跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(18.204.48.69) 您好!臺灣時間:2021/07/29 14:49
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:賴宥羽
論文名稱:『椿說弓張月』論―以琉球王權論為中心―
論文名稱(外文):Japan
指導教授:黃智暉黃智暉引用關係
學位類別:碩士
校院名稱:國立政治大學
系所名稱:日本語文學系碩士班
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
畢業學年度:103
語文別:日文
論文頁數:67
中文關鍵詞:馬琴椿說弓張月琉球人魚王權
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:885
  • 評分評分:
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
  『椿說弓張月』(以下簡稱『弓張月』)為曲亭馬琴從文化四年(1807)開始耗時四年所完成的作品。故事中源為朝一行人雖然打敗妖仙人曚雲,但之後彼此卻互相推讓琉球王國的王位,而王位就一直空著沒有人繼承。在這之後打破僵局的契機終於出現。琉球的漁夫捕獲到稀有的人魚想要獻給為朝,但為朝沒有接受,之後讓給寧王女,寧王女也同樣沒有接受而轉讓給舜天丸。在彼此推讓的過程中時間一直流逝,最後人魚就因此而腐爛。
  在『日本書紀』中也有和上述相似的內容。『弓張月』中的內容可以推論是參考『日本書紀』而作成的,但『日本書紀』中漁夫所捕獲到的是鮮魚而並非人魚。因此,本論文以『弓張月』為對象,分析馬琴將鮮魚更改成人魚的理由,並檢討人魚與琉球王位繼承的關連,進而考察分析作中琉球的王權問題。
  本論文共有五章,第一章論述研究動機、目的與先行研究及研究方法。第二章分析當時江戶時代的國學者及政治家的琉球觀,進而探討當時人們對於琉球所抱持的看法。接著在第三章則先分析中國和日本的人魚傳說,再回歸『弓張月』探討人魚的出現所帶來的影響。第四章則是分析為朝、寧王女、舜天丸三人的王權繼承問題。最後在第五章的結論整理上述的論點,探討馬琴使用人魚的理由以及琉球的王權繼承問題。

第一章 序論.............1
 第一節 研究動機及び目的.............1
 第二節 先行研究.............2
 第三節 研究方法 .............11

第二章 史料の中の琉球 .............13
 第一節 江戸時代の政治家と国学者から見た琉球.............13
第二節 『椿説弓張月』における琉球王国.............19
 第三節 まとめ.............23

第三章 和漢の典籍に見られる人魚.............24
 第一節 中国の文献の中の人魚.............24
 第二節 日本の文献の中の人魚.............29
 第三節 『椿説弓張月』における献上品としての人魚.............38
 第四節 まとめ.............42

第四章 『椿説弓張月』における王位継承.............44
 第一節 寧王女.............44
 第二節 源為朝.............46
 第三節 舜天丸.............50
 第四節 まとめ.............53

第五章 結論.............54

付表.............58
参考文献.............64

本文資料(五十音順)

【日本語】
1. 麻生磯次ほか著『西鶴織留』(決定版対訳西鶴全集14、明治書院、1993.05)
2. 新井白石『新井白石全集3』(國書刋行会、1988.10)
3. 益軒会編『益軒全集 全八巻之六』(国書刊行会、1973.05)
4. 岡田諦賢編『聖徳太子伝暦訳解』(哲学書院、1894.07)
5. 栗原圭介『孝経』(新訳漢文大系35、明治書院、1986.06)
6. 黒板勝美編『吾妻鏡 後篇』(新訂増補国史大系第三十三巻、吉川弘文館、1933.02)
7. 黒川道祐『遠碧軒記』(日本随筆大成新装版、吉川弘文館、1993.10)
8. 小池藤五郎校訂『南総里見八犬伝(九)』(岩波書店、1985.07)
9. 近藤瓶城ほか編『改定史籍集覧第五冊 通記第26』(近藤出版部、1925年)
10. 後藤丹治校注『椿説弓張月』上・下(日本古典文学大系、岩波書店、1958-1962)
11. 相良亨ほか校注『三河物語 葉隠』(日本思想大系26、岩波書店、1974.06)
12. 坂本太郎校注『日本書紀』上・下(日本古典文学大系、岩波書店、1965-1967)
13. 山東京傳全集委員会編『山東京傳全集第二巻』(ぺんかり社、1993.05)
14. 宗田一解説『六物新志・稿/一角纂考・稿』(江戸科学古典叢書32、恒和出版、1980.10)
15. 谷川健一ほか編『和漢三才図会(一)』(日本庶民生活史料集成 第二十八巻、三一書房、1980.04)
16. 暉峻康隆ほか校注・訳『井原西鶴集1』(新編日本古典文学大系66、小学館、1996.04)
17. 永積安明ほか校注『古今著聞集』(日本古典文学大系84、岩波書店、1966.03)
18. 中村幸彦ほか校訂『甲子夜話2』(東洋文庫314、平凡社、1977.09)
19. 沼田次郎ほか校注『洋学(上)』(日本思想大系64、岩波書店、1976.11)
20. 長谷川端校注・訳『太平記1』(新編日本古典文学全集54、小学館、1994.10)
21. 長谷川端校注・訳『太平記3』(新編日本古典文学全集56、小学館、1997.04)
22. 伴信友『伴信友全集3』(国書刊行会、1907.10)
23. 冨士昭雄ほか校注・訳『井原西鶴集4』(新編日本古典文学全集69、小学館、2006.03)
24. 北京図書館出版社編『国家図書館蔵琉球資料續編』(北京図書館出版社、2002.10)
25. 三浦理編『骨董集』(有朋堂書店、1915.08)
26. 源順『倭名類聚抄 和名巻十九』(風間書房、1977.10)
27. 吉田賢抗『史記一』(新訳漢文大系38、明治書院、1973.02)


【中国語】
1. 袁珂校注『山海経校注』(成都 :巴蜀書社、1993.04)
2. 屈大均『廣東新語注』(廣州:廣東人民出版社、1991.05)
3. 任昉『述異記』(景印摛藻堂欽定四庫全書薈要v.278、台北:世界書局、1998)
4. 陳耀文編『天中記』(景印文淵閣四庫全書v.967、台北:臺灣商務印書館、1986)
5. 南懐仁編『坤輿図説』(景印文淵閣四庫全書v.594、台北:臺灣商務印書館、1986)
6. 白化文點校『稽神録』(北京:中華書局、1996.11)
7. 李時珍編『新校注本草綱目』(北京:華夏出版社、2013.01)
8. 李増杰ほか輯注『兼名苑輯注』(北京:中華書局、2001.05)
9. 李昉編『太平広記』(北京:中華書局、2003.06)

参考文献(五十音順)

1. 朝倉瑠嶺子『馬琴椿説弓張月の世界―半月の陰を追う―』(八木書店、2010.02)
2. 糸川武志「為朝の生存理由・父の孤忠と孝―『椿説弓張月』前後篇を中心に―」(『日本文学』53(7)、日本文学協会、2004.07)
3. 井上泰至「『雨月物語』「白峯」と『椿説弓張月』」(『防衛大学校紀要人文科学分冊』60、防衛大学校、1990.03)
4. 大高洋司「『椿説弓張月』の構想と謡曲「海人」」(『近世文藝』79、日本近世文学会、2004.01)
5. 九頭見和夫『日本の「人魚」像 『日本書紀』からヨーロッパの「人魚」像の受容まで』(和泉書院、2012.03)
6. 黒田政広「馬琴の「孝―『椿説弓張月(前篇)』の父子像―」」(『くらしき作陽大学・作陽音楽短期大学研究紀要』41(2)、くらしき作陽大学・作陽音楽短期大学、2008.12)
7. 黒田政広「滝沢馬琴『椿説弓張月』の父子像二(「後篇」を中心に)」(『くらしき作陽大学・作陽音楽短期大学研究紀要』42(2)、くらしき作陽大学・作陽音楽短期大学、2009.12)
8. 黄智暉「曲亭馬琴における「翻案」と「続編」の問題――『水滸伝』と『水滸後伝』の受容をめぐって」(『アジア遊学』131、勉誠出版、2010.03)
9. 小島憲之ほか校注・訳『日本書紀2』(新編日本古典文学全集3、小学館、1996.10)
10. 笹間良彦『ロマンの怪談―海と山の裸女―』(雄山閣、1995.11)
11. 高良倉吉ほか編『図説琉球王国』(河出書房新社、1993.02)
12. 田辺悟『人魚』(ものと人間の文化史143、法政大学出版局、2008.07)
13. 徳田武「『椿説弓張月』と『狄青演義』」(『国語と国文学』55(11)、東京大学国語国文学会、1978.11)
14. 中村幸彦「椿説弓張月の史的の位置」(『文学』36(3)、岩波書店、1968.03)
15. 中村幸彦ほか編『角川古語大辞典第四巻』(角川書店、1994.10、192頁)
16. 仲村清司『本音で語る沖縄史』(新潮社、2011.06)
17. 波平恒男「近世東アジアのなかの琉球王国―琉球処分の歴史的与件という視角から―」(『政策科学・国際関係論集』14、琉球大学法文学部、2012.03)
18. 日本国語大辞典第二版編集委員会編『日本国語大辞典第二版第五巻』(小学館、2001.05)
19. 播本眞一「『椿説弓張月』論」(『日本文学研究』46、大東文化大学、2007.02)
20. 久岡明穂「舜天丸と琉球王位―『椿説弓張月』―試論」(『光華日本文学』7、京都光華女子大学、1999.08)
21. 久岡明穂「『椿説弓張月』と彦火火出見尊神話―福禄寿仙の<種明かし>の意味―」(『叙説』36、奈良女子大学、2009.03)
22. 真境名安興『真境名安興全集 第一巻』(琉球新報社、1993.02)
23. 水野稔ほか編『図説日本の古典19 曲亭馬琴』(集英社、1980.10)
24. 三宅宏幸「『椿説弓張月』典拠小考」(『同志社国文学』74、同志社大学、2011.03)
25. 三宅宏幸「『椿説弓張月』と聖徳太子伝承―琉球争乱を中心に―」(『近世文芸』94、日本近世文学会、2011.07)
26. 宮崎道生『新井白石の研究』(吉川弘文館、1969)
27. 矢野憲一『鮑』(ものと人間の文化史62、法政大学出版局、1989.06)
28. 横山学「江戸時代の「琉球」認識―新井白石・白尾国柱・伴信友―」(『南島史学』20、南島史学会、1982.09)
29. 横山學『琉球国使節渡来の研究』(吉川弘文館、1987.02)

Web
東京大学史料編纂所「琉球国中山王尚寧起請文」<https://www.hi.u-tokyo.ac.jp/conference-seminar/science/>(2015.06.07アクセス)
連結至畢業學校之論文網頁點我開啟連結
註: 此連結為研究生畢業學校所提供,不一定有電子全文可供下載,若連結有誤,請點選上方之〝勘誤回報〞功能,我們會盡快修正,謝謝!
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top