(3.92.96.236) 您好!臺灣時間:2021/05/07 01:26
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

: 
twitterline
研究生:小林由紀
研究生(外文):Kobayashi, Yuki
論文名稱:台湾における日本語読解教育研究
論文名稱(外文):Research on Reading Comprehension of Japanese-Language Education in Taiwan
指導教授:賴錦雀賴錦雀引用關係
口試委員:蘇文郎王世和落合由治林慧君
口試日期:2014-05-23
學位類別:博士
校院名稱:東吳大學
系所名稱:日本語文學系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2014
畢業學年度:102
語文別:日文
論文頁數:425
中文關鍵詞:L2読解文學読解L2読解指導ストラテジーL2読解教授法
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:511
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:79
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
本研究為八章所構成。第一章說明本研究的研究動機、研究目的、以及本論文的架構。

第二章分析探討了日語讀解教育研究的先行研究。首先探討在台灣的日語讀解教育的相關先行研究,闡明台灣日語讀解教育的現況。接下來概觀了在日本的日語讀解教育的先行研究且進行分析。最後說明本研究的研究立場及定位。

第三章中,立足於第二章的分析成果,且為了掌握台灣的日語教師對於讀解教育的認知,對於高等日語教育機構進行了「讀解」教育的實況調查。因依據大學的教育宗旨不同,本研究分別對日本語文學系及應用日語學系進行研究調查,進一步分析探討其現況。

在第四章中,依據第三章中的考察結果,進行台灣的日語讀解教授法之研究。首先,顯示出初級的學習者讀解教育的指導方式,是以單字字彙為主的教授法。其次,中級的學習者的調查結果中得知,有教授者採用新的相互教授(reciprocal teaching)學習的讀解教育方式,且透過學習者的問卷調查結果得知,學習者對此教授法是持以肯定的態度。再者,對於高級的學習者的讀解教育,本研究對於採用學習者互助學習(peer reading)的教授法進行考察,闡明了此教授法的益處及其今後的課題。

第五章是基於第二章中所論述的本研究的「由讀解過程來探討」這樣的中心思想,為了要了解台灣的日語學習者使用什麼樣的讀解策略,而進行了台灣學習者的讀解策略研究。特別是以修習文學讀解課程一年的學生為對象,這些學習者在課程中接受過次認知的訓練(metacognitive training),本論文想要藉以此研究探求與現今之先行研究之不同結果之可能性。

相對於第五章是將研究的重點放在學習者身上,第六章是著眼於教授者的教師為研究對象。對在讀解教育實踐時不可欠缺的教師的專業技能及讀解的指導策略進行研究。在教師的專業技能上,探討文章的背景知識之提出方法及其所提供之意義,透過質與量兩方面進行探討。同時在分析學習者的回饋文章的過程中,可以明瞭讀解指導時有益的策略為何。

在第七章中,對本研究進行綜合性的探討,統整本研究所獲得的新見解及研究成果,闡述本研究的意義。

在終章第八章中,統整第二章到第六章的研究,論述對第二外語(L2)日語讀解教育提出建言的可能性,且言及今後的研究課題。

This study consists of eight chapters. The first chapter explains the motive and purpose of the study, as well as the structure of the thesis.

The second chapter analyzes and probes into papers on Japanese language reading comprehension education. The chapter begins with discussions on Taiwan related studies on Japanese reading comprehension education, explaining the current situation of Japanese reading comprehension education in Taiwan. Following is an overview and analysis of Japanese reading comprehension education studies in Japan. The chapter concludes with the position and orientation of this study.

Chapter 3 is based on the analysis results from chapter 2. In order to understand the cognition of reading comprehension by Japanese language instructors in Taiwan, a survey on Japanese reading comprehension teaching higher education institutions was conducted. Due to each university has different principles of education, this study explores and further discusses the current situation of Japanese Language and Literature Department and Applied Japanese Language Department respectively.

In chapter 4, pursuant to the results in chapter 3, we carried out a study on Japanese reading comprehension teaching methods in Taiwan. First of all, the study shows that reading comprehension education for beginners puts emphasis on teaching vocabularies. Secondly, for intermediate learners, our study shows that some professors adopt the new reciprocal teaching method for reading comprehension education, while our student survey further indicates that students hold a positive attitude towards this teaching method. Then for advanced learners in reading comprehension education, this study observed the peer reading teaching method, explaining the benefits and future issues of this teaching method.

Chapter 5 is based on the central idea “probe into the reading comprehension process” as discussed in chapter 2. In order to understand what reading comprehension strategy Japanese language learners in Taiwan use, we carried out a research on reading comprehension strategies. Our research is focused mainly on students who have studied literature reading comprehension courses for more than one year, these students have had metacognitive training in the curriculum, and based on the results of this study, we would like to quest for the possibility of different outcome with existing studies.

Relative to chapter 5, where focus is on the learners, we will concentrate on the instructors in chapter 6, and study the professional skills and teaching strategy for reading comprehension education by the instructors who are indispensable in the learning process. From the professional skills of the teachers, the method of presenting the background of the reading material and the significance of the presentation will be explored, and discuss through both qualitative and quantitative aspects. At the same time, in the process of analyzing the students’ feedback, it can be clear which strategy is useful in the reading comprehension instruction.

In chapter 7, a comprehensive discussion is made on the study, integrating the new insights and research outcomes of this study and explaining the significance of this research.
In the last chapter, chapter 8 will integrate the researches from chapters 2 to 6, and possibly put forward recommendations for second language (L2) Japanese reading comprehension education, with discussions of future research topics.
目 次

第1章
本研究における研究動機及び目的と構成

1.はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1
2.研究動機・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1
 2.1 台湾における日本語読解教育の現状・・・・・・1
 2.2 認知論的読解研究の視点・・・・・・・・・・・7
 2.3 台湾人学習者の学習背景・・・・・・・・・・・8
3.研究目的・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9
4.本研究の構成 ・・・・・・・・・・・・・・・・・11

第2章
日本語読解教育研究における先行研究の分析と検討

1. はじめに ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14
2.台湾における日本語読解教育先行研究の分析 ・・・・・・・・・・14
 2.1 学会誌・大学機関誌に見る台湾の日本語読解教育研究論文 ・・14
  2.1.1 日本語読解教育研究論文数の把握 ・・・・・・・・・・・14
  2.1.2 日本語読解教育研究論文の背景 ・・・・・・・・・・・15
  2.1.3 日本語読解教育研究論文の内容 ・・・・・・・・・・・・19
  2.1.4 分類及び内容分析 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・32
   2.1.4.1 日本語教育における読解研究論文・・・・・・・・・32
   2.1.4.2 文学教育における読解研究論文 ・・・・・・・・・33
  2.1.5 台湾における日本語読解教育研究の現状 ・・・・・・・・34
3.日本における日本語読解教育先行研究の検討 ・・・・・・・・・・36
 3.1 1970年から1990年 ・・・・・・・・・・・・36
 3.2 1990年から1999年 ・・・・・・・・・・・・37
 3.3 2000年から2009年 ・・・・・・・・・・・・40
 3.4 2010年から2012年 ・・・・・・・・・・・・41
4. 本章のまとめ ・・・・・・・・・・・・・・・・・41
  
第3章
台湾の日本語高等教育機関における「読む」教育の実態調査研究

1. はじめに ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 45
2. 台湾の実態調査研究における先行研究 ・・・・・・・46
3. 総合大学の日本語教師を対象とした研究実践 ・・・・49
 3.1 調査対象者 ・・・・・・・・・・・・・・・・・49
 3.2 調査実施期間・・ ・・・・・・・・・・・・・・49
 3.3 調査方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・49
  3.3.1 調査方式・・・・・・・・・・・・・・・・49
  3.3.2 研究内容及び調査項目・・・・・・・・・・50
3.4.分析及び考察・・・・・・・・・・・・・・・・52
  3.4.1 「A. 教師の読解指導ストラテジーに関連する調査」分析・・52
   3.4.1.1 調査1)に関する分析 ・・・・・・・・53
   3.4.1.2 調査2)に関する分析 ・・・・・・・・57
   3.4.1.3 調査3)に関する分析 ・・・・・・・・62
   3.4.1.4 調査4)に関する分析 ・・・・・・・・67
   3.4.1.5 調査5)に関する分析 ・・・・・・・・73
   3.4.1.6 教師の読解指導ストラテジーに関連する考察・・・・・76
   3.4.1.7 「A. 教師の読解指導ストラテジーに関連する調査」結果からの提言・・・81
  3.4.2 「B. 教師のクラス運営に関する調査」分析・・・83
   3.4.2.1 調査6)に関する分析 ・・・・・・・・83
   3.4.2.2 調査6)からの提言 ・・・・・・・・・91
   3.4.2.3 調査7) に関する分析 ・・・・・・・・92
   3.4.2.4 調査7)からの提言 ・・・・・・・・・98
  3.4.3 「C. 読解指導における困難点に関する調査」分析・・100
   3.4.3.1 調査8)に関する分析 ・・・・・・・・100
   3.4.3.2 調査8)からの提言 ・・・・・・・・・106
  3.4.4 「D. 教師の役割認識に関する調査」分析・ 108
   3.4.4.1 調査9)に関する分析 ・・・・・・・・108
   3.4.4.2 調査9)からの提言 ・・・・・・・・・112
  3.4.5 教師個人に関する調査 ・・・・・・・・・113
   3.4.5.1 調査10)に関する整理 ・・・・・・・113
4.応用日語学系大学の日本語教師を対象とした研究実践・・・118
 4.1 調査対象者 ・・・・・・・・・・・・・・・・118
 4.2 調査実施期間 ・・・・・・・・・・・・・・・118
 4.3 調査方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・118
  4.3.1 調査方式 ・・・・・・・・・・・・・・・118
  4.3.2 研究内容及び調査項目 ・・・・・・・・・118
 4.4 分析及び考察 ・・・・・・・・・・・・・・・119
  4.4.1 「A. 教師の読解指導ストラテジーに関連する調査」分析・・119
   4.4.1.1 調査1)に関する分析 ・・・・・・・・119
   4.4.1.2 調査2)に関する分析 ・・・・・・・・123
   4.4.1.3 調査3)に関する分析 ・・・・・・・・127
   4.4.1.4 調査4)に関する分析 ・・・・・・・・131
   4.4.1.5 調査5)に関する分析 ・・・・・・・・135     
   4.4.1.6 教師の読解指導ストラテジーに関連する考察 ・・・・139
   4.4.1.7 「A. 教師の読解指導ストラテジーに関連する調査」結果からの提言・・・140
  4.4.2 「B. 教師のクラス運営に関する調査」分析・141
   4.4.2.1 調査6)に関する分析 ・・・・・・・・141
   4.4.2.2 調査6)からの提言 ・・・・・・・・・146
   4.4.2.3 調査7)に関する分析 ・・・・・・・・146
   4.4.2.4 調査7)からの提言 ・・・・・・・・・153
  4.4.3 「C. 読解指導における困難点に関する調査」分析・・・154
   4.4.3.1 調査8)に関する分析 ・・・・・・・・154
   4.4.3.2 調査8)からの提言 ・・・・・・・・・160
  4.4.4 「D. 教師の役割認識に関する調査」分析 ・161
   4.4.4.1 調査9)に関する分析 ・・・・・・・・161
   4.4.4.2 調査9)からの提言 ・・・・・・・・・164
  4.4.5 教師個人に関する調査 ・・・・・・・・・165
  4.4.5.1 調査10)に関する整理 ・・・・・・・・165
5.本章のまとめ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・169

第4章
台湾における日本語読解教授法の研究と実践

1.はじめに ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・174
2. 初級学習者の読解教授法-語彙指導を主として- ・・175
 2.1 問題提起 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 175
2.2 チラシを活用した相互交流モデル的な語彙指導の実践・・・・176
  2.2.1 教師が準備するもの ・・・・・・・・・・・177
  2.2.2 学習者が準備するもの ・・・・・・・・・・179
  2.2.3 授業の進め方 ・・・・・・・・・・・・・・180
  2.2.4 アセスメント(評価方法) ・・・・・・・・181
 2.3 チラシを活用したスキャニング指導の実践 ・・・182
  2.3.1 食料品・雑貨類のチラシを活用した例 ・・・183
   2.3.1.1 教師が準備するもの ・・・・・・・・183
   2.3.1.2 授業の進め方 ・・・・・・・・・・・184
 2.3.2 その他のチラシを活用した例 ・・・・・・・・184
 2.4 本節のまとめ ・・・・・・・・・・・・・・・・184
3. L2中級読解における新たな読解授業の試み(1)
  -実践と検証- ・・・・・・・・・・・・・・・・・185
 3.1 問題提起 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・185
 3.2 研究方法の概要と目的 ・・・・・・・・・・・・188
 3.3 日本語能力試験と本論の関連性 ・・・・・・・・189
 3.4 先行研究 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・190
 3.5 対象となる学習者 ・・・・・・・・・・・・・・190
 3.6 研究実施期間 ・・・・・・・・・・・・・・・・191
 3.7 読解のためのテキスト ・・・・・・・・・・・・191
 3.8 授業の実践 ・・・・・・・・・・・・・・・・191
  3.8.1 授業前の事前準備 ・・・・・・・・・・・191
   3.8.1.1 教師が行う準備 ・・・・・・・・・・・192
   3.8.1.2 教師役担当の学習者グループが行う準備・・・192
   3.8.1.3 学習者グループの準備 ・・・・・・・・193
  3.8.2 授業の進め方・・・・・・・・・・・・・・・193
  3.8.3 教師によるフォローアップ ・・・・・・・・195
 3.9 検証・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・195
  3.9.1 前期(2008年9月から2009年1月) ・・・・ 195
   3.9.1.1 選択問題における読解活動・・・・・・・196
   3.9.1.2 プロトコール分析による検証1 ・・・・198
  3.9.2 後期(2009年2月から2009年6月)・・・・・201
   3.9.2.1 論理的文章における読解活動・・・・・・202
   3.9.2.2 プロトコール分析による検証2・・・・・203
  3.9.3 アンケートによる検証・・・・・・・・・・・207
 3.10 本節のまとめ・・・・・・・・・・・・・・・・211
4.L2中級読解における新たな読解授業の試み(2)
-2011年度、2012年度のアンケート調査の結果から-・・212
4.1 2011年度の調査(2011年9月から2012年1月)・・・212
4.1.1 授業の実施期間・・・・・・・・・・・・・・・・212
4.1.2 対象となる学習者・・・・・・・・・・・・・・・212
4.1.3 アンケート用紙の内容・・・・・・・・・・・・・213
4.1.4 調査結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・214
4.2 2012年度の調査(2012年2月から2013年6月)・・・220
4.2.1 授業の実施期間・・・・・・・・・・・・・・・・220
4.2.2 対象となる学習者・・・・・・・・・・・・・・・220
4.2.3 アンケート用紙の内容・・・・・・・・・・・・・221
4.2.4 調査結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・222
4.3 本節のまとめ・・・・・・・・・・・・・・・・・・228
資料1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・230
5. L2上級読解におけるピア・リーディングの一考察
-台湾人上級学習者クラスを例として- ・・・・・・・・231
 5.1 問題提起・・・・・・・・・・・・・・・・・・・231
 5.2 ピア・リーディングにおける先行研究・・・・・・232
 5.3 上級読解授業におけるピア・リーディングの実践・・・235
  5.3.1 研究実施期間・・・・・・・・・・・・・・・235
  5.3.2 対象となる学習者・・・・・・・・・・・・・235
  5.3.3 読解のためのテキスト・・・・・・・・・・・236
  5.3.4 第1期・・・・・・・・・・・・・・・・・・236
   5.3.4.1 ピア・リーディングの手順と具体例・・・236
    5.3.4.1.1 グループ分けとピア・リーディングのためのストラテジー・・236
    5.3.4.1.2 事前のピア・リーディング活動・・・237
    5.3.4.1.3 教室のピア・リーディング活動・・・237
    5.3.4.1.4 事後のピア・リーディング活動・・・241
   5.3.4.2 第1期の考察・・・・・・・・・・・・・・242
    5.3.4.2.1 提出シートによる分析・・・・・・・242
    5.3.4.2.2 提出レポートによる分析・・・・・・245
  5.3.5 第2期・・・・・・・・・・・・・・・・・・・247
   5.3.5.1 ピア・リーディングの手順と具体例・・・247
    5.3.5.2 第2期の考察・・・・・・・・・・・・・249
    5.3.5.2.1 提出シートによる分析・・・・・・・249
    5.3.5.2.2 提出レポートによる分析・・・・・・251
 5.4 本節のまとめ・・・・・・・・・・・・・・・・・253
資料2・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・255
資料3・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・256
6.本章のまとめ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・257

第5章
台湾の学習者が用いる読解ストラテジーの研究
-文学読解授業の受講者を対象として-

1. はじめに ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・261
2. 日本と台湾におけるL2読解ストラテジーに関する先行研究 ・・・264
3. 研究実践 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・266
 3.1 研究目的 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・266
  3.2 調査対象者 ・・・・・・・・・・・・・・・・266
  3.3 研究実施期間 ・・・・・・・・・・・・・・・267
  3.4 調査方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・267
   3.4.1 読解テキストとテスト問題・・・・・・・267
   3.4.2 読解ストラテジー使用に関する調査票・・268
  3.5 調査手順・・・・・・・・・・・・・・・・・271
  3.6 調査結果・・・・・・・・・・・・・・・・・271
   3.6.1 読解テストの結果・・・・・・・・・・・271
   3.6.2 読解ストラテジー使用と読解力の関係・・272
   3.6.3 読解力レベル別のRS使用状況・・・・・・273
   3.6.4 学習者の読解力と日本語能力レベルとの関連調査 ・・・278
4. 分析と考察・・・・・・・・・・・・・・・・・・279
 4.1 読解授業を受講した学習者が使用するRSと読解力との関連・・279
  4.1.1 TDS使用と学習者の読解力との関連 ・・・・279
  4.1.2 BUS使用と学習者の読解力との関連・・・・・281
  4.1.3 TS使用と学習者の読解力との関連・・・・・282
 4.2 学習者の読解力別に見たRS使用の内容・・・・・282
 4.3 学習者の読解力と日本語能力試験レベルとの関連・・284
5.結論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・285
6. 本章のまとめ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・286                                                                               

第6章
L2上級読解に必要な教師の技能と読解指導ストラテジーの研究-実証的研究から-

1. はじめに ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・288
2. 文章理解の過程と文の結束性 ・・・・・・・・・・・292
3. 実証的研究(1) -推論の結束性による検証から- ・・296
 3.1 先行研究と本論における背景知識の位置付け ・・296
  3.1.1 学習者に既有の知識・付与可能な知識 ・・・296
   3.1.1.1 Rumelhart & Ortony(1977)によるスキーマ(schema)の定義・・・・・297
   3.1.1.2 先行知識(prior knowledge)と背景知識(background knowledge)・・298
   3.1.1.3 先行オーガナイザー(advance organizer)・・・298
  3.1.2 Carrell & Eisterhold(1983) によるスキーマの定義とその再検討・・・・299
  3.1.3 本論における背景知識の位置付け ・・・・・300
 3.2 研究方法・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・300
  3.2.1 対象となる学習者 ・・・・・・・・・・・・300
  3.2.2 研究実施期間 ・・・・・・・・・・・・・・300
  3.2.3 読解のためのテキスト ・・・・・・・・・・300
  3.2.4 『われらの時代に』間章Ⅶの語彙レベル判定 ・・・・・301
  3.2.5 研究手順 ・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・302
   3.2.5.1 スキーマ抽出のためのテキストの構造の準備・・・303
    3.2.5.2 構造化1によるスキーマ・・・・・・・・・・・303 
   3.2.5.3 背景知識付与の前段階(第1回目の授業) ・・・304
   3.2.5.4 構造化2によるスキーマ・・・・・・・・・・・305
   3.2.5.5 背景知識1付与の段階(第2回目の授業) ・・・306
   3.2.5.6 構造化3によるスキーマ・・・・・・・・・・・307
   3.2.5.7 背景知識2付与の段階(第3回目の授業)・・・・307
 3.3 分析 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・309
  3.3.1 推論による結束性の分析・・・・・・・・・309
   3.3.1.1 学習者B15の産出文を例として・・・・310
   3.3.1.2 学習者B20の産出文を例として・・・・313
   3.3.1.3 全3回の産出状況・・・・・・・・・・316
 3.4 分析結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・317
 3.5 状況モデル形成の考察と結果・・・・・・・・・318
 3.6 本節のまとめ・・・・・・・・・・・・・・・・320
4. 実証的研究(2) -文法的結束性の検証から- ・・・321
 4.1 「結束性」の定義と照応関係 ・・・・・・・・・322
 4.2 L2読解における結束性の先行研究 ・・・・・・324
 4.3 研究方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・325
  4.3.1 対象となる学習者 ・・・・・・・・・・・325
  4.3.2 研究実施期間 ・・・・・・・・・・・・・326
  4.3.3 読解のためのテキスト・・・・・・・・・・326
  4.3.4 分析手順・・・・・・・・・・・・・・・・326
  4.3.5 結束装置抽出の具体例・学習者B15の産出文を例として・・・・327
   4.3.5.1 第1回の産出文・・・・・・・・・・・327
   4.3.5.2 第2回の産出文・・・・・・・・・・・328
   4.3.5.3 第3回の産出文・・・・・・・・・・・330
 4.4 分析 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・332
  4.4.1 第1回目の産出文における結束装置の数 ・・332
  4.4.2 第2回目の産出文における結束装置の数 ・・334
  4.4.3 第3回目の産出文における結束装置の数 ・・336
 4.5 分析結果 ・・・・・・・・・・・・・・・・・338
  4.5.1 産出文の数と結束装置の数・・・・・・・・338
  4.5.2 指示詞と1項名詞・・・・・・・・・・・・340
  4.5.3 述語成分の動詞、形容詞、「名詞+だ」・・341
 4.6 本節のまとめ・・・・・・・・・・・・・・・・342
5. 本章のまとめ・・・・・・・・・・・・・・・・・・343

第7章 
本研究における研究成果と意義

1. 「日本語読解教育研究における先行研究の分析と検討」による研究成果 ・・・ ・・・・345

2. 「台湾の日本語高等教育機関における「読む」教育の実態調査研究」による研究成果・・346
 2.1 総合大学の調査 ・・・・・・・・・・・・・・346
 2.2 応用日語学系の調査 ・・・・・・・・・・・・348

3. 「台湾における日本語読解教授法の研究と実践」による研究成果・・・・・・・・・・・351
 3.1 初級学習者の読解教授法と実践・・・・・・・・351
 3.2 中級学習者の読解教授法と実践・・・・・・・・353
 3.3 上級学習者の読解教授法と実践・・・・・・・・354

4. 「台湾の日本語学習者が用いる読解ストラテジーの研究」による研究成果 ・・・・・・356

5. 「L2上級読解に必要な教師の技能と読解指導ストラテジーの研究」による研究成果 ・・359

6. 本研究の意義・・・・・・・・・・・・・・・・・・362


第8章
まとめとして
-台湾の日本語読解教育への提言と課題-

1. 「日本語読解教育研究における先行研究の分析と検討」からの提言と課題 ・・・・・・・・364

2. 「台湾の日本語高等教育機関における「読む」教育の実態調査研究」からの提言と課題 ・・365
 2.1 総合大学の調査結果から・・・・・・・・・・・・・365
 2.2 応用日語学系の調査結果から・・・・・・・・・・・369

3. 「台湾における読解教授法の研究と実践」からの提言と課題 ・・・・・・・・・・・・・・371
 3.1 初級学習者の読解指導から・・・・・・・・・371
 3.2 L2中級読解における新たな読解授業の試みから・・・372
 3.3 L2上級読解におけるピア・リーディングの一考察から ・・・・・・・・・・・・・・372

4. 「台湾の日本語学習者が用いる読解ストラテジーの研究」からの提言と課題 ・・・・・・・374

5. 「L2上級読解に必要な教師の技能と読解指導ストラテジーの研究」からの提言と課題 ・・・375

添付資料1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・376
添付資料2・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・388
参考文献・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・399
あとがき・謝辞・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・422


参考文献

【あ】
阿部純一・桃内佳雄・金子康朗・李 光五(1994)『人間の言語情報処理 言語理解の認知科学』サイエンス社
易 暁莉(2007)「中国における読解授業の現状とピア・リーディングの試み」『日本言語文化研究会論集』第3号, 日本言語文化研究会, 87-114.
庵 功雄(2007)『日本語におけるテキストの結束性の研究』くろしお出版
池田玲子・舘岡洋子(2007)『ピア・ラーニング入門-創造的な学びのデザインのために』ひつじ書房
石井知代(1999)「日本語記事文の読解における再話の効果―再話プロトコルの観察を通して―」『日本語教育』101号, 日本語教育学会, 11-20.
石井恵理子(2009)「学習者の多様化に対応する読解教育-リテラシー教育としての読解力育成-」『第17回小出記念日本語教育研究論文集』17, 小出記念日本語教育研究会, 78-85.
石井怜子(2005)「結束性構築の視点から見た第2言語読解研究概観―スキーマ理論を超えて―」『言語文化と日本語教育2005年11月増刊特集号 第二言語習得・教育の研究最前線2005年版』凡人社, 125-158.
石井怜子・田中和佳子(2007)「JSL中級教科書における読解力の育成―結束性にかかわる学習項目と指導方法の分析―」『言語文化と日本語教育』33号, お茶の水女子大学日本言語文化研究会, 73-82.
石井怜子・田川真麻央(2010)「言語手がかりに注目した読解ストラテジー教育の可能性を探る-第一言語読解教育研究からJSL読解教育への示唆-」『言語文化と日本語教育』39号, お茶の水女子大学日本言語文化研究会, 70-83.
石塚健(2009)「韓国語母語話者の学習者を対象としたジグソー学習法による読解授業の試み」『日語日文學』第44輯, 大韓日語日文學會, 183-201.
石塚健(2010)「ピア・リーディングによる読解授業の問題点を探る―JFL環境で学ぶ韓国語母語話者の学習者を対象とした実践を通して」『日語日文學』第47輯, 大韓日語日文學會, 171-187.
石原千秋(2002)『小説入門のための高校入試国』日本放送出版協会
伊東あゆみ・田川麻央・石井怜子(2011)「読解過程を共有することの説明文理解への影響-日本語中上級学習者を対象に-」『言語文化と日本語教育』41号, お茶の水女子大学日本言語文化研究会, 1-10.
伊藤博子(1991)「読解能力の養成-学習ストラテジーを利用した指導例-」『世界の日本語教育』第1号, 国際交流基金日本語国際センター, 145-160.
大江健三郎(1966)「奇妙な仕事」『大江健三郎全作品1』新潮社
大江健三郎(1966)「死者の奢り」『大江健三郎全作品1』新潮社
王敏東・鄭凱文(2011)「台湾における日本語学科の大学院生の生涯についての調査研究」『東呉日語教育學報』36期, 東呉大學, 1-30.
王敏東(2012)「台湾の非日本語学科の大学生が望む日本語教師の姿―日本の調査との比較を兼ねて―」『台灣日本教育學報』第十九号, 台灣日語教育學會,196-223.
大村彰道監修 秋田喜代美・久野雅樹編集(2001)『文章理解の心理学 認知、発達、教育の広がりの中で』北大路書房
桜美林大学日本語プログラム「グループさくら」(2007)『自律をめざすことばの学習-さくら先生のチュートリアル』凡人社
岡崎純也編(2005)『中学入試最高水準問題集国語「文章問題」』文英堂
岡崎敏雄・中條和光(1989)「文章理解過程の研究に基づく読解指導―Stanovich Modelに基づくプロトコール分析の指導への統合―」『留学生日本語教育に関する理論的実践研究』広島大学, 63-72.
小川貴士(1991)「読みのストラテジー、プロセスと上級の読解指導」『日本語教育』75号, 日本語教育学会, 78-80.
落合由治(2008)「日本語能力測定テストで求められる読解ストラテジー -「96年度第二外語日語考科試題研発計画」の結果から」『淡江外語論叢』No.12, 淡江大學外國語文學院, 105-133.


【か】
加藤由香里(2002)「学術論文の内容理解における視覚情報の活用」『日本語教育』114号, 日本語教育学会, 11-19.
門田修平・野呂忠司(2001)『英語リーディングの認知メカニズム』くろしお出版
加納千恵子(1992)「CAIを利用した授業研究の可能性-日本語読解支援システムの開発と授業分析-」『日本語教育』78号, 日本語教育学会, 131-140.
加納千恵子(1993) 「科学技術日本語の読解に関する一考察―予測・推測テキスト構造、キーワードによる読解ストラテジー―」『筑波大学留学生センター日本語教育論集』8号, 筑波大学留学生センター, 133-151.
川村よしこ・金庭久美子(1999)「インターネットを活用した読解学習支援システムの構築とその評価」『日本語教育学会秋季大会予稿集(岡山大学)』63-68.
川村よし子(2000)「インターネット時代に対応した読解教育」『東呉大學 新世紀之日語教学研究國際會議論文集』東呉大學日本語文學系, 347-364.
川村よし子・北村達也(2001)「インターネットを活用した読解教材バンクの構築」『世界の日本語教育<日本語教育事情報告編>』6 , 国際交流基金日本語国際センター, 241-255.
顔  甄(2008)「中級への導入レベルにおける読解授業の実践と問題」『銘傳日本語教育』11期, 銘傳大學應用語文學院應用日語學系, 175-199.
顔 幸月・渡部倫子・小林朋子・縫部義憲(2007a)「台湾の大学生が求める日本語教師の行動特性―日本語専攻の場合―」『日本語教育』133号, 日本語教育学会, 67-76.
顔 幸月(2007b)「台湾の大学生が考える「優れた」日本語教師の行動特性に関する調査」『東呉日語教育學報』30期, 東呉大學, 1-25.
顔 幸月・渡部倫子(2009)「台湾の大学生が求める日本語教師像―日本語専攻・非専攻による相違―」『東呉日語教育學報』33期, 東呉大學, 1-23.
顔 瑞珍(2001)「中、上級読解指導の試み―「高級読本」の授業を例に―」『銘傳日本語教育』4 期, 銘傳大學應用語文學院應用日語學系, 101-127.
菊池民子(1997)「日本語の読解におけるテキスト構造の影響と読解事前指導の効果」『日本語教育』95号, 日本語教育学会, 25-36.
北條淳子(1973)「上級クラスにおける読解指導の問題」『日本語北條淳子(1984)「読解指導-中級段階の実例を中心に-」『講座日本語教育』早稲田大学, 18-36.
北條淳子(1989)「中・上級の指導上の問題」寺村秀夫編『講座日本と日本語教育第13巻,日本語教授法(上)』明治書院, 238-267.
木村宗男(1972)「読解の指導方法」『日本語教育指導参考書3日本語教育の諸問題』文化庁, 1-59.
黄 錦容(2000)「日本語教育における<文学授業>の可能性への探求-川端康成『伊豆の踊り子』を例にして-」『東呉大學 新世紀之日語教学研究國際會議論文集』東呉大學日本語文學系, 465-484.
黄 錦容(2002)「善と悪の混沌した世界-芥川竜之介『羅生門』の読みの指導-」『東呉日語教育學報』25期, 東呉大學日本語文學系, 31-62.
康 妙齢(2005)「「新聞日語」授業指導の試み-銘傳大学を例に-」『銘傳日本語教育』8期, 銘傳大學應用語文學院應用日語學系, 246-270.
国際交流基金(2006)「国際交流基金 日本語教授法シリーズ7読むことを教える」ひつじ書房
児島宏美(2004)「台湾で日本語教育に携わる日本人教師についての調査研究―その現状と役割を中心に―」『銘傳日本語教育』第7期, 銘傳大學應用語文學院應用日語學系, 227-247.
呉 致秀・張詠森・邱齊満(2004)「WEBによる日本語学習の学習者意欲に影響する因子の調査―国立台中技術学院の場合―」『東呉外語學報』27期, 東呉大学, 61-94.
呉 如惠(2000)「言語学習ストラテジー使用についての調査研究」『銘傳日本語教育』第3期, 銘傳大學應用語文學院應用日語學系, 109-126.
呉 如惠(2008)「中上級日本語聴解学習材料及び学習ストラテジー調査」『台灣日本語文學報』23號, 台灣日本語文學會, 229-253.
呉 如惠(2010)「聽力相關學習策略項目之制訂―以聽解能力優秀學生為調査對象」『銘傳日本語教育』第13期, 銘傳大學應用語文學院應用日語學系, 181-205.
小林由紀(2008)「日本語読解教育におけるテクスト・リーディング-二つのモデルの有効性-」『台灣日本語文學報』24号, 台灣日本語文學會, 377-401.
小林由紀(2010)「教室活動における新たな読解授業の試み」『台灣日本語文學報』27号, 台灣日本語文學會, 357-380.
小林由紀(2012a)「文学読解におけるピア・リーディングの一考察-台湾人上級学習者クラスを例として-」『台灣日本語文學報』31号, 台灣日本語文學會, 247-272.
小林由紀(2012b)「L2読解における背景知識付与の実証的研究(1)-台湾人日本語上級学習者を中心として-」『台灣日語教育學報』第十八号, 台灣日語教育學會, 28-57.
小林由紀(2012c)「L2読解における背景知識付与の実証的研究(2)-台湾人日本語上級学習者を中心として-」『台灣日語教育學報』第十九号, 台灣日語教育學會, 169-195.
小林由紀(2013a)「台湾の日本語高等教育機関における「読む」教育の実態調査研究(1)-総合大学の日本語教師を対象として-」『台灣日語教育學報』第二十号, 台灣日語教育學會, 238-267.
小林由紀(2013b)「台湾の学習者が用いる読解ストラテジーの研究-文学読解授業の受講者を対象として-」『台灣日語教育學報』第二十一号, 台灣日語教育學會, 136-165.
小森和子・三國純子・近藤安月子(2004)「文章理解を促進する語彙知識の量的側面―既知語率の閾値探索の試み―」『日本語教育』120号, 日本語教育学会, 83-92.


【さ】
財団法人交流協会(2010)『2009年度 台湾における日本語教育事情調査報告書』財団法人交流協会
蔡 茂豐(2003)『台湾日本語教育の史的研究(下)-1945~2002-』大新書局
笹川洋子・藤井由佳(2007)「留学生に対するトップダウン型日本語読解教育の試み」『神戸親和女子大学研究論叢』40, 神戸親和女子大学, 67-84.
佐々木由美(2002)「文化スキーマ分析:同文化内・異文化間コミュニケーションにおける日本語文化圏成員による割込みの相互作用管理の方略」『日本語教育』115号, 日本語教育学会, 90‐99.
佐藤公治(1996)『認知心理学からみた読みの世界―対話と協同的学習をめざして―』北大路書房
佐藤公治(1999)『対話の中の学びと成長』金子書房
佐藤勢紀子(1989)「中級段階における速読の試み」『日本語教育』67号, 日本語教育学会, 181-193.
鹿嶋 彰(2009)「第二言語教育としての日本語読解教育と国語教育における読解教育の違いはどのように捉えられるか?(2)-学習者の違いと学習内容の観点から-」『弘前大学国語国文学』30, 弘前大学国語国文学会, 38-63.
柴崎秀子(2003)「スキーマ理論と第二言語読解研究-過去20年間のスキーマ理論を土台にした読解研究における貢献と問題点」『言語情報科学』1, 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学, 161-174.
柴崎秀子(2004)「読む前の活動が日本語学習者の読解に及ぼす影響」『言語情報科学』2, 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学, 123-134.
清水順子・小林浩明(2010)「自律学習を目指した読解授業試案―チュートリアルとピア・リーディングの応用―」『北九州市立大学国際論集』北九州市立大学, 53-62.
白畑知彦・冨田裕一・野村井 仁・若林茂則(2009)『改訂版 英語教育用語辞典』大修館書店
杉山ますよ・田代ひとみ・西由美子(1997)「読解における日本語母語話者・日本語学習者の予測能力」『日本語教育』92号, 日本語教育学会, 36-47.
鈴木和美(2011)「中級日本語教育における教師の発問-読解授業データからの考察-」『創価大学大学院紀要』33, 創価大学大学院, 257-278.
曾 秋桂(2005)「テキストをこえたテクスト-日本近代文学に関する授業を例として-」『東呉大學 日語教学國際會議論文集』東呉大學日本語文學系, 265-276.
曾 秋桂(2009)「児童文学の見地から見た芥川龍之介の児童文学作品-台湾における日本語教育への応用を考えて-」『東呉大學 日語教學國際會議論文集』東呉大學日本語文學系, 169-184.


【た】
高木きよこ(1980)「中・上級の読解教育」『日本語教育指導参考書7 中・上級の教授法』国立国語研究所, 1-52.
高崎三千代(2004)「ピア・チュータリングによる読解過程に関する考察:同一母語学習者の場合」『言語文化と日本語教育』28号,お茶の水女子大学日本言語文化学研究会, 15-21.
田川麻央(2012)「中級日本語学習者の読解における要点と気づき-要点探索活動と構造探索活動の統合と順序の影響を考慮して-」『日本語教育』151号, 日本語教育学会, 34-47.
竹中佐英子(2008)「読解教育の考察」『中国言語文化論叢』10, 東京外国語大学中国言語文化研究会, 47-70.
舘岡洋子(1996)「文章構造の違いが読解の及ぼす影響-英語母語話者による日本語評論文の読解-」『日本語教育』88号, 日本語教育学会, 74-90.
舘岡洋子(2000)「読解過程における学習者間の相互作用-ピア・リーディングの可能性をめぐって-」『アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター紀要』23, 25-50.
舘岡洋子(2001)「読解過程における自問自答と問題解決方略」『日本語教育』111号, 日本語教育学会, 66-75.
舘岡洋子(2003)「読解授業における協働的学習」『東海大学紀要 留学生教育センター』第23号, 67-83.
舘岡洋子(2004)「対話的協働学習の可能性-ピア・リーディングの実践からの検討」『東海大学紀要 留学生教育センター』第24号, 37-46.
舘岡洋子(2005)『ひとりで読むことからピア・リーディングへ 日本語学習者の読解過程と対話的協働学習』東海大学出版会
立松喜久子(1990)「上級者に対する読解指導」『日本語教育』72号, 日本語教育学会, 36-144.
谷口すみこ(1991) 「思考過程を出し合う読解授業:学習者ストラテジーの観察」『日本語教育』75号, 日本語教育学会, 37-50.
近松暢子(2003)「外国語としての日本語の読み・読解研究」『第二言語習得研究への招待』くろしお出版
陳 山龍(2002)「技術学院応用日本語学科における読解指導」『蔡茂豐教授古希記念論文集』東呉大學, 219-237.
陳 姿菁(2011)「TAE理論の日本語読解授業への応用-抽象思考の練習を中心に-」『日本語日本文學』36輯, 輔仁大學, 161-181.
陳 淑娟・呉 如惠・蔡 季汝・石原武峰(2010)「台湾における日本語教育の研究動向-2000年以降の専門誌を中心に-」『台灣日語教育學報』14号, 台灣日語教育學會, 26-53.
塚田康彦(1990)「読みの事前指導における既有知識の位置づけについて」『読書科学』Vol.34,No.3, 102-109.
津田塾大学言語文化研究所 読解研究グループ編(1992)『学習者中心の英語読解指導』大修館書店
津田塾大学言語文化研究所 読解研究グループ編(2002)『英文読解のプロセスと指導』大修館書店
鶴見千鶴子(1998)「日本語の読解における音読の影響-韓国語母語話者の場合-」『日本語教育』98号, 日本語教育学会, 85-96.
鄭壹芬(2003)「文章論的手法による初級読解教材の分析」『東呉日語教育學報』26期, 東呉大學日本語文學系, 215-242.
天満美智子(1989)『英文読解のストラテジー』大修館
得丸さと子(2010)『ステップ式質的研究法-TAEの理論と応用』海鳴社
豊田秀樹(1988)『調査法講義』朝倉書店, 12,15.


【な】
中島義明・安藤清志・子安増生・坂野雄二・繁枡算男・立花政夫・箱田裕司(1999)『心理学辞典』有斐閣
中西康洋(2010)「中国語を母語とする日本語学習者の読解教育を考える」『神戸大学留学生センター紀要』16 , 神戸大学留学生センセンター, 37-47.
中村妙子(1982)「分かりにくさの諸相」『日本語教育』46号, 日本語教育学会, 105-120.
西郡仁朗・鈴木美加(1994)「日本語の読解過程における概念スキーマの提示の効果-実験とプロトコール分析による実証的研究-」『東京外国語大学留学生日本語教育センター論集』20, 東京外語大学, 77-94.
西林克彦(2005)『わかったつもり 読解力がつかない本当の原因』光文社新書
二通信子(2009)「留学生に対する読解の指導」『第17回小出記念日本語教育研究論文集』17, 小出記念日本語教育研究会, 107-114.
日本語教育学会編(2005)『新版 日本語教育事典』日本語教育学会


【は】
長谷川ユリ・村井巻子(2003)「学部留学生のための日本語教育-読解教育を中心として」『大阪教育大学紀要』第Ⅰ部門第52巻第1号, 大阪教育大学, 53-65.
ハリディ/ ハサン(1976)[安藤貞雄・多田保行・永田龍男・中川憲・高口圭轉訳(1997)]『テキストはどのように構成されるか Cohesion in English』ひつじ書房
ヴィゴツキー(1934)[柴田義松訳(1962)]『思考と言語 下』明治図書, 88-99.
封 静宜(2008)「内容スキーマと日本語能力が日本語読解に及ぼす影響」『銘傳日本語教育』11期, 銘傳大學應用語文學院應用日語學系, 88-105.
深尾百合子(1994)「工学系の専門読解教育における日本語教育の役割」『日本語教育』82号, 日本語教育学会, 1-12.
深澤のぞみ(1997)「理工系留学生を対象にした『読む本番』を意識した読解教材開発について」『日本語教育』92号, 日本語教育学会, 25-35.
深田淳(1994)「専門日本語読解教育の方法-読解支援システムの設計と開発-」『日本語教育』82号, 日本語教育学会, 13-22.
堀場裕紀江(2001)「L2リーディング研究の課題と可能性」『言語科学研究』第7号, 神田外語大学大学院, 43-63.
堀場裕紀江(2002)「第2言語としての日本語リーディングの研究の展望」『第二言語としての日本語の習得研究』凡人社・第二言語習得研究会編, 108-132.
ポクロフスカ,オリーガ(2006)「読解ストラテジーの使用から見た物語文の読解過程-キエフ国立言語大学における読解指導の改善に向けて-」『日本言語文化研究会論集』第2号, 日本言語文化研究会, 193-220.
 

【ま】
マイケル・サンデル(2010)[NHK「ハーバード白熱教室」制作チーム小林正弥・杉田晶子訳]『ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業』上・下 早川書房
松井嘉和(1997)「読解教育」『日本語教育』94号, 日本語教育学会, 80-84.
丸山千歌(2007)「日本語学習者が日本語読解教材から受ける影響-読解内容を知る上でのPAC分析法の有効性-」『横浜国立大学留学生センター教育研究論集』14, 横浜国立大学留学生センター編, 145-158.
南之園博美(1997)「読解ストラテジーの使用と読解力との関係に関する調査研究:外国語としての日本語テキスト読解の場合」『世界の日本語教育』第7号, 国際交流基金日本語センター, 31-44.
森田 衛(2009)「ピア・リーディングとピア・レスポンスの有機的なサイクルを目指して-川柳を教材にした授業から見えてくるもの-」WEB版『日本語教育実践研究フォーラム報告』2009年度日本語教育実践研究フォーラム 
森 雅子(2000)「母国語および外国語としての日本語テキストの読解-think-aloud法による3つのケース・スタディ-」『世界の日本語教育』第10号, 国際交流基金日本語国際センター, 57-72.

【や】
山方純子(2008)「日本語学習者のテクスト理解における未知語の意味推測-L2知識と母語背景が及ぼす影響-」『日本語教育』139号, 日本語教育学会, 42-51.
山田みな子(1995)「読解過程にみられる既有知識の影響と文法能力の関係について」『日本語教育』86号, 日本語教育学会, 26-38.
山本一枝(1995)「科学技術者のための専門文献読解指導-チームティーチングによるMIT夏期集中日本語講座-」『日本語教育』86号, 日本語教育学会, 190-203.
楊 惠菁(2000)「読解プロセスとその指導法」『銘傳日本語教育』3期, 銘傳大學應用語文學院應用日語學系, 89-107.
吉岡頼子(2012)「日本語能力試験における「読解」問題」『日本語教育論集』第21号, 姫路獨協大学大学院言語教育研究科日本語教育コース, 73-80.


【ら】
羅 曉勤(2010)「中級読解授業でのピア・ラーニングの学習効果について-台湾人日本語学習者の視点から」『台灣日本語文學報』28号, 台灣日本語文學報, 335-357.
頼 錦雀(2002)「日本語教育における読解教材の開発-『台灣で学ぶ初級日本語』を例として-」『東呉日語教育學報』25期, 東呉大學日本語文學系, 119-152.
頼 錦雀(2007)「台湾日本語教育における「日本語能力試験」の位置付け」『台湾日本語教育論文集』第11号, 台湾日語教育学会, 53-74.
頼 錦雀(2012)「異文化交流能力を目指した台湾人日本語学習者上級読解指導試案」『東呉外語學報』34期, 東呉大學日本語文學系, 107-136.
藍 碧珠(2004)「「台湾の高等教育機関における欧日言語専攻者を対象とする語学力評価」研究計画―日本語力評価報告―」『台灣日本語文學報』19號, 台灣日本語文學會, 560-588.
藍 碧珠(2006)「台湾における日本語学習・使用者の語学力調査―FLPT研究計画の結果報告―」『台灣日本語文學報』21號, 台灣日本語文學會, 441-465.
李 霽芳(2003)「日本語学科における会話教育の実態調査―北部の大学を中心に―」『銘傳日本語教育』第6期, 銘傳大學應用語文學院應用日語學系, 51-82.
李 宗禾(2012)「台湾の大学における日本語作文教育の一考察」『台灣日本教育學報』第十九号, 台灣日語教育學會,54-83.
林 雪星(2007)「教室の中で読む「蠅」について」『台灣日本語文學報』22号, 台灣日本語文學會, 359-377.
林 雪星(2009)「名著選読の指導試行-森鴎外『高瀬舟』を例として-」『東呉日語教育學報』32期, 東呉大學日本語文學系, 1-22.
林 雪星(2012)「教室で読む「城の崎にて」-学習者の生死観を主として-」『東呉日語教育學報』38期, 東呉大學日本語文學系, 123-148.
林 長河(2002)「日本語学科カリキュラムの実用性についての一考察―修了生の追跡調査による―」『台灣日語教育學報』第六号, 台灣日本教育學會, 67-88.
林 長河・陳怡如(2005)「日本語学科におけるビジネス日本語教育の一考察―アンケート調査を中心に―」『銘傳日本語教育』第8期, 銘傳大學應用語文學院應用日語學系, 271-298.
林 明煌(2010)「台湾大学生の日本語学習ストラテジー調査票(SIJLL)の開発」『台灣日本語文學報』28號, 台灣日本語文學會, 233-257.
盧 錦姫・王福順(2009)「第二外国語としての日本語学習の動機づけと学習態度―静宜大学・修平技術学院の学生のアンケート調査を通して―」『静宜語文論叢』第2巻第2期, 静宜大学, 117-150.
盧 錦姫(2010)「日本語学習についての台湾の学習者のビリーフ―大学生のアンケート調査より―」『静宜語文論叢』第4巻第1期, 静宜大学, 49-79.
盧 錦姫(2011a)「台湾の大学生の日本語学習者ビリーフに関する調査研究―日本語教育改善のための基礎データ作成を考える―」『東呉外語學報』32期, 東呉大學, 77-106.
盧 錦姫(2011b)「台湾の大学生の日本語学習ビリーフと学習ストラテジーに関する調査研究―日本語専攻者を中心として―」『台灣日本語文學報』30號, 台灣日本語文學會, 369-391.
ロバート・スコールズ(1985)[折島正司訳(1999)]『テキストの読み方と教え方』岩波書店


【わ】
渡部由美(1998)「物語文の読解過程-母語による再生と読解中のメモを通して-」『日本語教育』97号, 日本語教育学会, 25-36.

学会誌・機関誌
『台灣日本語文學報』1989年(1号)~2012年(32号), 台灣日語文學會
『台灣日語教育學報』1994年(1号)~2012年(19号), 台灣日語教育學會
『東呉日語教育學報』1976年(1期)~2012年(39期), 東呉大學日本語文學系
『東呉外語學報』1985年(1期)~2012年(34期), 東呉大學
『銘傳日本語教育』1998年(1期)~2012年(15期), 銘傳大學應用日語學系
『台大日本語文研究』2000年(1期)~2012年(24期), 台湾大學日本語文學系

Webサイト:「リーディングチュウ太」http://language.tiu.ac.jp/ 2012年2月18日閲覧

【A】
Anderson, N. J. 1991. Individual difference in strategy use in second language reading and testing. Modern Language Journal, 75, 460-472.
Anderson, R. C. 1978. Schema-directed processes in language comprehension. In Lesgold, A., Pelligreno, J., Fokkema, S. & Glaser, R. (eds.), Cognitive psychology and instruction. New York: Plenum.
Anderson, R. C. & Pearson, P. D. 1984. A schema-theoretic view of basic processes in reading comprehension, In Pearson, P. D. (eds.), Handbook of reading research, 255-292. New York, London: Rutledge.
Ausubel, D. P. 1963. The psychology of meaningful verbal learning. New York: Grunge & Stratton.

【B】
Beaugrande, R. & Dressler, W. 1981. Introduction to text linguistic. Harlow, Essex: Longman. [池上嘉彦・三宮郁子・川村喜久男・伊藤たかね訳(1984)]『テクスト言語学入門』紀伊国屋書店
Bernett, M. A. 1988. Reading through contest: How real and perceived strategy use affects L2 comprehension. Modern Language Journal, 72(2), 150-162.
Block, E. 1986. The comparison strategies of second language readers. TESOL Quarterly, 20(3), 463-494.
Brown, A.L., et al. 1993. Distributed expertise in the classroom. In G. Salomon (ed.), Distributed Cognitions: Psychological and educational Considerations, pp.188-228. New York Cambridge University Press.
Brown, A.L., et al. 1994. Instructing comprehension-fostering activities in interactive learning situations. In R. B. Ruddell, et al., (eds.), Theoretical Models and Processes of reading (4th ed.), pp.757-787. Delaware: International Reading Association.

【C】
Carrell, P. L. 1983. Three components of background knowledge in reading comprehension. Language Learning, 33(2), 183-207.
Carrell, P. L. 1984b. The effects of rhetorical organization on ESL readers. TESOL Quarterly, 18(3), 441-469.
Carrell, P. L. 1984c. Evidence of a formal schema in second language comprehension. Language learning, 34(2), 87-112.
Carrell, P. L. 1985. Facilitating ESL reading by teaching text structure. TESOL Quarterly, 19(4), 727-752.
Carrell, P. L. 1988a. Some causes of text-boundedness and schema interference in ESL reading. In Carrell, P. L., Devine, J. & Eskey, D. E. (eds.), Interactive approaches to second language reading, 101-111. Cambridge: Cambridge University Press.
Carrell, P. L. 1988b. Interactive text processing: implications for ESL/second language reading classrooms. In Carrell, P. L., Devine, J. & Eskey, D. E. (eds.), Interactive approaches to second language reading, 239-259. Cambridge: Cambridge University Press.
Carrell, P. L. & Eisterhold, J. C. 1988. Schema theory and ESL reading pedagogy, In Carrell, P. L., Devine, J. & Eskey, D. E. (eds.), Interactive approaches to second language reading, 73-92. Cambridge: Cambridge University Press, (Reprinted from TESOL Quarterly, 17(4), 1983. 553-573.)
Carrell, P. L., Pharus, B. G. & Liberto, J. C. 1989. Metacognitive strategy training for ESL reading. TESOL Quarterly, 23(4), 647-678.
Clarke, M. A. 1979. Reading in Spanish and English: Evidence from adult ESL students. Language Learning, 29, 121-150.
Clarke, M. A. 1980. The short-circuit hypothesis of ESL reading-Or when language competence interferes with reading performance. Modern Language Journal, 64(2), 203-209.
Coady, J. 1979. A psycholinguistic model of the ESL reader. In Mackay, R., Barkman, B. & Jordan, R. R. (eds.), Reading in a second language: Hypotheses, organization, and practice. Rowley, Mass: Newbury House.
Cummins, J. 1980. The cross-lingual dimensions of language proficiency: Implication for bilingual education and the optional age issue. TESOL Quarterly, 14, 175-187.
Cziko, G. A. 1980. Language competence and reading strategies: A comparison of first and second language oral reading errors. Language Learning, 30, 101-114.

【F】
Fitzgerald, J. 1995. English-as-a-second-language learners′ cognitive reading processes; A review of research in the United States. Review of Educational Research, 65, 145-190.

【G】
Goodman, K. S. 1967. Reading: A psycholinguistic guessing game. Journal of the reading specialist, 16, 126-135.
Goodman, K. S. 1973. Psycholinguistic universals in the reading process. In Smith, F. (ed.), Psycholinguistic and reading. New York: Holt, Rinehart and Winton.
Goodman, K. S. 1988. The reading process. In Carrell, P. L., Devine, J. & Eskey, D. E. (eds.), Interactive Approaches to Second language Reading, 11-21. Cambridge: Cambridge University Press.

【H】
Halliday, M. A. K. & Hasan, R. 1976. Cohesion in English, London: Longman Group Limited.
Horiba, Y. 1993. The role of causal reasoning and language competence in narrative comprehension. Studies in Second Language Acquisition. 15, 49-81.
Horiba, Y. 1996. Comprehension processes in L2 reading: Language competence, textual coherence, and inferences. Studies in Second Language Acquisition, 18, 433-473.
Horiba, Y. 2000. Reader control in reading: Effects of language competence, text type, and task. Discourse Processes, 29, 223-267.
Horiba, Y. 2002. The Effect of Task on Comprehension and Memory of L1 and L2 Text. Scientific Approaches to Language No.1, 35-47. Center for Language Sciences Kanda University of International Studies.
Horiba, Y. 2003. Reading in Japanese as a Second Language: A Review of Empirical Research, Scientific Approaches to Language No.2, 53-77. Center for Language Sciences Kanda University of International Studies.
Horiba, van den Broek, P., & Fletcher, C.R. 1993. Second language readers′ memory for narrative texts : Evidence for structure-preserving top-down processing. Language Learning, 43, 345-372.
Hudson, T. 1988. The effects of induced schemata on the “short circuit” in L2 reading: non-decoding factors in L2 reading performance. In Carrell, P. L., Devine, J. & Eskey, D. E. (eds.), Interactive approaches to second language reading, 183-205. Cambridge: Cambridge University Press, (Originally published 1982)

【K】
Kintsch, W. 1986. Learning from text. Cognition and Instruction, 3(2), 87-108. NJ: Lawrence Erlbaum Associates, Inc.
Kintsch, W. 1988. The role of knowledge in discourse comprehension: A construction-integration model. Psychological Review, 95(2), 163-182. American psychological association.
Kintsch, W. 1994. Text comprehension, Memory, and Learning. American Psychologist, 49(4), 294-303. American psychological association,
Kitajima, R. 1997. Referential strategy training for second language reading comprehension of Japanese texts. Foreign Language Annals, 30, 88-97.

【L】
Lee, J. F. & Musumeci, D. 1988. On hierarchies of reading skills and text types. The Modern Language Journal, 72, 173-187.

【P】
Palincsar, A. S. & Brown, A. L. 1984. Reciprocal teaching of comprehension fostering and comprehension monitoring. Cognition and Instruction, 12, 117-175.

【R】
Rumelhart, D. E. & Ortony, A. 1977. The Representation of Knowledge in Memory. In Anderson, R. C., Sprio, R. J. & Montague, W. E. (eds.), Schooling and the acquisition of knowledge, 99-135. Hillsdale, NJ: Lawrence Erlbaum.
Rumelhart, D. E. 1980. Schemata: The Building Block of Cognition. In Sprio, R. J., Bruce, B. C. & Brewer, W. F. (eds.), Theoretical issues in reading comprehension, 33-58. Hillsdale, NJ: Lawrence Erlbaum.

【M】
Minsky, M. 1986. The society of mind. Simon & Schuster. 安西祐一郎訳(1990)『心の社会』産業図書

【S】
Schank, R. C., & Abelson, R. 1977. Scripts, plans, goals, and understanding: An inquiry into human knowledge structures. Hillsdale, NJ: Lawrence Erlbaum.
Smith, F. 1971 (1st. ed.), 1988 (4th. ed.). Understanding reading: a psycholinguistic analysis of residing and learning to read. New York: Holt, Rinehart & Winston.
Stanovich, K. E. 1980. Toward an interactive-compensatory model of individual differences in the development of reading fluency. Reading Research Quarterly, 16, 32-71.

【T】
Trabasso, T., & Maglliano, J. P. 1996. Conscious understanding during comprehension. Discourse Processes, 21, 255-287.

【V】
van den Broek, P., & Gustafson, M. 1999. Comprehension and memory for text: Three generations of reading research. In Goldman, S. R., Graesser, A. C. & van den Broek, P. (eds.), Narrative Comprehension, Causality, and Coherence, 15-34. Mahwah, NJ: Lawrence Erlbaum Associates.
van Dijk, T. A. & Kintsch, W. 1983. Strategies of Discourse Comprehension. New York: Academic Press.

QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
無相關論文
 
1. 小林由紀(2010)「教室活動における新たな読解授業の試み」『台灣日本語文學報』27号, 台灣日本語文學會, 357-380.
2. 小林由紀(2008)「日本語読解教育におけるテクスト・リーディング-二つのモデルの有効性-」『台灣日本語文學報』24号, 台灣日本語文學會, 377-401.
3. 落合由治(2008)「日本語能力測定テストで求められる読解ストラテジー -「96年度第二外語日語考科試題研発計画」の結果から」『淡江外語論叢』No.12, 淡江大學外國語文學院, 105-133.
4. 小林由紀(2012a)「文学読解におけるピア・リーディングの一考察-台湾人上級学習者クラスを例として-」『台灣日本語文學報』31号, 台灣日本語文學會, 247-272.
5. 小林由紀(2012b)「L2読解における背景知識付与の実証的研究(1)-台湾人日本語上級学習者を中心として-」『台灣日語教育學報』第十八号, 台灣日語教育學會, 28-57.
6. 小林由紀(2012c)「L2読解における背景知識付与の実証的研究(2)-台湾人日本語上級学習者を中心として-」『台灣日語教育學報』第十九号, 台灣日語教育學會, 169-195.
7. 小林由紀(2013a)「台湾の日本語高等教育機関における「読む」教育の実態調査研究(1)-総合大学の日本語教師を対象として-」『台灣日語教育學報』第二十号, 台灣日語教育學會, 238-267.
8. 小林由紀(2013b)「台湾の学習者が用いる読解ストラテジーの研究-文学読解授業の受講者を対象として-」『台灣日語教育學報』第二十一号, 台灣日語教育學會, 136-165.
 
系統版面圖檔 系統版面圖檔