跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(44.222.104.206) 您好!臺灣時間:2024/05/25 23:16
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

: 
twitterline
研究生:林育民
研究生(外文):Yu-min Lin
論文名稱:関連性理論から見た「疑問ー応答」ペアの基礎的研究
論文名稱(外文):Basic research on "Question - Answer" pairs from the perspective of Relevance Theory
指導教授:王世和王世和引用關係
指導教授(外文):Sei-wa Ou
學位類別:碩士
校院名稱:東吳大學
系所名稱:日本語文學系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2012
畢業學年度:100
論文頁數:171
中文關鍵詞:關聯性理論最適宜的關聯性會話協調原理處理勞力真疑問偽疑問
外文關鍵詞:Relevance theoryOptimal relevanceCooperative principleProcessing effortTrue questionsFalse questions
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:265
  • 評分評分:
  • 下載下載:28
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
日語中的疑問文其功能除了向應答者要求情報以外,也有發問者本身的感情流露及提出本身對此情報的想法意見等等。而,應答者如何理解這些功能相異的疑問句並給予適宜的回應,為本研究的主要目的。

本研究以Sperber&Wilson所提出的關聯性理論來省視發問者及應答者的發話之間是否存在著最適宜的關聯性。首先,筆者將疑問文依發話機能的不同分為真疑問及偽疑問兩種類,再採用會話分析中鄰對的概念,分析「真疑問-應答」、「偽疑問-應答」的兩種問答。

另外,語料部分筆者採用『BTS多言語口語語料庫日語會話1(日語母語話者間的會話)』(『BTSによる多言語話し言葉コーパス─日本語会話1(日本語母語話者同士の会話)』)。研究對象為初見面的女大學生。藉由這樣的設定瞭解初見面的女大生在談話當中,是否依循Grice所提出的會話協調原理或是趨向傳達面上經濟性較高的關聯性理論。

研究結果顯示,參與會話的兩人為了使會話更加順暢,以及增加更多話題,因此不會遵守提倡有效傳達情報的會話協調原理。另一方面,以關聯性理論的角度來看的話,參與會話的兩人為了使會話更加順暢,即便會讓對方在理解發話時的處理勞力增大,也會努力讓問答之間保有最適宜的關聯性,以利衍伸到下一個次位話題。


本研究共分為八章。第一章敘述本研究的研究方法及考察對象。第二章說明關聯性理論的概念及相關的先行研究。第三章至第六章為本論文的主軸,整理出會話當中「真・偽疑問-應答」間各種現象的特色,並探討這些發話現象是否皆符合關聯性理論的概念。第七章內容則是筆者整理研究中的各種現象,整理歸納出初見面的人在會話當中可能使用的各種會話現象。最後,第八章為本研究各章的總結及對於未來研究的建議。
Besides asking for information from the addressee, the functions of Japanese questions included the questioner's emotion revealing and his/her thinking and opinions of it. The purpose of the research was to know how the addressee understands these questions of different speech functions and how he/she gave appropriate responses.

The researcher used Relevance theory addressed by Sperber & Wilson to survey if optimal relevance existed in the talking between the questioner and addressee. First, the researcher divided Japanese questions into "True questions" and "False questions" according to different speech functions, and then used the concepts of adjacency pairs in Conversation Analysis ,to analyze the two kinds of dialogues, " True questions- Responses" and " False questions- Responses".
As for the corpus, the researcher adopted "BTS Most Spoken Language Oral Corpus Japanese Conversation" (dialogues between Japanese native speakers). (『BTSによる多言語話し言葉コーパス─日本語会話1(日本語母語話者同士の会話)』)。Subjects were college students that met each other for the first time. By this setting, the research wanted to know if the conversation between them followed the rules of Cooperative principle addressed by Grice or inclined to Relevance theory which is more economical in expressing.





The results showed that in order to make the conversation go smoother and to add more topics, the two participants in the conversation did not follow the Cooperative principle that advocated expressing information effectively. But as for the Relevance theory, the participants would make great effort to keep optimal relevance between questioning and responding in order to make the conversation go smoother, even though this would increase processing effort for each other when understanding the talking.
The research has eight chapters in it. Chapter One consists of research method and subjects. Chapter Two illustrates the concepts of Relevance theory and pre-study about it. Chapter Three to Chapter Six is the main of the thesis, which sorts out the characteristics of all phenomena in "True/ False questions- responses", and also probes to see whether the speaking phenomena has correspondence to Relevance theory. In Chapter Seven, the researcher sums up all phenomena that happen in the research and in the conversation of people who meet for the first time. Finally, Chapter Eight draws a conclusion to each chapter and provides suggestions for future study.
第一章 序論 1
1.1 研究動機と目的 1
1.2 「疑問∙応答」ペアについて 2
1.2.1 疑問文の定義 2
1.2.2 先行研究とその問題点 10
1.3 発話機能∙表現意図の概観 13
1.4 研究対象及び範囲 15
1.5 本研究の特色及び構成 21

第二章 関連性理論の導入 22
2.1 関連性理論における2つの認知原理 22
2.2 高次表意(higher level explicature)と推意(implicature)の強さ 25
2.3 Griceの語用論と関連性理論との差異 29
2.4 関連性理論を用いた研究の概観 30
2.5 本研究における関連性理論の扱い方 31

第三章 「疑問─応答」ペアの様相─真疑問の場合 33
3.1 質問者の視点から見た現象 36
3.2 応答者の視点から見た現象 43
3.3 質問者と応答者とのやり取りから見た現象 57

第四章 「疑問─応答」ペアの様相─偽疑問の場合 61
4.1 質問者の視点から見た現象 63
4.2 応答者の視点から見た現象 77
4.3 質問者と応答者とのやり取りから見た現象 82

第五章 関連性理論による質問者の視点から見た様相 85
5.1 真疑問 86
5.2 偽疑問 92

第六章 関連性理論による応答者の視点から見た様相 103
6.1 真疑問に対する各返答の諸相 103
6.2 偽疑問に対する各返答の諸相 110
6.3 使用状況 115

第七章 考察 121
7.1 真・偽疑問及びその応答の諸相 122
7.2 会話における真・偽疑問の使用 123
7.3 会話における真∙偽疑問に対する返答の使用 129
7.4 初対面の人が使いそうな話術 134

第八章 結論 145
8.1 「疑問─応答」ペアの図式化 146
8.2 「真疑問─応答」ペアのまとめ 147
8.3 「偽疑問─応答」ペアのまとめ 149
8.4 情報伝達における「疑問─応答」ペアの使用 150
8.5 今後の課題 151
参考文献 154
資料(1) 159
【参考文献】五十音順
安達太郎(1999)『日本語疑問文における判断の諸相』くろしお
新井恭子(2006)「関連性理論における『広告のことば』の分析」『経営論集』第68号、 P79-91
今井邦彦(2001)『語用論への招待』大修館書店
岩下俊治(2005)「データ少佐の語用論的特徴─関連性理論に基づく研究─」『明星大学研究紀要∙人文学部』第41号、P111-121
伊藤由希子(2008)「話題・親疎関係と『配慮』の関わり─現代大学生の言語意識調査に基づく『嘘』と『本音』─」『早稲田日本語研究』第17号、P83-95
宇佐美まゆみ(2005)『BTSによる多言語話し言葉コーパス-日本語会話1 (日本語母語話者同士の会話)』東京外国語大学大学院地域文化研究科21世紀COEプログラム「言語運用を基盤とする言語情報学拠点」CD-ROM版
神尾昭雄(1990)『情報のなわ張り理論』大修館書店
____(2002)『続∙情報のなわ張り理論』大修館書店
加藤重広 著・町田 健 編 (2004)『日本語語用論のしくみ』研究社
R.カーストン 著 内田聖ニ/西山佑司/武内道子/山崎英一/松井智子(2008)『思考と発話 明示的伝達の語用論』研究社
金 恵芳 (2007)「関連性理論による言いさし表現の一考察─接続助詞による言いさし表現を中心に─」東呉大学修士論文
久保田真弓(2001)「聞き手のコミュ二ケーション上の機能としての『確認のあいづち』」『日本語教育』第108号、P14-23

ジェニー・トマス著 浅羽亮一監修(1998)『語用論入門』研究者出版
下道省三(2007)「関連性理論による子どものことば(発話‧会話)の分析」『甲子園短期大学紀要』第26号、P21-30
____(2008)「関連性理論による子どものことば(発話‧会話)の分析」『甲子園短期大学紀要』第27号、P39-49
____(2009)「関連性理論による子どものことば(発話‧会話)の分析」『甲子園短期大学紀要』第28号、P31-39
主濱裕二(2008)「英語の付加疑問文の意味論的∙語用論的特徴─日本語の確認の『ね』との比較を通して─」『岩手大学英語教育論集』P66-80
D.スペルベルD.ウイルソン著 内田聖二・中陸俊明・宗 南先・田中圭子(訳)(1993)『関連性理論─伝達と認知─』研究社
ダイアン・ブレイクモア著 武内道子∙山崎英一(訳)(1994)『ひとは発話をどう理解するか』ひつじ書房
田窪行則・西山佑司・三藤 博・亀山 恵・片桐恭弘(1999)『岩波講座 言語の科学 7 談話と文脈』岩波書店
高橋百華(2008)「上昇調のイントネーションで発話される否定疑問文の意味機能」九州大学修士論文
陣内正敬(2006)「ぼかし表現の二面性─近づかない配慮と近づく配慮─」国立国語研究所『言語行動における「配慮」の諸相』、P115-131くろしお
張興 (2004)「『デハナイカ』の用法について」『世界の日本語教育』第14号、P 193-205 国際交流基金

張 雅智(2004)「『ではないか』の用法」『言語科学論集』第8号、P37-48 Tohoku University
張 恵芳(2009)「自然会話における『確認用法』の『ノデハナイカ』の使用実態」『筑波応用言語学研究』第16号、P75-86
辻 大介(1999)「若者語と対人関係 大学生調査の結果から」『東京大学社会情報研究所紀要』第57号、P17-42
ディアドリ。ウィルスン、ティム。ワォートン著 今井邦彦編(2009)『 最新語用論入門12章 』東京大修館書店
名嶋義直(2007)『ノダの意味∙機能─関連性理論の観点から─』くろしお
中井陽子(2003)「話題開始部で用いられる質問表現─日本語母語話者同士および母語話者∕非母語話者による会話をもとに」『早稲田日本語教育研究』、P37-54
蓮沼昭子(1993)「日本語の談話マーカー『だろう』と『じゃないか』の機能─共通認識喚起の用法を中心にー」『第1回小出記念日本語教育研究会論文集』
東森 勲、吉村あき子(2003)『関連性理論の新展開 認知とコミュニケーション』研究社
廣瀬悦子(2003)「日本語否定疑問文の解釈」『国際基督教大学学報.I-A,教育研究』45号、P159-168
藤本英輝∙高梨克也∙竹内和広∙河野恭之(2006)「自由対話における『働きかけ─応答』ペアの直後に現れる発話の機能分類」『人工知能学会全国大会論文集』20巻、P1F3-3
松尾文子(1993)「付加疑問文:『関連性理論』からのアプローチ」『英米文学研究』 P187-200 、梅光女学院大学英米文学会
町田 健(編)加藤重広(著)(2004)『日本語語用論のしくみ』研究社
増田将伸(2007)「『どうです/でした(か)』型質問をめぐる相互行為の諸相─『日本語話し言葉コーパス』の用例から─」『言語科学論集』第13号、P55-69
峯脇さやか∙嶋田和孝∙遠藤勉(2006)「関連性理論による表意の生成手法と関連性の計算」『言語処理学会年次大会発表論文集』12巻、P296-299
村田美穂子(1994)「ぼかし表現の新方向」第59巻7号『国文学 解釈と鑑賞』特集 現代語のゆれ 至文堂、P119-126
村上恵∙熊取谷哲夫(1995)「談話トピックの結束性と展開構造」『表現研究』第62号 、P101-111
森山卓郎(1989)「応答と談話管理システム」『阪大日本語研究1』、P63-88
野田春美(1997)『の(だ)の機能』くろしお
山口尭二(1990)『日本語疑問表現通史』明治書院
山岡政紀(2000)『日本語の述語と文機能』くろしお
____(2008)『発話機能論』くろしお
矢野宏之、岩元澄子(2010)「関連性理論からみた自閉症児の発話解釈」『久留米大学心理学研究』第九号、P48-55
游 郁雯 (2005)「談話における疑問表現の一考察」東呉大学修士論文
楊 虹 (2007)「日中母語場面の話題転換の比較─話題終了のプロセスに着目して─」『世界の日本語教育』第17号、P37-52

吉田 陸(2009)「会話内の質問表現が持つ多義性─応答表現からみる会話構築を中心に─」『筑波応用言語学研究』第16号、P87-97
Sperber,D. and D. Wilson 1986 Relevance: Communication and cognition.Blackwell.
Carston,R.1998”Implicature,explicature and truth-theoretic semantics”.In Kempson,R.(ed.)1988,155-81.Reprinted in Davis,S.(ed.)1991,33-51.
テキスト:『BTSによる多言語話し言葉コーパス-日本語会話1 (日本語母語話者同士の会話)』東京外国語大学大学院地域文化研究科21世紀COEプログラム「言語運用を基盤とする言語情報学拠点」CD-ROM版
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top