跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(44.201.99.222) 您好!臺灣時間:2022/12/04 00:29
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

: 
twitterline
研究生:林以涵
研究生(外文):LIN,YI-HAN
論文名稱:日本女性天皇之研究
論文名稱(外文):A Study on Japanese Empresses
指導教授:何思慎何思慎引用關係
口試委員:蔡錫勳陳永峰
口試日期:2015-07-08
學位類別:碩士
校院名稱:輔仁大學
系所名稱:日本語文學系碩士班
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2015
畢業學年度:103
語文別:中文
論文頁數:99
中文關鍵詞:天皇女性天皇女帝日本皇室皇室繼承皇室典範
外文關鍵詞:TennoJapanese empressesThe Imperial Household LawJapanese royal successionImperial House of Japan
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:734
  • 評分評分:
  • 下載下載:92
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:1
面對日本皇室長年來男丁人數稀少,繼承問題面臨斷絕危機,但仍舊不願將天皇繼承權及於女性,對於歷史上出現過的八位女天皇以代理性質為由,認為天皇非男子不可。對此現象與言論,本論文研究的主題分成三個:何謂天皇、古代女天皇與皇室繼承,開始女天皇議題前會先討論天皇的角色為何,對天皇有進一步的認識才能得知女性能否勝任天皇一職;古代女天皇研究方面,將該時期的歷代天皇的即位經過做彙整並比較,試著找出當時是否真的無其他男子繼承人,以及男性天皇中是否也有代理性質,以比對男女天皇之間的差異;皇室繼承研究方面,從文獻中找出編撰《皇室典範》的動機與過程,並將當時對女帝議題的贊成與反對意見做整理,找出除了對女性的歧見外,是否還有其他原因使女性沒有繼承權,也會針對反對意見提出自己的見解,最後檢討現代皇室繼承危機的真正問題所在。
As the oldest continuous hereditary monarchy in the world, the Imperial House of Japan, however, is facing a potential succession crisis because of the limited number of male babies born into the imperial family. Historically, the succession to the throne has generally passed in male line of the imperial lineage. Although Japan had eight empresses, none of them acted as reigning empresses but instead as a deputy. This thesis looks into the Japanese monarchy history with three angles: the role of the Emperor, the Empresses in Japanese history, and rules to royal succession. It starts off with a discussion on the role of the Emperor, as a base to better understand whether females are competent in taking up the throne. The paper then puts the eight empresses in comparison with the emperors of their dynasty, aiming to clarify there were no other legitimate male descendants in line and the possibility of the deputy role in males. As for the royal succession, with the literature review, the paper tries to work out a logic in how and why the Imperial Household Law was written. It also organized the pro and con voices toward having an empress rather than an emperor, attempt to sort out the reasons to exclude female dynasts besides gender discrimination. The paper concludes with the writer's opinion on the issue and a discussion on the real problems in modern Japanese royal succession crisis.
第一章 緒論 1
第一節 研究動機與目的 1
第二節 先行研究 3
第三節 研究方法 5
第四節 研究限制 6
第二章 對天皇的認識 7
第一節 天皇的起源與精神結構 8
第二節 天皇的權力與職能 12
第三節 小結 20
第三章 日本歷史上的女性天皇 22
第一節 女帝的誕生與皇位繼承經緯 23
第二節 女帝的政績 32
第三節 女帝斷層形成原因 37
第四節 小結 41
第四章 皇室典範與女帝否認 44
第一節 新舊皇室典範與女性爭論 45
第二節 皇室斷絕危機與典範修正 61
第三節 女帝否認說 66
第四節 小結 75
第五章 結論 78
第一節 研究的成果 78
第二節 今後的課題 82

附錄 86
參考文獻 93
中文(筆劃順)
一、專書著作
1.子桑《一本書看懂日本人》(香港:文匯出版社,2010年)
2.王金林《日本天皇制及其精神結構》(天津:人民出版社,2001年)
3.江森敬治 著、藍嘉楹 譯《雅子王妃:日本皇太子的摯愛守護》(臺北:尖端出版,2002年)
4.竹田恆泰《日本天皇史話》(臺北:商訊文化,2008年)
5.呂玉新《古代東亞政治環境中天皇與日本國的產生》(香港:中文大學出版社,2006年)
6.李兆忠《暧昧的日本人》(北京:金城出版社,2005年)
7.李炳南《日本政府與政治》(新北:揚智文化,2002年)
8.武光誠 監修、陳念雍 譯《圖解日本史》(臺北:易博士文化,2007年)
9.河合敦 著、劉錦秀 譯《日本史圖解》(臺北:商周出版,2005年)
10.姜建強《另類日本天皇史》(香港:三聯書店有限公司,2012年)
11.班‧希爾斯(Ben Hills)著、金石 譯《雅子妃:菊花王朝的囚徒》(臺北:三采文化,2007年)
12.馬汀‧弗利慈(Martin Fritz)、小林世子 著、葉葦婕 譯《折翼の蝶:雅子妃與日本皇室的秘密檔案》(臺北:信實文化,2007年)
13.笠原英彦 著、陳鵬仁 譯《日本歴代天皇略傳》(臺北:臺灣商務印書舘,2004年)
14.翟新《日本天皇》(上海:復旦大學出版社,1992年)
15.齊濤《美智子與雅子:日本民間女入宮秘辛》(臺北:臺灣商務印書館,2006年)
16.蔣立峰《日本天皇列傳》(臺北:東方出版社,1991年)
17.鄭宇碩《天皇制度與皇室軼事》(香港:城市大學出版社,2010年)
18.蘇俊斌《日本天皇制的憲政爭議:從萬世一系到象徵制》(新北:創智文化,2013年)

二、期刊論文
1.王海燕、賈春 著〈女性文摘〉《中华女子学院学报》第19卷第1期(北京:中华女子学院学报编辑部,2007年1月)
2.王海燕〈日本女性皇位继嗣问题初探〉《世界历史》第3期(北京:世界历史杂志编辑部,2006年3月)
3.全永根、高艳〈中、韩、日三国古代女性社会地位的表现及其异同〉《东南亚研究》第3期(廣東:东南亚研究杂志编辑部,2007年6月)
4.李明峻〈日本皇族面臨絕後 雅子妃的美麗與哀愁〉《新臺灣新聞週刊》第435期(臺北:本土文化事業有限公司,2004年7月)
5.武心波〈日本古代天皇制的象征意义及其批判〉《国际观察》第6期(上海:上海外国语大学2006年12月)
6.武鵬〈母系社会与女性天皇〉《北方文学》第8期(黑龍江:北方文学杂志社,2012年8月)
7.波拉提•司马义、彭训厚〈天皇及其在二战中的作用和对战后日本的影响〉《军事历史研究》第2期(南京:南京政治学院,2001年4月)
8.徐翔生〈日本神道與中國思想-以天皇思想為探討主題〉《臺大日本語文研究學術期刊》第19期(臺北:臺灣大學日本語文學系,2010年6月)
9.鄭家瑜〈《古事記》中之人物形象研究(一)---天皇形象〉《政治大學日本語文學系期刊論文》(臺北:政治大學日本語文學系,2008年10月)
10.羅時光〈日本天皇制神国思想形成历程简论〉《苏州科技学院学报社会科学版》第23卷第1期(江蘇:蘇州科技學院編輯部,2006年1月)
11.羅時光〈从日本神国思想看天皇制的军国主义之本质〉《南昌大学学报人文社会科学版》第37卷第1期(江西:南昌大學學報編輯部,2006年1月)
12.蘇俊斌〈女性天皇をめぐる論議:日本の天皇制に関する考察〉《東亞論壇》第453期 (新竹:大華科技大學商務與觀光企劃系,2006年9月)

三、學位論文
1.邱百俐《日本古代女帝的研究—過渡天皇說的缺失及其再檢討》(新北:輔仁大學日本語文學研究所論文,1996年)
2.尉淑英《日本古代的女帝》(臺北:中國文化大學日本研究所碩士論文,1990年)
3.曾健嘉《現代日本女天皇繼位問題之研究》(臺北:中國文化大學日本研究所碩士論文,2005年)
4.蘇勇禎《日本國憲法象徵天皇制之研究》(新北:淡江大學日本研究所碩士在職專班論文2011年)

日文(五十音順)
一、專書著作
1.荒木俊夫《可能性としての女帝》(東京:青木書店,1999年)
2.伊藤博文《帝國憲法皇室典範義解》(東京:丸善,1924年)
3.上田正昭《女帝:古代日本の光と影》(東京:講談社,1971年)
4.梅沢恵美子《天皇家はなぜ続いたのか》(東京:ベスト新書,2007年)
5.大塚信一《天皇と王権を考える》(東京:岩波書店,2002年)
6.大山真生《愛子さまと悠仁さま》(東京:新潮社,2007年)
7.奥平康弘《「萬世一系」の研究―「皇室典範的なるもの」への視座》(東京:岩波書店,2005年)
8.小田部雄次《皇族に嫁いだ女性たち》(東京:角川選書,2009年)
9.笠原英彦《女帝誕生—危機に立つ皇位継承》(東京:新潮社,2003年)
10.笠原英彦《象徴天皇制と皇位継承》(東京:筑摩書坊,2008年)
11.加藤哲郎《象徴天皇制の起源》(東京:平凡社,2005年)
12.河合敦《天皇陛下を見るとなぜ涙が出るのか》(東京:双葉社,2014年)
13.串田久治《儒教の知恵》(東京:中央公論新社,2003年)
14.栗原幹夫《まるわかり天皇》(東京:ベスト新書,2010年)
15.小石房子《物語 日本の女帝》(東京:平凡社,2006年)
16.高木きよ子《八人の女帝》(東京:冨山房インターナショナル,2005年)
17.皇室の伝統を守る国民の会 編《日本の万世一系と世界の王室》(東京:明成社,2013年)
18.小林よしのり《新天皇論》(東京:小学館,2010年)
19.新人物往来社 編《女帝の日本古代史》(東京:新人物往来社文庫,2010年)
20.鈴木邦男、佐藤由樹 編《天皇家の掟》(東京:祥伝社,2005年)
21.鈴木哲《「女性天皇」誕生の謎》(東京:講談社,2010年)
22.鈴木正幸《皇室制度―明治から戦後まで》(東京:岩波書店,2005年)
23.高瀬広居《天皇家の歴史》(東京:河出書房新社,2005年)
24.高橋紘、所功 編《皇位継承》(東京:文藝春秋,1998年)
25.高橋紘《平成の天皇と皇室》(東京:文藝春秋,2003年)
26.高森明勅《歴史で読み解く女性天皇》(東京:ベスト新書,2012年)
27.瀧音能之《図説 地図とあらすじでわかる!日本書紀と古代天皇》(東京:青春新書,2012年)
28.瀧波貞子《最後の女帝 孝謙天皇》(東京:吉川弘文館,1998年)
29.竹内久美子《遺伝子が解く!万世一系のひみつ》(東京:文藝春秋,2009年)
30.武光誠《知っておきたい日本の皇室》(東京:角川学藝,2013年)
31.土橋寛《持統天皇と藤原不比等:日本古代史を規定した盟約》(東京:中央公論社,1994年)
32.遠山美都男《天皇と日本の起源》(東京:講談社,2003年)
33.所功《近現代の「女性天皇」論》(東京:展転社,2001年)
34.所功《皇位継承のあり方》(東京:PHP研究所,2006年)
35.直木孝次郎《持統天皇》(東京:吉川弘文館,1985年)
36.中川八洋《皇統断絶―女性天皇は、皇室の終焉》(東京:ビジネス社,2005年)
37.中野正志《女性天皇論―象徴天皇制とニッポンの未来》(東京:朝日新聞社,2004年)    
38.中野正志《万世一系のまぼろし》(東京:朝日新聞社,2007年)
39.中村明《象徴天皇制は誰がつくったか》(東京:中央経済社,2003年)
40.成清弘和《日本古代の王位継承と親族》(東京:岩田書院,1999年)
41.仁藤敦史《女帝の世紀:皇位継承と政争》(東京:角川選書,2006年)
42.橋本治《日本の女帝の物語》(東京:集英社,2009年)
43.早川紀代《近代天皇制国家ジェンダー》(東京:青木書店,1998年)
44.林玲子、永原和子、脇田晴子 編《日本女性史》(東京:吉川弘文館,1987年)
45.藤田省三《天皇制国家の支配原理》(東京:みすず書房,2012年)
46.文藝春秋 編集《皇太子と雅子妃の運命》(東京:文藝春秋,2010年)
47.本郷和人《天皇はなぜ万世一系なのか》(東京:文春新書,2010年)
48.前田晴人《古代女王制と天皇の起源》(大阪:清文堂,2008年)
49.松崎敏弥《日本人なら知っておきたい皇室》(東京:河出書房新社,2006年)
50.水谷千秋《女帝と譲位の古代史》(東京:文春新書,2007年)
51.宮田登《日和見―日本王権論の試み》(東京:平凡社,1992年)
52.村上重良《皇室辞典》(東京:東京堂出版,1980年)
53.八幡和郎《皇位継承と万世一系に謎はない》(東京:扶桑社,2011年)
54.吉田孝《日本の歷史 飛鳥‧奈良時代》(東京:岩波書店,2003年)
55.吉村武彦《女帝の古代日本》(東京:岩波書店,2012年)
56.歴史読本編集部 編《歴代天皇125代総覧》(東京:新人物文庫,2014年)
57.若松範彦《もう一度学びたい日本の歴史》(東京:西東社,2008年)

二、期刊論文
1.逢坂健治〈女帝論にめぐる憲法的分析〉《和洋女子大学紀要》第47卷(千葉:和洋女子大学,2007年3月)
2.横手逸男〈近年の皇位継承をめぐる論議に関する一考察〉《浦和論叢》第39號(埼玉:浦和大学,2008年7月)
3.加藤元宣〈平成の皇室観~ 「即位20年 皇室に関する意識調査」から ~〉《放送研究と調査》2月號(東京:NHK放送文化研究所,2010年2月)
4.工藤美代子〈「女性天皇」愛子様の苦難〉《文藝春秋雜誌》1月號(東京:文藝春秋,2006年1月)
5.國井正浩〈「女性天皇」の容認度〉《新情報機関誌》第92號(東京:新情報センタ-,2005年3月)
6.小林裕一郎〈女性宮家と皇位継承―現行皇室典範のゆくえ―〉《社会科学論集》第51號(愛知:愛知教育大学地域社会システム講座,2013年5月)
7.櫻井よしこ〈女性宮家創設は禍根残す〉《今週の直言》第119回(東京:国家基本問題研究所,2011年12月)
8.茶谷誠一〈象徴天皇制の君主制形態をめぐる研究整理と一考察〉《成蹊大学文学部紀要》第47號( 東京:成蹊大学文学部学会,2012年3月)
9.土橋貴〈近代の天皇制 -イデオロギー分析の視点から-〉《中央学院大学法学論叢》第10卷第1號(千葉:中央学院大学,1996年11月)
10.所功〈万世一系の天皇に関する覚書〉《産大法学》第39卷第3‧4號(京都:京都産業大学法学会2006年3月)
11.中川八洋、渡部昇一〈なぜ女性・女系天皇ではいけないのか〉《致知》2月號(東京:致知出版社,2006年2月)
12.中西輝政〈「万世一系」は神話に繋がる系譜 -皇室と国民の美しい絆を守るために〉《祖国と青年》4月號(東京:日本協議会、日本青年協議会,2006年4月)
13.長山恵一〈「天皇制の深層(1)」-問題の所在と筆者の立場〉《現代福祉研究》第6號(東京:法政大学現代福祉学部,2006年3月)
14.古田武彦〈「万世一系」の史料批判〉《古田史学会報》第73號(京都:古田史学の会,2006年4月)
15.星原大輔〈明治初年における井上毅の憲法制定キ茸想〉《社學研論集》第12號 (東京:早稲田大学大学院社会科学研究科,2008年9月)
16.藤沢久美〈天皇は男性でなくてはならない〉《月刊リベラルタイム》10月號(東京:リベラルタイム出版社,2006年9月)

三、學位論文
1.林珠雪《井上毅の天皇觀における伝統と近代》(神戶:神戶大學文化學研究科博士論文,1993年)


四、史料
1.石森章太郎《古事記初版》(東京:中央公論社,1994年)
2.宇治谷孟《続日本紀(下) 全現代語訳》(東京:講談社,1995年)
3.宇治谷孟《続日本紀(上) 全現代語訳》(東京:講談社,1992年)
4.宇治谷孟《続日本紀(中) 全現代語訳》(東京:講談社,1992年)
5.菅野雅雄《現代語訳 日本書紀 抄訳》(東京:新人物文庫,2014年)
6.宮内庁書陵部《日本書紀初版》(東京:八木書店,2005年)
7.黑板勝美、國史大系編修會《続日本紀後篇》(東京:吉川弘文館,1986年)
8.黑板勝美、國史大系編修會《続日本紀前篇》(東京:吉川弘文館,1986年)
9.坂本太郎、家永三郎、井上光貞、大野晋《日本書紀下集》(東京:岩波書店,1993年)
10.坂本太郎、家永三郎、井上光貞、大野晋《日本書紀上集》(東京:岩波書店,1993年)
11.武田祐吉 譯、中村啓信 解說《新訂古事記》(東京:角川書店,1994年)
12.福永武彦《現代語訳 日本書紀》(東京:河出文庫,2005年)

五、網站
1.伊藤博文 著、HISASHI譯〈皇室典範義解現代語訳〉(HISASHIさまの論考) 2015年3月10日取自http://www.asahi-net.or.jp/~xx8f-ishr/tempan_gikai.htm
2.岩井克己〈前景難測的日本皇室〉(東京:nippon.com日本網,2013年1月7日) 2015年4月10日取自http://www.nippon.com/hk/currents/d00060/
3.笠原英彥〈日本皇室的現狀與課題〉(東京:nippon.com日本網,2012年3月26日) 2015年4月10日取自http://www.nippon.com/hk/currents/d00018/
4.〈旧皇室典範條文〉《日本の憲法典》(憲法資料室) 2015年3月30日取自
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/8091/kyuukousitutenpan1889.html
5.〈皇室典範〉(東京:日本總務省法令資料庫,1947年1月16日) 2014年5月15日取自http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%b1&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S22HO003&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1
6.〈皇室典範に関する有識者会議報告書〉(東京:首相官邸,2005年11月24日) 2014年5月15日取自http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kousitu/houkoku/houkoku.html
7.〈新編続日本紀〉(久遠の絆) 2015年3月20日取自
http://miko.org/~uraki/kuon/furu/text/syokki/syokkitop.htm
8.〈新編日本書紀〉(久遠の絆)2015年3月21日取自
http://miko.org/~uraki/kuon/furu/text/syoki/syokitop.htm
9.〈女性天皇に関する世論調査〉(東京:首相官邸,2005年11月24日) 2015年3月10日取自http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kousitu/houkoku/sankou.pdf
10.〈女性天皇容認〉(東京:財団法人日本世論調査協会,2005年) 2015年3月10日取自http://www.japor.or.jp/cgi-bin/search/yoron.cgi
11.〈大日本帝國憲法〉《日本国憲法の誕生》(東京:国立国会図書館) 2015年3月10日取自http://www.ndl.go.jp/constitution/etc/j02.html#s1
12.〈天皇と民事裁判権〉 (憲法判例集,1989年11月20日) 2015年3月10日取自http://blog.livedoor.jp/cooshot5693/archives/52709713.html
13.〈天皇陛下お誕生日に際し〉(東京:宮内庁,2002年12月19日) 2015年3月10日取自http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/kaiken-h14e.html
14.〈日本国憲法〉(法庫)2015年4月15日取自
http://www.houko.com/00/01/S21/000.HTM
15.〈日本民法〉(総務省運営法令データ提供システム) 2015年3月10日取自http://law.e-gov.go.jp/htmldata/M29/M29HO089.html
16.〈平民出身の日本皇太子妃、男の子を産めず…“衝撃”〉 (中央日報日語版,2013年1月9日) 2015年3月10日取自http://japanese.joins.com/article/345/166345.html?servcode=A00§code=A00
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top