(3.237.97.64) 您好!臺灣時間:2021/03/04 11:47
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:葉禕
研究生(外文):Yi Yeh
論文名稱:初級日語學習者的語彙學習策略之研究-以台灣南部大學生為例-
論文名稱(外文):An Investigation into Japanese Vocabulary Learning Strategies Used by Beginner Japanese Learners-Based on University Students in Southern Taiwan-
指導教授:葉淑華葉淑華引用關係
指導教授(外文):Shu-Hua Yeh
學位類別:碩士
校院名稱:國立高雄第一科技大學
系所名稱:應用日語研究所
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2011
畢業學年度:99
語文別:日文
論文頁數:73
中文關鍵詞:語種別語彙學習策略語彙學習使用頻率
外文關鍵詞:frequency of usinglanguage classification levelvocabulary learning strategiesvocabulary learning
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:220
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:1
語彙學習對初級學習者來說,是個重要且具有優先實行需要的課題。初級日語學習者在語彙學習上雖會遭遇各種難題,但卻可以藉著學習策略的使用去克服這些難題。在語彙學習策略研究中,關於漢字學習策略的研究,至今雖然進行了不少調查,但是,以語種別去進行的調查,目前並沒有發現類似的研究。
本論文以台灣南部大學專攻日語的學生為對象,針對和語‧漢語‧外來語,語種別學習策略的使用狀況進行調查。整體來看,能夠記住單字唸法或意思的學習策略,其使用會比記住單字字形的學習策略更為頻繁。另外,根據調查的結果,有兩項學習策略在語種別的使用頻率上出現顯著性差異。在漢語上,「注上假名」的使用頻率比其他語種高;而在外來語上,則是「與原文做比較」的使用頻率比較高。
It is crucial and fundamental that beginners for Japanese language need to draw more attention on vocabulary learning. Beginners can overcome learning difficulties by acquiring effective learning strategies in their vocabulary learning.
Thought searching and investigating throughout researches about Kanji learning strategies has not yet found any related research that is based on the idea of the language classification level.
Therefore, the purpose of this study is to investigate Japanese language learning strategies used by college students in Southern Taiwan.
Overall, among those vocabulary learning strategies, strategies that help students remember sound of words or word meanings tend to be used more frequently than those help with character line.
Besides, the result of this studyreveals two mostly frequently used Japanese vocabulary learning strategies under the Wago.Kango.Gairaigo learning strategies .
When it comes to learning Kanji, a strategy of adding Hiragana is more frequently used; in learning loan words, students are in favour of comparing strategies with the original text.
摘要 i
ABSTRACT ii
要旨 iii
謝辞 iv
目次 v
表目次 vii
図目次 viii
第一章 序論 1
1-1 研究動機 1
1-2 研究目的 3
1-3 研究範囲 5
1-4 研究方法と手順 6
1-4-1 研究方法 6
1-4-2 研究手順 6
1-5 論文構成 8
第二章 先行研究 9
2-1 語彙学習について 9
2-1-1 語彙の定義と語彙学習の先行性‧重要性 9
2-1-2 学習ストラテジーの定義と重要性 11
2-2 語彙学習ストラテジーに関する先行研究 15
2-2-1 大北(1995) 15
2-2-2 大北(1998) 16
2-2-3 横須賀(1999) 17
2-2-4 中村(2004) 23
第三章 語彙学習ストラテジーについての調査と結果分析 26
3-1 アンケートの構成について 26
3-2 調査の期間と流れ 28
3-3 アンケートの統計方法 29
3-4 結果と分析 30
3-4-1 記述統計結果 30
3-4-2 分散分析結果 43
第四章 結論と今後の課題 47
4-1 まとめ 47
4-2 今後の課題 54
参考文献 55
付録 字彙學習策略調查問卷 58
中国語(筆画順)
陳耀茂編審(2007)『意見調查的統計分析SPSS使用手冊』鼎茂圖

原著 内田治(1997)『すぐわかるSPSSによるアンケートの調
査‧集計‧解析』
吳如惠(2000)「語言學習策略之初探」『銘傳日本語教育』第3
期p109-123

日本語(五十音順)
秋川卓也(2007)『文系のためのSPSS超入門』プレアデス
秋元美晴(2002)『日本語教師‧分野別マスターシリーズ―よく
わかる語彙』アルク
アルドトリーニ(1992)「非漢字系学習者のための入門期におけ
る漢字学習指導の一考察」『世界の日本語教育』2号 国際交流
基金日本語国際センターp65-76
池上嘉彦(2007)『日本語と日本語論』筑摩書房
石田敏子(1988)『日本語教授法』大修館書店
石綿敏雄(2001)『外来語の総合的研究』東京堂
王伸子(1990)「日本語学習における学習ストラテジーの一考
察、―ある学習者にみる新出語単語記憶方法の観察―」『名古屋
大学日本語学科日本語教育論集』1号 名古屋大学日本語学科
p39-47
大北葉子(1995)「漢字学習ストラテジーと学生の漢字学習に対
する信念」『世界の日本語教育』5号 国際交流基金日本語国際
センターp105–124
大北葉子(1998)「初級教科書の漢字学習ストラテジー使用及び
漢字学習信念に与える影響」『世界の日本語教育』8号 国際交
流基金日本語国際センター p31-45
海保博之(1990)「外国人の漢字学習の認知心理学的諸問題―問
題の整理と漢字指導法への展開―」『日本語学』9号 明治書院
p65-72
海保博之、柏崎秀子(2002)『日本語教育のための心理学』新曜

顏瑞珍(2007)「中国語を母語とする学習者に対する漢語字音の
指導―学習ストラテジーの観点から―」『銘傳日本語教育』第10
期p194-211
小山悟(1996)「自律学習促進の一助としての自己評価」『日本
語教育』88号 日本語教育学会p91-103
迫田久美子(2002)『日本語教育に生かす第二言語習得研究』ア
ルク
宍戸通庸‧伴紀子訳(1994)『言語学習ストラテジー—外国教師
が知っておかなければならないこと』凡人社
原著 Rebecca L. Oxford(1990)「Language Learning
Strategies: What Every Teacher Should Know」
JACET(大学英語教育学会)SLA研究会編(2005)『文献からみる
第二言語習得研究』開拓社
竹内理(2003)『より良い外国語学習法を求めて―外国語学習成
功者の研究』松柏社
武部良明(1989)「文字‧表記の指導」寺村秀夫編『講座日本語
と日本語教育13日本語教授法(上)』明治書院
武部良明(1991)『文字表記と日本語教育』凡人社
豊田悦子、久保田満里子(2000)「漢字語と仮名語における語処
理の差異―英語話者日本語学習者の思考過程―」『日本語科
学』 8国書刊行会p96-109
中村太一(2004)「第7章 語彙の習得」『第二言語習得研究の
現在』大修館書店p123-139
西村よしみ(1993)「日本語授業における学習者の認知過程と学
習ストラテジー」『筑波大学留学生センター日本語教育論集』8
号 筑波大学留学生センターp153-173
西村よしみ(1994)「初級日本語授業における学習者ストラテジ
ーと授業研究―内的過程を把握する研究方法と技法の開発につい
て」『筑波大学留学生センター日本語教育論集』9号 筑波大学
留学生センターp133–148
伴紀子(1989)「日本語学習者の適用する学習ストラテジー」
『アカデミア文学‧語学編』47号南山大学p1-15
藤井俊博(1996)「語彙の類別」『日本語教師養成シリーズ 音
声、語彙、文字‧表記』凡人社p90-96
松見法男(2006)「第1章第2節 「こころ」から「ことば」を観
る」迫田久美子編『講座‧日本語教育学第3巻言語学習の心理』
スリーエーネットワークp15-29
松見法男‧邱學瑾‧桑原陽子(2006)「第3章第2節 語彙の習
得」迫田久美子編『講座‧日本語教育学第3巻言語学習の心理』
スリーエーネットワークp161-183
宮崎里司(2003)「学習ストラテジー研究再考:理論、方法論、
応用の観点から」『早稲田大学日本語教育研究』Vol.2早稲田大
学大学院日本語教育研究科p17-26
宮崎里司‧J.V.ネウストプニー編(1999)『日本語教育と日本語
学習―学習ストラテジー論にむけて―』くろしお
森田良行(1991)「日本語教育の中の「言葉」の教育」『語彙と
その意味』アルクp3-11
森美子(2003)「日本語における語彙習得」畑佐由紀子編『第二
言語習得研究への招待』くろしおp47-66
山田勇人‧鳥居孝行(2006)「初級学習者の語彙学習について
『進学する人のための日本語初級』準拠初級語彙復習帳作成過程
から」『日本語教育センター紀要』2号 日本学生支援機構p149-
160
横須賀柳子(1999)「語彙及び漢字学習ストラテジーの研究」宮
崎里司‧J.V.ネウストプニー編『日本語教育と日本語学習―学習
ストラテジー論にむけて―』くろしおp97-116

URL
中国語
東吳大學共通課程教學提昇計畫SPSS教學網站
http://mail.scu.edu.tw/~swlean/whole.htm

日本語
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』ホームペイジ
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%9E%E7%A8%AE 
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「統計学」ホ
ームペイジ
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B1%E8%A8%88%E5%AD%
A6
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「分散分析」
ホームペイジ
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%86%E6%95%A3%E5%88%
86%E6%9E%90
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
系統版面圖檔 系統版面圖檔