(3.235.245.219) 您好!臺灣時間:2021/05/07 22:24
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

: 
twitterline
研究生:陳俞潔
研究生(外文):Yu-Chieh Chen
論文名稱:試培養台灣初中級日本語學習者之自律學習-以「學習檔案」為主-
論文名稱(外文):A Study on developing the self-regulated learning skills of basic/intermediate level Taiwanese learners of Japanese-Focus on portfolio
指導教授:羅曉勤羅曉勤引用關係
指導教授(外文):Hsiao-Chin Lo
學位類別:碩士
校院名稱:銘傳大學
系所名稱:應用日語學系碩士班
學門:人文學門
學類:中國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2012
畢業學年度:100
論文頁數:199
中文關鍵詞:自律學習循環模式學習策略學習檔案自律學習
外文關鍵詞:Learning StrategiesPortfolioSelf-Regulated Learning CircleAutonomy Learning
相關次數:
  • 被引用被引用:1
  • 點閱點閱:343
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:68
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:2
所謂「自律學習」即學習者不用倚靠他人的力量,就能夠朝著自己的
學習目標訂定學習計畫、選擇學習教材與學習方式,並且能夠反省自己的
學習成果。筆者回顧過去自己的學習經歷,發現能夠自律地學習的學習者
雖然不是沒有,但畢竟仍是少數,因此想透過日語檢定的課程來試著培養
台灣日語學習者的自律學習。筆者以Zimmerman 等人(1996)的理論為基
礎,將「自律學習循環模式」導入日本語能力試驗(簡稱JLPT)之課程中,
讓學習者邊自律學習,邊記錄學習過程與問題點,形成自我的「學習檔案」。
除了這兩個學習目標之外,為了了解台灣的日語學習者過去的自律學習表
現與行為,在正式上課之前,筆者將與自律學習相關的問卷發給學習者做
了一次調查。然後,在全部課程結束時,透過與學習者的訪問,檢討本研
究之研究方法。其研究結果如以下所列:

1. 根據問卷顯示,學習者過去在學習資源的運用以及對自我學習狀況之認
知顯示出良好的表現。另一方面,在時間規劃以及對於學習之自我評量這
兩方面,如筆者觀察所示,仍有改善的空間。此外,營造同儕間能互相激
勵學習之學習環境,比父母或老師的鞭策更能提昇學習者的學習效果。
2. 根據學習檔案之分析結果,筆者能夠透過學習檔案更加掌握學習者之問
題點,達到立即回饋之效果。學習者方面,大部分的學習者能夠掌握需要
加強的科目或是問題點,但是尚有許多學習者無法靈活運用學習策略。這
可推測與本研究並未針對每個科目導入學習策略有關。另外,學習檔案之
優劣與科目特性也有關係。根據內容顯示,本研究之學習檔案利於語彙、
文法上之記錄,在聽力與讀本科目上難以檢視學習者之問題點。
3. 根據訪談的結果,大部分的學習者對於本研究設計之課程、JLPT 模擬
考、補充教材感到相當滿意,但仍有地方需要改進。最重要則是改良學習
記錄表,以增加其效能與使用性。
Autonomy learning refers that the learner can personally set his/her study
planning, select study resources and study methods, and reflect on his/her study
process to achieve assignment with others. I looked back my learning experience
and I discovered that those who can study autonomously are very sparse.
According to Barry J. Zimmerman(1996), it is very important that learners are able
to evaluate their study passing through study process and complete the work.
I took study skills about self-evaluation and time planning that is first critical
step on all the study based on Zimmerman(1996) into the class I instructed.
And then, I made records on their studying process about self-evaluation
and time planning. These records become “portfolio”. Besides, I used the
questionnaire to understand it and then reviewed this study through interviews.

1. Base on questionnaire, students have a good display on using study
resources and understanding themselves on studying. On the other hand,
self-evaluation and time planning need to be improves. Besides,
constructing an autonomy learning environment is good to assist students
study positively.
2. The majority of students found their problems on studying, but some
students still cannot make use of portfolios or understand how to use it.
Besides, using portfolio is good to promote the interaction between teacher
and students.
3. All the student are satisfied with this program but there are some
problems have to be improved, such as how to simplify portfolio usage, and
how to teach students much more studying skills or strategies before
implementing autonomy learning program.
目次
要旨(中国語) -------------------------------------------------- i
要旨(英語) ----------------------------------------------------ii
要旨(日本語) ------------------------------------------------ iii
謝辞-------------------------------------------------------------iv
目次--------------------------------------------------------------v
表目次----------------------------------------------------------vii
図目次---------------------------------------------------------viii

第1章 序論------------------------------------------------------- 1
1-1 研究動機 ---------------------------------------------------- 1
1-2 自律学習の定義 ---------------------------------------------- 1
1-3 研究目的 ---------------------------------------------------- 2
1-4 本論の構成 -------------------------------------------------- 3

第2章 先行研究 -------------------------------------------------- 4
2-1 自律学習の学習特徴 ------------------------------------------ 4
2-2 自律学習の学習ストラテジー ---------------------------------- 5
2-3 言語教育における自律学習の関連研究 ------------------------- 11
2-3-1 チュートリアルを採用した自律学習研究 --------------------- 12
2-3-2 ポートフォリオを採用した自律学習研究 --------------------- 13
2-3-2-1 日本におけるポートフォリオの関連研究 ------------------- 14
2-3-2-2 台湾におけるポートフォリオの関連研究 ------------------- 16
2-3-3 自己評価シートを採用した自律学習研究 --------------------- 18
2-3-4 その他 --------------------------------------------------- 20
2-3-4-1 日本における関連研究 ----------------------------------- 20
2-3-4-2 台湾における関連研究 ----------------------------------- 23
2-4 先行研究の不足 --------------------------------------------- 23
2-5 研究課題 --------------------------------------------------- 30

第3章 研究方法 ------------------------------------------------- 33
3-1 実施時期および授業の内容 ----------------------------------- 33
3-2 協力者および募集の過程 ------------------------------------- 33
3-3 授業と各用紙の構成 ----------------------------------------- 34
3-3-1 授業の流れ ----------------------------------------------- 34
3-3-2 各用紙の構成 --------------------------------------------- 37
3-3-3 インタビューの項目 --------------------------------------- 41
3-4 分析方法 --------------------------------------------------- 42

第4章 分析結果 ------------------------------------------------- 47
4-1 アンケートの分析結果 --------------------------------------- 47
4-1-1 信頼性 --------------------------------------------------- 47
4-1-2 学習者の過去の自律学習状況 ------------------------------- 47
4-1-2-1 学業に対する自律学習態度-------------------------------- 48
4-1-2-2 学習資源の運用について---------------------------------- 50
4-1-2-3 学習時間の管理について---------------------------------- 51
4-1-2-4 問題解決について---------------------------------------- 53
4-1-2-5 学習環境について---------------------------------------- 54
4-1-2-6 自分の学習状態に対する認知について---------------------- 56
4-1-2-7 自律学習に接触した経験について-------------------------- 58
4-1-2-8 まとめ-------------------------------------------------- 59
4-2 ポートフォリオの分析結果 ----------------------------------- 60
4-2-1 学習者A -------------------------------------------------- 61
4-2-2 学習者B -------------------------------------------------- 63
4-2-3 学習者C -------------------------------------------------- 65
4-2-4 学習者D -------------------------------------------------- 67
4-2-5 学習者E -------------------------------------------------- 68
4-2-6 学習者F -------------------------------------------------- 70
4-2-7 学習者G -------------------------------------------------- 72
4-2-8 学習者H -------------------------------------------------- 74
4-2-9 学習者I -------------------------------------------------- 76
4-2-10 学習者J ------------------------------------------------- 77
4-2-11 学習者K ------------------------------------------------- 79
4-2-12 学習者L ------------------------------------------------- 80
4-2-13 学習者M ------------------------------------------------- 82
4-2-14 まとめ -------------------------------------------------- 83
4-3 学習状況と学習成績との関係---------------------------------- 86
4-3-1 グループ1------------------------------------------------- 87
4-3-2 グループ2------------------------------------------------- 89
4-3-3 グループ3------------------------------------------------- 90
4-4 インタビューの分析結果-------------------------------------- 93

第5章-----------------------------------------------------------106
5-1 分析結果----------------------------------------------------106
5-1-1 アンケートについて----------------------------------------106
5-1-2 実験後の学習状況について----------------------------------107
5-2 今後の課題--------------------------------------------------108

参考文献--------------------------------------------------------110

付録1 本研究参加同意書 -----------------------------------------119
付録2 日本語学習状況調査アンケート -----------------------------120
付録3 JLPT 模擬テスト自己評価シート ----------------------------121
付録4 週間学習計画シート ---------------------------------------122
付録5 学習時間自己評価シート -----------------------------------123
付録6 学習内容自己評価シート -----------------------------------124
付録7 13 名学習者のインタビュー文字化 --------------------------125

表目次
表1 チュートリアルに関する研究の問題点の整理 --------------------- 23
表2 ポートフォリオに関する研究の問題点の整理 --------------------- 24
表3 自己評価シートに関する研究の問題点の整理 --------------------- 25
表4 その他の研究の問題点の整理 ----------------------------------- 26
表5 本研究の授業の流れ ------------------------------------------- 34
表6 アンケートの類型および質問項目の分布 ------------------------- 39
表7 本研究で使用した模擬テストの構成 ----------------------------- 39
表8 Cronbach アルファの特徴について ------------------------------ 43
表9 メタ認知の類型と下位分類 ------------------------------------- 45
表10 筆者が修正したメタ認知の定義と下位分類 ---------------------- 45
表11 学習者A のメタ認知表現 -------------------------------------- 61
表12 学習者B のメタ認知表現 -------------------------------------- 63
表13 学習者C のメタ認知表現 -------------------------------------- 66
表14 学習者D のメタ認知表現 -------------------------------------- 67
表15 学習者E のメタ認知表現 -------------------------------------- 68
表16 学習者F のメタ認知表現 -------------------------------------- 71
表17 学習者G のメタ認知表現 -------------------------------------- 72
表18 学習者H のメタ認知表現 -------------------------------------- 74
表19 学習者I のメタ認知表現 -------------------------------------- 76
表20 学習者J のメタ認知表現 -------------------------------------- 78
表21 学習者K のメタ認知表現 -------------------------------------- 79
表22 学習者L のメタ認知表現 -------------------------------------- 80
表23 学習者M のメタ認知表現 -------------------------------------- 82
表24 グループ1 のメタ認知表現と模擬テストの学習成績--------------- 87
表25 グループ2 のメタ認知表現と模擬テストの学習成績 -------------- 89
表26 グループ3 のメタ認知表現と模擬テストの学習成績 -------------- 90
表27 学習活動の方法(学習記録表を含む)や行いにくかった部分に対する評
価-----------------------------------------------------------------94
表28 「ポートフォリオ」に対する評価 ------------------------------ 96
表29 日本語能力試験模擬テストの難易度に対する評価----------------- 99
表30 本研究の配った補充教材に対する評価 ------------------------- 101
表31 全体的な学習活動に対する評価 ------------------------------- 103
圖目次
図1 自律学習のできる学習者の特徴 ---------------------------------- 6
図2 自律学習サイクル・モデル -------------------------------------- 8
図3 アンケートの信頼性 ------------------------------------------- 47
図4 学業に対する自律学習態度についての分析結果 ------------------- 48
図5 学習資源の運用についての分析結果 ----------------------------- 50
図6 学習時間管理についての分析結果 ------------------------------- 51
図7 問題解決についての分析結果 ----------------------------------- 53
図8 学習環境についての分析結果 ----------------------------------- 55
図9 自分の学習状態に対する認知についての分析結果 ----------------- 56
図10 「自律学習」への参与度 -------------------------------------- 58
Barry J. Zimmerman(1990) Self-Regulated Learning and Academic
Achievement: An Overview. Educational Psychologist, 25(1), 3-17.

Barry J. Zimmerman, Sebastian Bonner, Robert Kovach(1996) Developing
self-regulated learners: beyond achievement to self-efficacy.
American Psychological Association (APA)

Edward L. Deci, Richard Flaste(1995) Why We Do What We Do: Understanding
Self-Motivation.

Dickinson, L.(1987) Self-instruction in Language Learning. Press
Syndicate of the University of Cambridge.

Holec, H. (1981) Autonomy and foreign language learning. Oxford:
Pergamon Press.

Thomas O. Nelson & Louis Narens(1994) Why Investigate Metacognition?
http://www.pdf-finder.com/pdf/Why-Investigate-Metacognition?.ht
ml

Barry J. Zimmerman, Sebastian Bonner, Robert Kovach(1996) Developing
self-regulated learners: beyond achievement to self-efficacy.
American Psychological Association (APA)
[『自己調整学習の指導 学習スキルと自己効力感を高める』(2008)
塚野州一・牧野美知子 訳]

Malcolm Shepherd Knowles(1975) Self-Directed Learning: A Guide for
Learners and Teachers. Englewood Cliffs: Prentice Hall/Cambridge.
[『学習者と教育者のための自己主導型学習ガイド─ともに創る学習の
すすめ』(2005)京都大学SDL 研究会 訳]

Ralph Degen(2004)「外国語学習における日本人学生の自律性: その現状
と自律性の促進への提案」『香川大学創刊号』pp.1-16

Ralph Degen(2008)「日本人学生に自律学習に役立つ考え方(メタ認知能力)
を芽生えさせるにはどのようにすればよいか」『言語文化』45 pp.71-78

青木直子・尾崎明人・土岐哲(2001)『日本語教育学を学ぶ人のために』世
界思想社

青木直子(2009)「学習者オートナミー概論」『2009 年フランス日本語教師
会研修会報告書』http://www.let.osaka-u.ac.jp/~naoko/jlp/pdf
/handouts/Paris2009.pdf(2010 年1 月18 日)

青木直子(2010)「学習者オートノミー、自己主導型学習、日本語ポートフ
ォリオ、アドバイジンぐ、セルフ・アクセス」『日本語教育通信 38』
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/survey/tsushin/reserch/index.
html (2010 年2 月23 日)

石田勢津子(1981)「自己調整システムにおける自己評価の役割Ⅰ-自己評
価基準の設定に関して-」『名古屋大学教育学部紀要』28 pp.1-8

岩脇三良(1996)『新心理学ライブラリ=11 教育心理学への招待-児童・
生徒への理解を深めるために-』サイエンス社

市川洋子・貫井正納(2002)「子どもの自己評価の変容: ポートフォリオ
評価を取り入れた総合的な学習を通して」『千葉大学教育学部研究紀要』
50 pp.57-67

市川隆生(2010)「自律学習能力の育成を図る教室活動-モニタリングと自
己評価の基準確立を目指して-ワークショップ1」pp.1-4 2010 年度第
2 回日本語教育巡回研究会

臼杵美由紀(1995)「学習者自律への方向づけ:学習日記に基づいた学習者
トレーニングの有効性」『北陸大学紀要』19 pp.291-299

植田麻実(2004)「英語学習者の自律を促すタスク」『語学教育研究論叢』21
pp.131-151

梅田康子(2005)「学習者の自律性を重視した日本語教育コースにおける教
師の役割-学部留学生に対する自律学習コース展開の可能性を探る-」
『言語と文化』12 pp.59-77

英保すずな(2006)「第二言語環境における学習ストラテジーの使用-自律
的学習の実現をめざして-」『関西外国語大学留学生別科日本語教育論
集』16 pp.99-110

岡林春雄(1999,3 刷)『認知心理学入門─その基礎理論と忚用』金子書房

岡田日出巳・久保田靖子・清水律子・中井真理子・中野香・弓谷行宏(2003)
「英語『自律学習支援計画』の実践と展開」『山陽論叢』10 pp.129-134

岡本京子(2006)「自律学習型英文法補習クラスの指導法略と実践」『経営・
情報研究 : 多摩大学研究紀要』10 pp.53-61

大西博子(2006)「日本語教育における『自律性』の転換」『言語文化教育
研究』5 pp.25-41 早稲田大学大学院日本語教育研究科

尾関史(2007)「学習者の主体性を活かした授業に向けて-学習者と教師の
視点から捉える学習者主体-」『早稲田大学日本語教育実践研究』6
pp.185-193

岡崎眸(2007)「学習者の主体性と教師の主導性(日中韓3 か国合同ジョイ
ントゼミ(北京))」『大学院教育改革支援プログラム「日本文化研究の
国際的情報伝達スキルの育成」活動報告書』pp.140-143

大木充・松井沙矢子・堀晋也・西山教行・田地野彰(2007)「CALL による教
室外自律学習の必要性と有効性」『Revue japonaise de didactique du
français』2(1) pp.130-152

桜美林大学日本語プログラム「グループさくら」(2007)『自律を目指すこと
ばの学習─さくら先生のチュートリアル─』凡人社

萱間真美(2008,1 版2 刷)『質的研究実践ノート 研究プロセスを進める
clue とポイント』医学書院

熊倉裕子・辛銀眞・杉山充・高橋佳子・六笠恵美子・Chia-I LIU・和田晃子
(2004)「自律学習への試み-教室内外の協働作業を通して-」『早稲田
大学日本語教育実践研究』1 pp.149-158

金田一春彦・池田弥三郎編(1995、第2 刷)『学研国語大辞典』学習研究社

輿幸雄・生野金三・下田好行(2003)「学習者のメタ認知能力を促すポート
フォリオの再構成についての研究─『読書と豊かな人間性』の授業を手
がかりとして」『教育実践研究』4 pp.1-8

近藤真宣(2009)「日本語教育における評価の役割」『二〇〇九年日本語教學
國際會議論文集』pp.57-70 東呉大学

崎浜秀行(2000)「自己調整(self-regulation)研究に関する考察(1)」『名
古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要』48 pp.65-72

崎濱秀行(2002)「日本語文章能力を規定する自己調整学習とは?:大学生
とした課題演習の結果から」『日本教育心理学会総会発表論文集』44
p.358

佐藤方哉(1997,10 版)『行動理論への招待』大修館書店

佐藤礼子(2002)「第二言語(日本語)の読みにおけるメタ認知に関する一
考察」『広島大学大学院教育学研究科紀要:第二部』51 275-281

佐藤敏子・山名豊美・中川武(2004)「ポートフォリオ学習における学習者
の変容-自律した学習者を目指して-」『つくば国際大学研究紀要』10
pp.31-48

佐藤奈々恵・クロフォード マイケル J.(2008)「高等学校の英語教育に
おける自律性の育成に関する予備研究」『北海道教育大学紀要(教育科
学編)』59(1) pp.151-162 北海道教育大学函館校英語科教育研究室

坂山真由美・森田昌美(2004)『学習者中心の外国語教育をめざして─流通
科学大学ドイツ語教授法ワークショップ論文集』三修社

斎藤伸子・松下達彦(2004)「自律学習を基盤としたチュートリアル授業-
学部留学生対象の日本語クラスにおける実践-」『Obirin Today』4
pp.19-33 桜美林大学

斎藤伸子(2011)「学習者の自律を目指す授業「チュートリアル」─実践と
継続─」『自律的な言語学習のデザインとその支援発表討論会報告書』
pp.7-12 東海大学日本語文学系

斎藤里美(2005)「学習者の『自律性』と『学習ストラテジー』に着目した
日本語教育-東洋大学『言語と言語技術』のコースデザインを中心に-」
『東洋大学人間科学総合研究所紀要』3 pp.12-27

酒井志延(2008)「英語教育における自律した学習者養成とICT」『メディア
教育研究』5(1) pp.45-56

社団法人日本語教育学会(2005)『新版日本語教育事典』大修館
下絵津子(2006)「第二言語教育におけるポートフォリオの活用」『宮崎公立
大学人文学部紀要』14(1) pp.149-167

上智大学英語教員研究会(2007)「『英語合格者の英語学習・英語使用状況調
査』報告」http://www.bun-eido.co.jp/ASTE.html(2011 年1 月18 日)

杉浦正利・竹内彰子・馬場今日子(2002)「リスニング能力養成のための自
律学習:ディクテーションの効果」『言語文化論集』23(2) pp.105-121

菅原和夫・高橋澄子(2008)「学習者の自己評価を促すプロジェクト活動」
『日本語教育実践研究フォーラム報告』pp.1-10 東北大学高等教育開発
推進センター

瀬川直美(2009)「学習意欲の向上と自律学習を促す英語指導とは-バララ
ット大学における短期語学研修を通して-」『木更津工業高等専門学校
紀要』42 pp.41-47

舘岡洋子(2002)「日本語でのアカデミック・スキルの養成と自律的学習」
『東海大学紀要留学生教育センター』22 pp.1-20

土屋真理子(2008)「自律的な学習を目指した教室授業における自己評価シ
ートの役割」『桜美林言語教育論叢』4 pp.1-18

富谷玲子・高木南欧子(2008)「協同学習におけるメタ認知─大学生の原稿
産出プロセスから─」『神奈川言語研究』30 79-98

成田富美代(2009)「自動の自己調整学習に関する研究」弘前大学大学院教
育学研究科

中川慎二(2010)「『言語学習者のためのポートフォリオ』と自律学習-ヨー
ロッパ言語共通参照枠をめぐって-」『言語と文化』13 pp.89-101 関西
学院大学言語教育研究センター紀要委員会

波多野誼余夫(1994)『自己学習能力を育てる 学校の新しい役割』東京大
学出版会

原田康也(2006)「自律的学習を促す学習者主体の英語学習環境の構築に向
けて」『JACET 全国大会要綱』45 pp.135-136 社団法人大学英語教育学


細川英雄(2008)「実践研究は日本語教育に何をもたらすか」『早稲田日本語
教育学』7 pp.69-81

白頭宏美・久保田美映(2010)「自律的な学習に向けた自己分析作業─自己
評価と振り返り─」『桜美林言語教育論叢』6 pp.77-90

舟橋宏代(2005)「ポートフォリオを利用したフリートークの『会話』授業
-学習者の自律学習を支えるために-」『鈴鹿国際大学紀要CAMPNANA』
12 pp.161-173

藤澤良行・小森道彦(2007)「Developing Learning Autonomy-大阪樟蔭女
子大学におけるSelf-Access Center 構築のために-」『大阪樟蔭女子
大学論集』44 pp.7-18

藤田ラウンド幸世(2008)「学習者オートナミーにおける『学習の見えない
プロセス』-チュートリアル担当教員の物語と学習者の振り返りから-」
『Obirin Today』9 pp.145-163 桜美林大学

文部科学省(2002)「『英語が使える日本人』の育成のための戦略構想の策
定について」http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/02
0/sesaku/020702.htm(2010 年1 月18 日)

法貴寿子(2003)「内省活動の分析に関する一考察-日本語中級学習クラス
における試み-」『創価大学別科紀要』15 pp.68-83

牧野由香里(2003)「プレゼンテーションにおける自律的学習のための学習
環境デザイン」『日本教育工学会論文誌』27(3) pp.325-335

松沼光泰(2004)「テスト不安,自己効力感,自己調整学習及びテストパフ
ォーマンスの関連性─小学校4年生と算数のテストを対象として」『教
育心理学研究』52 pp.426-436

松崎邦守(2008)「基礎的知識の定着と自己調整学習力を培うことを目的と
した総合的な学習の時間の授業実践とその効果─ポートフォリオを教
授ツールとして活用して─」『日本教育工学会論文誌』32 pp.149-152

松本順子・梅岡已香・新井弘泰・永野浩美(2009)「自律的な学習者を目指
すためのクラス運営-上級日本語クラスにおける実践-」www7.obirin.
/nihongo/docs/hokoku_09matsumoto.pdf(2011年1月18日)

松田岳士・山田政寛(2009)「学習計画習慣の有無によるe ラーニングにお
ける学習行動の相違について」『日本教育工学会論文誌』33 113-116

増井三夫・野田晃・田邊道行・朝井宜人(2010)「自己調整による思考の変
容可能性:大手町小学「学びのノート」の分析」『上越教育大学研究紀
要』29 pp.141-150

三宅なほみ(2005)「学習プロセスそのものの学習:メタ認知研究から学習
科学へ」日本認知科学会 2005 年冬のシンポジウム

三宅若菜(2006)「自律学習を基盤とした日本語授業のける教師の役割-『チ
ュートリアル』の学習記録から-」『桜美林言語教育論叢』2 pp.105-115
桜美林大学言語教育研究所

三宅若菜(2007)「教師はどのようにリソースを捉えているのか : 自律的
な学習を目指した日本語学習の場合」『桜美林言語教育論叢』3 pp.51-62

三宮真智子(2009,初版2 刷)『メタ認知 学習力を支える高次認知機能』
北大路書房

村上千智・後藤倫子(2006)「自律学習のための試み-言語習得の場からの
考察」『目白大学人文学研究』3 pp.177-188

元木芳子(2009)「e-Learning におけるセルフモニタリングによる自己評
価が成績向上に及ぼす効果」『日本教育工学会論文誌』33 pp.57-60

山内真理(2008)「大学教育におけるICT 活用」『神戸海星女子学院大学研究
紀要』47 pp.93-119

廖継莉・吉田光演(2006)「唐詩学習CALL システムの研究と構築について」
『人間科学研究』1 pp.1-20

白明靜(2007)。「自我調整策略方案」對國中生英語科自我調整輔導成效之研
究。國立東華大學教育研究所碩士論文。

梁雲霞(2006)。從自主學習理論到學校實務:概念架構與方案發展。當代教
育研究,14(4),171-206。

羅雙彥(2009)。第一名教室的十堂課。海鴿文化。

李弘善(訳)(2000)。Dale Scott Ridley& Bill Walther(著)(1995)。自
主的課堂。遠流出版。

李紋綺(2006)。鷹架國小學童英語科自我調整學習之研究。國立花蓮教育大
學國民教育研究所碩士論文。

李政賢(訳)(2009)。Irving Seidman(著)(2006)。訪談研究法。五南圖書
出版。

劉燕饒(2001)。國民中學資優學生時間管理、學習態度、學業成就與生活適
應關係之研究。彰化師範大學特殊教育學系在職進修專班碩士學系。

林芯如(2000)。Barry J. Zimmerman(著)(1996)。自律學習。遠流出版。

林建平(2005)。自律學習的理論與研究趨勢。國教新知,52(2),8-25。

林美和(2006)。成人發展、性別與學習。五南圖書出版。

林暉(2009)。大一英文課程自我調整學習之研究。逢甲大學公共政策研究所
碩士論文。

林吟霞(2010)。自主學習取向之適性課程與教學研究:臺灣小學與德國小學
「方案教學」個案比較。課程與教學季刊,13(3),47-76。

黃純敏(2008)。自律學習策略對國中生學習動機與學業成就影響之研究。國
立台灣師範學院教育學系在職進修碩士班博士論文。

邱皓政(2007)。量化研究與統計分析(基礎版)-SPSS 中文視窗版資料分析
範例解析,3 刷。五南圖書出版。

謝伯榮(2006)。國中學生時間管理與學業成就關係之研究。國立台北大學統
計學系碩士班碩士論文。

朱健鴻(2007)。自律學習策略對國中生學習動機與學業成就影響之研究。國
立台灣師範學院教育學系在職進修碩士班碩士論文。

鍾聖校(1992)。認知心理學,3 刷。心理出版。

莊石瑛(2004)。英文寫作自我效能、目標導向與自我調整學習策略之探討。
屏東科技大學技術及職業教育研究所碩士論文。

鄭惠文(2007)。課後學習活動及大學生自主學習之研究。國立中正大學外國
語文研究所碩士論文。

周子敬(2007)。統計套裝軟體-精通SPSS。全華科技出版。

鄭贊瑞(2008)。科技大學英語系學生對自主學習之態度研究。國立高雄第一
科技大學應用英語系碩士論文。

中華民國自主學習促進會網站:北市自主學習計畫摘要。2011 年1 月18
日取自http://www.alearn.org.tw/alearn_schools/paln_abstract.
html

中等教育司(2010):推動高級中學第二外語教育。2011 年1 月18 日取自
http://www.edu.tw/high-school/content.aspx?site_content_sn=8426

張新仁(2002)。當代教學統整新趨勢:建構多元而適配的整體學習環境。教
育學刊,18,43-64。

張碧容、鄒慧英(2005)。國小四年級學童閱讀摘要實作表現及自我評量之研
究。南大學報,39(1)。149-174。

張春興(2008)。教育心理学。東華。

章心研(2009)。我的第一本時間管理學。一言堂出版社。

陳玉玲(2002)。自我調整學習理論探究及相關研究。教育學刊,19,27-45。

陳嘉皇、郭順利、黃俊傑、蔡玉慧、吳雅玲、侯天麗(訳)(2003)。Barry J.
Zimmerman, D. H. Schunk (1998)(著)。自我調整學習-教學理論與實
務。心理出版社。

陳嘉皇(2004)。林傳生(編)(2004)。自我導向學習-新世代必備的能力。
教學新世紀理論與實務,67-87。心理出版社。

陳山龍、吳致秀、邱齊滿(2005)。網頁式電腦輔助教學對技專院校日語讀解
能力不佳學生補救教學成效之研究。行政院國家科學委員會專題研究計
畫成果報告。

許天威(1994)。行為改變之理論與應用。復文圖書出版社。

施良方(1996)。學習理論:學者心理學的理論與原理。麗文文化。

孫蓉萍(訳)(2002)。和田秀樹(著)(2000)。大人視窗學習法。聯經。

王文科、梁仲容(2000)。自主學習者模式(ALM)的評介及其在資優教育的
應用。資優教育季刊,76,18-29。

王文科、王智弘(訳)(2002)。B. R. Hergenhahn& Matthew H. Olson(著)
(2001)。學習心理學:學習理論導論,2 版1 刷。五南圖書出版。

吳若己(2006)。檔案評量對成人英語學習者自我導向學習傾向、學習策略及
學習成效影響之研究。國立高雄師範大學成人教育研究所博士論文。

吳明龍(2007)。SPSS 操作與應用:問卷統計分析實務。五南圖書出版。

魏君容(2007)應用合作式自我調整學習教學法於大一英文閱讀理解成效之研
究。慈濟大學教育研究所碩士論文。
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
系統版面圖檔 系統版面圖檔