跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(44.222.64.76) 您好!臺灣時間:2024/06/14 07:41
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:張維軒
研究生(外文):Wei-hsuan Chang
論文名稱:日語學習者之使用讀解學習策略—日本語能力測驗之讀解測驗者學習策略分析—
論文名稱(外文):An Investigation of the use of Reading Strategies from Japanese Language Learners —Learning Strategies from Reading Comprehension Test of JLPT—
指導教授:林蕙美林蕙美引用關係
指導教授(外文):Hui-mei Lin
學位類別:碩士
校院名稱:國立高雄第一科技大學
系所名稱:應用日語研究所
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2012
畢業學年度:100
語文別:日文
論文頁數:93
中文關鍵詞:讀解學習策略日語
外文關鍵詞:ReadingLearning StrategiesJapanese
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:499
  • 評分評分:
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
在資訊發達的現今社會,語言學習已經成為接觸新科技、新情報與新知識的重要手段之一,而在接觸新情報的重要因素非讀解能力莫屬了。因此,本論文在聽、說、讀、寫基本的語言學習四技能裡,汲取出「讀」的部分,並且探討日語學習者在學習第二外國語言時可以利用的學習策略為何,特別著重於日語學習者在日本語能力檢定(JLPT)的過程中,使用讀解策略的情況,以及中高級日語學習者與初級日語學習者在讀解學習策略的使用上是否有所差異,以及學習者在讀解考試時遇到的各種困難來分析並提出建言。
本研究的受訪者為日本語能力測驗(JLPT)合格者,合計共134名。根據日本語能力測驗(JLPT)通過的級數來分組,通過日本語能力測驗(舊制)一、二級及(新制)N1、N2、N3為中高級學習者群,而初級學習者的判斷則為日本語能力測驗(舊制)三、四級及(新制)N4、N5的學習者。問卷調查是改編自Oxford(1990)的語言學習策略調查表,汲取適用於讀解項目再加上研究者本身的學習經驗來設計學習策略問卷問項。問卷以獨立樣本T檢定來作分析。
本論文主要的分析結果如下:
1.本研究中初級學習者群與中高級學習者群最常使用的學習策略皆為認知策略。
 使用認知策略學習者有能力把不懂的文章分成句子、片語或單字進一步分析文
章幫助閱讀以及從標題來推斷文章大概在闡述什麼或作者想表達什麼。
2.在全體學習者中,最不常被使用的學習策略為後設認知策略。
3.初級學習者群及中高級學習者群經獨立樣本t檢定分析後,記憶策略及補償策
略在使用上有顯著的差異性。
4.本研究調查學習者在讀解測驗遇到的困難度中,前三位分別為「外來語/和語單
字量不足」「長句句型構造太複雜」「不了解筆者或文章的文化背景」。
最後依據本研究的調查結果,提供日後讀解教學建議。
1.在讀解課程中,應該讓學習者意識到學習策略的運用在閱讀測驗的重要性。
2.利用更多元的閱讀題材,來讓學習者練習及運用適用的學習策略在閱讀上。
3.應該加強後設認知策略的學習與應用,幫助學習者達到更好的學習成效。
In the society which possesses advanced technology nowadays, the language learning has become an important bridge to acquire the new technology , the latest information and knowledge. The reading ability has been the most crucial element.
Thus, this thesis will focus on the Reading ability among the four language skills which are listening, speaking, reading and writing. Furthermore, the learning strategies will be emphasized in this thesis while studying Japanese as the second language. The suggestions will be made especially for the persons, who prepared the Japanese language Proficiency Test (JLPT), utilized the Reading strategies. This project will also analyze the differences of the Reading strategies utilization between the persons who prepared the intermediate learners group and junior learners group.
The interviewees of this project were qualified for JLPT, the quantity was 134 in total. According to the grade of JLPT, the groups will be divided by the levels. The interviewees who passed the first and second grade of the former system of JLPT, and the interviewees who passed the N1, N2 and N3 of the current system of JLPT are the intermediate learners. On the other hand, the interviewees who passed the third and fourth grade of the former system and N4 and N5 of the current system of JLPT were categorized to the junior learners. This questionnaire is adapted from the Strategy Inventory for Language Learning, Oxford (1990). The appropriate items from this text and the experiences of the researcher will be considered while designing the questionnaire. This questionnaire will be analyzed as the independent sample T - test.

The main results of this thesis after throughout analysis are the following:
1. The strategy which utilized the most by the intermediate learners and junior learners is the cognitive strategy. The learners who utilized the cognitive strategy had the ability to separate the sentences, phrases and vocabulary to analyze the articles they did not understand. The cognitive strategy can help the learners understand the contents and expressions of the articles by its topic.
2. Among the total learners, the meta-cognitive strategy is utilized less.
3. After analyzing the independent sample T-test, there are significant differences while utilizing the memory strategy and compensation strategy.
4. This research indicated the first three difficulties in reading comprehension test which are borrowed word/the vocabulary insufficiency, the long sentences complication and insufficient understanding for the writers’ cultural background.

Ultimately, the suggestions of the reading comprehension education can be provided based on the results of this research.
1. In the reading comprehension sessions, the importance of the learning strategy and reading tests shall be realized by the learners.
2. The more various reading material can be utilized by the learners to practice and apply the appropriate learning strategies while reading. Ultimately, the suggestions of the reading comprehension education can be provided based on the results of this research.
3. The study and implement of the meta-cognitive strategy should be reinforced to help the learner achieve the better learning effects.
目 次
要旨(中国語) i
要旨(英語) iii
要旨(日本語) v
謝辞 vii
目 次 viii
表目次 viii
図目次 x

第一章 序論 1
1-1  研究動機 1
1-2  研究目的 2
1-3  研究方法と対象 3
1-4  先行研究 4
第二章 読解理論と学習ストラテジー 8
2-1 読解の理論 8
2-1-1 読解のプロセス 9
2-1-2 読解の技術 10
2-1-3 読解スキーマ理論 12
2-2  学習ストラテジー 13
2-2-1  学習ストラテジーの定義 14
2-2-2  学習ストラテジーの種類 15
2-3  読解の学習に応用できる学習ストラテジー 21
第三章 読解テストと読解ストラテジーとの関連性 25
3-1 本研究に採用する日本語の能力検定 25
3-2 読解テストが要求する能力 26
3-3 読解テキストとテストの形式 30
3-4 読解テストの問題点と読解ストラテジーの運用 34
第四章 アンケート調査の質問作成と結果分析 38
4-1 本研究の読解ストラテジーのアンケート調査の作成 39
4-2 読解ストラテジー使用考察と結果分析 45
4-2-1 六つの学習ストラテジーの使用頻度と平均値 47
4-2-2 上位学習者グループと下位学習者グループの使用差異 48
4-2-3 上位学習者グループの使用状況結果分析 50
4-2-4 下位学習者グループの使用状況結果分析 52
4-3 読解テストの困難度調査 54
4-3-1 上位学習者グループ 55
4-3-2 下位学習者グループ 57
第五章 結論 59
5-1  まとめ 59
5-2  今後の課題 62
参考文献 64
付録一 67
付録二 71
付録三 73
参考文献
池上摩希子(1996)「読解ストラテジートレーニング・プログラムの評価─学習
者の自己評価と教授者の観察を中心に─」中国帰国者定着促進センター紀要第4号
石黒圭(2010)『読む技術 速読・精読・味読の力をつける』光文社
石田敏子(1992)『入門 日本語テスト法』第三章 テストの形式 大修館
井上一郎(2006)『読む力の基礎・基本-17の視点による授業づくり-』明治
図書出版株式会社
石橋玲子(2009)「タイ人日本語学習者の言語学習ストラテジー使用─速読ス
キルを導入した場合─」アジアにおける日本語教育 外国語としての日本語 修士課程設立一周年セミナー論文集、P73-88
伊東祐郎(1993)「日本語学習者の学習ストラテジー選択」東京外国語大学留
学生日本語教育センター論集 19、 P77-92、2003
伊藤博子(1991)「読解能力の養成-学習ストラテジーを利用した指導例-」
世界日本語教育第1号
英保すずな(2006)「第二言語環境における学習ストラテジーの使用-自律的学
習の実現をめざして-」関西外国語大学留学生別科日本語教育論集 16, P99-110, 2006
大城朋子(1997)「上級レベル学習者のための読解ストラテジーに関する実験的
研究─速読・多読のための主題文探し─」沖縄国際大学日本語文学研究2(1)、A1-A21
大橋敦夫・柳浦恭(1992)「学習ストラテジーと日本語教育-学習者に対する教
師の役割-」上田女子短期大学紀要 15, P107-118
岡崎眸・岡崎敏雄(2005)『日本語教育における学習の分析とデザイン-言語
習得過程の視点から見た日本語教育』 凡人社
岡崎眸・岡崎敏雄(1990)『日本語教育におけるコミュニティ・アプローチ』凡
人社
河内山晶子(1998)「読解ストラテジーの研究-その意識的使用をめぐって-」
横浜国立大学留学生センター紀要, 5: P21-33
小池生夫 編(2004)『第二言語習得研究の現在-これからの外国語教育への視点』大修館書店
小林ミナ(1998)『よく分かる教授方』アルク
国際交流基金(2006)『第7巻読むことを教える 国際交流基金日本語教育シ
リーズ』ひつじ書房
国際交流基金 日本国際教育支援協会(2007)『日本語能力試験出題基準〔改訂
版〕』凡人社
国際交流基金 日本国際教育支援協会(2009)『新しい「日本語能力試験」
ガイドブック概要版と問題例集N1,N2,N3編』凡人社
迫田久美子(2002)『日本語教育に生かす第二言語習得研究』株式会社アルク
佐藤礼子(2002)「第二言語(日本語)の読みにおけるメタ認知に関する-考
察」広島大学大学院教育学研究科紀要 第二部第51号 2002 275-281
宍戸通庸・伴紀子 訳(1994) 『言語学習ストラテジー -外国語教師が知っ
ておかなければならないこと-』凡人社
原著 Rebecca L. Oxford(1990)『Language Learning Strategies: What EveryTeacher Should Know』
舘岡洋子(2005)『一人で読むことからピア・リーディングへ 日本語学習者
の読解過程と対話的協働学習』東海大学出版会
田中望・斉藤里美(1993)『日本語教育理論と実際-学習支援システムの開発-第』 大修館書店 
富阪容子(2008)「読解能力向上のためのストラテジー再考」 言語と文化 12(故
ポール・ロス准教授追悼記念号)  P189-201
野田尚史 編(2005)『コミュニケーションのための日本語教育文法』くろしお出版
朴一美(2010)「学習ストラテジーと韓国人日本語学習者要因との関係」人文
社会科学論叢 NO.19 P75-90
橋口美紀(2002)「大学生の読解ストラテジーに対する認識と読解能力との関
係について」鹿屋体育大学学術研究紀要 第27号 P29-41
畑佐由紀子 編(2003)『第二言語習得研究への招待』くろしお出版
ポクロフスカ、オーリガ(2006)「読解ストラテジーの使用から見た物語文の
読解過程-キエフ国立言語大学における読解指導の改善に向けて-」日本言語文化研究会論集 第2号 P193-212
南之園博美(1997)「読解ストラテジーの使用と読解力との関係に関する調査
研究-外国語としての日本語テキスト読解の場合-」世界の日本語教育第7号 P31-44
宮崎里司(2003)「学習ストラテジー研究再考:理論、方法論、応用の観点か
ら」早稲田大学日本語教育研究 2、P17-26
宮崎里司 J.V.ネウストプニー 編(1999)『日本語教育と日本語学習-学習
ストラテジー論にむけて-』 くろしお出版
元木芳子(2006)「第二言語学習と学習ストラテジー」日本大学大学院総合社会
情報研究科紀要 No.7,689-700
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top