(3.237.97.64) 您好!臺灣時間:2021/03/09 10:09
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:段文婷
研究生(外文):Wen-Ting Tuan
論文名稱:日文商業電子郵件中請託表達方式之考察
論文名稱(外文):A Study on the Use of Request Expression in Japanese Business E-mail
指導教授:葉淑華葉淑華引用關係
指導教授(外文):ShuHua Yeh
學位類別:碩士
校院名稱:國立高雄第一科技大學
系所名稱:應用日語研究所
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2011
畢業學年度:99
語文別:日文
論文頁數:123
中文關鍵詞:負擔程度請託表達電子郵件商業
外文關鍵詞:degree of burdenE-mailrequest expressionbusiness
相關次數:
  • 被引用被引用:1
  • 點閱點閱:267
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:49
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
進入21 世紀電子化資訊時代,電子郵件已成為企業人士之間溝通的必要方法之一。筆者任職於台灣的日系公司,日常工作上使用電子郵件溝通的頻率,大於面對面或者是電話聯絡的方式。特別是在工作上經常有機會透過電子郵件進行業務請託,發現日文商業電子郵件中所使用的請託表達方式,有各種不同模式並依照收信者性質上的不同而有所差異。本篇論文,將針對日常工作中商業電子郵件有關請託表達的部分進行實際樣本收集,分析商業電子郵件中請託表達方式的種類以及特徴,並且就收件人身分性質的不同,探討其運用表達上的差異。
研究範圍是以與台灣有業務往來的日系公司或其相關企業,實際傳送之有關請託的商業電子郵件為對象。共 收集14家公司,50位日本人所發出之150封商業電子郵件作為研究樣本。本論文分為六章。第一章序論主要介紹研究動機・目的、研究範囲、研究方法。第二章彙整先行研究。第三章說明商業電子郵件的定義、變遷、特徴、格式寫法。第四章探討商業電子郵件之請託表達方式,包括其結構、種類、表達方式上之差異。第五章根據實際收集的150封商業電子郵件,統計並確認日文商業電子郵件請託表達之現況,並針對請託表達方式的種類以及使用區分進行探討。第六章結論,彙整本論文探討之結果並敘述今後之課題與展望。
The 21st century is the computerization information time. The use of E-mail becomes an indispensable means for people who work in the enterprise. As the author of this thesis, I am working in Japanese Company for many years. I found the communications done on business use a lot of E-mails more than contacting by phone or facing usually. Especially, it is often to ask someone for help by E-mail. The use of request expression in Japanese business E-mail which has many different ways of writing, and the the usage rules and features depends on the type of recipient. This reserch will collect the business E-mail sample through the routine work, and analyze the kind and the feature of the request expression.
This research focuses on the use of request expression in Japanese Business E-mail. I collected 150 E-mail from 50 people, 14 companys which is Japanese company or its related company. The thesis comprises six chapters. The first chapter is introduces the research motivations, purposes, scope and methods. The second chapter presents the relevant analyses from antecedent researches. The third chapter is the difine of business E-mail and describes the business E-mail transition, feature and the format. The fourth chapter is describes the request expression in Japanese Business E-mail, including the composition, kind, and using properly. The fifth chapter uses the collected samples to confirm the status of the request expression, and analyzes the usage rules, features. The sixth chapter presents the conclusion, review problems and provides suggestion.
中文要旨 i
英文要旨 ii
和文要旨 iii
謝辞 iv
目次 v
表目次 vii
図目次 viii

第一章 序論 1
1.1 研究動機と目的 1
1.2 研究範囲 3
1.3 研究方法 3
1.4 論文構成 3
第二章 先行研究 5
2.1 電子メールや対面コミュニケーションの依頼表現に関する先行研究 5
2.1.1 電子メールにおける依頼のストラテジー(大友2009) 5
2.1.2 電子メールにおける依頼の慣習的な表現(楊2009) 6
2.1.3 対面コミュニケーションに関する依頼表現(関口2007) 7
2.2 依頼表現の使い分けに関する先行研究 8
2.2.1 依頼文の構造の分析(広滝1998) 8
2.2.2 依頼表現の使い分けの規定因(岡本1988) 9
第三章 ビジネス電子メール 11
3.1 電子メール 11
3.2 ビジネス電子メール 13
3.2.1 ビジネス電子メールの変遷 13
3.2.2 ビジネス電子メールの特徴 14
3.2.3   ビジネス電子メールの書式や書き方 15
第四章 ビジネス電子メールにおける依頼表現 19
4.1 依頼表現 19
4.2 依頼表現の構成 19
4.3 依頼表現の種類 22
4.4 依頼表現の使い分け 24

第五章 結果と分析 28
5.1 結果 28
5.1.1 データ概要 28
5.1.2 データ収集の時期と場所 28
5.1.3 データ収集の対象と人数 29
5.1.4 データの送受関係 31
5.2 分析 31
5.2.1 前置き 33
    5.2.1.1   種類 33
    5.2.1.2   使い分けと使用割合 36
5.2.2 依頼の用件説明 47
    5.2.2.1   種類 48
    5.2.2.2   使い分けと使用割合 51
5.2.3 依頼の表現 55
    5.2.3.1   種類 55
    5.2.3.2   使い分けと使用割合 59
5.2.4 依頼の随伴表現 69
    5.2.4.1   種類 70
    5.2.4.2   使い分けと使用割合 73
5.2.5 依頼の結び 76
    5.2.5.1   種類 77
    5.2.5.2   使い分けと使用割合 79
第六章 結論 84
6.1 まとめ 84
6.2 今後の課題と展望 87
参考文献 88
付録 91
1.青井浩也(1997)「電子メールの企業利用の現状と課題」『情報の科学と技術』47巻6号pp.304-308
2.井出祥子(2006)『わきまえの語用論』大修館書店
3.大友沙樹(2009) 「電子メールにおける依頼のストラテジー 日中対照の観点から」『東北大学国際文化研究 (15)』pp.61-72
4.岡本真一郎(1988)「依頼表現の使い分けの規定因」『愛知学院大学文学部紀要 18』pp. 7-14
5.奥村真希、釜淵優子(2008)『しごとの日本語ーメールの書き方編』株式会社アルク
6.小野寺志津・李徳奉・金久保紀子(2004)「ビジネス日本語教育のあり方-新入社員教育マニュアルから見えるもの」『東京家政学院筑波女子大学紀要 8』pp.127-137
7.加藤 由樹・赤堀 侃司(2006)「電子メールを使ったコミュニケーションにおける感情面に及ぼす相手の立場の影響」『日本教育工学会論文誌 29(4)』pp.543-557
8.蒲谷宏、川口義一、坂本恵(1993)「依頼表現方略の分析と記述-待遇表現教育への応用に向けて」『早稲田大学日本語教育研究センター紀要 5』pp.52-69
9.金 昌男(1998)「日本語母語話者における依頼表現の使用実態について:「〜てくれる/くださる」「〜てもらう/いただく」を中心に」『千葉大学ユーラシア言語文化論集 3』pp.30-43
10.川端淑子(2001)「コミュニケーション手段としてのEメール-ビジネスと教育の視点から」『山陽学園短期大学紀要32』pp.11-27
11.蔡胤柱(2005)「日本語母語話者のEメールにおける「断り」-「待遇コミュニケーション」の観点から」『早稲田大学日本語教育研究 7号』pp.95-108
12.関口剛司(2007)「日本語による依頼表現の考察-日台異文化間コミュニケーションの視点から」『龍華科技大学学報第二十三期,2007.09』
13.関根 和枝 (2007)「 「〜てください」の機能について:「〜てください」は依頼か」『昭和女子大学大学院言語教育・コミュニケーション研究 2』pp.81-95
14.高木聖(1992)「ビジネス文書教育の実践的展開についてー導入部の要点をめぐって」『飯山論叢9(1)』pp.80-96
15.仁平章子(1993)「ビジネス文書教育の重要性」『賢明女子学院短期大学研究紀要 28』pp.69-78
16.野元 千寿子(2005)「大学におけるビジネス日本語教育:受講者アンケートを通して見えるもの」『昭和女子大学大学院日本文学紀要 16』pp.13-23
17.広滝道代(1998)「依頼表現の分析―手紙文の場合」『平安女学院短期大学紀要 29』pp.82-91
18.松嶋 緑(2003)「中国のビジネス日本語教材における待遇表現の扱われ方:教科書の分類と教科書中の「待遇表現」の扱われ方」『別科日本語教育:大東文化大学別科論集 5』pp.55-66
19.宮本 克之(2009)「言語表現力向上のための学習指導に関する一考察 : 「ビジネス・コミュニケーション」の実践を手がかりに」『全国大学国語教育学会発表要旨集 116』pp.38-41
20.村上治美(2002)「手紙文指導の問題点について」『東海大学紀要,留学生教育センター 22』pp.55-61
21.茂住 和世(2004)「異文化環境に適応する人材に求められるもの〜日中合弁企業における社員研修の事例から〜」 『東京情報大学研究論集 7(2)』pp.93-104
22.森山卓郎(2003) 『コミュニケーション力をみがく~日本語表現の戦略』NHKブックス
23.簗晶子、大木理惠、小松由佳(2007) 『これだけ日本語 E-Mail』衆文圖書
24.楊雪丹(2009)「パソコンメールにみられる依頼の中日対照」『桜美林言語教育論叢 5』pp.103-116
25.劉敏(1990)「依頼表現「請+V」と「…V てください」をめぐって:アンケート調査の分析」『東海大学紀要. 留学生教育センター 10』pp. 29-42
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
系統版面圖檔 系統版面圖檔