(44.192.112.123) 您好!臺灣時間:2021/03/01 02:36
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:朱登雄
研究生(外文):TengHsiung Chu
論文名稱:日語漢字訓讀複合名詞母音交替之習得研究
論文名稱(外文):A Investigation on the Phenomenon of Vowel Alternation in Japanese compound Kanji
指導教授:張金塗 
指導教授(外文):KingTo Chang
學位類別:碩士
校院名稱:國立高雄第一科技大學
系所名稱:應用日語研究所
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2014
畢業學年度:103
語文別:日文
論文頁數:113
中文關鍵詞:音聲響度音韻母音交替複合漢字名詞
外文關鍵詞:Vowel AlternationPhonologyCompound kanjiNounSonority
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:281
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
使用中文國度的日語學生而言,有不少研究指出因母語的干涉而有礙日語漢字學習,主要原因是兩者的漢字並非完全相同。有些字意相同寫法卻異,或寫法相同字意卻不同,日語漢字讀法不若中文一字一音節且大多是一字一讀法般單純。又,日語漢字分音読與訓読,尤其訓読是自古以來的讀法,於漢字引進後取其字意而合成,發音不像音讀有蹟可循,因此就較疏遠不利學習。
還有文法上的音便或漢字的複合字詞,也有原本的母音變化的現象。文法音便的發音,一般的教科書均有詳細解說,相關研究也為數可觀。但,複合漢字某些情況下有「前漢字的後母音,由其他母音來替換」的情形,音韻學稱為「母音交替」。這種複合漢字的母音交替,台灣尚無相關研究論文發表過。
本研究,針對母音交替現象,以名詞的複合漢字為中心,參考先行研究選定24個漢字,翻查字典找出母音交替的有關漢字2036字,加以分類統計,製作了母音交替統計表作為研究基本資料。 又對日語能力檢定考試之出題以及國內教科書內容,統計其相關語彙的出現瀕度加以分析。並對於日語系所學生於此範疇的認知、學習情形與教學現況等項目實施問卷調查,加以比對分析其結果,對實際學習情形與教學概況作了解。此外,亦探討其母音交替的變化規則, 建立了部份的交替評價方法。
最後,本論文對於母音交替方面的教學範圍方向,以及學習的要領方法提出了建議,並也提供相關研究的資訊做研究參考。 期望對國內複合漢字之母音交替方面的相關研究有所助益。更希望對日語教育及學習者於母音交替之教學與研習上均能更上層樓,是本研究的目的;則將亦是拙著的榮幸了。
It was reported that learning of Chinese characters, defined as Kanji in this paper, in Japanese language is easily interfered in those learners whose mother tongue is mandarin because form of Kanji is similar but the real meaning is not exactly the same. while Kanji characters are grouped as ontoku or kunyomi in Japan. Ontoku characters are pronounced regularly, in contrast, kunyomi characters are difficult to learning because they have been spoken since ancient times but synthetically combined with a written word in mandarin having similar meaning after the introduction of Chinese characters.
Phenomenon of vowel changes may occur naturally, and in the cases of grammatical tone or kunyomi of compound Kanji. Grammatical pronunciation and detailed interpretation of vowel changes can be seen in many textbooks and substantial research reports. Meanwhile, pronunciation of compound Kanji in "the latter vowel syllable of former Kanji, should be replaced by the another vowel. " is called as vowel alternation in phonology. It appears that there has been limited research paper on this topic in Taiwan so far.
In order to study the vowel changes of compound Kanji, 24 basic Kanji characters with related 2036 vocabularies were sorted from dictionaries. They were grouped and statistics table was made to produce the basic data in this study. Correlation degree of the vocabulary was statistically analyzed from questionnaires of Japanese proficiency test examination and the content of domestic textbooks. Questionnaire survey focused on cognition of the vowel changes, learning and teaching status was also carried out for the students in Department of Japanese Language and detailed analyses were made to compare with their actual status of learning and teaching. A rule of vowel alternation was investigated and part of evaluation method was established.

Finally, tutoring and key learning methods for the vowel alternation are proposed and references for future are provided. It is my honor to hope sincerely that learning, tutoring and future research on vowel alternation of compound Kanji can be significantly facilitated through this study.
中文摘要 i
英文要旨 ⅱ
和文要旨 ⅲ
謝 辞 ⅳ
目 次 ⅴ
表目次 ⅸ
図目次 xi

第1章 序論 1
1.1 研究動機と目的 3
1.2 研究対象および範囲 4
1.3 先行研究 6
1.3.1 上代日本語の母音交替について 7
1.3.2 現代日本語の母音交替について 7
1.3.3 まとめ 9
1.4 研究方法 9
1.4.1 研究デ-タ蒐集 10
1.4.2 教材と日本語能力試験について 13
1.4.3 アンケート調査について 13
1.5 論文の構成 15


第2章 母音交替の研修と先行研究の考察 16
2.1 母音交替の定義 16
2.1.1 母音交替の定義 16
2.2 母音交替に関する名詞漢字 18
2.2.1 名詞漢字の調査 18
2.2.2 母音交替漢字の調査結果 19
2.2.3 母音交替統計表の作成 21
2.2.4 段と行に見る母音交替統計表 21
2.2.5 各語根漢字の母音交替表 26
2.3 交替の基本データの検討 28
2.3.1 基本データについて 28
2.3.2 清音特性 28
2.3.3 交替比率について 28
2.3.4 手についての検討 29
2.4 先行研究についての考察 29
2.4.1 有坂の法則について 29
2.4.2 Kusters最適理論の検討 30
2.4.3 小野浩司の交替と調和の対立論 33
2.5 母音交替の規則についての考察 35
2.5.1 第二字漢字についての考察 35
2.6 まとめ 38

第3章 教材と日本語能力検定における考察 40
3.1 教材内容 40
3.1.1 調査方法と内容 40
3.1.2 調査結果 41
3.1.2.1 『楽しい日本語』での調査 41
3.1.2.2 『新文化日本語』での調査 41
3.1.2.3 『みんなの日本語』での調査 42
3.1.2.4 『中級日本語改訂版Ⅰ&Ⅱ』での調査 43
3.1.2.5 『日本語gogogo』での調査 44
3.1.3 調査結果のまとめ 44
3.2 日本語能力試験問題について 47
3.2.1 調査方法と内容 47
3.2.2 調査結果 48
3.2.3 調査結果の分析 55
3.3 考察 60
3.3.1 教材についての考察 60
3.3.2 日本語能力試験問題についての考察 60
3.3.3 教材と能力試験問題についての考察 61

第4章 アンケート調査の概要 62
4.1 調査の目的 62
4.2 調査の対象と期間 62
4.3 調査の方法 63
4.3.Ⅰ アンケート質問紙の構成 63
4.3.1.1 基本資料 63
4.3.1.2 アンケート試験問題 63
4.4 調査の結果分析 64
4.4.1 基本資料による分析結果 64
4.4.2 母音交替漢字の読み方問題に関する分析結果 69
4.4.3 母音交替の認知及び応用問題にこける分析結果 73
4.4.3.1 母音交替の認知及び応用問題について 73
4.4.3.2 母音交替の認知及び応用問題ついての検討 78
4.4.4 第一部分と第二部分と交差分析結果 79
4.5 考察 84

第5章 結論 86
5.1 研究の概要 86
5.2 考察とまとめ 87
5.2.1 母音交替に関する名詞漢字のデータバンク 87
5.2.2 母音交替に関する考察 87
5.2.3 教材と日本語能力試験問題の調査について 88
5.3 要望と提案 89
5.3.1 教育者へのアドバイス 89
5.3.2 日本語学習者へのアドバイス 89
5.5 結語 90
參考文獻 91
付 錄 95
アンケート調査用紙
一、書籍

有坂秀世(1991)「国語にあらはれる一種の母音交替について」『日本の言語学第七巻言語史』再版 東京大修館書店株式会社
猪塚元(2003)『日本語音声学のしくみ』東京 株式会社研究社
沖森卓也 (2011) 『日本の漢字1600年の歴史』文昇堂株式会社
金田一春彦ら(1990)『日本言の姿』東京 大修館書店
金田一春彦 (1996) 『日本語-新版(上)』 東京 岩波書店出版株式会社
金田一春彦 (1997) 『日本語の特質』東京日本放送出版協会
金田一春彦 (2000) 『日本語の変遷』東京 株式会社講談社
窪薗晴夫(2010)『語形成と音韻構造』東京株式会社研究社
窪薗晴夫(2012)『語形成とアクセント』東京株式会社研究社
黃華章(2004)『華人的日語語音學』東京 致良出版社
小林一仁(1981)『漢字教育の基礎研究』東京 明治図書
斎賀秀夫(1989)「漢字の字数・字種」『講座 日本語と日本語教育8 日本語の文字・表記(上)』東京 明治書院
蔡茂豊(2003)『台湾日本語教育史的研究(上)(下)』大新書局
杉藤美代子(2001)『日本語と日本語教育』「第2巻 日本語の音声音韻(上)」 東京 明治書院
杉藤美代子(2001)『日本語と日本語教育』「第3巻 日本語の音声音韻(下)」 東京 明治書院
杉藤美代子(2003)『日本語の音声音韻学』東京 明治書院
鈴木義昭(1989)「中国の簡体字」『講座日本語と日本語教育9 日本語の文字・表記(下)』東京 明治書院
関正昭ら(1997)『日本語教育史』株式会社アルク
張金塗(2004)『五専応用日本語学科の変遷と展望』致良出版社
豊田豊子(1993)『よく使われる新聞の漢字と述語』東京凡人社
新村出(1954)『広辞苑第二版捕訂版第4刷発行』岩波書店出版
橋本進吉(1950)『国語音韻の研究』東京 岩波書店株式会社
林四郎・松岡榮志(1995) 『日本の漢字.中国の漢字』 東京 三省堂出版株式会社
文化庁編集(1978)『和語漢語』東京大蔵省印刷局
文化庁編集(1979)『中国語と対応する漢語』東京大蔵省印刷局
文化庁編集(1983)『言葉の音声』東京大蔵省印刷局
文化庁編集(1983)『音声と音声教育』東京大蔵省印刷局
松本克己(1995)『古代日本語母音論』ひつじ書房有限会社 
宮地裕(2001)『日本語と日本語教育』「第1巻 日本語要説」東京 明治書   
  院

二、ジャーナル

有坂秀世(1993)「母音交替の法則について」『音声の研究』音声学協会 昭 
和6年
稲葉生一郎(2002)「長い複合名詞のリズムとアクセント」『世界の日本語教育』No.12、2002年6月
石井正彦(2009)『現代日本語の複合語形成論』東北大學大学院文学研究所 博士論文
稲田俊明(2008)「日本語の母音融合に関する覚書」『九州大学文学研究』 No.105
岡田平(2006)「音声変異の重層性」『龍谷大学国際センター研究年報』 第15号
小野浩司(2004)「日本語の母音融合と母音交替」『佐賀大学論集』VOL.9,No.1
小野浩司(2005)「ソノリティーと日本語」『佐賀大学論集』VOL.10,No.1
許旭成(2011)『日語學習者在文章解讀上對漢字和漢語的依賴度研究―以國立高雄第一科技大學應用日語系學生為例―』
邱學瑾(2012)「台湾人日本語学習者的母語對日語口語語詞辨識的影響」 『銘傳日本語教育』 第15期2012.10
邱學瑾(2003) 「台湾人日本語学習者の日本語漢字塾語の音韻処理について」『日本語教育』No.116. 
邱學瑾(2010) 「日本語学習者の日本語漢字語彙処理のメカニズム」『日本語教育』No.146. 
邱俞瑗(2006) 「台湾人日本語学習者における日本語単語の聴覚的認知」『広島大学大学院教育学研究科紀要』第二部No.55.
小林泰秀(2006)「日本語複合名詞の母音交替」『広島女学院大学論文集第56集』
小林由子(2004) 「漢字認知研究は漢字学習支援といかに連携しうるか」『北海道大学留学センター紀要』第7号
鈴木義昭(2008)「漢字教育に関する覚書」『早稲田大学日本語 教育研究センター紀要』vol.20
田端敏幸(1999)「漢語と外来語の関係について」『言語文化論叢』第5号
田村泰男(2006.3.).「現代日本語の複合形容詞・派生形容詞・畳語形容詞について」『 広島大学留学生センター紀要』16, pp.13,
前田広幸(2003) 「生成音韻論最適理論にとる日本語史研究」『国語学会2003年度春季大会シンポジウム報告』
森山隆(1957)「上代における母音音節の脱落について」『九州大学語文研究』vol.57
李家誼(2011)『利用日語語料庫分析二字漢語動詞之研究』高雄第一科技大学碩士論文
Kusters,Harold(2004)「現代日本語における母音交替の研究 」『音韻研究 Phonological Studies』2004第7号 日本音韻論学会 

三、インターネット

KOYONOHA「現代日本語書き言葉均衡コーパス」 少納言
http://www.kotonoha.gr.jp/shonagon/search_form

三省堂weblio辞書
http://www.weblio.jp/

三省堂大辞林
http://www.weblio.jp/

Yahoo! 知恵袋
http://chiebukuro.yahoo.co.jp/


四、教科書

『新文化日本語中級1~4』(2007)大新書局出版 文化外國語專門學校
『楽しい日本語_進階』(1998)允晨文化
『楽しい日本語_高級』(1998)允晨文化
『中級の日本語改訂版Ⅰ』(2010)大新書局 三浦昭ら
『中級の日本語改訂版Ⅱ』(2010)大新書局 三浦昭ら

 『日本語GoGoGo進階 1』 (2001.01.01)豪風出版 財團法人語言訓練測驗中心
『日本語GoGoGo進階2』 (2001.07.01)豪風出版 財團法人語言訓練測驗中心
『日本語GoGoGo進階3』 (2002.11.01)豪風出版 財團法人語言訓練測驗中心
『日本語GoGoGo進階4』 (2004.07.01)豪風出版 財團法人語言訓練測驗中心

『みんなの日本語』中級1 (2009)大新書局 藤岡みつ子
『みんなの日本語』進階Ⅱ(2009)大新書局 藤岡みつ子
電子全文 電子全文(本篇電子全文限研究生所屬學校校內系統及IP範圍內開放)
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
系統版面圖檔 系統版面圖檔