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
1. 作文における接続詞の縦断的習得研究ーLARP at SCUコーパスを対象にー
2. 日本語学習者の会話に見られる言いよどみに関する習得研究-KYコーパスを中心に-
3. 台湾人学習者における副詞の習得研究―作文データをもとに―
4. 台湾人日本語学習者の物語構築における「視点」についての一考察ー「注視点」と「視座」を中心にー
5. 台灣日語學習者之接續助詞「kara」和「node」之習得研究-以LARPatSCU語料庫為探討資料-
6. 台湾人日本語学習者に対するフィードバックについての一考察-作文についての日本語教師のインタビューを対象に-
7. 作文における二字漢語の縦断的習得研究─LARP at SCUコーパスを対象に─
8. 高中日本語教育「繪本式教學」之實踐研究―觀察動機變化―
9. 台湾の日本語教育における中上級カリキュラム構築の実践研究 : 社会教育としての語学学校を対象に
10. 動詞活用の指導と習得ストラテジーについての調査研究
11. 台湾人日本語学習者における指示詞の習得研究-初級後半から中級前半にかけて-
12. 連体修飾の日中対照研究─中国語の「的」の有無を中心に─
13. 中国語の「不」と「没(有)」についての一考察─日本語との接点を考えて─
14. 台湾人日本語学習者の外来語習得に関する調査研究―教科書の語彙調査と表記習得状況を中心に―
15. 日本語学習者のスピーチレベルについての考察
 
系統版面圖檔 系統版面圖檔