(3.227.208.0) 您好!臺灣時間:2021/04/21 01:54
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:連旭淳
研究生(外文):LIEN,SHU-CHUN
論文名稱:日中兩國語言慣用表現的研究 -以「米」字為中心-
論文名稱(外文):日中両言語における慣用表現の一考察-「米」を中心に-
指導教授:蘇鈺甯石井周
口試委員:林志原蘇雅玲
口試日期:2014-06-11
學位類別:碩士
校院名稱:長榮大學
系所名稱:應用日語學系碩士班
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2014
畢業學年度:102
語文別:日文
論文頁數:180
中文關鍵詞:中日語彙對照研究字史隱喻概念認知
外文關鍵詞:日中語彙の対照研究字史隠喩概念認知
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:252
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:11
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:1
本論文的目的在於,就中日兩語言之「米」字的意思擴張下去做考察對照研究。序論主要是介紹本論文之研究動機與目的‧研究範圍及方法‧先行研究‧慣用表現等部分。第二章是介紹中日兩語言「米」字意思的歷史考察。另外介紹「米」字的起源,以及「米」字在日語上的發音介紹、漢字傳入日本的介紹。第三章主要是用Lakoff and Johnson(1980)的隱喻理論去分析中日兩語言含有「米」字的諺語。第四章則是結論。
  語言是人類認知下的產物,也是人類為了要理解外部世界所製造的產物。隨著時代不同,人類的認知也會隨著時代而改變,所以語言的意思與使用方法也會跟著不同。依據時代的不同文化氣息,諸多要素也會跟著不同,因為這些都是影響語言意思變遷的因素,所以每個時代的語言都會產生該時代的獨特用法。因此決定同時進行中日兩國中含有「米」字的諺語的分析,以及考察「米」字意思的歷史變遷。
  第二章「米」字的歷史考察主要是從兩國的古代書籍中挑出例句做考察,兩語言的歷史考察共通點,主要都是由「米」的機能(食物、稅米、金錢)所擴張出來的。至於相異點,主要是因為兩國的國情及文化的不同,所擴張出來的意思也不同。另外,在日語中「米」字的發音有「コメ」‧「ヨネ」‧「ベイ」‧「マイ」‧「ヨナ」共五種。
  第三章主要是用Lakoff and Johnson(1980)的隱喻理論去分析中日兩語言含有「米」字的諺語,之後去對照兩國語言「米」字的意思擴張。分析的結果是,日中兩語言含有「米」字的諺語,大多數都偏向負面意思。兩國含有「米」字諺語所分析出來的擴張意的共通點,是由「米」的機能(食物、稅米、金錢)所擴張出來的。在日本與中國這兩個國家之中,「米」不僅僅是食物,還被當成買賣的對象、跟「金錢」的地位幾乎是相等的。「米」可以替人類帶來財富、所以延伸出共通點的「機能」。至於相異點,由於兩國的語言及文化等等的不同,所擴張出來的意思也會有所不同。
 所有「米」字的歷史考察及諺語分析出的這些擴張意思,都是從人們的日常生活之中所擴張出來的,歷史考察這部分隱喻成分含量較少,主要從言語的字面上就可以了解,言語在正負面意思上也沒有比較特別明顯的特點。但是,含有「米」字的這些諺語,從字面直接看,不但看不出句子所隱含的意思,而且含有大量的抽象隱喻成分,諺語在正負面意思方面上也比較強烈,且諺語大部分都是偏向於負面,帶有諷刺意味。比起歷史考察的這些語言,諺語的時代及作者通常是不詳的,但是諺語集合了古人的智慧結晶及寶貴經驗,雖然看似簡單,但是卻富有很深的道理,因此諺語隨著時間流逝及時代不同,反而在民間長久流傳著。

本論は、日中両言語における「米」という字の意味拡張を考察し、対照研究を行うものである。序論は研究動機、研究の目的、研究範囲、研究方法、先行研究、慣用表現についてを述べる。第二章は、日中両言語における「米」の史的考察をする。また、「米」の字源と日本への漢字伝来、「米」の字音について述べる。第三章では、Lakoff and Johnson(1980)のメタファー理論を用い、両言語における「米」を用いたことわざを分析する。第四章は結論である。
言語は、人間の認知、つまり人間が外界を理解するために作られてきたものであり、時代につれ、その認知は違ってくるため、その意味や使い方も異なってくる。時代によって雰囲気や文化も異なり、それらの要素も言語への影響があるため、各時代に特有の用法が生み出された。そのため、日中両言語における「米」の史的考察とことわざの分析を同時に進めることにした。
第二章の史的考察では、日中の古典文献から“米”という字の史的考察をした。両言語の共通点は「米」の機能(食物、税米、お金)から拡張してきたことである。相違点は両国の気風や文化が異なるため、拡張された意味も異なっていることである。また、日本語における「米」という字の発音は「コメ」‧「ヨネ」‧「ベイ」‧「マイ」‧「ヨナ」という五つがある。
 第三章はLakoff and Johnson(1980)のメタファー理論を用いて日中両言語における「米」のことわざを分析し、「米」という字の意味拡張を比較した。分析の結果、日中両言語における「米」のことわざにはマイナスイメージが多いことが分かった。両言語の共通点は「機能」(食物、税米、お金)であり、両国における「米」は食物としてだけでなく、売買の対象であり、またお金の価値に相当するものでもあり、人々に豊かな生活にもたらすため、共通点である「機能」へと拡張してきた。相違点は両国の言語や文化が異なるため、拡張された意味も異なっていることである。
「米」の史的考察とことわざの分析はすべて日常的な生活から拡張してきたものであるが、史的考察の部分は隠喩的な成分が少なく、字面的な意味が主である。しかし、「米」を用いたことわざは、単に字面的な意味ではなく、抽象的な隠喩成分を持っていて、イメージの方面も強烈である。そのことわざは多くがマイナスイメージであり、風刺的な意味を持っている。史的考察に比べ、ことわざが作られた時代は不明ではあるが、先人の貴重な経験や知恵を集めたものであり、簡単な言葉に見えても、実は深い道理が告げられているという特徴がある。そのため、時間の流れにつれて消えることなく、民間で長く伝わって来たのである。

日本語要旨‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧ Ⅰ
中文摘要‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧ Ⅱ
目次‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧ Ⅲ

第一章 序論‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧ 1
1.1 研究の動機と目的‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧1
1.2 研究方法と範囲‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧3
1.3 先行研究‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧4
1.4 慣用表現について‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧7
1.4.1 慣用表現とは‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧ 7
1.4.2 慣用表現の類型‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧8 
1.4.3 本論における慣用表現‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧9

第二章 日中両言語における「米」の史的考察‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧11
2.1 中国語における“米”について‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧11 
2.1.1 中国語における“米”の字源‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧11
2.1.2 中国語における“米”の意味変遷‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧13 
2.2 日本語における「米」について‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧41 
 2.2.1 日本語における「米」の由来‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧41 
2.2.2 日本語における「米」の意味変遷‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧47 
2.3 日中両言語における「米」の意味分析及び比較‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧58

第三章 日中両言語における「米」を用いたことわざの隠喩表現の分析‧‧‧‧64
3.1 認知意味論について‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧64
3.1.1 プロトタイプ(prototype)‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧64
3.1.2 カテゴリー化(categorization)‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧66
3.1.3 カテゴリー化のレベル‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧67
3.1.3.1 基本レベル‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧68
3.1.3.2 下位レベルと上位レベル‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧70
3.1.4 カテゴリー化の拡張‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧71
 3.1.5 認知論によりメタファー‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧73
3.2 中国語における”米”を用いたことわざの隠喩表現の分析‧‧‧‧‧‧‧78
3.3 日本語における「米」を用いたことわざの隠喩表現の分析‧‧‧‧‧‧‧105
3.4 日中両言語における「米」を用いたことわざの隠喩表現の対照分析‧127

第四章 結論‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧132
4.1 まとめ‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧ 132
4.2 今後の課題‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧141

参考文献‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧142
付録‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧148
日本語の「米」を含むことわざのリスト‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧148
中国語の「米」を含むことわざのリスト‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧166
辞書類
【日本語】(五十音順)
大野晋、田中章夫(1995)『角川必携国語辞典』角川学芸出版
尾崎雄二郎、都留春雄、西岡弘、山田勝美、山田俊雄(1992)『角川大字源』角川書店
北川鉄斎(1987)『≪難解≫熟語‧成句‧ことわざ事典』啓明書房
金田一春彦‧林大‧柴田武(1988)『日本語百科大事典 縮刷版』大修館書店
金田一秀穂(2005)『大きな文字で見やすい 故事‧ことわざ事典』成美堂出版
吉留孝一(2011)『慣用日語句型辭典(全輯)』專業文化出版社-豐閣
三省堂編修所(1991)『新明解百科辞典』三省堂
三省堂編修所(1991)『必携故事ことわざ辞典』三省堂
小学館辞典編集部(1982)『故事‧俗信ことわざ大辞典』小学館
新村出(2008)『広辞苑 第六版』新村出記念財団
杉本つとむ、岩淵匡(1994)『日本語学辞典』おうふう株式会社
田部井文雄(2005)『大修館四字熟語辞典』大修館
時枝誠記‧吉田春樹(1987)『角川国語大辞典』角川書店
野本卓夫(2008)『ことわざ故事‧名言分類辞典』法学書院
飛田良文‧遠藤好英‧加藤正信‧佐藤武義‧前田富祺(2007)『日本語学研究事典』明治書院
藤田保幸(2010)『緑の日本語学教本』和泉書院有限会社
堀井令以知(1983)『日本語語源辞典』東京堂出版
前田富祺(2005)『日本語源大辞典』小学館
松村明、山口明穂、和田利政(2006)『旺文社国語辞典 第九版』外語教学與研究出版社
森岡健二‧徳川宗賢‧中村明(2000)『集英社国語大辞典 第二版』集英社
森田良行(2010)『日本語の慣用表現辞典』東京堂出版
山田勝美‧進藤英幸(2009)『漢字字源辞典』角川学芸出版
山田忠雄‧柴田武‧酒井憲二‧倉持保男(2005)『新明解国語辞典 第六版』三省堂

【中国語】(画数順)
本社編輯部(1983)『中文辭源』藍燈文化事業股份有限公司
台灣中華書局辭海編輯委員會(1998)『辭海 第九版』台灣中華書局出版
何容(1981)『國語日報辭典』國語日報社
徐夏(2007)『古代漢語大辭典』上海辭書出版社
教育部重編國語辭典編輯委員會(1982)『重編國語辭典』台灣商務印書館發行
黃斌宏(2009)『漢語慣用語詞典』商務印書館國際有限公司
溫端政‧吳建生‧上海辭書出版社語文辭書編篡中心(2011)『中國慣用語大辭典』上海辭書出版社
溫瑞政(2009)『現代漢語慣用語詞典』上海辭書出版社
願建平(2008)『漢字圖解字典』東方出版中心

書籍と論文
【日本語】(五十音順)
江川卓(2009)『世界の故事名言ことわざ総解説』自由国民社
大堀寿夫(2002)『認知言語学』東京大学出版会
岡彦一(1997)『中国古代遺跡が語る稲作起源』八坂書房
岡部学(2010)『ことわざのいろいろ-日本と世界のおもしろことわざ 第六巻』学研教育出版
金田一春彦、金田一秀穂(2005)『金田一の日本語教室⑤-ことわざとことば遊び』学習研究社
河野守夫(2007)『ことばと認知のしくみ』三省堂
小林公成(2006)『ことわざ‧四字熟語に強くなる!-ビジネスに使えて、日本語 も力もアップ!』三省堂
John R. Tayor(2004)Linguistic Categorization.Oxford University Press.[辻幸夫、鍋島弘治朗、篠原俊吾、菅井三実(訳)(2008)『認知言語学のための14章』紀伊国屋書店]
武田勝昭(1992)『ことわざのレトリック』海鳴社
谷口一美(2006)『認知言語学』ひつじ書房
丹野顕(2004)『どうしても知っておきたい諺の本』三笠書房
陳佩雯(2010)『日中身体語彙「鼻」「耳」の認知的意味拡張』銘伝大学修士論文
辻幸夫(2002)『認知言語学キーワート事典』研究社
辻幸夫(2003)『認知言語学への招待』修館書店
広橋研三(2008)『日中対照言語学研究論文集-中国語からみた日本語の特徴、日本語からみた中国語の特徴-』和泉書院
町田健(2002)『認知意味論のしくみ』研究社
松尾孝嶺(1976)『お米とともに』玉川大学出版社
松本曜(2003)『シリーズ認知言語学入門 第三巻 認知意味論』大修館書店 
籾山洋介(2009)『日本語表現で学ぶ 入門からの認知言語学』研究社
籾山洋介(2010)『認知言語学入門』研究社
山梨正明(2000)『認知言語学原理』くろしお出版
吉村公弘(1995)『認知意味論の方法-経験と動機の言語学』人文書院
賴素珍(2009)『日中両言語の数字による慣用句の一考察-「一」「二」「三」を中心に』東呉大学修士論文
李在鎬(2010)『認知言語学への誘いー意味と文法の世界』開拓社
李明玉(2007)『日本語と韓国語の慣用表現の差異-比較言語文化学の立場から』笠間書院
梁銘珠(2011)『日本語身体部位詞「足」「頭」の意味拡張についての一考察―中国語と対照してー』東呉大学修士論文
林維瑄(2008)『「上」に関する日中対照研究‧認知言語学的観点から』政治大学修士論文
林靖芳(2011)『「口」「手」「足」に関する慣用句の考察―中国語との対照研究―』高雄第一科技大学修士論文
林八龍(2002)『日.韓両国語の慣用的表現の対照研究-身体語彙慣用句を中心として-』明治書院
Lakoff, G. and Johnson, M.(1980)metaphors we live by, University of Chicago Press. [渡部昇一、楠瀬淳三、下谷一行(役)(2001)『レトリックと人生』大修館書店]
【中国語】(画数順)
Pamela Goyan Kittler‧Kathryn P.Sucher著(2009)全中妤譯『世界飲食文化傳統與趨勢』新加坡商聖智学習亞洲私人有限公司台灣分公司 
日本言葉研究會 黄瑾瑜 譯(2008)『日本語諺語-和日本人一起玩問答學諺語』眾文圖書股份有限公司
本社編輯部(1987)『中國的漢字』谷風出版社
江媛珍(2008)『日本語慣用語句活用手冊』檸檬樹國際書版有限公司
朱介凡(1989)『中華諺語誌』台灣商務印書館
李梵(2001)『漢字的故事』中國檔案出版社
束定芳(2008)『認知語義學』上海外語教育出版社 
林榮一(1988)『日語常用諺語‧成語‧流行語手冊』鴻儒堂出版社
林亞樺(2011)『客語味覺和食物隱喩與客家人對諺語的理解』国立成功大学碩士論文
致良編輯部(1993)『日本人常用的ことわざ』致良出版社
唐蘭(1949)『中國文字學』開明書局
原田信男(2011)劉洋譯『和食與日本文化-日本料理社會史』三聯書店香港有限公司
徐海榮(1999)『中国飲食史』華夏出版社発行
高景成(1987)『中國的漢字』谷風出版社
莊涵玉(1986)『倉頡造字』出版街雜誌社
張思本、高雅玲、漢思編輯部(2001)『日本諺語順口溜-中日諺語對照』漢思有限公司
張燕玲(2008)『台灣閩南俗諺語的認知語義學研究---以含有「鬼」的俗諺語為範圍』高雄師範大學碩士論文
曾雄生‧游修齡著(2010)『中国稲作文化史』上海人民出版社
黃秀慧(2000)『食楽日本』遠流出版事業股份有限公司
游素錦(2006)『台灣閩南諺語中飲食文化與健康關之研究』国立台北教育大學碩士論文

楊本禮(2007)『世界美食風華録』台湾商務印書館份有限公司
楊馥綺(2007)『日本漢字音與日本學生學習漢語語音之關聯』国立台灣大學碩士論文
漢‧許慎 撰 宋‧徐鉉校訂 王宏源 新勘(2006)『說文解字(現代版)』社會科學文獻出版社
歐陽因(1999)『朗文中国流行新詞語』朗文出版社
Lakoff, G. and Johnson, M.(1980)metaphors we live by, University of Chicago Press.[周世箴(訳)(2006)『我們賴以生存的譬喩』聯經出版事業股份有限公司]

インターネット
中央研究院の漢籍電子文献 : http://hanji.sinica.edu.tw/
JapanKnowledge :http://japanknowledge.com/library/
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
無相關期刊
 
系統版面圖檔 系統版面圖檔