(3.236.222.124) 您好!臺灣時間:2021/05/10 16:28
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

: 
twitterline
研究生:林冠霖
研究生(外文):LIN, KUAN LIN
論文名稱:台湾人日本語学習者の相づちに関する縦断的習得研究 ― LARP at SCUコーパスを中心に ―
論文名稱(外文):Chinese Learners’ Acquisition of the Focus Back-Channel ― Focus on Larp at SCU ―
指導教授:許夏珮許夏珮引用關係
口試委員:李宗禾彭思遠
口試日期:2014-05-07
學位類別:碩士
校院名稱:東吳大學
系所名稱:日本語文學系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2014
畢業學年度:102
語文別:日文
論文頁數:87
中文關鍵詞:相づち
外文關鍵詞:Back-Channel
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:235
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:28
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
「應答詞」雖然看似無關緊要的聲音表現,卻在「對話」進行中扮演著重要的角色。它幫助發話者知道彼此的訊息對等、在同一個話題當中,因而促使發話能夠更順利且流暢地進行下去。我們也可以在說話中,觀察出應答詞的頻繁使用。本論文利用LARP at SCU語料庫〈Language Acquisition Research Project at Soochow University東吳大學日本語文學系學生的語言資料庫〉,來觀察學習者在不同階段的口頭表達時所使用的應答詞表現有何不同。透過此研究,可以歸納出學習者在日語發話中應答詞的使用傾向,對照日語母語話者所使用的應答詞,也可以區別學習者在應答詞使用上的相同及同異之處。
本論文共分為五章。第一章為序論,主要闡明本研究的動機、目的以及方法。第二章為先行研究,參考日本語學及日本教育方面所提及之應答詞的研究,明訂本論文對於應答詞的定義及分類基準。以及提出筆者在先行研究中所看到的問題點。第三章為研究方法,內容包括認定基準、調查對象、資料以及研究方法。第四章為調查結果與分析,歸納出6名學習者的應答詞使用狀況及傾向。接著將個別分析的部分加以彙整進行綜合探討。第五章為結論,對於學習者的應答詞使用狀況做進一步統整,最後提出應答詞對於日語教育上的建議以及本研究今後的課題與方向。
“Back-channel” this sound expression seems nothing, but plays a very important role in utterance (speech or conversation). Speakers use back-channel to have the same message, in one topic and to smooth sentence. By observing a conversation, speakers use back-channel frequently. This thesis is observing Japanses language learners’ back-channel usage at different steps from LARP at SCU (Language Acquisition Research Project at Soochow University). The purpose of this thesis is to verify Japanses language learners’ back-channel usage preference, and to compare each learners’ back-channel usage to native Japanese speakers’.
This thesis is divided into 5 chapters. Chapter one introduces the motivation, the purpose and the study method of this research. Chapter two shows antecedent researches of back-channel from Japanese linguistic study and Japanese education study. Those help author to redefine the definition of back-channel and to build up verification standers. Author addresses problems from antecedent researches. Chapter three explains study method including how to distinguish back-channel in utterance, survey subjects and collected data. Chapter four analyzes and summarizes the survey date. It tells back-channel usage preference and intendancy of six Japanese language learners. Furthermore, author combines each individual’s survey data into comprehensive study. Chapter five concludes back-channel usage intendancy of Japanese language learners, and inspects how recent textbook mention about back-channel and arrange the order of back-channel from content. Finally, author proposes a suggestion to Japanese education study and a direction for future study.

第一章 序論
1.1 研究動機と目的
1.2 研究対象と方法
1.3 本研究の構成

第二章 先行研究
2.1 相づちの定義
2.2 相づちの分類
2.2.1 相づちの表現形式
2.2.2 相づちの機能
2.3 相づちに関する習得研究
2.3.1 堀口(1990)
2.3.2 Mukai(1999)
 2.3.3 村田(2000)
 2.3.4 窪田(2000)
 2.3.5 楊(2001)
 2.3.6 柳(2002)
 2.3.7 まとめ

第三章 研究方法
3.1 LARP at SCUコーパス
3.2 調査資料
3.3 研究対象
3.4 分析方法

第四章 結果と分析
4.1 学習者A
4.1.1 言語環境
4.1.2 相づちの誤用分析
 4.1.3 相づちの正用に関する考察
4.1.4 学習者Aのまとめ
4.2 学習者B
4.2.1 言語環境
4.2.2 相づちの誤用分析
4.2.3 相づちの正用に関する考察
4.2.4 学習者Bのまとめ
4.3 学習者C
4.3.1 言語環境
4.3.2 相づちの誤用分析
4.3.3 相づちの正用に関する考察
4.3.4 学習者Cのまとめ
4.4 学習者D
4.4.1 言語環境
4.4.2 相づちの誤用分析
4.4.3 相づちの正用に関する考察
4.4.4 学習者Dのまとめ
4.5 学習者E
4.5.1 言語環境
4.5.2 相づちの誤用分析
4.5.3 相づちの正用に関する考察
4.5.4 学習者Eのまとめ
4.6 学習者F
4.6.1 言語環境
4.6.2 相づちの誤用分析
4.6.3 相づちの正用に関する考察
4.6.4 学習者Fのまとめ
4.7 学習者における総合的考察

第五章 結論
5.1 総合的考察 
5.2 教育現場への示唆
5.3 今後の課題

考察資料
参考文献

石田浩二(2005)「ニュージーランド日本語学習者の相づち『ええ』についての知識」『日本語教育』127, pp.1-10
大浜るい子・山崎深雪・永田良太(1998)「道聞き談話におけるあいづちの機能」『日本語教育』96, pp.73-84
岡崎敏雄(1987)「相談の指導―初~中級を中心に―」『日本語教育』62, pp.165-178
郭末任(2003)「自然談話に見られる相づち的表現―機能的な観点から出現位置を再考した場合―」『日本語教育』118, pp.47-56
窪田彩子(2000)「日本語学習者の相づちの習得―日本人との初対面における会話資料を基に―」『南山日本語教育』7, pp.76-114
久保田真弓(2001)「聞き手のコミュニケーション上の機能としての『確認のあいづち』」『日本語教育』108, pp.14-22
黒崎良昭(1987)「談話進行上の相づちの運用と機能―兵庫県竜野方言について―」『国語学』150, pp.122-109
小宮千鶴子(1986)「相づち使用の実態―出現傾向とその周辺―」『語学教育研究論叢』第3号, 大東文化大学語学教育研究所pp.43-62
迫田久美子(2002)『日本語教育に生かす第二言語習得研究』アルク出版
杉藤美代子(1993)「効果的な相談とあいづちの特徴及びそのタイミング」『日本語学』12-4, pp.11-20
陳姿菁(2001)「日本語の談話におけるあいづちの類型とその仕組み」『日本語学』108, pp.24-33
___(2005)「『話者の移行期』に現れるあいづち―日本語、台湾の『国語』と台湾語を中心に―」『日本語科学』18, pp.25-46
古川智樹(2010)「あいづちとして用いられる『あ』の機能」『言葉と文化』11, pp.237-253
堀口純子(1988)「コミュニケーションにおける聞き手の言語行動」『日本語教育』64, pp.13-26
____(1990)「上級日本語学習者の対話における聞き手としての言語行動」『日本語教育』71, pp.16-32
____(1991)「あいづち研究の現段階と課題」『日本語学』10-10, pp.31-41
____(1997)『日本語教育と会話分析』くろしお出版
松田陽子(1988)「対話の日本語教育学―あいづちに関連して―」『日本語学』7-13, pp.59-66
水谷信子(1988)「あいづち論」『日本語学』7-12, pp.4-11
____(1999)『心を伝える日本語講座』研究社出版
宮地敦子(1959)「うけこたへ」『国語学』39, pp.85-98
村田晶子(2000)「学習者のあいづちの機能分析―『聞いている』という信号、感情態度の表示、そしてturn-takingに至るまで―」『世界の日本語教育』10, pp.241-260
メイナード・K・泉子(1993)『会話分析』くろしお出版
メイナード・K・泉子(2000)『情意の言語学「場交渉論」と日本語表現のパトス』くろしお出版
メイナード・K・泉子(2001)『恋するふたりの「感情ことば」―ドラマ表現の分析と日本語論―』くろしお出版
柳川子(2002)「台湾人日本語学習者における相づち使用の考察―相づち詞の種類を中心に―」『日本語教育と異文化理解』創刊号, 愛知教育大学国際教育学会pp.45-53
___(2003a)「台湾人日本語学習者における相づち表現―電話での会話資料から―」『日本語教育と異文化理解』2, 愛知教育大学国際教育学会pp.77-85
楊晶(2001)「電話会話で使用される中国人学習者の日本語の相づちについて―機能に着目した日本人との比較―」『日本語教育』111, pp.46-55
__(2002)「日本語の相づちに関する意識における中国人学習者と日本人との比較」『日本語教育』114, pp.90-99
吉本優子(2001)「定住ベトナム難民における相づち習得研究―談話展開の観点から―」『日本語教育』110, pp.92-100
劉建華(1987)「電話でアイヅチ頻度の中日比較」『言語』16-1, pp.93-97
渡辺恵美子(1994)「日本語学習者のあいづちの分析―電話での会話において使用された言語的あいづち―」『日本語学』82, pp.110-122
Mukai, C.(1999)The use of Back-channels by Advanced learners of Japanese: Its qualitative and quantitative aspects, 『世界の日本語教育』9, pp.197-219

QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
無相關論文
 
系統版面圖檔 系統版面圖檔