(3.227.235.183) 您好!臺灣時間:2021/04/20 09:30
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:王心怡
論文名稱:以接頭詞「手」複合之形容詞・形容動詞及以「手」為前項要素的複合名詞之考察
指導教授:吉田妙子吉田妙子引用關係
學位類別:碩士
校院名稱:國立政治大學
系所名稱:日本語文學系碩士班
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
畢業學年度:102
語文別:日文
論文頁數:101
中文關鍵詞:「手」接頭詞前項要素形容詞連用形名詞名詞勞動
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:95
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
本論文旨在探討接頭詞「手」和前項要素「手」複合之派生語和複合語的「手」的意思、複合限制、以及其對句型結構上之影響。 本論文透過「φ+形容詞」和「手+形容詞」的對比來探討「手」的意思。並敘述「手+形容詞」「手+名詞」「手+連用形名詞」之異同點。
本論文以五章構成。在序論裡論述本論文之動機、方法、結構以及研究對象。第一章中舉出了先行研究的問題點。第二章、第三章中透過「φ+形容詞」和「手+形容詞」的比較, 論證接頭詞「手」的共同特徵和使用限制。在第四章裡將「手+名詞」更細分為「手+具體名詞」「手+抽象名詞」「手+行為名詞」, 並探討三者的共通點。此外,也對「手+連用形名詞」的複合限制、「手」的意思和慣用的形態做說明。第五章則是結論。
先行研究中,記載接頭詞「手」的意思為「強調」「程度」, 並且與以「手」作為前項要素的複合詞採取相同的分析法。然而根據本論文的考察,和接頭詞「手」複合的形容詞無法與表示「心理現象」「生理現象」「自然現象」等的動詞共起。此外, 接頭詞「手」一旦與形容詞複合後, 具有容易使複合形容詞原來「恆常的性質」轉為表示「一次狀態」的特性。
「手+形容詞」、以「手」作為前項要素的「抽象名詞」、「手+連用形名詞」雖為三種不同的複合形態, 但在暗示「動作主的存在和行動」這個概念上是共通的。此外, 根據「手+連用形名詞」的考察,「手」與「外顯的運動動詞」容易共起, 卻無法與表示「內在狀態的動詞」共起。根據這個現象可以窺知「手+感情形容詞」無法複合的原因。主要是因為不論是「感情形容詞」「內在的狀態動詞」所表示的狀態, 即使要求動作主達到所要求的狀態, 動作主也未必能夠實現所提出的要求。在這點上由於無法滿足「手」所要求的「必須是某個程度動作主能夠控制的狀態」的條件, 因此, 「手」無法與「感情形容詞」和表示「內在狀態的連用形名詞」複合。

序論..............................1
1.研究動機と目的.......................2
2.研究対象..........................4
3.研究方法..........................5
4.本稿の構成.........................5

第一章 先行研究........................6
1.1.はじめに........................7
1.2.田村(2005)......................8
1.3.山下(1994)......................8
1.4.頼(1983)、(2001)、(2007).............9
1.5.先行研究の問題点...................10
1.5.1.「手−」に関する他の疑問点 ............11

第二章 「手」を前項要素とする形容詞.............142.1.はじめに.......................14
2.2.「手+形容詞」と「φ+形容詞」が対立する語......14
2.2.1.「厳しい」と「手厳しい」.............14
2.2.2.「痛い」と「手痛い」...............16
2.2.3.「短い」と「手短」................17
2.2.4.「早い」と「手早い」...............19
2.2.4.1.「早い」と「素早い」.............21
2.2.4.2.「素早く」と「手早く」............22
2.2.4.3.「早く」と「手早く」.............26
2.2.5.「ぬるい」と「てぬるい」.............28
2.2.6.「狭い」と「手狭」................31
2.2.7.「広い」と「手広い/手広な」...........34
2.2.8.「近い」と「手近い/手近な」...........36
2.2.8.1.「近い」と「身近」..............40
2.2.8.2.「手近い/手近な」と「身近い/身近な」....42
2.2.9.「手近」と「身近」と「φ+近い」の異同......46
2.2.10.「強い」と「手ごわい」.............47
2.2.11.「手づよい」と「手ごわい」...........50
2.2.12.「堅い」と「手堅い」..............52
2.2.13.「荒い」と「手荒い」..............56
2.2.14.「ひどい」と「手ひどい」............58
2.3.「手+形容詞」と「φ+形容詞」が対立しない語.....60
2.3.1「厚い」と「手厚い」................61
2.3.2「薄い」と「手薄い」................61
2.3.3「手厚い」と「手薄」................62
2.3.4「気軽」と「手軽」.................65

第三章 「手+形容詞」に見られる接頭辞「手」の意味......69
3.1.はじめに.................... ...69
3.2.「手+形容詞」と「φ+形容詞」の比較及び「手」の意味
    について.................... ...69
3.3.  接頭辞「手」の役割と特徴........... ...72

第四章 「手+名詞」.................... .79
4.1.はじめに.................... ...79
4.2.「手+名詞」の語の分類 ............... 79
4.2.1「手」を前項要素とする「具象名詞」の特質構造....80
4.3.「手」を前項要素とする動詞連用形名詞から.......84
4.3.1.工藤(1995)の動詞の分類について.......84
4.3.2.「手」を前項要素とする動詞連用形名詞の種類から..86
4.3.3.「手」を前項要素とする動詞連用形名詞の意味から..88

第五章 結論.........................95
5.1.本稿の結論......................95
5.2.今後の課題......................98

参考文献...........................99

石井正彦(1997)『語構成』
王淑琴(2007)「「打ち−」の語構成—コーパスに基づく記述―」『台大日本
語研究13』
奥田靖男(1988)「時間の表現(1)」『教育国語』94:2−17
奥田靖男(1994)「動詞の終止形(その2)」『教育国語』
影山太郎(1996)『文法と語形成』ひつじ書房
影山太郎(2001)『動詞の意味と構文』大修館書店
影山太郎(2011)「名詞の語形成と意味構造」『名詞の意味と構文』大修館書店
影山太郎編(2012)『属性叙述の世界』くろしお出版
河上誓作(1987)「対義と否定」『日本語学』第六巻第六号 明治書院
北原保雄(2010)『日本語の形容詞』大修館書店
工藤真由美(1995)『アスペクト.テンス体系とテクスト : 現代日本語の時   
間の表現』ひつじ書房
工藤真由美(2002a)「現象と本質:方言の文法と標準語の文法」日本語文
法学会・編『日本語文法』東京くろしお出版
工藤真由美(2003)「形容詞の評価的意味と形容詞分類」『阪大日本語研
究』
国広哲弥(1982)『意味論の方法』大修館書店
小倉博史(2008)『語の有縁性と比喩表現について』駿河台出版社
斎藤倫明・石井正彦(1997)  ゆもとしょうなん「あわせ名詞の意味記述をめぐって」『語構成』日本語研究資料集 
坂倉篤義(1986)「接辞とは」『日本語学』vol.5
須賀一好・早津恵美子(1995) 『動詞の自他』ひつじ書房
田村泰男(2005)「現代日本語の接頭辞について」『広島大学留学生センター紀要』
角田三枝他(2007)『他動性の通言語的研究』くろしお出版
角田大作(2009)『世界の言語と日本語:言語類型論から見た日本語』くろ
しお
湯廷池(2008)「日本語の反復形容詞:形態・意味と機能」『東吳日語教育學報 』31
西尾寅弥(1972)『国立国語研究所報告44、形容詞の意味・用法の記述的研究』秀英出版
仁田義雄(1991)『日本語のモダリティと人称』ひつじ書店
仁田義雄(1988)「意志動詞と無意志動詞」『月刊言語』17−5 p.34-37 大修館書店
仁田義雄(1998) 「日本語文法における形容詞」『月刊言語』大修館書店
飛田良文・浅田秀子(1991)『現代形容詞用法辞典』東京都出版  
星野命(1976)「身体語彙による表現」『日本語の語彙と表現ー日本語講座−第四巻』大修館書店 
益岡隆志・田窪行則(1992)基礎日本語文法 東京都:くろしお          
籾山洋介(2002) 「接頭辞「モノ」を含む形容詞・形容動詞の意味分析 」『日本語論究3現代日本語の研究』和泉書院
盛岡健二(1986)「接辞と助辞」『日本語学』vol.5
森田良行(1996) 『意味分析の方法-理論と実践-』P58、P161、P189 ひつじ書房
森田良行(2008)『動詞・形容詞・副詞の事典』東京都出版
ヤコブセン(1995)「他動詞とプロトタイプ論」須賀一好・早津恵美子(編)『動詞の自他』ひつじ書房
八亀裕美(2008)『日本語形容詞の記述的研究:類型論的視点から』明治書院
山下喜代(1994)「接辞分類表の作成−三省堂国語辞典第4版を資料として」
『講座日本語教育』早稲田大学日本語研究教育センター
山梨正明(1995)『認知文法論』ひつじ書房
横山麻紀(2009)「「お」の付く語・「さん」の付く語—接辞の意味機能とその分類—」『国立政治大学日本語文学系修士論文』
吉田妙子(2005)感情形容詞連用形の副詞用法的制約―「義経は気の毒に死んだ」は何故誤りか―『台湾日本語教育論文集第九号』
賴錦雀 (1983) 「中日兩語身體語彙の對照硏究」 『私立東吳大學日本文化硏究所修士論文』
賴錦雀 (2001) 「身体名詞と形容詞からなる日本語複合語について」『東吳外語學報』16,P.155-183,東吳大學
賴錦雀 (2004)『日本語感覚形容詞研究論文集』致良出版社
賴錦雀 (2007) 『日本語心象形容詞研究』致良出版社
劉懿禎(2007)「現代日本語形容詞の下位分類―分類基準と機能」『東呉大学日本語文学系博士論文』

辞書
『広辞苑』『新明解第四版』『大辞林』『日本語広辞典』
『日本語源広辞典』

連結至畢業學校之論文網頁點我開啟連結
註: 此連結為研究生畢業學校所提供,不一定有電子全文可供下載,若連結有誤,請點選上方之〝勘誤回報〞功能,我們會盡快修正,謝謝!
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
系統版面圖檔 系統版面圖檔