跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(18.204.48.64) 您好!臺灣時間:2021/08/04 18:47
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:吳勤文
研究生(外文):Ching-Wen Wu
論文名稱:夏目漱石と張文環の文芸思想の接点――近代化社会の父権制度・資本主義をめぐって
論文名稱(外文):The link of literary thoughts between Soseki Natsume and Wenhuan Chang -on the patriarchy and capitalism of modernizing society
指導教授:范淑文范淑文引用關係
口試委員:黃錦容黃翠娥
口試日期:2015-01-16
學位類別:碩士
校院名稱:國立臺灣大學
系所名稱:日本語文學研究所
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2015
畢業學年度:103
論文頁數:137
中文關鍵詞:近代化批判資本主義父權體制國民國家統合文藝思想
外文關鍵詞:criticisms on modernizationcapitalismpatriarchyintegration of Nation-stateliterary thoughts
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:388
  • 評分評分:
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
日本明治時期的近代化經驗為台灣殖民地時期的近代化所採用。在國民國家統合所伴隨而來的近代化當中,明治社會與台灣殖民地社會受到日本帝國的國家資本主義與家族國家觀的影響。
在這樣社會體制下,明治時期的「文明評論家」夏目漱石,一方面在其作品中提及資本主義與父權體制的問題,一方面導向了相對於「國家」概念的「個人主義」思維,作為觀察近代化的明治社會的結果。而「殖民地作家」張文環懷抱著反抗日本帝國的反殖民意識,於其作品中刻劃了台灣殖民地社會中的資本主義與父權體制的問題。此外,這兩位作家皆對長塚節的《土》與島崎藤村的文學抱持著關心。
本研究將基於文學社會學的方法,探究漱石與張文環的文藝思想的本質,並透過文藝上之共同關心提示兩位作家在近代化批判與文藝思想上的的交集。漱石方面,將關注《草枕》與甲午戰爭後日本國內盛行的社會小說的關聯、《三四郎》所探討的「嶄新西洋」與「老舊日本」的概念、《之後》所描繪的代助的通姦心理與其近代化批判的關聯、《心》所探究的明治社會的思想問題與「明治的精神」的關聯性。張文環方面,將矚目於〈父親的要求〉所提起的「階級與親子間之間的問題」、〈過重〉所描繪出的文明憧憬和光耀門楣冀求的幻滅及「喪失父親」的現實、《山茶花》所描繪的台灣殖民地社會之生活現實、〈閹雞〉的自然主義風格之寫實主義與對近代化社會問題的刻畫。此外,將論及漱石與張文環對長塚節的《土》與島崎藤村的文學所抱持的共同的關心,與其文藝思想的本質做連結。
 本研究的目的,乃透過提示漱石與張文環的近代化批判及文藝思想的本質與交集,明示對影響明治社會與台灣殖民地社會之國民國家統合與其伴隨而來的近代化具批判性的時代思潮的一個面向。


Modernizing experiences of Meiji society were adopted to Taiwan colonial society. Under the progress of modernization accompanied by integration of Nation-state, Meiji society and Taiwan colonial society are both influenced by state capitalism and the notion of Family state, which were carried forward by Japanese Empire.
Under that type of social system, “Modernization Critic”, Soseki Ntsume at Meiji period raised questions about capitalism and patriarchy in his literary works, and also, as the outcome of his observation on modernizing society, he arrived at a notion of “Individualism” which is contrast to the notion of “Nation”. And “Colonial Writer”, Wenhuan Chang at Taiwan colonial period, having the thought of counter-colonization against Japanese Empire, depicted the problems of capitalism and patriarchy in modernizing Taiwan colonial society. In addition, both of the two writers paid great attentions on Takashi Nakatuka’s “Tsuchi” and Touson Shimazaki’s literature.
This study is based on the method of sociology of literature, analyzing the essence of Soseki Ntsume’s and Wenhuan Chang’s literary thoughts, and to point out the link of the two writers’ criticisms on modernization and literary thoughts through their common concerns in literature. About Soseki Ntsume, this study will concentrate on the relation between “Kusamakura” and social novel formed after First Sino-Japanese War, the concept of “New Western” and “Old Japan” explored in “Sanshiro”, the connection between Daisuke’s criticisms on modernization and his mentality to commit adultery in “Sorekara”, as well as the connection of social thought in Meiji period and “Spirit of Meiji” explored in “Kokoro”. As for Wenhuan Chang, this study will focus on the “problems between class and parent-child conflict” expressed in “Chichi no Youkyu”, disenchantment of cult of modernity and careerism for being conscious of the fact of father deprivation described in “Kajyu”, life reality in Taiwan colonial society depicted in “Sanzaka”, and realism with Naturalism tendency and expressions about the problems of modernizing society in “Yiamge”. After those issues, this study will analyze Soseki Ntsume’s and Wenhuan Chang’s common concerns on Nakatuka’s “Tsuchi” and Touson Shimazaki’s literature, and relate the discussions to the essence of their literary thoughts.
The purpose of this study is to portray an aspect of Zeitgeist resisting integration of Nation-state and the accompanied progress of modernization, which influenced Meiji society and Taiwan colonial society, by presenting the essence and link of Soseki’s and Wenhuan Chang’s criticisms on modernization and literary thoughts.


謝辭………………………………………………………………………………………i
要旨……………………………………………………………………………………...ii
摘要……………………………………………………………………………………..iii
Abstract………………………………………………………………………………..iv
第一章 序論 1
一、 研究動機 1
二、 先行研究 4
三、 問題意識、研究方法、目的、範囲 17
四、 構成 21

第二章 夏目漱石の近代化批判と文芸思想 25
第一節 『草枕』―国民国家統合とそれに伴った近代化への批判の始まり 25
一、日清戦争後の社会小説の動向との繋がり 25
二、「憐れ」による近代化問題への超越 30
第二節 『三四郎』―近代化と国民国家統合への批判 38
一、近代人の戯画で示している近代化批判 38
二、「新しき西洋」と「古き日本」の問題 43
第三節 『それから』―国家近代化から離反する近代人 47
一、 代助の姦通心理に見られる資本主義と父権体制への反抗 47
二、 国民国家統合に対する反動の暗示 53
第四節 『こゝろ』-国民国家統合に反抗する「明治の精神」 55
一、 議論の分かれてきた『こゝろ』の思想性 55
二、 資本主義と父権体制への批判に繋がる『こゝろ』の手記と遺書 58
三、 「明治の精神」の真義と「個人主義」の国粋主義批判との繋がり 64
第五節 結び 68

第三章 張文環の近代化批判と文芸思想 71
第一節 「父の要求」―反植民意識の中の国民国家統合批判 71
一、 国民国家統合に従属した父権体制への認識 71
二、 植民地における資本主義と父権体制の問題への批判 76
第二節 「過重」―地方主義文学によって反映される国民国家統合の問題 79
一、地方主義文学という背景 79
二、国民国家統合に置かれていた植民地知識人の重荷 82
第三節 『山茶花』―国民国家統合に影響されている植民地社会 85
一、台湾植民地における資本主義・父権体制問題 85
二、国民国家統合に抵抗する田舎恋着と脱ロマン性 89
第四節 「閹雞」―資本主義と父権体制への反抗に隠されている国民国家批判 95
一、資本主義と父権体制の環境への反抗 95
二、国民国家批判に繋がる自然主義風のリアリズム 98
第五節 結び 102

第四章 夏目漱石と張文環の近代化批判と文芸思想の接点 105
第一節 国家資本主義への批判で繋がる『土』への関心 105
第二節 父権体制と国民国家統合への批判で繋がる藤村文学への関心 112
第三節 結び 119

第五章 結論 121
参考文献 126


一、テクスト

(一)、夏目漱石

1.夏目漱石『それから』新潮文庫,2002
2.夏目漱石『三四郎』新潮文庫,2006
3.夏目漱石『こゝろ』新潮文庫,2006
4.夏目漱石『二百十日・野分』新潮文庫,2007
5.夏目漱石『夏名漱石全集10』ちくま文庫,2009
6.夏目漱石『草枕』新潮文庫,2011
7.夏目漱石『文学論(上)』岩波書店,2011

(二)、張文環

1.「父の要求」(1935.9.24『台灣文藝』2巻10号)陳萬益編『張文環日本語作品及び草稿全編』台中縣立文化中心,2011
2.張文環「過重」(1935.12.28『台灣新文學』創刊号)陳萬益編『張文環日本語作品及び草稿全編』台中縣立文化中心,2001
3.張文環『山茶花』(1940.1.23~5.24「台灣新民報」)陳萬益編『張文環日本語作品及び草稿全編』台中縣立文化中心,2011
4.張文環「頓悟」(『台灣文學』2巻2号1942.3.30)陳萬益編『張文環日本語作品及び草稿全編』台中縣立文化中心
5.張文環「地方生活」(『台湾文学』2巻4号1942.10.19)陳萬益編『張文環日本語作品及び草稿全編』台中縣立文化中心,2011
6.張文環「閹雞」(1942.7.11『台湾文学』2巻3号)陳萬益編『張文環日本語作品及び草稿全編』台中縣立文化中心,2011
7.張文環「迷児」(『台湾文学』3巻3号1943.7.31、陳萬益編『張文環日本語作品及び草稿全編』台中縣立文化中心,2011
8.張文環「媳婦」(『台湾文学集』1943.11.17)陳萬益編『張文環日本語作品及び草稿全編』台中縣立文化中心,2011
9.張文環「雲の中」(『台灣文藝』1巻5号1944.11.1)陳萬益編『張文環日本語作品及び草稿全編』台中縣立文化中心,2011

二、単行本

(一)、文学研究

1.相馬庸郎『日本自然主義再考』八木書店,1981
2.瀬沼茂樹『夏目漱石』(第13刷)東京大学出版会,1987
3.秋山公男『漱石文学論考―後期作品の方法と構造―』桜楓社,1987
4.吉田精一『島崎藤村』桜楓社,1988
5.Robert Escarpit『文學社會學』葉淑燕訳,遠流出版, 1990
6.三好行雄編『夏目漱石事典』(二版)学燈社,1992
7.平川祐弘『夏目漱石―非西洋の苦闘―』(第2刷)講談社,1993
8.井東襄『大戦中に於ける台湾の文学』近代文藝社, 1993
9.范淑文『漱石研究「草枕」その究極』凱倫,2002
10.三好行雄編『講座夏目漱石 第5巻 (漱石の知的空間)』有斐閣,2004.09
11.柳書琴『荊棘之道臺灣旅日青年的文學活動與文化抗爭』聯經, 2009
12.游勝冠『殖民主義與文化抗爭‧日據時期臺灣解殖文學』群學,2012.04

(二)、歴史・思想・文化史研究

1.福沢諭吉『福沢諭吉全集第三巻』 岩波書店,1958
2.尾崎秀樹『旧植民地文学の研究』勁草書房,1971
3.飛鳥井雅道『近代文化と社会主義』晶文社,1970.10
4.中村哲『世界資本主義と明治維新』青木書店,1978
5.色川大吉『明治の文化』(第9刷)岩波書店,1979.03
6.李會園『日據時期臺灣師範教育制度』南天,1997
7.許佩賢『殖民地臺灣的近代學校』遠流出版,2005
8.周婉窈『台灣歷史圖說』聯經,2009
9.陳芳明『殖民地摩登 : 現代性與台灣史觀』麥田,2011

三、刊行論文

(一)、漱石研究

1.安部能成「『こゝろ』を読みて」(「思想」1935.11)『こゝろ漱石作品論集成第十巻』桜楓社,1991
2.小宮豊隆「『心』」(「漱石の芸術」1942.12)『こゝろ漱石作品論集成第十巻』桜楓社,1991
3.中村光夫「文明開化の性格」(「文学界」1944)『日本文学研究資料叢書I夏目漱石』有精堂,1990
4.吉田孝次郎「漱石三部作の世界」(「文学」1945)『漱石作品論集成第五巻三四郎』桜楓社,1995
5.亀井勝一郎「長井代助―現代文学にあらはれた智識人の肖像―」(「群像」6巻2号,1951,02)『漱石作品論集成第六巻それから』1995.04
6.吉田孝次郎「漱石三部作の世界」(「文学」1954.05)『漱石作品論集成第五巻三四郎』桜楓社,1995
7.猪野謙二「『それから』の思想と方法」(『岩波講座文学の創造と鑑賞』一巻,1954.11)『漱石作品論集成第六巻それから』1995.04
8.瀬沼茂樹「『行人』」(『夏目漱石』1962.03)『漱石作品論集成第九巻 行人』櫻楓社, 1991
9.三浦泰生「漱石の「心」における一つの問題」(『日本文学』13巻5号1964.05)『こゝろ漱石作品論集成第十巻』桜楓社,1991
10.畑有三「心」(「国文学」10巻10号1965.08)『こゝろ漱石作品論集成第十巻』桜楓社,1991,P65
11.遠藤祐「漱石の反自然主義をめぐって―『虞美人草』の周辺―」(『日本近代文学』3集1965.11)『漱石作品論集成第三巻 虞美人草・野分』桜楓社,1991.07
12.山田晃「夏目漱石における倫理観私見」『駒澤大學文學部研究紀要』24号,駒澤大學文學部,1966-03
13.稲垣吾郎「Xさんへの手紙」(『漱石全集』14巻月報13,1966.12)『こゝろ漱石作品論集成第十巻』桜楓社,1991
14.山田晃「夏目漱石における倫理観補論」『駒澤大學文學部研究紀要』25号,駒澤大學文學部,1967-03
15.高橋春雄「写生文と自然主義―『俳諧師』と『続俳諧師』まで―」『解釈と鑑賞』33(11),至文堂,1968.09
16.丸谷才一「徴兵忌避者としての夏目漱石」(「展望」1969.06)『こゝろ漱石作品論集成第十巻』桜楓社,1991
17.小泉浩一郎「漱石「心」の根底―「明治の終焉」」(「文学・語学」53号1969.09)『こゝろ漱石作品論集成第十巻』桜楓社,1991
18.駒尺喜美「「行人」論―到着点と出発点と―」(『漱石 その自己本位と連帯と』1970.05)『漱石作品論集成第九巻 行人』櫻楓社, 1991
19.内田道雄「『三四郎』論―上京する青年―」(「国文学言語と芸術」1971.03)『漱石作品論集成第五巻三四郎』桜楓社,1995
20.前田愛「明治四十年代の青年像―『三四郎』論―」(「国文学」16.12臨時号1971.03)『漱石作品論集成第五巻三四郎』桜楓社,1995
21.越智治雄「『三四郎』の青春」(『漱石私論』1971.06)『漱石作品論集成第五巻三四郎』桜楓社,1995
22.越智治雄「こゝろ」(『漱石私論』1971.06)『こゝろ漱石作品論集成第十巻』桜楓社,1991
23.西垣勤「『こゝろ』覚書」(「日本文学」20巻9号1971.09)『こゝろ漱石作品論集成第十巻』桜楓社,1991
24.荒正人「『こゝろ』」(『漱石文学全集6巻』解説1971.12)『こゝろ漱石作品論集成第十巻』桜楓社,1991
25.安藤靖彦「「草枕」論」(「国語と国文学」1972.04)『漱石作品論集成第二巻坊ちゃん・草枕』桜楓社,1990.12
26.佐藤勝「「草枕」論」(「国語と国文学」1972.04)『漱石作品論集成第二巻 坊ちゃん・草枕』桜楓社,1990.12
27.野崎守英「漱石における自己―『こゝろ』を中心に―」(「実存主義」60号1972.06)『こゝろ漱石作品論集成第十巻』桜楓社,1991
28.重松泰雄「夏目漱石―起点としての「それから」を中心に―」(『日本近代文学』17集,1972.10)『漱石作品論集成第六巻それから』1995.04
29.小泉浩一郎「「草枕」論―画題成立の過程を中心に―」(「国文学言語と文芸」1973.02)『漱石作品論集成第二巻坊ちゃん・草枕』桜楓社,1990.12
30.熊坂敦子「『虞美人草』―文明の功罪」(『夏目漱石の研究』1973.03)『漱石作品論集成第三巻 虞美人草・野分』桜楓社,1991.07
31.熊坂敦子「『それから』―自然への回帰―」(『日本近代文学』10集,1973.03)『漱石作品論集成第六巻それから』1995.04
32.大岡昇平「『こゝろ』の構造」(「文学界」1973.09)『こゝろ漱石作品論集成第十巻』桜楓社,1991
33.清水孝純「「草枕」の問題―特に「ラオコーン」との関連において―」(「文学論輯」21,1974.03)『漱石作品論集成第二巻坊ちゃん・草枕』桜楓社,1990.12
34.粂田和夫「『道草』論」(「作品」2号1974.05)、『漱石作品論集成第十一巻行人』桜楓社,1991.06
35.ジェイ・ルービン「『三四郎』―幻滅への序曲―」(「季刊芸術」30,1974.07)『漱石作品論集成第五巻三四郎』桜楓社,1995
36.熊坂敦子「反近代・日本の漱石」『解釈と鑑賞』40(2)学燈社,1975.02
吉田熙生「『草枕』序説」(初出記されず1976)『漱石作品論集成第二巻坊ちゃん・草枕』桜楓社,1990.12
37.平岡敏夫「「虞美人草」論」(『漱石序説』1976)『漱石作品論集成第三巻虞美人草・野分』桜楓社,1991.07
38.大久保典夫「『虞美人草』論ノオト」(『作品論夏目漱石』1976)『漱石作品論集成第三巻虞美人草・野分』桜楓社,1991.07
39.萬田務「「三四郎」への一視点 : その文明批評的側面」「大阪城南女子短期大学研究紀要」11, 1976.11
40.磯田光一「『虞美人草』の文脈」(「ユリイカ」9巻12号1977)『漱石作品論集成第三巻虞美人草・野分』桜楓社,1991.07
41.秋山公男「『三四郎』小考―「露悪家」美禰子とその結婚の意味―」(「日本近代文学」24,1977.10)『漱石作品論集成第五巻三四郎』桜楓社,1995
42.高橋和己「知識人の苦悩」(『高橋和己全集』13巻1978.05河出書房)『漱石作品論集成第六巻それから』1995.04
43.角田旅人「「三四郎」覚書き―美禰子と三四郎―」(「文学年誌」4,1978.12)『漱石作品論集成第五巻三四郎』桜楓社,1995
44.平岡敏夫「『こゝろ』と明治の終焉」『解釈と教材の研究』26(13),1980
45.片岡良一「『行人』と『こゝろ』の実験」(『片岡良一著作集』9,1980.02)『漱石作品論集成第九巻 行人』櫻楓社, 1991
46.赤井恵子「「草枕」小考」「近代文学試論」(19)広島大学近代文学研究会1980.11
47. 重松泰雄「Kの意味―その変貌をめぐって―」(「国文学」26巻13号1981.10)『こゝろ漱石作品論集成第十巻』桜楓社,1991
48.東郷克美「「草枕」水・眠り・死」(『別冊国文学夏目漱石必携』1982.02)『漱石作品論集成第二巻坊ちゃん・草枕』桜楓社,1990.12
49.中山和子「「三四郎」―片付けられた結末―」(「別冊国文学14夏目漱石必携II」1982.05)『漱石作品論集成第五巻三四郎』桜楓社,1995
50.斉藤英雄「「真珠の指輪」の意味と役割―『それから』の世界―」(「日本近代文学」29集,1982.10)『漱石作品論集成第六巻それから』1995.04
51.浜野京子「<自然の愛>の両儀性―『それから』における<花>の問題―」(フェリス女子学院大学「玉藻」19号,1983.06)『漱石作品論集成第六巻それから』1995.04
52.酒井英行「自然の昔―『それから』論―」(「国文学研究」82集,1984.03)『漱石作品論集成第六巻それから』1995.04
53.三好行雄「『こゝろ』鑑賞」(『鑑賞日本現代文学5夏目漱石』1984.03)『こゝろ漱石作品論集成第十巻』桜楓社,1991
54.猪野謙二「『心』における自我の問題」(「世界」36号1984.12)『こゝろ漱石作品論集成第十巻』桜楓社,1991
55.前田愛「世紀末と桃源郷―『草枕』をめぐって―」(「理想」1985.03)『漱石作品論集成第二巻坊ちゃん・草枕』桜楓社,1990.12
56.藤井省三「『彼岸過迄』―「自我」の探求とアンドレ―エフ文学」(『ロシアの影 夏目漱石と魯迅』平凡社、第三章「漱石とアンドレーエフ」より、1985.04)『漱石作品集成第八巻』桜楓社,1991.08.10
57.西成彦「鷗外と漱石―乃木希典の「殉死」をめぐる二つの文学―」(「比較文学」28号1986.03)『こゝろ漱石作品論集成第十巻』桜楓社,1991
58.松本寛「『こゝろ』論―<自分の世界>と<他人の世界>のはざまで―」(『夏目漱石―現代人の原像』1986.06)『こゝろ漱石作品論集成第十巻』桜楓社,1991
59.佐藤泰正「『こゝろ』―<命根>を求めて―」(『夏目漱石論』1986.11)『こゝろ漱石作品論集成第十巻』桜楓社,1991
60.石原千秋「反=家族小説としての「それから」」(「東横国文学」19号,1987.03)『漱石作品論集成第六巻それから』1995.04
61.大岡昇平「姦通の記号学―『それから』『門』をめぐって―」(『小説家夏目漱石』1988.05)『漱石作品論集成第六巻それから』1995.04
62.浅野洋「三四郎の眠りと父の消息」(「立教大学日本文学」(60)1988.07)『漱石作品論集成第五巻三四郎』桜楓社,1995.04
63.勝又浩「明治文学と父の消去、父の復権」(「国語と国文学」1988.08)『夏目漱石反転するテクスト』有精堂,1990.04
64.鈴木保昭「漱石のオフェリア夢想~草枕の中のシェークスピア」「立正大学文学部論叢」89, 1989,P1-38
65.押野武志「静に「声」はあるのか―『こゝろ』における抑圧の構造―」『文学』第三巻4号,1992
66.酒井英行「広田先生の夢―『三四郎』から『それから』へ―」(『漱石その陰翳』1990.04)『漱石作品論集成第五巻三四郎』桜楓社,1995
67.小泉浩一郎「人生」『夏目漱石事典』三好行雄編『夏目漱石事典』(二版)学燈社,1992
68.萩原桂子「『草枕』論 : 浮遊する魂」『九州女子大学紀要. 人文・社会科学編』 34(3), 1998
69.佐藤泉「変動する漱石」『文学季刊』1(2),2000
70.佐藤泰正「漱石探究 : 『こゝろ』から何が見えて来るか」『日本文学研究』 38, 2003-02
71.平川祐弘「汽車の走らぬ世界―漱石にとってのピトロクリ―」『講座夏目漱石 第5巻 (漱石の知的空間)』有斐閣,2004.09



(二)、張文環研究

1.葉石濤「論張文環的《在地上爬的人》」(「民衆日報」1978)柳書琴、張文薰編『臺灣當代作家研究資料彙編06張文環』國立臺灣文學館,2011
2.張恆豪「張文環的思想與精神」(『臺灣文藝』81期1983)柳書琴、張文薰編『臺灣當代作家研究資料彙編06張文環』國立臺灣文學館,2011
3.施淑「簡析<辣薤罐>」(『中國現代短篇小說選析』第2巻,1984、柳書琴、張文薰編『臺灣當代作家研究資料彙編06張文環』國立臺灣文學館,2011
4.野間信幸「張文環の「父の要求」について」東洋大学中国哲学文学科紀要 (3), 1995
5.陳萬益「一個殖民地少年的啟蒙之旅─析論張文環小說〈重荷〉」(「中央日報」19版1996)柳書琴、張文薰編『臺灣當代作家研究資料彙編06張文環』國立臺灣文學館2011
6.森相由美子『日据時代文学 張文環「山茶花」作品論』中國文化大學日本研究所(1998)
7.江寶釵「張文環〈閹雞〉中的民俗與性別意識」『中國學術年刊』第二十一期,2000.03
8.張文薫「派遣作家としての張文環―「雲の中」に語られたもの」藤井省三、黃英哲、垂水千惠編『台湾の「大東亞戰爭」:文学.メディア.文化』東京大学出版会,2002
9.吳麗櫻「張文環小說中女性題材之研究」中興大學中國文學系碩士在職專班,2004
10.陳建忠「一個殖民地作家的自畫像 論張文環小說中的成長主題」(『日據時期臺灣作家論:現代性‧本土性‧殖民性』2004.08)柳書琴、張文薰編『臺灣當代作家研究資料彙編06張文環』國立臺灣文學館2011
11.野間信幸「《福爾摩沙》創刊前的張文環」(『東洋大学中国哲学文学学科紀要』13号2005.03)柳書琴、張文薰編『臺灣當代作家研究資料彙編06張文環』國立臺灣文學館2011
12.張文薰『植民地プロレタリア青年の文芸再生―張文環を中心とした『フオルモサ』世代の台湾文学―』東京大学大学院人文社会系研究科,2005
13.王萬睿「跨不過語言的一代」(『殖民差異與認同:張文環與鍾理和鄉土主體的繼承』2005)柳書琴、張文薰編『臺灣當代作家研究資料彙編06張文環』國立臺灣文學館2011
14.中島利郎「日本統治期台湾文学研究「台湾文芸家協会」の成立と『文芸台湾』―西川満の「南方の烽火」から」岐阜聖徳学園大学紀要. 外国語学部編 45,2006-02
15.鍾惠芬「張文環的文學活動及其小說主題意涵研究」屏東教育大學中國語文學系,2007
16.張文薫「「故鄉」記往與想像的敘事學 論張文環文學之梅山地區書寫」(2010『臺灣文學研究集刊』)柳書琴、張文薰編『臺灣當代作家研究資料彙編06張文環』國立臺灣文學館,2011

(三)、漱石と張文環の比較研究

1.李郁蕙「「未亡人」の家―日本語文学と漱石の『こゝろ』」『日本研究』31集,2005.10
2.曾秋桂「試圖與日本近代文學接軌,反思國族論述下的張文環文學活動」『台灣文學學報』第十二期, 2008.06
3.蕭幸君「<知>の覇権へのまなざし―漱石『虞美人草』と張文環『芸妲の家』を中心に―」『越境する漱石文学』思文閣,2011.03

(四)、歴史・文化史研究

1.加藤二郎「<自然>と<法>―漱石と国家―」『夏目漱石反転するテクスト』有精堂1990
2.周婉窈「實學教育、鄉土愛與國家認同」『臺灣史研究』第四期第二卷,1997
3.野村明宏「植民地における近代的統治に関する社会学―後藤新平の台湾統治をめぐって」『京都社会学年報』第七号,1999
4.西川長夫「日本型国民国家の形成―比較史的観点から―」西川長夫・松宮秀治『幕末・明治期の国民国家形成と文化変容』新曜社,1999.02
5.陳芳明「殖民地傷痕及其終結」『聨合文学』191期,聨合報,1999
6.佐藤俊樹「社の庭―招魂社-靖国神社をめぐる眼差しの政治」(『社會科學研究』57 ( 3/4 ) 東京大学総合文化研究科2006-03
7.鳥井正晴「「明治の精神」―その典拠と、漱石の認識」『明治国家の精神史的研究―<明治の精神>をめぐって』以文社,2008
8.嘉戸一将「「忠君」と「愛国」―明治憲法体制における「明治の精神」」『明治国家の精神史的研究―<明治の精神>をめぐって』以文社,2008
9.石婉舜「厚生演劇研究會初探」(『台灣史研究』第七巻第二期、中央研究院台灣史研究籌備處,2001.06)



(五)、方法論研究

1.濱崎一敏「経験的文学社会学の基本原理と問題点」『長崎大学教養部紀要(人文科学篇)』 第21巻 第2号,1981.01

四、評論、資料

(一)、夏目漱石に関して

1.「商科大学問題の運動」「朝日新聞縮刷版」1909年4月20日(朝日新聞記事データベース)
2.「日糖事件(大石正已氏の談)」「朝日新聞縮刷版」1909年4月20日(朝日新聞記事データベース)
3.「大隈伯爵建部博士高商学生評」「朝日新聞縮刷版」1909年5月20日(朝日新聞記事データベース)
4.長塚節「佐渡が島」(明治40.11.1「ホトトギス」第十一巻第二号)『長塚節全集 第二巻』春陽堂書店,1929
5.島崎藤村「融和問題と文芸」「融和時報」中央融和事業協会1928.3.1
6.夏目漱石『漱石全集第二十四巻』岩波書店,1957
7.夏目漱石『漱石全集第二十五巻』岩波書店,1957
8.夏目漱石『漱石全集第二十六巻』岩波書店,1957
9.夏目漱石『漱石全集第二十八巻』岩波書店,1957
10.夏目漱石「明治34年4月頃以降の断片」『漱石全集第二十四巻』岩波書店,1957
11.夏目漱石「明治38.39断片」『漱石全集第二十四巻』岩波書店,1957
夏目漱石「明治39年断片」『漱石全集第二十四巻』岩波書店,1957
12.夏目漱石「明治39年4月3日森田米松宛書簡」『漱石全集第二十八巻』岩波書店,1957
13.夏目漱石「明治39年8月7日芥舟先生宛書簡」『漱石全集第二十八巻』岩波書店,1957
14.夏目漱石「明治39年8月12日深田康三宛書簡」『漱石全集第二十八巻』岩波書店,1957
15.夏目漱石「明治39年10月26日鈴木三重吉宛書簡」『漱石全集第二十八巻』岩波書店,1957
16.夏目漱石「『坑夫』の作意と自然派傳奇派の交渉」『漱石全集第三十四巻』岩波書店,1957
17.夏目漱石「明治41年初夏以降の断片」『漱石全集第二十五巻』岩波文庫,1957
18.夏目漱石「問題的文藝」(明治41.6)『漱石全集第三十四巻』岩波書店,1957
19.夏目漱石「明治四十二年三月十二日、三月十八日、三月十九日、三月二十三日、三月二十八日、四月二日日記」『漱石全集第二十五巻』岩波書店,1957
20.夏目漱石「明治42年4月16日日記」『漱石全集第二十五巻』岩波書店,1957
21.夏目漱石「明治42年4月25日日記」『漱石全集第二十五巻』岩波書店,1957
夏目漱石「明治42年5月24日日記」『漱石全集第二十五巻』岩波書店,1957
22.夏目漱石「明治44年11月11日日記」『漱石全集第二十六巻』岩波書店,1957
23.夏目漱石「釣鐘の好きな人」(大正4.3.1『俳味』)『漱石全集第三十四巻』岩波書店,1957
24.夏目漱石「大正4年12月頃より大正5年7月27日までの断片」『漱石全集第二十六巻』岩波書店,1957
25.北村透谷「明治文学管見」『現代日本文學大系6北村透谷・山路愛山集』筑摩書房,1969
26.夏目漱石「『土』に就て――長塚節著『土』序――」長塚節『土』日本近代文学館,1970
27.夏目漱石「文芸の哲学的基礎」『夏名漱石全集10』ちくま文庫,2009
夏目漱石「文芸と道徳」『夏目漱石全集10』ちくま文庫,2009
28.夏目漱石「現代日本の開化」『夏名漱石全集10』(第10刷)ちくま文庫,2009
29.夏目漱石「私の個人主義」『夏名漱石全集10』(第10刷)ちくま文庫,2009

(二)、張文環に関して

1.張我軍「文藝上的諸主義(續)」(『台湾民報』87-88,1926)『日本統治期台湾文學・文芸評論集第一巻』緑蔭書房, 2001
2.KS生「文藝上的酥穢描寫」(『南音』1(8)1932.05.22)『日本統治期台湾文學. 文芸評論集第一巻』緑蔭書房, 2001
3.芥舟「社會改造與文學青年」(『南音』1(11) 1932.07.20)『日本統治期台湾文學. 文芸評論集第一巻』緑蔭書房, 2001
4.滝澤鐵也「主題の積極性」(『台湾文学』6月号8~9,1932)『日本統治期台湾文學・文芸評論集第一巻』緑蔭書房, 2001
5.楊行東「臺灣文藝界への待望」(『フォルモサ』1号1933)『日本統治期台湾文學. 文芸評論集第一巻』緑蔭書房, 2001
6.吳坤煌「臺灣の郷土文學を論ず」(『フォルモサ』2号1933)『日本統治期台湾文學. 文芸評論集第一巻』緑蔭書房, 2001
7.劉捷「臺灣文學の鳥瞰」(『台灣文藝』1巻1934(台湾文芸連盟))(『日本統治期台湾文學. 文芸評論集第一巻』緑蔭書房, 2001
8.楊逵「臺灣の文學運動」(『文学案内』1935.01.04)『日本統治期台湾文學・文芸評論集第二巻』緑蔭書房, 2001
9.台湾文芸連盟「台灣文聯東京支部第一回茶話會」(『台灣文藝』2巻4号,1935.04.01)陳萬益編『張文環日本語作品及び草稿全編』台中縣立文化中心,2011
10.劉捷「續臺灣文學鳥瞰」(『台灣文藝』2巻3号,1935.05(台湾文芸連盟))『日本統治期台湾文學. 文芸評論集第二巻』緑蔭書房, 2001
11.張文環「自分の悪口」(『台灣文藝』2巻3号,1935.05(台湾文芸連盟)) 陳萬益編『張文環日本語作品及び草稿全編』台中縣立文化中心,2011
12.張文環「謝る」(『台灣文藝』2巻5号,1935.05.05)陳萬益編『張文環日本語作品及び草稿全編』台中縣立文化中心,2011
13.楊逵「台湾文壇の近情」(1935)『日本統治期台湾文學. 文芸評論集第二巻』緑蔭書房, 2001
14.台湾新文学社「臺灣の新文學に所望する事」(『台灣新文學』1,1935.12.28)『日本統治期台湾文學. 文芸評論集第二巻』緑蔭書房
15.張文環「強ひられた題目」(『台灣文藝』3巻6号,1936.05.29)陳萬益編『張文環日本語作品及び草稿全編』台中縣立文化中心,2011
16.張文環「明信片」(1936.04.01『台湾新文学』)陳萬益編『張文環日本語作品及び草稿全編』台中縣立文化中心,2001
17.台湾文芸連盟「台湾文学当面の諸問題:文聯東京支部座談会」(『台灣文藝』7、8巻1936.8.28)陳萬益編『張文環日本語作品及び草稿全編』台中縣立文化中心
18.張文環「平林彪吾の思い出」(1940.04.13台湾日日新報)陳萬益編『張文環日本語作品及び草稿全編』台中縣立文化中心,2011
19.藤野雄士「張文環と〝山茶花〟についての覺え書」(『臺灣藝術』第1巻第3号1940.05)中島利郎,河原功,下村作次郎編『日本統治期台湾文學. 文芸評論集第三巻』緑蔭書房,2001
20.張文環「台湾文学の自己批判」(『新文化』8月号早稲田大学1941.08.01)陳萬益編『張文環日本語作品及び草稿全編』台中縣立文化中心,2011
21.台湾文芸連盟「「台湾代表的作家の文芸を語る」座談会」(1941.11.01『台灣藝術』第三巻一号)陳萬益編『張文環日本語作品及び草稿全編』台中縣立文化中心,2001
22.藤野雄士「「夜猿」その他・雑談」(「台湾文学」2巻3号1942)中島利郎,河原功,下村作次郎編『日本統治期台湾文學. 文芸評論集第四巻』緑蔭書房,2001
23.皇民奉公會臺北州支部娛樂指導班「臺北州下に青年演劇挺身隊の根本理念に就て」(「台湾文学」2巻3号1942)中島利郎,河原功,下村作次郎編『日本統治期台湾文學. 文芸評論集第四巻』緑蔭書房,2001
24.工藤好美「臺灣文化賞と臺灣文學―特には濱田・西川・張文環の三氏について」(『台湾時報』1943.03)『日本統治期台湾文學. 文芸評論集第四巻』緑蔭書房, 2001
25.張文環「雑誌『台湾文学』の誕生」(1979.8.30『台湾近現代史研究』第2号)陳萬益編『張文環日本語作品及び草稿全編』台中縣立文化中心,2011
26.柳書琴編張文環年表、陳萬益編『張文環全集第八巻』中縣文化,2002


QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top