跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(44.201.99.222) 您好!臺灣時間:2022/12/05 23:56
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

: 
twitterline
研究生:王美滿
研究生(外文):WANG MEI-MAN
論文名稱:台日國際結婚的研究 以跨越兩個時代台灣南部的日本女性配偶為對象
論文名稱(外文):日台国際結婚の研究二つの時代を生き抜いた台湾南部の日本人妻を対象に
指導教授:黃士瑩黃士瑩引用關係石井周
指導教授(外文):HUANG, SHIH-YINGISHII SHU
口試委員:黃士瑩吳春宜林憲宏
口試委員(外文):HUANG, SHIH-YINGchuenyikenkoo
口試日期:2014-06-12
學位類別:碩士
校院名稱:長榮大學
系所名稱:應用日語學系碩士班
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2014
畢業學年度:102
語文別:中文
論文頁數:87
中文關鍵詞:台日結婚
外文關鍵詞:日本女性配偶
相關次數:
  • 被引用被引用:2
  • 點閱點閱:1052
  • 評分評分:
  • 下載下載:68
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
摘 要
在國際交流活動日益頻繁盛行的今日,台灣隨著國際化、地球村的腳步,和外國人接觸機會大增。組成跨國婚姻的家庭也較以前容易,數量更是與日俱增。
台灣的外籍配偶有來自中國大陸、越南、印尼、泰國、菲律賓、日本、韓國等東南亞各國。其中日本約3872人,占0.82%。異國婚姻面臨各種生活適應問題不易維持,經常會以離婚收場。
台日跨國婚姻人數雖不多,但根據台灣内政部調查發現,台灣人和外籍配偶離婚的比率不斷增加,到2007年底,每五對離婚者有一對是異國聯姻,尤其女性嫁給外國男性的離婚率更高達本國人的四倍;異國婚姻以台日婚姻的怨偶最多,比例超過千分之二八八,幾乎每三對就有一對選擇離婚。人數不到4000人的台日婚姻,卻是「台日配偶離婚率最高」的組合。為何台日婚姻人數不多,但按照比例,卻是最不易維持的狀況。
台灣和日本同屬亞洲,地理相近,台灣曾經歷日本統治時代,一般人認為台灣人對日本人偏見較少,非常親切。且日據時代台灣人民曾接受日本教育,年長者會說日語的也不少。嫁到台灣的日本女性配偶,應該會比其他國家的外籍配偶,更容易適應台灣的社會環境。且台日婚姻的歷史,比東南亞其他國家更早,遠在19世紀就有日本女性嫁到台灣。
根據報載台灣各處仍有不少日本統治時代和台灣人在日本結婚,台灣光復後隨夫從日本到台灣定居的日本女性配偶。本研究即以這些日本女性配偶為對象,探討60多年前離鄉背井,遠渡重洋,從生活水準較高較文明進步的日本,遷徙到台灣,跨越兩個世代,目前仍生活在台灣的日本女性配偶。她們是如何在跨國婚姻的困境中,去適應異國文化,如何去應對(或無法適應,無法應對)。進一步探討跨國婚姻夫婦間從生活習慣不同,產生文化摩擦,和周圍的人溝通等難題時,如何去面對及處理。
藉由這些外籍配偶的老前輩的異國婚姻經驗,讓目前在台灣47萬外籍配偶,學習她們能長年持守在婚姻中的秘訣。期盼透過她們走過的足跡,能幫助面臨跨國婚姻問題困擾者得到新的啟示,讓年輕的外籍配偶,有勇氣面對更多的挑戰。也藉由她們口述歷史讓我們一窺跨越兩個世代,在台灣南部生活的庶民日本女性配偶,她們的生命歷程。
藉由她們在時代變遷中,面對困境的生命韌性,帶給居住在台灣的外國女性配偶,更多面對問題,解決問題的毅力與決心。從這些老前輩們因跨國婚姻產生的經歷,及台灣社會對日籍媳婦的受容經驗,讓今日面對周遭許多外籍配偶時,能扮演好接待社會的角色。面對多元文化、外來移民、少數民族時,該如何給予更多的協助、包容與接納。讓我們進一步思考,如何協助新移民解決文化適應問題。
本研究主要是以文獻分析法,了解早期台日婚姻的緣由並以實例為參考依據,探討早期的台日婚姻歷史,再從日本統治時代的報章雜誌去探討台日婚姻的情況。本研究以質性研究中最常用來做資料收集的深度訪談法( intensive interview)進行訪談,並採用半結構式訪談大綱(semi-structural questionnaire),為訪談工具。藉此方法收集日本統治時代和台灣人結婚的日本女性配偶,她們來台灣居住後的實際生活故事。
本研究的研究對象,主要以日本統治時期和台灣人結婚的日本女性配偶,回台定居者為主要原則。研究對象的選擇條件是:
1. 日本統治期間,在日本和台灣男性結婚,台灣光復前後,和配偶回台居住的日本女性配偶。
2. 這些日本女性婚前都不曾來過台灣。
3. 台灣有許多不同族群居住。各個族群有其不同的文化、價值觀、生活經驗。本研究範圍,主要以和住在台灣南部之本省人(福佬人)結婚的日本女性為對象。
4. 台灣南部生活型態和北部生活型態,都市化程度也各不同。因此研究對象以居住在台灣南部鄉下為主
受訪對象的獲得以滾雪球方式,透過熟人介紹,進行邀請。因研究對象婚後來台60多年,年紀都已超過80歲。邀請這些年長的研究對象都需先經過他們的子女同意。這些研究對象從來台初期就依賴他們的子女作對外溝通橋梁,子女也以保護母親,免遭受騙為由,不喜歡她們接觸陌生人。為取得5位研究對象同意接受訪問,須經過熟人輾轉介紹,取得信任才能順利進行。
本研究採深度訪談蒐集資料,在徵得受訪者的同意後,需要對訪談過程做全程的錄音。訪談過程也需詳細記錄,勤做訪談筆記。相關的設備包括錄音機(筆)、電腦、照相機、訪談筆記等。
訪談時間研究者每次以1.5小時,2~3次為原則。因受訪者年紀已高,怕體力不堪負荷。但採訪過程中,使用受訪者熟悉的母語日語,受訪者都神采奕奕,津津樂道。訪談之後,研究者親自將錄音帶轉謄為逐字稿,藉由不斷地閱讀並聆聽錄音帶,以能夠正確掌握,進人受訪者話語中的本意。研究者並將逐字稿內容標示出重要敘述句,在依其敘述中整理出和研究目的相同的主題去分類。並依題目發展主題,並為主題命名。
由文獻分析法了解早期台日結婚的經緯,早期的台日婚姻過程,以及日本統治初期的台日婚姻,一窺如何從非法到合法化的台日共婚 ,進而瞭解日治時代嫁到台灣的日本女性配偶生活適應 。從5位訪談對象:走過曲折多彩歲月的M、侍奉公婆四十年的K、和孩子相依為命的C、住在牛棚的O 、生意高手S的調查結果分別分析她們在居住、衛浴、飲食、嫁妝、溝通、婚姻滿意度、教養等的適應歷程。
本研究發現跨國婚姻間生活習慣不同,產生文化摩擦,和周圍的人溝通等難題主要關鍵在語言問題。此外早期到台灣的日本女性配偶,因日本人的自尊心使她們無法敞開心胸和台灣人做朋友,她們的生活圈較小,導致她們的社會支持薄弱,及至年老之後日本友人凋零,難有比較親近的台灣人的好友。
在台灣她們最知己的朋友,就是和她們有相同背景的日本女性友人。因相同文化相同語言,讓她們在台灣的生活圈,更加狹隘。她們因本身的價值觀和生活態度,難以和台灣人建立深厚的友誼,若能積極進入社會融入台灣文化,取得社會聯絡網絡,在面對婚姻中的適應,調適婚姻壓力上,會更有助益。
5位受訪者初到台灣時,居住上都是從文明國度進入落後之地,她們共同的不適應是衛浴設備,每天從上廁所到洗澡都困擾著她們。因為日本的泡澡文化是她們放鬆身心的生活樂趣之一,初到台灣時沒有浴室,只能擦澡讓她們很難適應。飲食方面她們喜愛清淡食物,經過60多年的台灣飲食習慣洗禮,她們仍然喜歡日式料理。
台灣的嫁妝文化讓她們吃足了苦頭,因為他們的先生,都是留學生背景,從小就是在父母的期待中成長。大部分的婆婆都希望自己的孩子能娶個門當戶對,有錢人家的千金當媳婦。
溝通方面有幾位很快學會台灣話,和周圍的人打成一片,但是她們的內心深處,還是不習慣台灣人的直來直往。在婚姻滿意度上,她們一致認為在日本時先生很體貼,回台灣後先生變得我行我素,因為結婚時在日本先生是寄人籬下,先生較體貼。回台後在自己的故鄉台灣,先生會以自己的父母親族為中心,而冷淡日本太太。
本研究對日本統治時期日本女配偶的生活適應,做深入研究並紀錄其生活故事,盼其經驗能給國際婚姻的關係者參考。更藉此拋磚引玉,盼今後有更多台灣學者能和時間賽跑,趁尚居住在台灣的早期日籍配偶尚健在時去訪談,了解早期日籍配偶現在居住在台灣的現況,雖然和年輕的日籍配偶的狀況可能不盡相同,但國際婚姻文化適應問題上,或許有一些共通點,期盼本篇論文的結果能對改善台日婚姻關係有所助益。

要 旨
国際化、グローバリゼーションに伴い、国と国との国際交流が盛んな現在の台湾では、外国人との結婚が容易になり、その数も増えている。台湾の外国人配偶者は、中国本土、ベトナム、インドネシア、タイ、フィリピン、日本、韓国など東アジア諸国から来た人々が多い。その中で、日本人配偶者は約3872人おり、全体の0.82パーセントを占めている。
国際結婚は、さまざまな問題や困難により直面してしまいがちな傾向にあり、離婚という結果に終わることも多い。台湾内政部の調査によると、 2007年末までに、台湾人と外国人配偶者の離婚率は上昇しており、5組に1組が離婚しているという。特に台湾人と日本人の国際結婚の数はさほど多くないものの、3組に1組が離婚しているとのことである。台日の国際結婚の人数は4,000組弱であるが、離婚率が最も高いという結果が出ている。では、なぜ台湾人と日本人の国際結婚は維持するのが困難なのだろうか。
日本と台湾は地理的に近く、歴史的にも深く関わりがあるし、他の東アジア諸国よりも早く、19世紀には多くの日本人女性が台湾に嫁いできたという歴史がある。加えて、日本統治時代を経ても、ほとんどの台湾人は日本人に対して偏見が少なく、親近感を持っている。そして日本統治時代に日本教育を受けた高齢者で日本語の話せる人も多く、台湾に嫁いできた日本人女性配偶者は、他の国の女性よりも台湾の社会環境にいちはやく馴染めるはずであろうが、なぜうまくいかなかったのかだろうか。
日本統治時代に、日本で台湾人と結婚した日本人女性配偶者が戦後夫と日本から台湾へ引き揚げて来て、今も台湾に住んでいる人が多くいる。本研究では、60年前に故郷を離れて海を越えて、文明の進歩と生活水準の高い日本から来て、台湾に移住し、二つ世代を越えても、まだ台湾に住んでいる日本人女性配偶者を調査対象にする。
そして、彼女たちは、さまざまな国際結婚の難しさの中で、どのように外国の文化に適応し、そして対処してきたのだろうか(または適応や対処することができなかった場合、それはどうしてなのか)といったことを考察する。これにより、国際結婚の夫婦が、生活習慣の違いや文化摩擦、コミュニケーションなどの課題をどう克服すればいいか、また周りの人々との人間関係をどう構築した方がいいかについての好例にしたい。台湾にいる43.6万人の外国人配偶者が、外国人配偶者の先輩の経験を学び、婚姻維持のコツをつかみ、国際結婚におけるさまざまな問題を解決するヒントを見出すことができればと考えている。
本研究では、二世代にわたって南台湾に生きている日本人女性配偶者へのインタビューをもとに、彼女たちがどのように生活してきたかを見る。彼女たちの激動の時代の中で苦境を乗り越えたその心の強さは、現在の台湾にいる外国人配偶者にとっても、大きな参考になるであろう。また、日本人女性配偶者の先輩たちの経験と経歴から、台湾社会は、これまで十分に国際結婚の人々たちに支援を行わなかったことを見直し、今後、日本人女性配偶者、または在台の若い世代の外国人女性配偶者をどう受け入れ、どう援助していき、柔軟性のある環境をどのように整えていくかを真剣に考えなければならない。
本研究で扱う日台結婚は、日本統治期から現代にかけての台湾における日本人と台湾人の結婚を対象とする。
研究対象は下記の条件で選んだ。
1. 結婚するまで台湾に来たことがない日本人女性
2. 台湾南部に住むいわゆる本省人(福佬人, 漢人)と結婚し、ずっと南部台湾で生活している日本人女性。
3. 日本統治時代に日本で台湾の男性と結婚し、戦後、夫と一緒に台湾に戻った日本人女性。
まず日本統治時代の台湾に関わる文献資料に基づいて、当時の日台結婚の実例から、婚姻生活に影響した事をまとめる。そして、現代の台湾南部に暮らしている日本人女性配偶者とその家族にインタビューを行い、その文化受容と生活での経験を分析する。
研究方法は、文献分析、個人への聞き取り調査の二つの方法を用いる。
1、文献分析、
2、個人への聞き取り調査
文献資料としては、主に日本統治時代台湾に関する書籍、当時の雑誌や新聞記事を用いる。個人への聞き取り調査は、主に戦前から台湾南部に居住している日本人女性配偶者とその子供を対象とし、台湾の生活への適応、時代背景、家族背景、直面してきた問題について、2~3回に分けて行った。
聞き取り対象者は、台湾に60年間住んでいる台湾人と結婚した日本人配偶者5名で、年齢は問わない。
聞き取り対象者は、知人を通して、紹介してもらう。 60年以上も台湾にいる聞き取り対象者は、すべて80歳以上の高齢者であり、彼女たちへの聞き取りには家族の同意を得る必要がある。5人とも台湾に来たときから子供たちに依存しており、その子供たちも母親を守るため、親が見知らぬ人と接触することを望んでいないからである。5人へのインタビューには、彼らが信頼する知人の紹介を通じてでなければ、スムーズに進めることはできなかったであろう。
より確実な結果を得るため、聞き取り対象者の同意を得て、詳細なインタビューを行い、その内容を細かく記録し、録音をした。必要があれば、写真も撮った。
聞き取り対象者とのインタビューは一回1.5時間で、 2~3回分けて行うの原則とする。聞き取り対象者はすべて年配者で、彼女たちの母国語日本語を使うと、皆懐かしそうに生き生きと話してくれた。筆者はインタビューの後、録音したものの内容を繰り返し聞き直し、彼女たちの戸惑いや気持ちをできるだけ正確に把握してまとめるよう心掛けた。
早期の台日結婚の経緯と日本統治初期の台日結婚が非合法から合法化されたものへと変化したことは、文献分析によって理解ができた。そしてそれにより台湾に住む日本人女性配偶者がどのように生活に対応したかも分かる。 5人のインタビュー対象者は次のような方たちである。1、 多様な人生を送ったM氏。2、牛小屋に住んでいたK氏。3、商売に成功をしたO氏。4、43年間姑の面倒を見たA氏。5、228事件に翻弄されたH子氏。
調査の内容は、周りの環境衛生、住まい、結婚生活、食生活、花嫁道具、他人とのコミュニケーション、育児問題などである。彼女たちの結婚生活には、文化や民族性、生活習慣の違いによる誤解やすれ違いが生じたが、もっとも問題となったのは、言葉の壁であった。日本人としてのプライドもあり、また自分の気持ちをうまく伝えることができないために、親しい友人や相談相手を持つことが難しかった。
困ったときに、どこの誰に助けてもらえばいいかさえも分からなかった。十分に社会支援を受けることもできず、常に1人で戦わなければならなかった。それに台湾にいた古い日本人の友人もだんだん年取っていき、世を去っていくにつれて、生活空間も精神面もどんどん狭まっていった。彼女たちには、自分の価値観や生活態度、さらには言葉の問題があり、台湾人と深い友情を持つことはそれほど簡単なことではなかった。かりに、彼女たちが積極的に回りの人々と接触し、友達を作り、台湾社会に溶け込んでいれば、彼女たちの不安やストレスも少しずつ解消できていただろう。台湾社会も彼女たちの要望や不安を理解し、サポートをしなければならなかったのである。一方の努力だけでは、良い結果は生まれない。
台湾に初めて到着した5人の日本人女性配偶者が最初に悩ませられたのは、毎日の風呂やトイレといった身近な問題であった。それまで日本で毎日入っていた風呂であったが、台湾ではシャワーすら満足に使えず、そうした事情に悪戦苦闘の連続であった。
また食の面では、台湾での生活が60年以上になっても、彼女たちはまだ日本料理を好んでおり、あっさりした味の食事が大好きである。また台湾のお金持ちの感覚にはさんざんな目に遭った。ご主人は日本への留学生という背景がある。子供の頃から、裕福な家の娘と結婚させたいという両親、特に母親の希望のもとで成長した。そこに、日本で結婚をし、言葉もままならない日本人の嫁を連れて帰ってきたことに、両親は絶望や失望を感じ、そのことで日本人妻に当たったこともあった。彼女たちは、遠慮のないストレートな言い方に傷づいたり、違和感を持ったりしたが、ひたすら我慢しかできなかった。
結婚に対する満足度について、彼女たちは、日本では非常に思いやりのあった主人が、台湾に帰って来ると我が儘になっていたことが理解できなかった。おそらく日本で結婚したときは居候という気持ちがあって妻にとても優しかったのだが、台湾というふるさとに戻った後は、両親が兄弟が中心となり、妻に対して無関心になったのである。台湾人は、家族を大切するが、嫁いできた嫁はよその者だという考えは、今も深く根付いたものになっており、多くの外国人女性配偶者は寂しい思いをしている。そのため、一緒に生活している夫が妻の心を支え、異国の生活に慣れる手助けをしなければならない。地域の自治会なども、彼女たちを定期的に訪問し、その悩みや要望を聞いてあげて、解決方法を見つけるなどといった取り組みをしていかなければならないと思われる。
本研究では、日本統治時代および戦後台湾における日本人女性配偶者の生活への適応について、調査を行ない、彼女たちのライフストリーを記録し分析した。彼女たちの経験が、ほかの国際結婚の関係者の参考となり、一日もはやく台湾社会に溶け込むための役に立てれば幸いである。現在の若い日本人配偶者が直面する状況は、以前と異なっている場合があるかもしれないが、国際結婚における文化的適応の問題点には、いくつかの共通点があるかと考えられる。したがって、まだ早期の日本人配偶者が元気なうちに、彼女たちの状況に対する更なる研究が行われ、台湾と日本との国際結婚における夫婦関係の改善が促進されていくことを願っている。








目 次
日本語要旨 Ⅰ
中文摘要 VI
目次 X

第一章 序論 1
研究動機和目的 2

第二章 文獻探討和研究方法 6
第一節 文獻探討 6
第二節 研究方法 9

第三章 日台結婚的經緯 19
第一節 早期的日台婚姻 19
第二節 日本統治初期的內台婚姻 20
第三節 從非法到合法化的內台共婚 25
第四節 日治時代嫁到台灣的日本女性 31
第五節 小結 32

第四章 調查結果 34
第一節 走過曲折多彩歲月的M 34
第二節 侍奉公婆四十年的K 41
第三節 和孩子相依為命的C 47
第四節 住在牛棚的O 49
第五節 生意高手S 52
第六節 畢生難忘的二二八 55
第七節 小結 60

第五章 分析與探討 62
第一節 居住環境 62
第二節 飲食衛生習慣不同 65
第三節 嫁妝文化不同 68
第四節 語言和溝通 69
第五節 教養 72
第六節 婚姻滿意度 73
第七節 文明度的差異 74
第八節 小結 75

第六章 研究結論與建議 77
第一節 融入台灣文化 77
第二節 政府和NGO組織協助 79
第三節 今後的課題 80

參考文獻
日文部分 82
中文文獻 83
英文文獻 86
附錄
表1-1 台灣的外籍配偶人數 3
表2-1 研究對象的基本資料 13
表3-1 1897(明治29年)1月到10月3日 日本人登陸基隆人數 22
表3-2 內台結婚數量(1905~1942) 27
表4-1 M的適應情況 35
表4-2 K的適應情況 41
表4-3 C的適應情況 43
表4-4 O的適應情況 49
表4-5 S的適應情況 52



參考文獻
日文部分
安藤純子 (2009) 「農村部における外国人配偶者と地域社会─山形県戸沢村
を事例として─」東北大学大学院法学研究科・法学部GEMC journal
池田智子﹒池田裕 (2001)『日本事情』大修館書店
伊藤孝惠 (2005)「国際結婚夫婦の価値観等の相互理解と共生」『留学生セン
ター紀要』
殷允芃(1996)『台湾の歴史 日台交渉の三百年』(丸山勝 訳)藤原書店
海後宗臣 (1999)『教科書でみる 近現代日本の教育』東京書籍
栗原純 (2006) 「日本統冶下台湾における同化改策一共婚法の成立過程につ
いてー」『第4屆台灣總督府檔案學術研討會論文集』國史館台灣文化會館
吳春宜 (2005)「日台間の国際結婚ーその法的処遇の変遷に焦点を当てて」
立命館地域研究第23号2005年3月
ウシンイン (2010)「台湾における結婚移民女性に関する動向と支援策 」東
京大学大学院教育学研究科紀要 第50卷
小林恵 (2002)「ダブルの子ども」を視点とした国際理解の教育に閃するー考
察」 上越教育大学研究紀要第22卷第1号平成14年10月
新渡戶稻造 (1969)『新渡戶稻造全集第四卷』教文館
庄司総一(1940)『陳夫人』第一部 通文閣
鈴木清一郎 (1934)『台湾旧冠婚葬祭と年中行事 』南天書局
末光欣也 (2004)『台湾の歴史 日本統治時代の台湾』致良出版社
田上智宜 (2010)「新移民政策の形成と展開」 佐藤幸人編 「台湾総合研究社
会の求心力と遠心力」調査研究報告書 アジア経済研究所
竹下修子 (2000)『国際結婚の社会学』学文社
竹下修子 (2004)『国際結婚諸相』学文社
竹下修子 (2001) 「台湾における日本人妻の社会的ネツトワーク--ー国際結
婚による移住のためのネットワーク変容の視点から」 『愛知学院大学教
養部紀要』第49巻第2号
竹中信子 (1995)『植民地台湾の日本女性生活史』明治篇 田畑書店
竹中信子 (1996)『植民地台湾の日本女性生活史』大正篇 田畑書店
竹中信子 (2001)『植民地台湾の日本女性生活史』昭和篇〔上〕田畑書店
竹中信子 (2001)『植民地台湾の日本女性生活史』昭和篇〔下〕田畑書店
中山馨 (1935)『台灣善行美譚』東亞新報台北支局
名倉英三郎 (1991)『日本教育史』東京都 : 八千代
松村源太郎 (1981)『台湾昔と今 』 時事通信社
松本佑子 (2001) 「国際結婚における夫婦関係に関するー考察ーフィリビン
妻の意識を中心にー」『聖徳大学研究紀要人文学部12号』
宮本孝 (1997)『玉蘭荘の金曜日ーー台湾に生きる日本人妻たちの戦後50
年』 文昇堂
矢內原忠雄 (1929)『帝國主義下の台灣』岩波書店
喜安信夫 (1999)『台湾の歴史: 古代から李登輝體制まで』鴻儒堂
吉田莊人 (1994)『 台灣百年史』鴻儒堂
吉田正紀 (2005)『異文化結婚一境界を越える試み』新泉社
嘉本伊都子 (2001)『国際結婚の誕生』新曜社
橫田祥子 (2008)「グローバル・ハイパーガミ —臺越国際結婚
にみる女性の移動から」『異文化コミュニケーション研究』
ローズマリー. プレーガー,ロザンナ.ヒル編著 (2005)『異文化結婚一境界
を越える試み』新泉社


中文部分
圖書
一青妙 (2013),「我的箱子」,台北:聯經。
王文科(2001),「教育研究法」,台北:五南。
王登美 (1985),林慶旺譯,「感恩歲月:王貞治母親的故事」,台北:中華日報。
王肇楠 (2003),「臺灣梳妝臺的研究與修復──以『富貴春喜』細木作爲例」,
臺北:南天書局。
田村暉昭 (1997),「日本料理完全手冊」,漢思文化。
司馬嘯青(1998),「台灣世紀豪門-辜振甫家族」,玉山社。
朱昭陽口述 (1994),「朱昭陽回憶錄」,台北:前衛。
李永熾 (1991),「日本式心靈:文化與社會散論」,台北:三民。
村田吉弘(2013),蘇文淑譯,「日本料理的常識與奧祕:關於禮儀、器皿、服
務、經營與文化」,台北:遠足文化。
林忠勝 (1994),「朱昭陽回憶錄」,台北:前衛。
林俊義 (1999),「水產養殖先鋒廖一久」,李遠哲科學教育基金。
邱永漢 (1996),朱佩蘭譯,「我的青春•台灣我的青春」,香港:不二。
邱純惠 (2001),¬「日治時期內台共婚問題初探」,『曹永和先生八十壽慶論文
集』,台北:樂學。
邱琡雯(2005),「性別與移動:日本與台灣的亞洲新娘」,台北:時英。
吳芝儀、廖梅花(2002),「質性研究入門」,台北:濤石。
卓意雯 (1993)「清代臺灣婦女的生活」,臺北:自立晚報出版社。
許世楷(2006),「日本統治下的台灣」,台北:玉山社。
許雪姬、張隆志、陳翠蓮著 (2007),「坐擁書城:賴永祥先生訪問紀錄」,台北:
遠流。
新井一二三 (2001),臺灣為何教我哭?大田出版。
陳向明 (2002),「社會科學質的研究」,台北:五南。
陳俊宏 (2002 ),「李春生的思想與日本觀感」,臺北:南天。

乾克己編 (1986),「日本傳奇傳說大事典」,東京:角川書局。
簡春安、鄒平儀(1998),「社會工作研究法」,台北:巨流。
潘淑滿 (2003),「質性研究 : 理論與應用」,心理出版。
張炎憲、胡慧玲、黎澄貴 (1996),「台北都會二二八」,台北:財團法人吳三連
台灣史料基金會。
雙葉社 (2013),林詠純譯,「穿越到八百八町的江戶」,楓樹林出版社。
畢恆達(2004),「質性研究:理論、方法及本土女性研究」,台北:揚智出版。
戴寶村 (2008),「陳中和家族史–從糖業貿易到政經世界」,臺北:玉山社。
Earl Babbie(2004),李美華等譯,「社會科學研究方法」,湯姆生。
Uwe Flick(2007),李政賢、廖志恒、林靜如譯,「質性研究導論」,五南。
騰邑文化編輯部 (2013),『台灣教育世紀回顧:民國時期』,零極限。

期刊論文:
卞鳳奎 (2009),「日據時代台籍留日學生的民族主義活動」,海洋文化6期。
本間美穗 (1996),「異國情、異域結--在台台日通婚的現況及問題之探討」,
國立台灣大學新聞研究所碩士論文。
江兪佳 (2012),「國際移民與政治認同以日本之『台日婚姻』為例」,國立中正
大學碩士論文。
李毓嵐(2011),「日治時期霧峰林家的婚姻圈」,台灣文獻六十二卷第四期。
吳春宜(2013),「武士與武士道初探」,五南。
吳慎(2004),「大陸女性配偶在臺灣生活適應之探討:以臺北市縣為例」,國立
中山大學大陸研究所碩士學位論文。
邱琡雯 (2000),「在臺東南亞外籍新娘的識字/生活教育:同化 ? 還是多元文
化?」,社會教育學刊,師範大學社會教育學系,第29期。
陳俊宏 (2000),「臺灣史話一一李春生、李延禧與第一銀行」,臺北文獻,134
期,台北;台北市文獻委員會,12月。
陳俊宏 (2002),「台灣文學評論」第2卷第4 期,10月刊行。
鄭雅雯(2000),「南洋過台灣:東南亞外籍新娘在台婚姻與生活探究─以台南
市為例」,國立東華大學族群關係與文化研究所碩士論文。
蕭昭娟(2000),「國際遷移之適應研究:以彰化縣社頭鄉外籍新娘為例」,國立
台灣師範大學地理研究所碩士論文。
林意玲(2003),「新聞深度採訪報導」,基督教論壇報社內訓練。
陳乃菁 (2002),「在玉蘭莊,這群台灣老人都說日語」,新台灣新聞周刊,
2002/10/31 第345期。
德田幸惠(2007),「日本統治下台灣的『內台共婚』—日本與台灣的『家』制
度的衝突和交流」,淡江大學歷史學系碩士論文。
許雪姬 (2002),「日治時期在『滿洲』的台灣人」,中研院近史所。
蔡錦堂 (2000),「日治台時期所謂同化主義的再檢討──以內地延長主義為中
心」,臺灣史蹟,第三十六期。
夏曉鵑(2004),「實踐式研究的在地實踐:以『外籍新娘識字班為例』」,台灣
社會研究季刊,49,1-47。
蔡錦堂 (2002),「日本治台時期所謂『同化政策』的實像與虛像初探」,淡江史
學,13期。
楊玉姿 (2010),「內惟李氏家族的源流與發展」高市文獻 第二十三卷,第一期,
高雄市文獻委員會,2010年3月。
楊裴文 (2009),「跨越邊界的流動與認同:日治時期『內台共婚』」,國立政治
大學臺灣史研究所碩士論文。
賴永祥 (1983) ,「 劉青雲先生(1894-1982)略歷」,壹葉通訊12,3月。
魏宏晉 (1993),「『二二八』在雄中」,光華雜誌,18卷10期,1993年10月。
顏錦珠 (2002),「東南亞外籍新娘在台生活經驗與適應歷程之研究」,國立嘉義
大學家庭教育研究所碩士論文。

報章雜誌
台湾日日新報(新聞)
台灣新民報
台灣時報
自由時報
中國時報
中時電子報
遠見雜誌
觀台灣雜誌

英文文獻
Chikako, O. (1991). International marriage: Widow for understanding.
Japan Quarterly, 38(3), 292-300.
Imamura, A. E. (1986). Husband-wife role misunderstanding:The case of
international marriage, International. Journal of Sociology of the Family, 16,37-47.
Imamura, A. E. (1990) Strangers in a strange land :Coping with
marginality in international marriage, Journal of Comparative
Family Studies,21 (2),171-191.
Ishii, Y. k. (1996). Forward to a better Life:The situation of Asian women
married to Jappanese men in Japan in the 1990s in G. Battistella and
A.Paganoni, eds.Asian Women in Migration,(Quezon City:Scalabrini
Migration Center),147-164.

QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top