(54.236.62.49) 您好!臺灣時間:2021/03/08 03:42
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:林紋妃
研究生(外文):Wen-fei Lin
論文名稱:台湾人日本語学習者における「は」の習得研究-格成分の主題化及び複文の係り方を中心に-
指導教授:陳淑娟陳淑娟引用關係
指導教授(外文):Shu-chuan Chen
學位類別:碩士
校院名稱:東吳大學
系所名稱:日本語文學系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2011
畢業學年度:99
論文頁數:162
中文關鍵詞:習得縱斷研究台灣人日本語學習者主題化
外文關鍵詞:LARP at SCUtopiclongitudinal
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:171
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
本論文透過分析LARP at SCU (東吳大學日本語文學系學生的語言資料庫),進而了解台灣的日本語學習者對「は」的縱斷的習得狀況、習得順序及學習者間普遍的習得過程。並且藉由學習者的三年半的作文中之格助詞的主題化及複文中「は」的使用狀況結果,來確認學習者在「は」的習得上之困難點及共同點。根據其結果提出在日本語教育上「は」的指導建議。
 本論文一共分為五章。第一章為序論,提出本論文之研究動機、目的及研究方法。第二章為參考文獻,在參考關於日本語學及日本語教育(習得)方面的文獻後,先擬定本論文的三個分析基準,其分析基準分別為(1)「は」的判斷基準;(2)格助詞的分類基準;(3)從屬節的分類基準,接著並提出本論文之研究課題。第三章為研究概要,主要敘述研究對象及資料分析順序等方法。第四章為針對學習者之作文進行考察,藉由考察學習者之作文「は」的正用及誤用狀況來分析學習者的格助詞的主題化狀況及複文中的「は」使用傾向、使用特徵。第五章為結論,在此對學習者的作文中的「は」之習得狀況、習得特徵及習得順序做綜合性的考察後,提出指導學習者時的建議,建議在學習初期階段先利用圖示來加強學習者對「は」的概念,當學習者進入中級階段時則須加強格助詞主題化的規則及用法,最後則加強複文中「は」的用法概念。並且在本章最後提出今後研究的問題與方向。
This thesis, based on the analysis of students of Japanese literature and language database LARP at SCU (Language Acquisition Research Project at Soochow University) is to understand and appreciate Taiwan's Japanese learners’ position, on the behavioral usage of "ha”, its sequence of learning and its general pattern of learning process. Based on three and half years of Japanese learners’ compositions writing in the grid and re-theming of "ha" usage results, confirms that the learners faced similar "ha" difficulties on its acquisition point and common ground. According to the results of education in Japanese, "ha" guidance suggested.
This paper is divided into five chapters. The first chapter introduces to the readers as to the research motivation for this thesis, the purpose and the various research methods. Chapter two focuses on reference materials, the reference of Japanese Studies and Japanese Language Education (acquisition) in the literature, development of the following three proposed benchmarks; (1) to determine baseline of "ha"; (2) the classification of particle reference frame; (3) sectional dependent classification benchmark, and then put forward the result of this thesis. Chapter three defines the approach on the subject matter and data collection. It also analyses the order of its data collection. Chapter four analyses and examines the correct usage of “ha” in learners’ composition on the state of the grid to analyze the learner's theme of particle position and replies in the "ha" with the tendency to use characteristics.
Chapter five concludes with summaries of the examined result with general and comprehensive discussions, providing some suggestions on learning "ha" acquisition status. Based on learners’ compositions with acquisition characteristics and acquisition, suggests some guidelines and use of images to enhance “ha” concept on the initial learning phase. At intermediate stage, strengthening the grid particle subject to the rules and usage are suggested with finally strengthening the replies of "ha" concept usage. This chapter concludes with questions and proposes for future research.
第1章 序論 1
1.1 研究動機及び目的 1
1.2 研究範囲 2
1.3 研究方法及び手順 3
第2章 先行研究 4
2.1日本語語学における「は」の研究 4
2.1.1 日本語記述文法研究会(2008、2009、2010) 4
2.1.2 益岡(2004) 6
2.1.3 野田(1986、1996) 6
2.1.4 南(1993) 12
2.1.5 寺村(1991) 13
2.1.6 まとめ 14
2.2 日本語習得における先行研究 15
2.2.1  Pienemann(1998) 15
2.2.2 峯(2007) 16
2.2.3 遠山(2003、2005) 16
2.2.4 八木(1996、2000) 17
2.2.5 市川(1993、1995) 18
2.2.6 坂本(1996) 19
2.2.7 堀越(2007) 20
2.2.8 花田(2000) 20
2.2.9 先行研究のまとめ 21
2.3 本稿の立場及び分析基準 22
2.4 研究課題 26
第3章 研究概要 28
3.1 研究対象 28
3.2 研究方法と手順 30
第4章 結果と考察 33
4.1 学習者A 33
4.1.1 学習者Aの格成分の主題化の習得状況 34
4.1.2 学習者Aの複文における「は」の習得状況 45
4.2 学習者B 51
4.2.1 学習者Bの格成分の主題化の習得状況 52
4.2.2 学習者Bの複文における「は」の習得状況 60
4.3 学習者C 66
4.3.1 学習者Cの格成分の主題化の習得状況 67
4.3.2 学習者Cの複文における「は」の習得状況 76
4.4 学習者D 83
4.4.1 学習者Dの格成分の主題化の習得状況 84
4.4.2 学習者Dの複文における「は」の習得状況 91
4.5 学習者E 97
4.5.1 学習者Eの格成分の主題化の習得状況 99
4.5.2 学習者Eの複文における「は」の習得状況 107
4.6 学習者F 114
4.6.1 学習者Fの格成分の主題化の習得状況 115
4.6.2 学習者Fの複文における「は」の習得状況 122
第5章 結論 129
5.1 総合的考察 129
5.1.1 学習者6名の格成分の主題化の習得状況 129
5.1.2 学習者6名の複文における「は」の習得状況 143
5.1.3 まとめ 147
5.2 日本語教育への提案 150
5.3 今後の課題 157
参考文献 159
浅野鶴子(1965)「実践面における「が」と「は」」『日本語教育』7,49-56
庵功雄(2005)「文法研究と日本語教育」『開かれた日本語の扉』凡人社
―――(2010)「産出の文法としての日本語教育文法-「は」と「が」の使い分けを例として-」『台湾日本語文学報』28,43
市川保子(1993)「中級レベル学習者の誤用」とその分析-複文構造習得過程を中心に-」『日本語教育』8,55-66
――――(1995)「従属度の主語主語低い従属節の主語」『複文の研究(下)』くろしお出版
市川保子・本間倫子(1989)「取立て助詞「ハ」導入のための一試案-イラストと漫画で「ハ」を教える-」『日本語教育』70,90-106
井東廉介(1997)「日本語の主格を表示する助詞の階層的分布」『石川農短大報』27,13-26
大関裕美(2010)『日本語を教えるための第二言語習得論入門』くろしお出版
加藤陽子(1995)「テ形節分類の一試案-従属度を基準として」『世界の日本語教育』5,209-224
菊地康人(1995)「「は」構文の概観」、益岡隆志・野田尚史・沼田善子(編)『日本語の主題と取り立て』くろしお出版
木山三佳(2003)「連用修飾節を構成する接続助詞類の使用実態-作文データベースを用いて-」『言語文化と日本語教育』25,13-25
小柳かおる(2004)「日本語教師のための新しい言語習得概論」スリーエーネットワーク
坂本正(1996)「助詞「は」と「が」の習得について-文法性判断テストを通して-」『第7回第二言語習得研究会』
白井恭弘(2011))「コーパスを利用した言語習得研究-コーパス研究からわかること、わからないこと-」『2011年台湾日語習得研究国際学術検討会-LARP at SCU研究工作坊(五)』7-11
杉浦まそみ子(2011)「発話と作文における引用表現の習得過程:再考」『2011年台湾日語習得研究国際学術研討会』
迫田久美子(1998)「学習者の誤用を産み出す言語処理のストラテジー(1)」『平成10年日本語教育学会秋季大会予稿集』17-22
徐一琳(2005)「中国語母語話者に対する「は」と「か」の指導法-主題・主格の日中対照研究による-」『早稲田大学日本語教育研究』7,81-93
谷守正寛・趙微微(2006)「中国語と日本語の主題表現比較」『地域学論集』2-3,401-409
寺村秀夫(1991)『日本語のシンタクスと意味Ⅲ』くろしお出版
遠山線佳(2003)「自然習得者による主題「は」の習得-タガログ語を母語とする学習者の発話から-」『言語文化と日本語教育』25,54-65
――――(2005)「助詞『は』に関する第二言語習得研究の流れと展望-探索的研究と演繹的研究の枠組みから-」『言語文化と日本語教育』11,101-121
丹保健一(1986)「係助詞「は」の理解」『日本語学』15-2,14-21
長友和彦(1990)「誤用分析研究の現状と課題」『広島大学留学生センター紀要』1,23-40
――――(2010)「「が」と「は」の習得:Systematic Variation Model再考」『2010年台湾日本語習得研究国際シンポジウム』5-10
長友和彦・迫田久美子(1988)「誤用分析の基礎研究(1)」『広島大学教育学研究紀要』33,144-149
永野賢(1965)「文章における「は」と「が」の機能」『日本語教育』7,32-49
仁田義雄(1986)日本語「現象描写文をめぐって」『日本語教育』5-2,56-69
日本語記述文法研究会(2008)『現代日本語文法6』くろしお出版
日本語記述文法研究会(2009)『現代日本語文法2』くろしお出版
日本語記述文法研究会(2010)『現代日本語文法5』くろしお出版
野田尚史(1986)「複文における「は」と「が」の係り方」『日本語学』5-2,33‐43
――――(1996)『新日本語文法選書1 主題「は」と「が」』くろしお出版
蓮池いずみ(2004)「場所を示す格助詞選択のストラテジー-韓国語母語話者と中国語母語話者の比較-」『言葉と文化』5,105-117
花田敦子(2001)「談話資料に見る『は』『が』の習得」『久留米大学外国語教育研究所紀要』8, 久留米大学外国語教育研究所 89-108
細川秀雄(1993)「留学生日本語作文における格関係表示の誤用について」『早稲田大学 日本語研究教育センター紀要』5号,pp.70‐89.
堀越和男(2005)「 「は」と「が」の習得における環境及び第一言語の影響-台湾人学習者を中心に」台湾日本語文学会
――――(2007)「『は』と『が』の習得順序再考-SVM理論の応用-」『2007年日語教學國際會議』,東呉大學日本語文學系
益岡隆志、仁田義雄、郡司隆男、金水敏(2004)『文法 言語の科学5』岩波書店
三上章(1960)「象は鼻が長い」くろしお出版
――― (1965)「「は」と「が」の研究法」『日本語教育』7,21-31
南不二男(1993)『現代日本語文法の輪郭』大修館書店
峯布由紀(2007)「認知的な側面からみた第二言語の発達過程について‐学習者の使用する接続辞表現の分析結果をもとに-」『日本語教育』134,90-99
峯布由紀・杉浦まそみ子(2010)「言語処理の発達からみた引用表現の習得過程」『2010年世界日語教育大会予稿集』
都通憲三朗(2011)「LARPデータと処理可能性理論再考」『2011年台湾日語習得研究国際学術研討会』
八木公子(1996)「初級学習者の作文にみられる日本語の助詞の正用順序-助詞別、助詞の機能別、機能グループ別に-」『世界の日本語教育』6,65-81
――――(2000)「『は』と『が』の習得-初級学習者の作文とフォローアップインタビューの分析から」『世界の日本語教育』10,91-107
林佩怡(1996)「中国語母語話者による「ト思う」の習得研究」東呉大学碩士論文
林雅芬(2003)「日中エピソード文における結束性と主題の展開」『現代社会文化研究』26,213-230
Pienemann,M.(1998). Language processing and second language development Processability theory. Amasterdam John Benjamins. 
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
1. 台湾人日本語学習者の可能表現に関する縦断的習得研究―LARP at SCUの作文データを中心に―
2. 台灣人日本語學習者的朗讀停頓表現之學習發展過程分析
3. LARP at SCUコーパスの作文データにおける学習者の動詞語彙使用の一考─習得の難易度から日本語教育への提言を目指して─
4. 台湾人学習者における副詞の習得研究―作文データをもとに―
5. 台湾人日本語学習者に対するフィードバックについての一考察-作文についての日本語教師のインタビューを対象に-
6. 台湾日本語学習者による引用表現の習得研究 - LARP at SCUの作文及びフォローアップインタビューデータからの考察-
7. 日中対照研究 助詞についての一考察 ー「を」などを中心にー
8. 台湾人JFL教室習得者の日本語発達 -初級から上級までの習得過程を追う-
9. 鹿野忠雄の台湾山岳行脚:高校と大学時代の高山紀行文を中心に
10. 台湾日本語学習者と母語話者の「オノマトペ」の使用に関する一考察―教科書分析および実態調査を通して―
11. 作文における接続詞の縦断的習得研究ーLARP at SCUコーパスを対象にー
12. 台湾人学習者のフィラーの縦断的習得状況についての考察─LARP at SCUコーパスを中心に─
13. 日本語教育における「AはBだ」という教授法の妥当性を巡って : 日本語と中国語の語境依存を中心に
14. 台湾の日本語教育における中上級カリキュラム構築の実践研究 : 社会教育としての語学学校を対象に
15. 台湾人日本語学習者の外来語習得に関する調査研究―教科書の語彙調査と表記習得状況を中心に―
 
系統版面圖檔 系統版面圖檔