(54.236.58.220) 您好!臺灣時間:2021/03/08 09:45
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:李家誼
研究生(外文):Chia-Yi Li
論文名稱:利用日語語料庫分析二字漢語動詞之研究
論文名稱(外文):A corpus-based study for ''VN-suru'' verbs
指導教授:齋美智子齋美智子引用關係
學位類別:碩士
校院名稱:國立高雄第一科技大學
系所名稱:應用日語研究所
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2011
畢業學年度:99
語文別:日文
論文頁數:74
中文關鍵詞:文章體語料庫受身形使役形自他兩用動詞二字漢語動詞
外文關鍵詞:Ergative verbBCCWJ corpusCausativePassive voice&apos&aposVN-suru&apos&aposverb
相關次數:
  • 被引用被引用:1
  • 點閱點閱:343
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:38
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
本研究使用日本國立國語研究所開發中的「現代日語文章體語料庫」為研究基礎,考察當代日語二字漢語動詞的實際使用情形及其問題點,並就教育上的觀點進行分析研究。到目前為止,有關日語二字漢語動詞的研究多以「日語學習者語料庫之誤用分析」、「雙語對照分析」以及「自他動詞的研究」為主要研究方向。以日語為母語者的語料庫分析之語彙調查或實際使用情形的調查研究為數極少。因此,本研究以探討日語二字漢語動詞的實際使用情形為主,利用「現代日語書寫形式語料庫」的例句進行考察分析。
  
  具體之研究方法為,使用「現代日語文章體語料庫」中具有明顯特徵並對日語教育有顯著幫助的三個類別(「Yahoo!知恵袋」、「書籍」、「白書」)作為檢索的對象,抽出使用頻率最為頻繁的二字漢語動詞排名前50的單字。以上述三個類別的排名前50的單字,做下列四點的分析。(一)考察三個類別中頻繁被使用的二字漢語動詞有何特徵,(二)將日語字典的二字漢語動詞之自他分類與實際語料庫資料中的例句做交叉比對,查明其差異,(三)分析無對自他動詞跟自他兩用動詞的受身形及使役形之使用情形,(四)以日語學習的角度,分析常用二字漢語動詞中,使用「ni」作為格助詞的單字有哪些,並將常用二字漢語動詞與日語能力測驗的出題基準語彙做對照,查明其相關性。
  
  根據以上調查,本研究結果如下。(一)「Yahoo!知恵袋」比較接近口語日語,「白書」則多見生硬的文書用語,(二)日語字典中二字漢語動詞的自他分類與實際使用的狀況有所出入,(三a)「白書」的例句中較常出現使用受身形來轉換文章的視點,(三b)自他兩用動詞有分為自動詞詞性較強者及他動詞詞性較強者,(四a)日語教師需提醒日語學習者使用「ni」作為格助詞的常見二字漢語動詞有哪些,(四b)要理解日語書籍以及日語報章雜誌需要N2程度以上的語彙知識。
Using "Balanced Corpus of Contemporary Written Japanese (BCCWJ)" that the National Institute for Japanese Language built by this report, I considered the present day usage of modern Japanese ''VN-suru'' verbs, problems and an educational point of view. The study of ‘VN-suru’ verbs "analyzes the misuse in the Japanese learner corpus", and "contrast analysis" and "the semantic study of oneself and others" are the main study courses so far. There are few studies about the actual situation analysis of the vocabulary use in the Japanese mother tongue speaker corpus.Therefore, this report aimed to consider the usage of ‘VN-suru’ verbs, considered the example of "BCCWJ", and analyzed it.
I extracted 50 high ranks of ''VN-suru'' verbs using three genres (The Yahoo! brains, Books, White Paper) that had the characteristic of each person for as a search object from BCCWJ and considered those characteristics to be concrete. In addition, I considered a difference while comparing the example which I extracted from corpus data with oneself and others authorization of ‘VN-suru’ verbs by the dictionary. Furthermore, the transitive verb and the passiveness form and the use of the causative of the oneself and others for two uses verb elucidated what kind of characteristic you had. Finally I considered the issue of ‘ni’ case sentence structure and the distribution with the Japanese ability examination questions standard vocabulary of ''VN-suru'' verbs that were really used many of ‘VN-suru’ verbs about acquisition of the learner.
As a result, (1) " Yahoo! brains " is close to the spoken language, writing White Paper and more likely to be bureaucratic, (2) Have the edge on the situation of universally recognized certification and actually used Japanese dictionaries for ''VN-suru'' verbs (3)Replace the usage statement using the point of view instead of the unpaired transitive verbs can often found in White Paper (4) That some transitive-intransitive alternation in ''VN-suru'' verbs are having a strong character on intransitive or transitive, (5) For a teacher, it is necessary to present the dominate ''VN-suru'' verbs to Japanese learners, (6) In order to understand the book document class should be familiar with N2 or more which revealed these six points.
目次

摘要 i
Abstract ii
要旨 iv
謝辞 v
目次 vi
1.はじめに 1
2.研究の背景 2
2.1先行研究 2
3.研究方法 6
3.1コーパスデータの概要 6
3.2調査対象と方法 7
4.分析結果 10
4.1「Yahoo!知恵袋」、書籍、白書で使われている漢語動詞の比較 10
4.1.1三者の類似点と相違点(全体的頻度数) 10
4.1.2二者(「Yahoo!知恵袋」、白書)の類似点と相違点(意味的特徴) 12
4.1.2.1「Yahoo!知恵袋」の考察結果 13
4.1.2.2「白書」の考察結果 18
4.1.2.3まとめ 24
4.2.1国語辞書による自他認定 25
4.2.1.1考察結果 26
4.2.1.2まとめ 32
4.2.2無対自動詞の使役形用法と無対他動詞の受身形用法の考察 32
4.2.2.1日本語学での受身形及び使役形 32
4.2.2.2受身形と使役形の使用実態 33
4.2.3自他両用動詞の使役形用法と受身形用法の考察 37
4.2.3.1「Yahoo!知恵袋」、書籍、白書での自他両用漢語動詞 37
4.2.3.2受身形と使役形の使用実態 37
4.2.3.3まとめ 40
4.3.1 「ニ格」を支配する漢語サ変動詞 41
4.3.1.1考察結果とまとめ 43
4.3.2日本語能力試験出題基準とBCCWJに現れる二字漢語サ変動詞の比較 44
4.3.2.1考察結果とまとめ 44
5.おわりに 46
5.1研究成果 46
参考資料 54
資料1 54
資料2 56
資料3 58
資料4 60
資料5 63
参考文献

書籍
池上嘉彦(1981)『「する」と「なる」の言語学─言語と文化のタイポロジーへの試論─』大修館書店
井上和子(1976)『変形文法と日本語』(上)・(下)大修館書店
奥津敬一郎・沼田善子・杉本武(1986)『いわゆる日本語助詞の研究』凡人社
影山太郎(1993)『文法と語形成』ひつじ書房
影山太郎(1996)『動詞意味論─言語と認知の接点─』くろしお出版
影山太郎(1999)『形態論と意味』くろしお出版
影山太郎(2001)『日英対照 動詞の意味と構文』大修館書店
影山太郎(2002)『ケジメのない日本語』岩波書店
河上誓作(1996)『認知言語学の基礎』研究社出版
金谷武洋(2002)『日本語に主語はいらない』講談社
北原保雄(1981)『日本語助動詞の研究』大修館書店
北原保雄(2002)『明鏡国語辞典』大修館
金田一京助・山田忠雄・柴田武・酒井憲二・倉持保男・山田明雄(1997)『新明解国語辞典第五版』三省堂
金田一春彦(1950)「国語動詞の一分類」『言語研究』15,言語学会(金田一春彦編『日本語動詞のアスペクト』1976むぎ書房,に所収)
金田一春彦(1965)『続日本文法講座第1巻』明治書院
小林英樹(2004)『現代日本語の漢語動名詞の研究』ひつじ書房
佐久間鼎(1936)『現代日本語の表現と語法』厚生閣(『現代日本語の表現と語法《増補版》』1983くろしお出版、復刊)
佐藤喜代治(1977)『国語学研究事典』明治書院
柴谷方良(1978)『日本語の分析』大修館書店
島田昌彦(1979)『国語における自動詞と他動詞』明治書院
須賀一好・早津恵美子(1995)『動詞の自他』ひつじ書房
鈴木一彦・林巨樹(1984)『研究資料日本文法第2巻用言編(一)動詞』明治書院
湯廷池(1999)『日語語法與日語教學』台灣學生書局
寺村秀夫(1982)『日本語のシンタクスと意味第Ⅰ巻』くろしお出版
寺村秀夫(1984)『日本語のシンタクスと意味第Ⅱ巻』くろしお出版
寺村秀夫(1991)『日本語のシンタクスと意味第Ⅲ巻』くろしお出版
時枝誠記(1950)『日本文法・口語篇』岩波書店
中村捷・金子義明・菊池朗(2001)『生成文法の新展開─ミニマリスト・プログラム─』研究社出版
長谷川信子(1999)『生成日本語学入門』大修館書店
西尾寅弥(1988)『現代語彙の研究』明治書院
西尾寅弥・宮島達夫(1971)『動詞・形容詞問題語用例集』秀英出版
仁田義雄(1991)『日本語のヴォイスと他動性』くろしお出版
野村剛史(2001)「自動・他動・受身動詞について」『動詞の自他』ひつじ書房
馮寶珠(2001)『日中両語における使役表現の対照研究』台湾致良出版社
松下大三郎(1928)『改撰標準日本文法』紀元社
丸田忠雄・須賀一好(2000)『日英語の自他の交替』ひつじ書房
三上章(1953)『現代語法序説』くろしお出版
宮島達夫(1972)『動詞の意味・用法の記述的研究』秀英出版
見坊豪紀・金田一京助・金田一春彦・柴田武・市川孝・飛田良文(2001)『三省堂国語辞典第五版』三省堂
村木新次郎(1991)『日本語動詞の諸相』ひつじ書房
森田良行(1994)『動詞の意味論的文法研究』明治書院
森山卓郎(1988)『日本語動詞述語文の研究』明治書院
山田孝雄(1922)『日本口語法講義』宝文館
山田孝雄(1936)『日本文法学概論』宝文館
吉村公宏(2004)『はじめての認知言語学』研究社

雑誌論文
秋山淳(1996)「非対格性と動詞分類」『中国語学』243,日本中国語学会,28-38
奥津敬一郎(1967)「自動化・他動化および両極化転形─自・他動詞の対応─」『国語学』70,国語学会,46-66
邱明麗(1999)「日本語の自他動詞の区分について」『日本語日本文学』25,輔仁大学,49-55
小林英樹 (2000)「漢語動名詞の自他」『日本語教育』107,日本語教育学会,75-84
小林英樹(2005)「漢語サ変動詞の意味・用法の記述的研究─「販売(する)」、「売却(する)」などをめぐって─」『語学と文学』41,群馬大学語文学会,21-28
小林英樹(2009)「漢語サ変動詞の意味・用法の記述的研究─「引率(する)」、「随行(する)」などをめぐって─」『群馬大学教育学部紀要 人文・社会科学編』59,群馬大学教育学部,1-8
五味政信・今村和宏・石黒圭(2006)「日中語の品詞のズレ:二字漢語の動詞性をめぐって」『一橋大学留学生センター紀要』9,一橋大学,3-13
都 恩珍・黄 情児(2007)「韓国語の「doeda」被動文の意味的特徴に関する一考察-日本語の「漢語+する」形に対応する場合を中心に-」『桜花学園大学人文学部研究紀要』9,99-116
張 善実(2008)「漢語動詞のニ格構文に関する誤用調査─中国人日本語学習者を対象に─」『言葉と文化』9,名古屋大学大学院国際言語文化研究科日本言語文化専攻,205-220
鳥飼浩二(1993)「自他動詞の認定をめぐる序論」『月刊言語』22 ,大修館,78-85
中石ゆうこ(2002)「活用形から見た相対自動詞・相対他動詞の形態」広島大学日本語教育研究12,広島大学大学院教育学研究科日本語教育学講座,99-106
中村亜由(2005)「二字漢語サ変動詞の自他について─国語辞典を例として─」『立教大学日本文学』94,立教大学日本文学会,140-154
野村剛史(1990)「動詞の自他」「ヴォイス」『日本語学』10,明治書院,65-73
早津恵美子(1987)「対応する他動詞のある自動詞の意味的・統語的特徴」『言語学研究』6,京都大学言語学研究会,79-109
早津恵美子(1990)「有対他動詞の受身表現について─無対他動詞の受身表現との比較を中心に─」『日本語学』5,明治書院,67-83
三井正孝(1992)「自他対応の意味的類型」『日本語と日本文学』16,筑波大学国語国文学会,21-30
三原健一 (2002)「動詞類型とアスペクト限定」『日本語文法』2,日本語文法学会,132-152
山田一美・山田勇人(2009)「漢語サセル動詞に関する一考察」『大阪女学院短期大学紀要』39,19-29
湯本昭南(1977)「あわせ名詞の意味記述をめぐって」『東京外国語大学論集』27,東京外国語大学,31-46
楊 卨郞 (2007)「自動詞・他動詞用法に意味的制限を持つ自他両用動詞について─二字漢語動詞を中心に─」『筑波日本語研究』12,芸言語研究科日本語学研究室,65-88
楊 卨郞(2010)「国語辞典における自他認定について─自他両用の二字漢語動詞を中心に─」『筑波日本語研究』14,文芸言語研究科日本語学研究室,75-95

Webサイト
佐藤正彦(2002)「自動詞・他動詞派生形一覧表」(オンライン),入手先http://homepage3.nifty.com/jgrammar/ja/data/trans.htm〉,(参照2010-08-24)
吉川武時(2002)「動詞の自他について」(オンライン) ,入手先http://w01.i-next.ne.jp/~g140179870/sub01.html,(参照2010-10-04)
吉川武時(2002)「自動詞・他動詞・使役形に関する考察」(オンライン) ,入手先http://w01.i-next.ne.jp/~g140179870/sub01.html,(参照2010-11-29)
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
系統版面圖檔 系統版面圖檔