(3.236.175.108) 您好!臺灣時間:2021/03/01 12:28
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:李昭毅
研究生(外文):Chao-yi Li
論文名稱:日語「動名詞」與「做」的結合性之學習研究-以台灣日文學習者為研究對象-
論文名稱(外文):A Study of the Learning Situation About the Combination between the「Verb-Noun」 and 「Do」 in Japanese-A Linguistic Study on Japanese Language Students in Taiwan-
指導教授:張金塗張金塗引用關係
學位類別:碩士
校院名稱:國立高雄第一科技大學
系所名稱:應用日語研究所
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2014
畢業學年度:102
語文別:日文
論文頁數:114
中文關鍵詞:時間性動名詞事件意志性心理性
外文關鍵詞:occurrencementalitydurationintentionverb noun
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:414
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
「VN(動名詞) をする」是台灣日語學習者很熟悉的句式,但是何種動名詞能與「をする」共用卻是不甚清楚。例如台灣國語句式的「做研究」,若以日文句式表示則為「研究をする」,然而,亦有不相符的句式出現。由此可知,日文動詞「する」和台灣中文動詞的「做」,並不能等同視之。本稿對於中日句式之間的比較暫不進行探討,僅針對日文句式進行文獻分析,並針對語料庫、教材和日語學習者進行相關調查研究,結果如下:

1. 文獻調查方面
據文獻調查結果,目前為止多數認為句式的成立與動名詞的意志性、時間性、心理性有關,若是違反以上分類之規則,則歸因為語意擴張、連體修飾或動作性性質等因素。
2. 教材調查方面
學校使用的教材中所出現的動名詞,其性質皆屬於時間性或是意志性,並無發現心理性或是其它特殊的用法,然因無規則使用說明,易造成日文學習者困惑。
3. 語料庫方面
語料庫中屬於時間性或意志性一類的動名詞,其句式出現頻率極高。若是心理性或非時間性,、非意志性之動名詞,則句式出現頻率相對大幅降低,甚至不存在。
4. 問卷調查方面
針對此類句式使用規則,無論在教材或是課堂講解上皆明顯不足。
5. 教學方面
從調查中發現,日文學習者於判斷動名詞性質上明顯和理論有所差距,另外,對於事件的認定或是連體修飾學習者多數並無具備相關概念。

關鍵字:動名詞.意志性.時間性.心理性.事件
The construction of “VN(Verb Noun) -wo-suru” is familiar to Japanese language learners in Taiwan, but what kind of verb noun can be combined with the “wo-suru” is not clearly defined. For example, the construction of 「做研究」(do- reserach) could be interpreted as 「研究をする」(research-wo-suru) in Japannese. However, it doesn’t mean that all verb nouns can be combined with the “wo-suru”. This example shows that the functions of the verb between 「する(suru)」 and 「做(do)」 can’t be considered the same. In this thesis, the comparison between Japanese and Taiwanese language patterns will not be discussed; however, it provides analysis of the related academic documents, corpus, teaching materials and the learning situation of Japanese language learners. The results of the investigation are shown below.

1. The investigation of the academic research
The academic research revealed that the formation of construction is related to the verb noun’s property of intention, duration and mentality. If there are examples in contrast with the above rules, they would be attributed to the rule of the judgment of occurrence, adnominal form or motion property.
2. The investigation of the textbooks
The verb nouns in the textbook just only have the property of intention or duration. Other than that, the mentality property or any other specific usages are excluded. Due to the lack of explanation on usage of language expressions, the readers are easily confused.
3. The investigation of the corpus
As long as the verb none belongs to the property of duration or voluntary, it would occur frequently in the corpus. If it is not so, the construction will decrease or disappear.
4. The investigation of the questionnaire
The explanation of the construction’s rule is not sufficient, no matter in the textbook’s content or in the teaching.
5. The teaching strategy
According to the questionnaire, the Japanese language learners’ judgments about verb noun’s property are different from the academic research. Furthermore, they have no idea about the occurrence and adnominal form concept.

Keywords: verb noun, intention, duration, mentality, occurrence
中文摘要 I
Abstract II
要旨 IV
謝辭 VI
目次 VII
表目次 IX
図目次 X
第一章 序論 1
1.1 研究動機及び目的 1
1.1.1 研究動機 1
1.1.2 研究目的 2
1.2 研究範囲、対象と方法 2
1.2.1 研究範囲と対象 2
1.2.2 研究方法 3
1.3 論文の構成 4
第二章 先行研究 5
2.1 「する」の意味用法 5
2.2 「ヲ」の意味用法 6
2.3 文献分析 7
2.3.1 益岡・田窪(1987)7
2.3.2 田野村(1988)8
2.3.3 Grimshaw & Mester(1988)10
2.3.4 平尾(1990)10
2.3.5 影山(1993)11
2.3.6 李(2003)13
2.3.7 小林(2004)15
2.3.8 黃(2005)17
2.4 構文制限の分析 18
2.4.1 「VNをする」構文 18
2.4.2 「NのVNをする」構文 19
2.5 先行研究のまとめ 20
2.6 コーパスにおける「VNをする」の使用状況 21
第三章 教科書における用例の分析 24
3.1 『みんなの日本語』教材の調査について 24
3.2 『日本語GOGOGO』教材の調査について 27
3.3 教材内容及び習得の関係について 31
第四章 アンケート調査と考察 34
4.1 調査目的 34
4.2 調査対象と期間 34
4.3 調査方法 35
4.3.1 アンケート質問用紙の構成 35
4.4 アンケート調査の結果と分析 40
4.4.1 基本資料による分析結果 40
4.4.2 構文に対する意識調査結果 46
4.4.3 アンケート調査による分析結果 53
4.5 第一部分と第二部分の総合分析結果 79
第五章 結論 83
5.1 まとめ 83
5.2 提言と今後の課題 87
参考文献 89
付録 94
参考文献
書籍・論文(50 音順)
1.芥川 昭寿(1987)『外国人のための助詞演習』 鴻儒堂出版社
2.庵功雄・高梨信乃・中西久美子・山田敏弘 (2004)『中上級を教える人のための日本語文法ハンドブック』スリーエーネットワーク
3.市川 保子(1997) 『日本語誤用例文小辞典』 凡人社 
4.市川 保子(2001) 「【第16 回】日本語の誤用研究」 『日本語教育通』 pp.14-15  
5.影山 太郎 (1993)『文法と語形成』 ひつじ書房
6.蒲谷宏・細川英雄(2012)『日本語教育序説』 朝倉書店 
7.金田一春彦(1950)「国語動詞の一分類」『言語研究』17
8.国弘哲弥(1967)「日本語格助詞の意味素試論」 『構造的意味論:日英両国対照研究』 東京:三省堂。
9.黄鴻信 (2005) 「「VNをする」と「VNする」についての一考察」」
『台大日本語文研究』pp.53-84 台湾大学 
10.小林 英樹(2004)『現代日本語の漢語動名詞の研究』  ひつじ書房
11.蔡茂豊(2000)『現代日語文の口語文法』大新書局 
12.高見澤孟 (2007)新・はじめての日本語教育-基本用語事典 
株式会社アスク
13.田中 稔子 (1996)『日本語の文法』 近代文芸社 
14.田野村忠温(1988)「「部屋を掃除する」と部屋の掃除をする」」『日本語学』pp.7-11 明治書院
15.陳志文(2010)「連体修飾句における多重性と語順―中、上級読解の日本語教科書からの分析―」『台湾日本語文学報(27)』
台湾日本語文学会
16.辻幸夫(2005)『認知言語学への招待』 大修館書店
17.野田尚史・迫田久美子・渋谷勝己・小林紀子典子(2001) 「第1章学習者独自の文法」『日本語学習者の文法習得』
大修館書店 pp.3-23 
18.平尾 得子(1990)「サ変動詞をめぐって」 『待兼山論叢』大阪大学 
19.益岡 隆志・田窪 行則(1987)『日本語文法セルフマスターシリーズ3格助詞』くろしお出版 
20.松本曜(2006)『認知意味論』 大修館書店
21.籾山洋介、深田智 (2003)「第3章 意味の拡張」松本曜編『認知意味論』大修館書店
22.山梨 正明 (1997)『比喩と理解』 東京大学出版会 
23.湯本 昭南(1977)「あわせ名詞の意味記述をめぐって」『東京外国語大学論集』  27,(松本泰丈編(1978)『日本語研究の方法』に再録)
24.吉川 武時 (1997) 「誤用分析Ⅰ」 『日本語誤用分析』 明治書院企画編集部編 明治書院 pp.3-4
25.吉村 公宏(2004)『はじめての認知言語学』 研究社 
26.陳志文(2010)「連体修飾句における多重性と語順―中、上級読解の日本語教科書からの分析―」『台湾日本語文学報(27)』
台湾日本語文学会
27.李偉煌 (1993) 「「勉強をする」の構文制限について」」
『日本学と台湾学』pp.1-20 静宜大学 

資料

1.財団法人言語訓練試験中心 (2000) 『日本語GOGOGO 1』豪風出版株式会社
2.財団法人言語訓練試験中心 (2000) 『日本語GOGOGO 2』豪風出版株式会社
3.財団法人言語訓練試験中心 (2000) 『日本語GOGOGO 3』豪風出版株式会社
4.財団法人言語訓練試験中心 (2000) 『日本語GOGOGO 4』豪風出版株式会社
5.スリーエーネットワーク(1999)『大家的日本語 初級Ⅰ』大新書局 原題『みんなの日本語 初級Ⅰ』
6.スリーエーネットワーク(1999)『大家的日本語 初級Ⅱ』大新書局 原題『みんなの日本語 初級Ⅰ』
7. スリーエーネットワーク(1999)『大家的日本語 新階Ⅰ』大新書局 原題『みんなの日本語 初級Ⅱ』
8. スリーエーネットワーク(1999)『大家的日本語 新階Ⅱ』大新書局 原題『みんなの日本語 初級Ⅱ』

ウェブサイト

1.高校第二言語教育センターホームページhttp://www.2ndflcenter.tw/teach_detail.asp?teachid=29   2014年4月6日検査結果。
2.高校第二言語教育センターホームページhttp://www.2ndflcenter.tw/teach_detail.asp?teachid=29   2014年4月6日検査結果。
3.国語研ホームページ:http://nlb.ninjal.ac.jp/headword/V.00002/2014年3月16日検査結果。
4.少納言ホームページhttp://www.kotonoha.gr.jp/shonagon/search_form 2014年3月17日検索結果。
5.するの定義1: http://kotobank.jp/word/%E7%82%BA%E3%82%8B?dic=daijirin&oid=DJR_suru_-010 2014年3月18日検索結果。
6.するの定義2:
http://kotobank.jp/word/%E7%82%BA%E3%82%8B?dic=daijisen&oid=10062800 2014年3月18日検索結果。
7.「ヲ」の意味1: http://kotobank.jp/word/%E7%82%BA%E3%82%8B?dic=daijirin&oid=DJR_suru_-010 2014年3月18日検索
8.「ヲ」の意味2:http://kotobank.jp/word/%E7%82%BA%E3%82%8B?dic=daijisen&oid=10062800 2014年3月18日検索
9.第二外語学科センター:http://www.2ndflcenter.tw/teach_detail.asp?teachid=29 2014年3月20日検索
10.デジタル大辞泉:「出席」http://kotobank.jp/word/%E6%AC%A0%E5%B8%AD?dic=daijisen&oid=05627600
11.デジタル大辞泉:「研究」http://kotobank.jp/word/%E7%A0%94%E7%A9%B6?dic=daijisen&oid=05711600
12.デジタル大辞泉:「退職」http://kotobank.jp/word/%E9%80%80%E8%81%B7?dic=daijisen&oid=11187300
13.デジタル大辞泉:「逮捕」http://kotobank.jp/word/%E9%80%AE%E6%8D%95?dic=daijisen&oid=11263900
電子全文 電子全文(本篇電子全文限研究生所屬學校校內系統及IP範圍內開放)
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
系統版面圖檔 系統版面圖檔